全国5万人が受講している「サイタ」

演技学校・レッスン

演技学校・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事演劇スクール演技東京 こころが輝く演技レッスン スクールブログ 自分の音、聞こ...

自分の音、聞こえてる・・・?

皆さん、こんにちは〜〜〜!
今日もこちらのスペースをいただきありがとうございます〜!
サイタで開校し半年が過ぎ、おかげさまでレッスン数がまもなく100本になります。

初心者の方から経験者の方まで、たくさんのレッスンの申し込みをいただき、ほんとにありがたい気持ちでいっぱいです。心から感謝申し上げます。m(__)m

これからも皆さんと探求し、私も一緒に進化を遂げていきたいと思います。*\(^o^)/*

今日は自分の音をモニタリングするというお話です。

演技のレッスンの発声練習という言葉を明瞭に話す、声をしっかり放つ基本的な練習法があります。

大人数のクラスで発声練習していても、一斉にやってますので、よく見落としがちなのですが、
プライベートレッスンで発声練習をしてみるとその人の発する音の弱い部分や聞き取りづらいところ、くせなどが多々でてきます。

最近では言葉のくせだけでなく、そのひとが何を感じながら言葉を放っているのか、思考や性格のくせなどまで感じる瞬間があるのですが、

生徒さんで自分が放っている言葉の音がどうなっているかきちんとわかる方と全くわからない方がいます。

わかる方は、すぐにくせも修正でき、次に進めますが、わからない方にはくせもわかりませんので、修正するのに時間がかかります・・。

なぜ、自分の放っている言葉がわからないのか・・・?

それはおそらくひとと話すときに自分の話す言葉を自分の耳できちんと聞いていないからかと思います。
もしくは日頃ひととほとんど話していなくて、自分の言葉や声に興味を持ったことがないからです。

台詞になると、そこからまたさらに気持ちや情景、相手との対話などがあわさってきますので、
まずは発声練習でも自分の言葉や声がどう放たれているのか、身体のどこに響いているのかをモニタリングする必要性がでてきます。


作品世界に没頭しながらも自分を客観的にみたり、聞いたりし、まわりのひとと交流しながら、自己表現していってくださいね!

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございましたー!

内田里美

 

(2015年12月21日(月) 12:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「篤姫」など、時代劇に多数出演!子役~シニアまで演技指導の経験も豊富

ブログ記事 ページ先頭へ