全国5万人が受講している「サイタ」

演技学校・レッスン

演技学校・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事演劇スクール演技東京 こころが輝く演技レッスン スクールブログ どうしたら、心...

どうしたら、心が動くのか・・・?

今日もご覧いただき、ありがとうございますー。

先日から生徒さんが、感じたままを言葉にできたり、体現できたりしながら、心が動く瞬間に立ち会えていて、この瞬間が教える仕事の醍醐味だなぁと実感します・・・。

明るくその瞬間が迎えられる方もいれば、泣きながら訴えたり、内心半分キレながらも主張をしたりと夫々の表現は様々ですが、生徒さん、おひとり、おひとりが理屈ではなく、心が動いていることに私自身が喜びを感じるのです。

かくいう私も師匠やねえさんたちがいてくれたから、そんな瞬間をたくさん味わうことができました。

不思議なもので、キレて、泣きながら主張して、それでも自分が納得いかなくて、わめいてた時のことの方がよく覚えています・・・(笑)

私は演じるときに、師匠によく、心を動かせ!と言われてきました。


当時の私は はっ!?(・_・;?と意味がよくわからなかったのですが、何年か前にこのことが少しわかったような瞬間が・・・。


感情的になりすぎる、情緒的に台詞を話すということとは少し違ったように思いますが、この心を動かすということは、今でも演じるときに肝に命じています。

最初の頃は、こういうことかなー?と意図的に心を動かすようにしてました。

ハートで感じてから丹田に落として、わきあがってくるようにあるエネルギーを台詞と共に放つ・・・もしくは、身体がそういう状態になるといったような(笑)

頭で理解したまま、そのまま口から言葉を放つ・・・ではなくて・・・(笑)
相手の言葉を理解するには、もちろん頭脳も使っているのですが・・・(≧∇≦)

わきあがってくる言葉にするためには、どんな状態でも台詞が口をついてでてくるほどに身体にしみこませないと、そこにはたどりつけません・・・。

すべて日頃は瞬時にやっていることですが、改めてこうして活字にしてみて、
考えて演れることでもないけれど、練習法のひとつとして、意識して演ってみると、何か新しい発見があるかもしれませんね!

師匠にお前の心はどこにあるーっ⁈と問われ続け、はっ!?(・_・;?エッ⁈となりながらも、心をつかまえ続けた20代でした・・・(微笑)

今日も最後まで、お読みくださりありがとうございましたー。

内田里美

 

(2015年7月1日(水) 11:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「篤姫」など、時代劇に多数出演!子役~シニアまで演技指導の経験も豊富

ブログ記事 ページ先頭へ