サイタ趣味の習い事演劇スクール演技大阪 さいとうの演技学校 スクールブログ 七五調

七五調

前のブログに「日本語の持つリズムが七五調」と書きました。
そのいい例をご紹介します。

みなさんご存知の「花」
作詞は滝廉太郎。

  春のうららの 隅田川
  のぼりくだりの 船人が
  櫂のしずくも 花と散る
  ながめを何に たとうべき

  見ずやあけぼの 露あびて
  われにもの言う 桜木を
  見ずや夕ぐれ手をのべて
  われさしまねく 青柳を

  錦おりなす 長堤(ちょうてい)に
  暮るればのぼる おぼろ月
  げに一刻も 千金の
  ながめを何に たとうべき
  ながめを何に たとうべき

(中学の時に習ったな~。。。)

ご覧の通り、完璧なまでの七五調です。
ということは、、、

「春のうららの 隅田川」
のフレーズだけで、
これ全部歌えちゃうんです。

ためしに歌ってみてください。
ね、ちゃんと歌えるでしょ。
おまけに最後は感動的な終わり方です。

他にもたくさんあるので、
探してみてください。
でも、音楽の授業でやると怒られるかも。。。

 

(2014年11月22日(土) 18:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

自らの劇団にて若手を指導。映画にも携わった舞台・映像演技のエキスパート

新着記事

うちの稽古である。。。 毎回思うことだが、いくら稽古してもし過ぎるということはない。 ただ、過去において1回だけ「もう十分」と感じたことがあった。 数年前、本番1週間前の稽古だった。 今でもはっきりと覚えている。 「多少の手直しはあるものの、これ以上稽古をやると役者のテンションが...

INOOKA PROJECT、第2劇場、そしてARKの公演へと続く。 INOOKA PROJECTでは大規模な舞台セットを作っていた。 壁があくとそこには無数の女性の下着がぶら下がっていた。 「某教室のPTAが来ていなくてよかった~」と胸をなでおろした。 第2劇場はラフレシア内...

とにかく2003年は雨が多かった。それも土日が雨である。 建て込みも雨に降られた。 そしてラフレシア円形劇場祭のこけら落しはくじら企画である。 やはり雨。 気になったので初日に観に行った。開演前までひどく降っていた雨だったが開演後には雨は止む。 劇場がドーナツ状のため舞台上に...

ええっと、、、 久しぶりの更新になります。。。 ちょいと俳優学校の発表会や、 次回作品の取材などでジタバタしておりました。 すいません。。。 楽しみにしている数少ない読者の方々、 お待たせいたしました。 *** *** *** *** 小雨の降る中、ほぼ予定通りにテント...

建て込みの前に安全会議が催された。 野外劇にはじめての劇団がほとんどなので、テントの説明や単管等の資材の説明、建て込み時の注意点や危険な行為等についての会議である。 もし重大な事故が発生したりすればラフレシア円形劇場祭の中止になるかもしれない。 またそれだけにとどまらず、大阪で野外劇...

ブログ記事 ページ先頭へ