全国5万人が受講している「サイタ」

演技学校・レッスン

演技学校・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事演劇スクール演技東京 魅力を引き出す、演技レッスン スクールブログ 感情を解き放つ...

感情を解き放つ【揺さぶり】の練習!

こんにちは♪

よく、お芝居の練習などで

    「感情解放」

という言葉を耳にしますが。

「感情解放」って、具体的にどうするの?
と、いう疑問が、よく寄せられます。

中には、‘気が狂ったように叫んだり、セキを切った様に泣く‘という、練習を想像しているか方もいらっしゃいます。(そういう練習を、台本や演出家によってすることも有りますが(笑))

目的としては【自然体になる】というのが、近いかもしれません。


セリフを読む際。どうしても[照れ]や[計算][意識]などが壁となって引っかかってしまい
本来の感情を抑えてしまいます。

その壁を取っ払うのが【感情解放】なんですね。

「よ~し、その壁を取っ払うのに、叫ぶぞー!」

って、お考えの方は、とどまってくださいっ。
ご自宅でのその練習法は、完全に近所迷惑です!!

あくまで[自然体]イメージです。

お一人での練習法なので、[解放]とまでは、実感できないかもしれませんが
[感情の揺さぶり]の練習として、この練習をお試し下さい。



・まずは、普通に、短くて結構なので、極力日常的なセリフを準備して、自分なりに読んで
 みてください。2・3行程度の本当に短いので大丈夫です。
 これを録音(出来たら)します。
・次に、そのキャラクターや、設定を殆ど無視して、
 自分がもしこの「セリフ」その「言葉」を言うとしたら、どう言う時に言うだろう。
 どんな、感情の時に言うだろう?と、考えてください。
 あくまで、【自分なら】です。
 [この感情で言ってみよう]や[このシーンは、こうだから]と、計算しないでください。
 繰り返しますが【自分が】どんな感情なら、「このセリフに成ってしまう」かです。

 ‘感情を作ってセリフを言う‘ のではなく
 ‘このセリフに、一番近い感情‘ を探す。

 と、言う感じでしょうか。きっと、一つの感情じゃない時も出てくることもあります。
 その時は、それに、委ねてください。

・イメージしづらい時は、部屋を暗くしてみるなどしてみると良いでしょう。

・それが出来たら、その感情で再び読みます。(悪まで、キャラを作らず、‘自分‘で)
 これも、録音します。

始めと、その二つを聞き比べ、違いを探します。

普段との違いや、「作ってる感」に気づければ、【感情が揺さぶられた】証です。
上手くいかなくても、この【気付き】が、大事なんです。

自分の感情に目を向けることが、【感情解放】の、第一歩です。

ぜひ、お試しください。
 


 

(2014年11月3日(月) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アクション系もおまかせ!あなたに潜んでいる演技の才能を開花させませんか

魅力を引き出す、演技レッスン
西岡資裕 (演技)

渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・上板橋・東武練馬

ブログ記事 ページ先頭へ