星加弘文コーチの
Accessレッスンをサイタで受講しよう!

Accessレッスン人気の秘密

このサイトについて(はじめての方へ)

サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Access 東京 AccessPro大親切スクール

重要な操作を効率よくレクチャー。データベースの基礎~VBAまで
AccessPro大親切スクール

星加 弘文 先生のプロフィール (Access)

  • 初心者歓迎 初心者歓迎
  • 月1回〜 月1回〜
  • 個人レッスン 個人レッスン

(有)ルークワープロを経営し、AccessVBAの他、データベースソフト桐による業務システム開発と管理を行っています。かつてAccessに関するマイクロソフトニュースグループに参加し回答者を務めていました。データ処理の経験が長く、ポケコンのマシン語からN88Basic、SED、dBaseII等多くの処理言語に携わっています。

■Accessレッスンイメージ■
Accessの学習に関心をもってこのページをご覧になっている方は、おそらくAccessを使う必要に迫られているか、あるいはパソコン学習に強い意欲を持っていらっしゃる方だと思います。半面、そのような方であれば、Accessの難しさや取っつきにくさということも、すでに感じておられるのではないでしょうか?

Accessは何が難しいのでしょう。一言でいえば、それは、Accessが何をするものなのかが、他のソフトのようには簡単にイメージできないことの難しさだといえます。WordやExcelをまったく知らない人でも、「Wordは文書を作るものであり、Excelは表を使って計算するためのものだ」と聞けば合点がいくものです。しかし、Accessについて「Accessはデータベースを扱う」と聞いても、なかなかピンとこないのではないでしょうか。

つまり、Accessを難しいと感じるのは、単にAccessの操作が分からないということではなくて、Accessが扱う「データベース」というものが、いまひとつハッキリとイメージできないということが大きいのです。

「Accessでデータベースを扱う」ということを、もう少していねいに述べると、次のようになります。Accessは、私たちが普段、帳簿や表として扱っているデータに「リレーショナルデータベース」という考え方を適用して、それらの帳簿や表をデータベースとして扱うソフトウェアであるということです。

では「リレーショナルデータベース」とは何なのか、ということになりますね――それはレッスンを通じて理解していただくとして、ここでは、Accessを勉強することは、その操作を学ぶことであると共に、データベースというものを学ぶことでもあるという点を理解していただければと思います。ちょうど、QuarkXpressやInDsignなどのDTPの学習が、そのソフトウェアの使い方だけでなく、実際の本の製作における様々な約束事について学ぶのであることと同じですね。

――さて、ここまで読まれて「なるほど一つ疑問が解けた」と思われた方も、「やっぱり難しそう」と思われた方もいらっしゃることと思います。しかし、ぜひAccessに挑戦してみてください! Accessへのチャレンジは、みなさんが1クラス上のパソコンスキルを身につける絶好の機会です。というのも、Excelを使う人は多いですが、Accessを使える人は少ないからです。みなさんのAccess学習のために、二つのレッスンを用意させていただきました。

■Accessプロフェッショナルレッスン■
Accessを学ぶことはデータベースを学ぶことだと上に書きましたが、データベースの理解は、Accessの使い方を学んでいく中で、自然に身につけることができます。難しい「リレーショナルデータベース理論」に取り組むということではありませんので、安心してください。

レッスンの折々で「こういうところがリレーショナルデータベースの考え方です」ということをお話しします。Accessを使っていく上で必要なデータベース理解というのは、実際には、Accessの学びを通じて得られる程度のもので十分です。レッスンは、Excelとの違いを見ることを通じて、Accessの大まかな輪郭をつかむことから始めます。この最初のレッスンで、ExcelとAccessの使い分けについて、一定の理解が得られることと思います。

続いてアクセスの各オブジェクトを、次の順序で学びます。
1.テーブル 2.クエリ 3.レポート 4.フォーム 5.マクロ
特にテーブルの学習では、実際の業務をどうすればアクセスに載せることができるのか、そのポイントをお伝えしたいと思います。そして、アクセスオブジェクトをこの順序で学ぶことが、アクセス修得の近道であると私は考えます。なぜそうなのかは、レッスンが進むにしたがって、きっとみなさんも納得されることでしょう。

――とはいえ、「大親切スクール」ですから、先に種明かしをしてしまいます。1.テーブル、2.クエリ、3.レポートまでの機能で、Accessは高機能なExcelの役割を果たします。そのため、ここまでがAccess学習の一区切りなのです。続いて、4.フォームと、5.マクロの学習が、AccessVBA(プログラミング)への入口となります。AccessVBAはフォームとマクロに深く関係しているためです。

各レッスンでは、それを使うと何ができるのかということだけではなく、何ができないかということにも焦点を当てています。それによって、それぞれの機能の輪郭が明瞭になるからです。どうぞ、Accessプロフェッショナルレッスンに期待をもってのぞんでください!

■AccessVBAアドバンストレッスン■
VBA(Visual Basic for Applications)は、MicroSoft Officeに含まれる複数のソフトウェア(Word、Excel、Access)に付属するプログラム言語で、AccessVBAは、Accessのための専用のプログラム言語です。

このVBAというプログラム言語の源は、MicroSoft Officeに限定されないWindows汎用言語としてのVB(Visual Basic)にあり、さらに遡ると、Windows以前のパソコン環境で使われた、マイクロソフト社のMS-DOS用QuickBASICや、OS機能を兼ねたNEC社のN88Basicなどの、いわゆるBasic言語にたどり着きます。

ここで、VBAとVBの違いは、MS Officeに特化したものかWindows汎用かという違いであって、見方によってはそれほど大きな違いはないといえるのですが、一方、VBとそれ以前のBasicにはプログラミングの考え方に明らかな違いがあり、この違いを頭に入れておくと、VBAの学習はより容易になるといえます。

VBはVisual Basicという名前が示す通り、旧来のBasic言語のVisual版ということです。現在のパソコンは、写真や動画を軽々と扱いますが、パソコン黎明期であった1980年代においては、文字や数字を入れるメモリ上の変数と、ディスクに書き込まれる、シーケンシャルとランダムという2種類のファイルが、パソコンの、したがってプログラム言語の主要な操作対象物(オブジェクト)でありました。

Visual Basicは、この旧来のBasic言語の操作対象物を拡張して、変数やファイルだけでなく、アイコンやWindow枠などのより視覚的なオブジェクトを扱えるようにしたものです。そこで、AccessVBAとは、Access固有のオブジェクトであるテーブルやクエリやテキストボックスなどを扱えるようにしたBasic言語ということになります。

つまりVBAは、文字や数字を扱う時代のBasic言語の文法と、ビジュアルなオブジェクトを扱うようになってから作られた新しい文法の複合体であるということですね。古いBasicと新しいVBの関係は、そのまま現在のVBAの構造になっているのです!

VBA学習でのつまづきの一つとして、ステートメントとメソッドという、二つの命令系があること、そして、変数とオブジェクトという二種類の操作対象物があることが挙げられるのですが、そういったことも、VBA成立の歴史を知っていれば「なるほど納得!」です。

AccessVBAアドバンストレッスンでは、みなさんの理解に合わせて学習を進めます。みなさんが独力でプログラムを書くことができ、その先、さらに進んでご自身で勉強を続けることができるようになるまでが、このレッスンの目標です。いっしょにAccessVBAの世界に足を踏み入れましょう。

...もっと見る

体験レッスン時の持ち物


カフェ利用時のご自身のドリンク代

星加弘文先生から一言

■最初の壁「クエリ」を克服!


MS Officeはアメリカ生まれのソフトウェアのため、Accessにおいてもその用語はほとんどが外来語のままです。

Accessではクエリという機能が重要で、クエリだけを解説した本もたくさん出ているくらいです。けれど「クエリ」というのは、言いにくい名前ですね。

「クェリィ」と少し正確に発音すればよいのかもしれませんが、カタカナ語の「クエリ」は、日本人にとって少し奇妙な響きに聞こえます。そういえば、クリエ、クリエと言ってる人がいました(^^

実際に動かしてみると、Accessはよくできたソフトウェアだと関心します。クリエ――じゃなかった、クエリも難しくなくて、実は視覚的で分かりやすい機能なのです。

ぜひ、Accessの壁「クエリ」をいっしょに制覇しましょう!

...もっと見る

※その他の開校ジャンル:Word, Excel

星加弘文先生のレッスン詳細

レッスン一回単位で無理なくお支払い。

シンプルな料金体です。

1レッスン受講に必要な総額

60分間の個人レッスン受講料

¥4,900 初回体験 0円

カフェの飲食代実費(ご自身の分のみ)

200円〜

※サイタご入会金として、8,000円が別途ご負担となります(入会時のみ一度だけ)。ジャンル・講師を変更しても追加料金は発生しません。200種類以上の幅広いレッスンジャンルをお楽しみください。

1レッスン単位で受講できます。だから、気軽に始めやすく、お支払いもクレジットカード・銀行振込み・コンビニ決済など、各種決済方法から自由に選べます。

お好きなカフェを選んで、アットホームな雰囲気の中でレッスン。講師の飲料代をご負担いただく必要はありません。※一部講師自宅の会場もあります。

スクール開校日時
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

月曜: 10:00〜21:30
火曜: 10:00〜21:30
水曜: 10:00〜21:30
木曜: 10:00〜21:30
金曜: 10:00〜21:30
土曜: 10:00〜21:30
日曜: 14:00〜21:30

体験レッスンの感想コメント (6)

30代女性

そもそもaccessがどんなものか全くわからない状態でレッスンに臨みましたが、具体的なレッスンプランをご説明いただき大分不安が解消されました。またサンプルデータをさわりなからレッスンを進めていただけるのでとても分かりやすいです。引続きよろしくお願いいたします。

そもそもaccessがどんなものか全くわからない状態でレッスンに臨みましたが、具体的なレッスンプランをご説明いただき大分不安が解消されました。またサンプルデータをさわりなからレッスンを進めていただけるのでとても分かりやすいです。引続きよろしくお願いいたします。

40代女性

体験レッスンありがとうございました。とても有意義でした!短い時間でしたが、わからない点に的確に熱心に対応して頂き有り難かったです。

星加弘文Accessコーチ

感想を寄せていただいてありがとうございます。MS Officeのインストールがめんどうになっていたのは知っていましたが、Office365はさらに手間がかかるのですね。今回、情報がいろいろとれましたので、次回はインストールを済ませて本来のレッスンに入れるよう頑張りましょう。

レッスンのイメージ
星加 弘文さん

Accessの学習に関心をもってこのページをご覧になっている方は、おそらくAccessを使う必要に迫られているか、あるいはパソコン学習に強い意欲を持っていらっしゃる方だと思います。

半面、そのような方であれば、Accessの難しさや取っつきにくさということも、すでに感じておられるのではないでしょうか?

Accessは何が難しいのでしょう。一言でいえば、それは、Accessが何をするものなのかが、他のソフトのようには簡単にイメージできないことの難しさだといえます。

WordやExcelをまったく知らない人でも、「Wordは文書を作るものであり、Excelは表を使って計算するためのものだ」と聞けば合点がいくものです。しかし、Accessについて「Accessはデータベースを扱う」と聞いても、なかなかピンとこないのではないでしょうか。

つまり、Accessを難しいと感じるのは、単にAccessの操作が分からないということではなくて、Accessが扱う「データベース」というものが、いまひとつハッキリとイメージできないということが大きいのです。

「Accessでデータベースを扱う」ということを、もう少していねいに述べると、次のようになります。
Accessは、私たちが普段、帳簿や表として扱っているデータに「リレーショナルデータベース」という考え方を適用して、それらの帳簿や表をデータベースとして扱うソフトウェアであるということです。

では「リレーショナルデータベース」とは何なのか、ということになりますね――それはレッスンを通じて理解していただくとして、ここでは、Accessを勉強することは、その操作を学ぶことであると共に、データベースというものを学ぶことでもあるという点を理解していただければと思います。

ちょうど、QuarkXpressやInDsignなどのDTPの学習が、そのソフトウェアの使い方だけでなく、実際の本の製作における様々な約束事について学ぶのであることと同じですね。

――さて、ここまで読まれて「なるほど一つ疑問が解けた」と思われた方も、「やっぱり難しそう」と思われた方もいらっしゃることと思います。しかし、ぜひAccessに挑戦してみてください! Accessへのチャレンジは、みなさんが1クラス上のパソコンスキルを身につける絶好の機会です。というのも、Excelを使う人は多いですが、Accessを使える人は少ないからです。

みなさんのAccess学習のために、二つのレッスンを用意させていただきました。

■Accessプロフェッショナルレッスン

Accessを学ぶことはデータベースを学ぶことだと上に書きましたが、データベースの理解は、Accessの使い方を学んでいく中で、自然に身につけることができます。難しい「リレーショナルデータベース理論」に取り組むということではありませんので、安心してください。

レッスンの折々で「こういうところがリレーショナルデータベースの考え方です」ということをお話しします。Accessを使っていく上で必要なデータベース理解というのは、実際には、Accessの学びを通じて得られる程度のもので十分です。

レッスンは、Excelとの違いを見ることを通じて、Accessの大まかな輪郭をつかむことから始めます。この最初のレッスンで、ExcelとAccessの使い分けについて、一定の理解が得られることと思います。

続いてアクセスの各オブジェクトを、次の順序で学びます。

 1.テーブル
 2.クエリ
 3.レポート
 4.フォーム
 5.マクロ

この順序で学ぶことが、アクセス修得の正道であると私は考えます。なぜそうなのかは、レッスンが進むにしたがって、きっとみなさんも納得されることと思います。

――とはいえ、「大親切スクール」ですから、先に種明かしをしてしまいます。1.テーブル、2.クエリ、3.レポートまでの機能で、Accessは高機能なExcelの役割を果たします。そのため、ここまでがAccess学習の一区切りなのです。

続いて、4.フォームと、5.マクロの学習が、AccessVBA(プログラミング)への入口となります。AccessVBAはフォームとマクロに深く関係しているためです。

各レッスンでは、それを使うと何ができるのかということだけではなく、何ができないかということにも焦点を当てています。それによって、それぞれの機能の輪郭が明瞭になるからです。

どうぞ、Accessプロフェッショナルレッスンに期待をもってのぞんでください!

■AccessVBAアドバンストレッスン

VBA(Visual Basic for Applications)は、MicroSoft Officeに含まれる複数のソフトウェア(Word、Excel、Access)に付属するプログラム言語で、AccessVBAは、Accessのための専用のプログラム言語です。

このVBAというプログラム言語の源は、MicroSoft Officeに限定されないWindows汎用言語としてのVB(Visual Basic)にあり、さらに遡ると、Windows以前のパソコン環境で使われた、マイクロソフト社のMS-DOS用QuickBASICや、OS機能を兼ねたNEC社のN88Basicなどの、いわゆるBasic言語にたどり着きます。

ここで、VBAとVBの違いは、特定のアプリケーションに特化したものか汎用かという違いであって、それほど大きなものではないのですが、一方、VBとそれ以前のBasicには大きな違いがあって、この違いを頭に入れておくと、VBAの学習はより容易になります。

VBはVisual Basicという名前が示す通り、旧来のBasic言語のVisual版ということです。現在のパソコンは、写真や動画を軽々と扱いますが、パソコン黎明期であった1980年代においては、文字や数字を入れるメモリ上の変数と、ディスクに書き込まれる、シーケンシャルとランダムという2種類のファイルが、パソコンの、したがってプログラム言語の主要な操作対象物(オブジェクト)でありました。

Visual Basicは、この旧来のBasic言語の操作対象物を拡張して、変数やファイルだけでなく、アイコンやWindow枠などのより視覚的なオブジェクトを扱えるようにしたものです。そこで、AccessVBAとは、Access固有のオブジェクトであるテーブルやクエリやテキストボックスなどを扱えるようにしたBasic言語ということになります。

つまりVBAは、文字や数字を扱う時代のBasic言語の文法と、ビジュアルなオブジェクトを扱うようになってから作られた新しい文法の複合体であるということですね。古いBasicと新しいVBの関係は、そのまま現在のVBAの構造になっているのです!

VBA学習でのつまづきの一つとして、ステートメントとメソッドという、二つの命令系があること、そして、変数とオブジェクトという二種類の操作対象物があることが挙げられるのですが、そういったことも、VBA成立の歴史を知っていれば「なるほど納得!」ですよね!

AccessVBAアドバンストレッスンでは、みなさんの理解に合わせて学習を進めます。みなさんが独力でプログラムを書くことができ、その先、さらに進んでご自身で勉強を続けることができるようになるまでが、このレッスンの目標です。

プログラムを勉強するのが初めてという方、大歓迎です。また、過去にBasicや他の言語に触れたことのある方、Access以外のデータベースソフトを使ったことのある方も大歓迎です。私といっしょにAccessVBAの世界を学んでいきましょう。

...コーチからのコメントをもっと見る

新着レッスンノート

星加弘文コーチと、実際の生徒さんとのやり取りをご覧下さい。

AccessPro大親切スクール

お仕事でAccessを使えるようにとの指示を受けてのご受講でした。「Accessを使えるように」というのは、言葉は短いですが実はなかなかたいへんな指令です。 というのは、WordやExcelと違って、Accessはその機能を順次学んでいけば使えるようになるソフトウェアではないからです。Acc...

AccessPro大親切スクール

午後から夕刻にかけての新宿、渋谷、吉祥寺は駅から離れたカフェにも人がいっぱいです。レッスンでは2人並んで腰掛けられて、しかも席に電源が必要なことも多く場所取りはなかなかたいへんです。今回もレッスン開始までにご負担をおかけしましたが、ご協力いただいてどうにか席を確保することができましたね。 ...

人気のエリアで絞り込む

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

まずはお試しから! 無料体験レッスンお申し込み

Access初心者も安心のレッスン内容!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、
講師が丁寧にアドバイス

このサイトについて

好きな時間に、楽しく個人レッスン。
ピッタリの先生が見つかります。

→はじめての方へ

テレビや雑誌でも話題です

Access(アクセス)使い方講座・スクール(星加弘文コーチ) ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる

はい、大丈夫です!
初めての方も安心の、アットホームな個人レッスンです。
他の受講生の目を気にせず、マイペースに楽しみながらご受講いただけます。

一部ジャンルのみ、東京都内でグループレッスンをおこなっております。詳しくはこちらをご覧ください。

レッスン受講料(¥4,900)+カフェ利用時のご自身のドリンク代です。受講する分だけ前払いのポイント制なので安心です。

※入会時に、全てのジャンル・プライベートコーチに共通のサイタの入会金として8,000円が必要となります。

料金・お支払い方法