パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Accessレッスンノート Accessを使用することが適切かどうか

Accessを使用することが適切かどうか

Access(アクセス)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1000人分ほどのデータ処理に関して、Accessを使用すべきかどうかというご相談でした。Accessの概要と、データを扱う上でのExcelとの相違についてお話ししながら判断していただきました。

当初の私の理解では、1000件ほどのデータは、20年前であればAccessなどのデータベースソフトで扱った方が動作も速くてよいということが言えましたが、PCのメモリ容量がWindows95時代の1000倍にも増えた現在では、Excelなどの表計算ソフトで十分な処理ができるため、あえてAccessを導入する必要はないのではないかというものでした。
Accessはファイルを扱う仕組みがExcelやWordと違っていて、その当初から大容量のデータを扱えるようになっていましたが、その意味でのAccessの優位性というのは、現在はかなり薄れてきたと思います。

しかし、お話しをうかがっていくなかで、同一データを含む複数の表を結合して処理する必要があることや、同一データについて複数の時系列データが発生するといった実状が見えてきました。
Accessはこういった表の結合や、履歴を扱うのが得意なソフトウェアです。その点を大まかに説明して、携わっておられる業務に関しては、現行のExcelによる処理よりAccessを使った処理の方が効率的な運用ができるはずというアドバイスをさせていただきました。

とはいえ、Accessは学ばなければ使えないソフトウェアの代表といってよいものです。テーブルとクエリを5回程度でマスターしていただくのがこのレッスンの主旨ですので、ぜひ受講をご検討ください。
このレッスンノートを書いたコーチ

重要な操作を効率よくレクチャー。データベースの基礎~VBAまで

AccessPro大親切スクール
星加弘文 (Access)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

レッスンノート ページ先頭へ