サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Access東京 事務職向け実践Access講座 スクールブログ 043_少しず...

043_少しずつ解ったつもりの「Power Query」、私の中では理想の世界のもの

「Power Query」を解りやすく説明している
参考ページを紹介します。


参考ページ
『Qiita_コミュニティ_ExcelでPowerQueryを使ってデータ収集分析
https://qiita.com/mosugi/items/71df310b35db81722d1e#powerquery%E3%81%A8%E3%81%AF

ExcelでPowerQueryを使ってデータ収集分析

PowerQueryとは

2016年に公開されたMicrosoft製のデータ分析用Excelアドインであり、
Excel2010以降に対応しています。
ファイル・DB・Webサービス等からデータを読み込み、変換・加工して
Excelのシートに出力できます。

Excel内に全ての情報を格納するため、一つのファイルで完結し他の
ツールは必要ありません。

中間処理は全てメモリ上で行われ、処理が非常に高速であることが特徴です。
ファイルに出力されるのは最終の出力結果のみであるため、ファイルサイズも
少なく済みます。』参考ページここまで


以上を読んで、
Excelの事前編集(A4サイズ1枚化作業)が無くなるのでは?
と、思いました。


私の感想
  AIが本格的に動き出すのはERP(統合基幹業務システム)が機能している
  ほんの一握りの企業からではないでしょうか?
  特に「Power BI」は理想の世界の話に思えてしまいます(041_「Power BI」を
  知りたくて・・・)をご参照ください。
  実際にどのくらいの人がAIのことを知っているか?
  大規模企業からの受講者に「Power Query」と「Power BI」を知っていますか?
  と、尋ねましたが全員が知っているわけではないようです。

 

(2019年10月17日(木) 17:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理・管理部門・データ分析の従事者が対象。5年で500人参加の名物講師

新着記事

2020年01月04日の日経新聞を読んで思うこと 日経新聞・記事のタイトル 『2020年AI先読み通信簿』 記事の内容 『業績・需要 未来も予測』 これらは、AIが得意なこと データ編集しながら最終出力を作り上げる作業は AIに奪われるでしょう。 今後問われるのは演算力...

Excelでデータ件数無制限のデータを扱うとき、PowerQueryが 有効です。という、話を聞いて一言!! その件数無制限のデータの出所はビッグデータや基幹システムでしょうか? すると、そのデータはクリーンデータということになります。 クリーンデータとはデータチェックを通過し...

AIの時代になっても「A4・1枚」主義で時短が可能。 Excelはデータ処理から解放され見やすさ使い易さに絞った仕事に専念できる。 速さと質の向上が図れます。 「A4・1枚」主義で PowerQueryを使わずにAccessだけでデータをA4・1枚に絞込み。 時短を実現できます。...

AIとRPAで動く企業の業務監査と税務監査への心配です RPA化されたりAIによるアウトプットを 日常の業務で使うようになった場合 監査人や税務調査官は正当性をどう判断し評価するのだろう 監査や税務調査に於いて 今まで人間がやっていた監査方法はどう変化するのだろうか 業務の...

PowerQueryを知りたくてネット検索を続けています しかし、 わからないことだらけ いろいろな使い方が知らされていて 何のためにPowerQueryが出てきたのか未だにわかりません AccessとExcelが共存している世界でExcelに Accessの機能を追加してExce...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Accessレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ