全国5万人が受講している「サイタ」

留学・ホームステイのための日常英会話教室

留学・ホームステイのための日常英会話教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室留学のための日常英会話教室東京 クイーンズイングリッシュでの英会話教室 スクールブログ 日本と欧米のハ...

日本と欧米のハラスメントの違い

外国の方とお話する時や、国際的に働くのに気を付けないと行けない事に「性別」についての会話があります。


日本は先進国の中でも女性差別がまだ改善されない国のワーストワンで、女性として私もよく感じる事があります。


私はイギリスで子供時代を過ごし学校にも通いまして、当時は首相はマーガレット・サッチャー、国の長がエリザベス女王、女性差別とは無縁の環境で過ごしました。男女は平等です。女性だから偉い、男性だから偉い、など聞いた事もありませんしもっと言えば「人は皆平等」と言うのがイギリスの教えなのですよね。


実は最近ユーチューブで昭和のテレビドラマやドキュメンタリーを見ていて随分性差別が行われていたのだなーと感じました。


恋愛や出産等の、明らかに性の違いが理由や原因の事柄は別として、例えばビジネスで「男なんだから」や「女性はこうあるべき」と言う言葉はセクハラの対象になります。


日本人が何の嫌味も無く使用している言葉が相手を深く傷つける事があるのですよね。


では、何故「レディーズファースト」の文化なの?と思う方もいらっしゃるかと思います。


はい、これも日本との大きな違いですが日本は昔はどちらかと言うと亭主関白主義でお風呂や食事等、何でもメンズファーストと言う文化でしたよね。


宗教的な意味合いもあるのですが「人類平等」と言う教えがありますので、女性は体力的にはどうしても男性よりも弱いですよね。


そのため、電車の中では男性が女性に席を譲ったり、レストランのドアを開けたりする風習があります。


年輩の男性がいましたら若い女性はもちろん同じ事を行います。


性別だけでは無くハラスメントには日本は先進国の中ではとても甘い国なので国際社会では気を付けましょう♪

 

(2017年10月29日(日) 16:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英生活12年!教育会社運営の先生に学ぶ、美しいクイーンズイングリッシュ

クイーンズイングリッシュでの英会話教室
島端美和 (留学のための日常英会話)

東京・上野・御徒町・秋葉原・南千住・北千住・小伝馬町・人形町・茅場町・水天宮前・新御...

ブログ記事 ページ先頭へ