全国5万人が受講している「サイタ」

留学・ホームステイのための日常英会話教室

留学・ホームステイのための日常英会話教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室留学のための日常英会話教室東京 クイーンズイングリッシュでの英会話教室 スクールブログ 英語と日本語

英語と日本語

第一言語以外の言葉を喋るにはその国の文化を知る必要性がある!と私の英語のレッスンは課題にしています。


さて、英語圏の人達と日本人の違いの一つに英語圏の人は''You have to be special'' 「特別な人になりなさい」「個性を大事にしなさい」と教えられて育っています。一方、日本人は「控えめでいなさい」「周りに合わせなさい」と育っています。


どちらが正しいとかはありませんが、この文化を理解しないと誤解が生まれます。


例えば、英国に留学して控えめであまり自分の事を話さなく授業中もあまり発言しなかったとします。日本の大学では当たり前の光景ですよね。ただ、英国では「あの人やる気あるの?」と思われてしまいます。


それでは見た目も中身も英国人が日本に留学して何かの文化のギャップに遭遇したとします。この場合はそんなに大きなトラブルにはなりません。何故かと言うと日本では肌の色が違う外国の方は少数で、「ま、外国の方だからしょうがないか」と日本人は許すのですよね。


英国は色々な肌の色がいますので、そうは行かないのですよね・・!


数年前に私が子供の頃通っていたロンドンの幼稚園の集合写真が出て来ましたが、まあ色々な人種がいました。黄色人種1/3、黒人1/3、白人1/3と言うところでしょうか?ただ、白人だけが英国人なのかと言うと違います。また、小学校の担任はイタリア人で隣のクラスの先生はインド人でいつもサーリー(インドの民族衣装)を着てました。話している英語はネイティブイングリッシュです。


この様に色々な人達がいるので個性を大事にしてるのかも知れませんね!私は都内住みですが、東京と言う場所も色々な地方の方達が住んでいますので割と個性を大事にするのかも知れませんね。「自分は自分、人は人」の考え方をする人が地方よりも多い様に感じます♪

 

(2016年10月3日(月) 16:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英生活12年!教育会社運営の先生に学ぶ、美しいクイーンズイングリッシュ

クイーンズイングリッシュでの英会話教室
島端美和 (留学のための日常英会話)

東京・上野・御徒町・秋葉原・南千住・北千住・小伝馬町・人形町・茅場町・水天宮前・新御...

ブログ記事 ページ先頭へ