全国5万人が受講している「サイタ」

留学・ホームステイのための日常英会話教室

留学・ホームステイのための日常英会話教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室留学のための日常英会話教室東京 Mitchの日常英会話教室 スクールブログ なぜ英語を難し...

なぜ英語を難しく感じてしまうのか。

改めましてMITCHと申します。
米国、カリフォルニア州に合計12年間住んでいました。

アップル、グーグル、フェイスブックなどの本社がある
シリコンバレーと呼ばれる地域に住んでいたのですが、
そこは、日本人を含む、世界各国からの留学生が大変多い地域でもあります。




大学に通いながら数々の留学生の友人が出来ましたが、
やはり彼らと話していて、一番よくされた質問は、

「これって英語でどうゆうふうに言えばいいの?」
でした。


これは海外に長くなればなるほど実感することなのですが、
直訳できない日本語の表現って本当に多いんです!



日本語という言語はとにかく、パズルのピースが多い!
英語という枠にそれを全部はめ込もうとすると
当然ピースがあまってしまいますし、うまく形にならない場合があります。



文化の違いというフレーズですべてを片付けてしまってはいけないのかもしれませんが、
英語を学ぶにあたって大切なことは、

なんでも日本語から直訳しないこと!です。





実は、留学生の友人が苦労していた背景には
伝えたい文章を日本語から”正確”に一語一句英語に訳そうとしていたところにありました。

どんなに見かけ上、それぞれの単語を正確に訳すことができていても、
それが普段、彼ら(伝える相手)があまり使わない言い回しであった場合、
余計に混乱させてしまいます。


せっかく、時間をかけてひとつひとつ辞書をひきながら日本語を英語に訳したのに、
うまく伝わらないと、英語って難しいな・・もういやだ・・・なんて思ってしまいますよね。


実は”訳す”ってかなり上級者のテクニックなんです!
言葉のニュアンス、双方の文化の違い、様々な知識があってこそなせる技なのです。
なので、それはプロの方に任せておきましょう笑。






”訳す”ことに重点をおいてしまうと結局主体にあるのは日本語なんですよね。




実際に使う英語と、日本語から直訳された英語は違います!
日本語はあくまでも単語力を養うためのお助けツールにしか過ぎません。


せっかく英語を学びたい!と英語に興味を持ってくださったのですから、
まずは英語を主役においてあげる。
そういったレッスンを提供していきます!!



次回、色んな例えをあげながらお話しますね。
では!

 

(2013年6月9日(日) 14:25)
この記事を書いたコーチ

TOEIC980点!カリフォルニア滞在12年、留学を目指す方は特におすすめ

ブログ記事 ページ先頭へ

留学のための日常英会話情報

サイタの留学のための日常英会話講師がブログを通して、留学のための日常英会話情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

留学のための日常英会話の先生

@EnglishCyta