サイタ英会話教室留学のための日常英会話教室愛知 チェルシー英語教室 スクールブログ 花粉症

花粉症

こんにちは、今週から急激に暖かくなってきました。とうとう春本番でしょうか。

気候が良く、そして草木が一斉に芽吹くとても良い季節ですが、同時に花粉症が悩ましい季節でもありますね。私の周りのもゴーグルやマスクを装着して外出する人がいます。

私は幸運な事に花粉症にはかかりません。といっても突然発症するようなので、毎年春先は少し不安でもあるのですが、今年はまだ大丈夫なようでほっとしています。しかし花粉症にかからないと言ってもそれは日本限定という事で、昔住んでいたイギリスでは酷い花粉症に悩まされ続けていました。

あちらの花粉症のシーズンは6月から8月で、日本のスギ花粉とは異なり、庭や公園の芝生にポツポツと咲く白い花、デイジー(daisy)がどうやら主な原因のようです。

イギリスの夏は1年を通してベストシーズンです。週末になると沢山の人が公園の芝生に寝転んで日光浴を楽しんだり、サンドイッチ持参でピクニックをしたりします。

私もご多分にもれず、渡英して初めての夏は友人たちに誘われるがまま、ロンドンのハイドパークやグリーンパークなどでピクニックをしました。しかし公園に入り、芝生の上に30分も座っていると目が真っ赤に充血しはじめ、くしゃみが止まらなくなり、もうじっと座っていることなどできなくなったのでした。

スギ花粉には何ともなかった私でしたが、デイジーの花粉にはひとたまりもありませんでした。そのまま最寄の薬局へと走り、花粉症の薬を飲んで、何とか症状を抑える事が出来ました。それから2年目以降は友人にどれだけピクニックに誘われても、夏だけは頑なに「No!」と言い続けるようになりました(笑)。

因みに花粉症は英語で「hay fever」といいます。夏に留学や旅行で渡英をお考えの皆さん、念のために花粉症の薬を常備薬として加えてみてはいかがでしょう。もちろん現地の薬局(pharmacy, chemist shop)でも購入する事ができます。


山中雄哉
・初心者向け英会話
・TOEIC対策
・留学の為の日常英会話

 

(2013年3月7日(木) 16:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロンドンに4年半留学。現地アンティーク専門オークション会社で勤務経験も

目的・種類別に留学・ホームステイのための日常英会話教室を探す

新着記事

朝夕はまだ冷えるものの、春らしく段々と暖かくなってきました。 明日の3月17日は、聖パトリックの日です。聖パトリックは西暦461年に亡くなるまでアイルランドを漫遊しながらキリスト教を広めた人物で、その事によりアイルランドの守護聖人となりました。 この日はアイルランドのみなら...

旧年中はレッスンを通して色々な方と交流をさせていただきました。皆さまの英語力上達に少しでも助けになれていましたら、幸いです。 明けましておめでとうございます。イギリスでも日本時間の午前9時に年が明けました。ロンドンではテムズ川沿いの国会議事堂やロンドンアイのあるあたりで毎年盛大な年明け花...

生徒さんによって、レッスンの受講頻度は異なります。週に1度の方もいれば、月に1度の方もいらっしゃり、学習スタイルは様々です。 で、レッスンからレッスンの合間を何もしないでよいかと言いますと、教える立場としてはやはり何かして頂きたいと思うのです。 せっかくレッスンで学んでも、英語に触...

英語は他のヨーロッパ言語と比べても語彙数が多いと言われています。道理で覚えても覚えても次々と知らない単語が出てくるわけですね(笑)。そこで私なりの語彙の増やし方を下にまとめてみました。 【丸暗記をしない】 単語は丸暗記では意味がありません。覚えた単語を元に本を読んだり文章を...

陽気がだんだんと良くなり、日中は少し汗ばむくらいになってきました。 以前、音読について書いた事がありますが、音読は英語上達の為、特にリスニング力の向上に有効ですと再度強調いたしたく思います。 ただし、ただ内容を把握せずに漫然と声を出して英語を読んでいるだけでは、お経を唱えているのと...

ブログ記事 ページ先頭へ