サイタ英会話教室留学のための日常英会話教室東京 クイーンズイングリッシュでの英会話教室 スクールブログ Sorryを減...

Sorryを減らそう!

日本語で「すいません」と言う「ごめんなさい」と「ありがとう」と両方でも使える言葉があるため日本人が英語を話す時sorryを頻発してしまう時があります。


英語ではごめんなさいの時にしか使用しませんので、ネイティブの方からしたら「そんなに私悪い事したかなー。。」と思われてしまうのですよね^^;


では、そんな時何て言えば良いのか・・!


例えば''this is wrong, this one is right'' 「これ違うよ、こっちが正しいよ」


''oops! Thanks'' 「ワ、ありがとう!」


''You shouldn't do that, it will disturb others'' 「他の人の迷惑になるからそれはしない方が良いよ」


''Thanks for telling me! '' 「教えてくれてありがとう!」


と言う風にすいませんをthanksに持って行くと明るい会話になります♪


ただし、本当に悪い事をした時はちゃんとsorryを使いましょう☆

 

(2013年3月1日(金) 23:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

英生活12年!教育会社運営の先生に学ぶ、美しいクイーンズイングリッシュ

クイーンズイングリッシュでの英会話教室
島端美和 (留学のための日常英会話)

東京・上野・御徒町・秋葉原・南千住・北千住・小伝馬町・人形町・茅場町・水天宮前・新御...

ブログ記事 ページ先頭へ