全国5万人が受講している「サイタ」

留学・ホームステイのための日常英会話教室

留学・ホームステイのための日常英会話教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室留学のための日常英会話教室東京 留学前イングリッシュ スクールブログ 正しい発音?

正しい発音?

語学をやるときに、発音が良いと自信につながります。
コミュニケーションがスムーズに進み、「発音きれいだね!」
何て言われた日には、小躍りしそうなくらい嬉しいものです。

逆に、何度言っても「えーっと、、、もう一度言ってもらえる?」
と聞き返されてしまうと、あぁ、、ダメだ。伝わってない。。。
とがっかりしてしまいます(でも聞き返してくれるだけマシ)。

では、英語を話すとき、常にネイティブが話すように
しなくてはいけないのか?

私はそうではないと考えています。

まず、アメリカとイギリスの英語を見てみましょう。
発音はけっこう違います。

でも、イギリス人はアメリカの映画を見る事が出来るし、
その逆もしかり。

フィリピン人も英語が話せる人が多いですが、
フィリピン英語のアクセントで話す人が多いです。

インド人の英語もなかなかアクセントが強くて、慣れるまで、
本当に何を言っているのか分かりませんでした。

長々となりましたが、結局何が言いたいかというと、

発音はもちろん大事ですが、そこまでとらわれる事はない、
ということです。

これだけ多くの国籍を持つ人々が話す英語に、
スタンダードを求めるのはナンセンスではありませんか。

私が思うに、もっと大事なのは、
自分の言いたい事を明確にし、それを伝わるまで伝えようと努力するガッツ。

一生懸命伝えようとすれば、理解しようとしてくれる人もいます。

「うわ、何言ってるのか分からない、めんどいな」
と思う人もいるでしょうが、そんな視野の狭い人は気にする事無し!

英語を使って自分の人生に良い影響を与えてくれる、
素敵な友達を作りましょう。

 

(2012年5月2日(水) 13:26)

前の記事

この記事を書いたコーチ

アメリカの大学を卒業後、現地の研究機関に勤務。上達の心構えからわかる

留学前イングリッシュ
高橋舞 (留学のための日常英会話)

上野・浅草橋・両国・錦糸町・浅草・押上

ブログ記事 ページ先頭へ