全国5万人が受講している「サイタ」

留学・ホームステイのための日常英会話教室

留学・ホームステイのための日常英会話教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室留学のための日常英会話教室東京 留学前イングリッシュ スクールブログ What�...

What's Up について

私はアメリカに留学していましたが、最初に一番戸惑ったのが
この、"What's up?" でした。発音はワッツアップに近いです。
マリちゃんがよく言うやつですね。

アメリカ人の友達に出くわす度にこの "what's up?" を言われ、内心

[・・わっつあっぷ?なんじゃそりゃ!学校で聞いた事も無いよ!]
とアワアワしたものです。

辞書を見ると色々ありますが、だいたいの意味として、
How are you? と一緒です。ただ、もっとくだけた感じかな。
教授やはじめて会った人なんかにはあまりwhat's upは使わないでしょう。

あくまでもフレンドリーに、「元気?」「どうしたの?」「最近どう?」のような感じで聞いています。

どう返したらいいのか?

このワッツアップは、小話を始めるきっかけだと思って下さい。
なので、例えばあなたがクラスに向かう途中であった友達に、
ワッツアップ?と聞かれたとしたら、

「変わりないよ。今から〜の授業に行くところなんだ。」
"Not much. I am heading to - class now."

という返答が出来るでしょう。

もし焦ってしまって、あぁ、何て言ったらいいのか分からない!
なーんてことになってしまったら

"What's up?"

と返しちゃいましょう。

え、同じ事繰り返すの?と不思議に思われるかもしれませんが、
少なくともアメリカではアリです。

男性が「オッス」っていうのに対して、
「オッス」で返すのと似たようなものです。

慣れたら、自分の方から先に"What's Up?" と聞いてみましょう。
自分が相手に対して興味を持っている、と示す簡単な方法です。

あくまでも友達に!

 

(2012年5月1日(火) 20:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アメリカの大学を卒業後、現地の研究機関に勤務。上達の心構えからわかる

留学前イングリッシュ
高橋舞 (留学のための日常英会話)

上野・浅草橋・両国・錦糸町・浅草・押上

ブログ記事 ページ先頭へ