全国5万人が受講している「サイタ」

留学・ホームステイのための日常英会話教室

留学・ホームステイのための日常英会話教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室留学のための日常英会話教室東京 英語フォーユー スクールブログ 外から見た日本...

外から見た日本人

 15年のカリフォルニアで生活を一時中断し日本への帰国をしてまだ2か月。アメリカ、日本の日常生活での大きな違いを目の当たりにしているところです。
 

見知らぬ人でも、普通に目が合えば必ず微笑み "Hi"と声をかけ合う。
ドア先に同時に立つことがあれば必ず譲り合う。
男性であれば100%女性を優先する。
後続の人がいれば必ず抑えて待っていてあげる。
人ごみでも押したり、ぶつかったり、できるだけ接触を避ける。
これは日常生活でごく一般的にみられる光景です。


さて、日本ではどうでしょう?どれも自慢できるものではありませんね。
それに、日本では何故か目を合わせることを嫌う傾向があります。
ですから、日本に来る外国人は皆とても居心地が悪そうです。
日本の大手のHotelでの経験談ですが、一緒にエレベーターに乗り合わせた外国人は、皆なるべく日本人と目を合わせないように苦労しています。
そんな時、私はこちらから声をかけてあげます。
すると、みなさん一様にほっとした表情になり笑顔を浮かべ、日本での初体験、楽しかったこと、聞いてほしくてたまらないというように一気に話し始めます。
海外を旅行していていろいろな国の人々との会話が生まれるのも、ホテルのエレベーターの中って結構多いんですよ!!
もっとOpenMindになりたいですね。


ところで、これって人種の違いだけが理由でしょうか? いいえ、本当は英会話力の不足から生まれるところが多いのではないでしょうか?。
海外の人たちは日本人のこのような傾向を会話力の不足からくるものではなく、日本人の本質的消極的気質と判断してしまうのです。
英会話ができないだけで日本人は本当に損をしているのです。
このような誤解を解くためにも、もっと英会話力に自信をつけて、対話力を身に着け、世界中の人々とコミニュケートして大きく視野を広げ、世界に出ても恥ずかしくない日本人になりましょう。


このように語学面のみならず広範囲からの英会話力を指導します。一緒に始めてみませんか?

 

(2011年12月28日(水) 16:06)

次の記事

この記事を書いたコーチ

渡米歴合計15年以上。英語教室のほか、現地カレッジでの日本語指導経験も

ブログ記事 ページ先頭へ