ピアノ::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのピアノの講師がブログを通じて、ピアノ情報を発信! ステージと緊張とアマチュアコンクール✩°。⋆⸜(ू˙꒳​˙ ) http://cyta.jp/piano/b/76615 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/17/42066/120.jpg" alt="" /><br>私、大学卒業から、9年ほどブランクがあります(´ω`*) ブランク後の初のステージは、それはそれは 「緊張した」 などとゆうレベルではなく、泡吹いて失神するんじゃないかとゆう域の精神極限状態でした。 それから、ステージを何度か繰り返し、慣れてはきたものの… この緊張から解放されるすべはないのか(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)ヒイイイィィ と、悶絶する日々。 そんなある日、趣味でピアノをやっている友達が、 「ずっと夢だった、アマチュアのコンクールに出るんだ!!!若菜にぜひ見にきてもらいたいんだ!!!」 と、目をキラッキラ輝かせて言ってくれるもんだから、私もワクワクしながら見にいきました。(о´∀`о) そこに集まっていたのは、趣味でピアノを弾いていて、そのコンクールのために1年 猛練習を積み上げてきた老若男女の方々。 レベルはさまざまですが、アマチュアで頑張ってる人達は本当にピアノが好きで好きでたまらない!!! とゆう心がピカピカと伝わってきて、見ているこちらもとっても初々しい気持ちになれました(о´∀`о)わー☆<img src="/p/common/emoji/f651.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>︎☆<img src="/p/common/emoji/f75a.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>︎ …ですが、当然の事ながらアマチュアの方々は人前で演奏する機会などまずありません。 ましてやそこは、東京のどでかいホールでの本選。 緊張しないわけがありません。 まずは若い女の子。 緊張のあまり、暗譜が吹っ飛び、見ているこちらがヒヤヒヤ(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) そして、ドレスアップしたおばさま。 舞台そでから出てくるなり、ロボットダンス並みのウォーキングに、カクカクおじぎ。 そして演奏前に手を合わせて、ブツブツ何やら唱えている。 ここは寺ではない。 そのあと、ビシッとタキシードを着たおじさま。 弾き始めるも、緊張から指が震えている。 いや、震えすぎている。 遠目からみても、ひとみばぁさんぐらい震えている。 よく鍵盤に指を置けるなぁ…と感心してしまうぐらい震えまくっている。 …と、まぁ、そんな皆様のお姿を見させて頂いたのですが、私は何とも感動したのです!!(,,> <,,)♡ プロではない方々が、たった1回のステージのために猛練習を重ね、高いコンクール代を払い、逃げたくなるような緊張にもかかんに挑戦していく姿。 それを見せて頂いた時に、 「あぁ、緊張しない人なんていないんだな。」 と、当たり前の事なのですが、気付かせてもらえたんですね(о´∀`о) それからとゆうもの、ステージに立ち、人前で演奏する時は、”緊張しないように”ではなく、”どう、緊張をコントロールするか”に意識を向け続けています♪ あれこれ試行錯誤しながら、今では曲間にお客さんを笑わせる余裕も出てきましたヾ(o´▽`)ノ 緊張の中でも、楽しく弾くコツを掴んできたのですね♡ そのコツは、またゆっくり書いていきたいと思います。 長々と書いてしまったブログ、最後までお読み頂きまして、ありがとうございます(´꒳`*) ピアノ Fri, 17 Nov 2017 23:52:21 +0900 ピアノ教室::若菜の楽しくピアノ 奥村 若菜 何においても、基礎が大事☆ http://cyta.jp/piano/b/76583 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/16/42045/120.jpg" alt="" /><br>どんな事でも、とにかく”楽しむ”事を大事にしている私ですが、 何をしてても、どんな事でも、いつも痛感するのは、 「基礎」。 基礎があるからこそ、何事も楽しめるんだな、と本当に思います(о´∀`о) 料理やスポーツなど、専門的な事だけでなくても、おしゃべりする事や、日常生活を送る事にしても、礼儀や文化、基本的な事が分かっているだけで相手との仲もグッと近づきますよね♪ もちろんピアノも同じです。 自分の好きな曲を弾くにしても、指や手の使い方、譜面の読み方、ペダルの踏み方、作曲家の気持ち等、いろいろな事が分かってこそ、もっともっと楽しめます(,,> <,,)♡ 私もどこまでいっても学びだと思っているので、今でも音楽高校時代の先生に習いに行っています。 そしてその恩師も、高校時代の恩師に今でも習いに行っているそうです☆ (お会いした事はないですが、きっとかなりのおばあちゃん先生ですよね!現役で元気に教えていらっしゃって、尊敬します<img src="/p/common/emoji/f3f1.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>︎) 私が3歳からいろんな先生方に教えて頂いた基礎を皆様と共有して、またそれが皆様の身になって頂けたら、本当に幸せです(´꒳`*)♡ ピアノ Thu, 16 Nov 2017 15:55:49 +0900 ピアノ教室::若菜の楽しくピアノ 奥村 若菜 楽しくピアノを弾くポイント(,,> <,,)♡ http://cyta.jp/piano/b/76544 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/14/42012/120.jpg" alt="" /><br>前述の通り、私は小さい頃から無理矢理、イヤイヤ、泣きながら、ピアノを弾いてきましたヽ(;▽;) そのため、1度もピアノを楽しいと思った事がありませんでした。 ですが、自分の意思でピアノを弾き初めましてから、”どうしたらピアノを楽しめるか”についてずーーーっとずーーーっと探求しています☆ その1つとして、まず、 「自分はどんな音楽が好きなのか」 を、知る事♪ クラシック、ポップス、ジャズ、アニソン、歌謡曲、etc... 何だっていいのです!! 楽譜は、どんなレベルの物もだいたいあります!! なければ、少しなら私も作る事が出来ます♪ その中でも、明るい曲なのか、暗い曲なのか。 早い曲なのか、バラードなのか♪ 賑やかな曲なのか、しっとりした曲なのか。 このポイントを絞っていくだけで、ものすごく練習も楽しくなっていきます(*´꒳`*) そして弾けるようになっていく瞬間が、楽しくて楽しくて、嬉しくて嬉しくてたまりません♡ まだまだまだまだポイントはたっくさんありますので、それはゆっくり書いていきたいと思います(´꒳`*) ピアノ Tue, 14 Nov 2017 13:02:28 +0900 ピアノ教室::若菜の楽しくピアノ 奥村 若菜 まずは、”楽しい”と思う事♪ http://cyta.jp/piano/b/76537 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/14/42007/120.jpg" alt="" /><br>私は小さい頃から、無理矢理ピアノを習わされていて、ピアノを”苦しみ” ”恐怖” の中でしか弾いてきませんでした。 そのため大学卒業後、ピアノも売り、決別。 けれど4年前に自分の意思で再開してからは、どうしたら”自分らしく” ”楽しく” できるか、 しか追求してきませんでした✩°。⋆⸜(ू˙꒳​˙ ) そのため今は、ピアノを弾く事が楽しくてしょうがありません♡ レベルや好きな音楽、練習やレッスンのペース等、全てがひとそれぞれ。 1人1人に合ったレッスンで、笑顔たくさんで、楽しくピアノを弾いてもらえたら何より1番嬉しいですッヾ(o´▽`)ノ ピアノ Tue, 14 Nov 2017 08:20:17 +0900 ピアノ教室::若菜の楽しくピアノ 奥村 若菜 弾いてみよう!聴いてみよう! http://cyta.jp/piano/b/76533 <br>こんにちわ^ ^ 突然ですが、楽譜を見ながら弾いていて、あれ?この音合ってるのかなー?なんか響きがおかしい気がする…ってなったことありませんか?(^^; でも、楽譜にはそう書いてあるし…みたいな。 これ、ジャズアレンジの楽譜だとよくあるんです。 ジブリとかディズニーとかJ-POPをジャズアレンジにしました、みたいな楽譜がすごく増えたなと思います。いいことですが。 余談ですが、ピアノ初心者のためのジャズアレンジ曲集とかもあったりして、僕が小さいときにあれば…なんて思ってしまいました(^^;(泳げ!たいやきくんのジャズアレンジとかまで入ってました) それで、これらの楽譜のアレンジは、慣れ親しんだ楽曲にジャズぽいアレンジを加えるので、ちょっと聞き慣れない和音を使ったりします。そこだけ弾くと、ん?てなるみたいな… ジャズぽい響きって、一箇所だけ鳴らしてもなかなか感じづらいんです。前後の音も聞いて、初めてオシャレな響きが感じられることがおおいです。 ただ、そういう部分に限って弾くのが難しくて、なかなか続けて弾けないっていうのも、よくあることだと思います(^^; なので、そんなときは、右手の和音だけ、もしくは左手を足せるなら一番低い音を単音で伸ばすだけ(和音とかアルペジオとかやらない)で弾いてみるのをオススメします^ ^弾きやすくなるのもありますし、余計な音が鳴らないので重要な響きが確認しやすくなります。そして、何より重要なのは前後と続けて弾いて、曲の流れで響きを確認することです。すると、今まで不協和音のように聴こえてた和音がすごくオシャレな響きに変わるはずです♫ 全てのケースに通用するわけではないですが、レッスンでもよくやるので、なかなか効果的だと思います<img src="/p/common/emoji/f37e.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>行き詰まったときはぜひ試してみてください^ ^ ピアノ Tue, 14 Nov 2017 06:23:40 +0900 ピアノ教室::きだわたるピアノ教室 木田 渉 受験の思い出 http://cyta.jp/piano/b/76496 <br>またまたピアノの思い出がよみがえってきました。 みなさまの何のお役に立たないかもしれないけど、よみがえってきたので、書きますね(笑)。 あれは、高校三年のころ、音大の講習会で知り合った先生にレッスンを見ていただいていました。 両親は、学校の音楽の先生になってほしい、ということだったので、私は教育音楽科の受験でいいのですが、私がピアノもとっても好きなので、ピアノ科も受験することになりました。そうすると、受験曲にバッハ、ベートーベンのソナタに加えてショパンのエチュードが加わります。そして、その年は、エチュードが、別れの曲だったのです。エチュードですが、とても情感をこめて弾かなくては、なりません。黒鍵などのように、ガンガン弾く曲なら、よかったのですが。 で、いつものようにレッスンに行ったところ、先生のご機嫌がよくありません。 バッハとベートーベンは、何とかテンポで弾いて流れるようになりました。ベートーベンのソナタは、とにかく先生のおっしゃるテンポに分散和音などが入るように、必死で弾きました。受験となると、ある程度の型があるようです。先生方が、パッと聞いて、ある程度のテンポできちっと弾けているか、ものの数分でわかるようです。とにかく、なんとか仕上がるように、必死で弾いていました。しかし、ショパンが、どうにもうまく仕上がらないのです。 別れの曲の最初の右手のメロディーをちょっと弾くだけで、先生が「違う!違うでしょ!全然音を聞いていない。今日のあなたの耳はクリアーではない」、とおっしゃるのです。あまりに、違う、違うと、言われてこちらも弾けなくなってきました。中間部の五度で半音を動いていくところなど、固まってしまいます。そして、先生に言われました。 「あなた、あなたの頭は透明なヘルメットじゃなくてよかったわね。サルでも脳ミソにシワがあるわよ。あなたの脳ミソは、きっとシワがなくて、真っ白ね!透明じゃないから、見えなくてよかったわね。」 と、言われました。 サルでもシワがある、、、 あなたの脳ミソは真っ白、、、 透明なヘルメットじゃなくてよかったわね、、、 うーん、なんともすごいお言葉。 自分て、だめなんだなーと落ち込みました。そして、帰るときに、先生のおうちの玄関で、 「あなた、試験の当日、自分の思うように弾くんじゃないわよ。言われたとおりに弾きなさい。 はい、みかん。」 と、いって、なぜかお土産にみかんを一つ渡されました。 帰りの電車で、くらーくなって一人で乗ってました。 思うように弾くんじゃないわよ。こう、言われては、弾けなくなってしまいます。 こう弾きたい、と思っても、先生の耳からすると、違うらしいのです。芸術って難しいですね。 で、試験当日、バッハとベートーベンは、うまくいきました。が、ショパンは、やはり中間部でとまってしまい、ダメでした。思うように弾くんじゃないわよ、が、ききました(笑)。 でも、なんだかんだ言っても、その先生の教えがあったからこそ、教育科に受かり、素晴らしい友達にも出会えたので、よかったのですが、その時は、つらかったです。美大を受ける友達も、基礎力を見られるので、何枚もデッサンを描かされる、と言ってました。 どの世界でも、最初は認められるまで、たいへんですよね!乗り越えた者にこそ、喜びはやってきますよね。 と、自分を励ましているところ(笑)。 はー。なんだか、書いたらスッキリしました! 明日もがんばろう! ではまたー! ピアノ Sun, 12 Nov 2017 16:05:04 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 ピアノのレッスンに目標を持とう! http://cyta.jp/piano/b/76370 <br>いつも、ピアノの思い出話ばかりしているので、今回は違うお話をします。 みなさんは、ピアノを習っていて、どんな目標をもっていらっしゃいますか?◯◯コンクールをうける!とか、発表会でこの曲を弾きたい!とか、いろいろあると思います。大きな目標から、小さな目標まで、いろーんな目標があっていいと思います。おーきな目標でいくと、 ①とにかくピアノをずっと続ける!おじいさん、おばあさんになっても、ずっと続ける!やめない! というのもいいと思います。 ②とにかく、この曲が弾けるようになりたい!サビのところだけでもいいから、弾けるようになりたい!また、人前で、いつもこの曲は、いつでも弾けるようにしておきたい。 これもいいですね! ③今は、レッスンをお休みしているけど、これはやめたんじゃない。あくまでも充電期間で、また始めるんだ!という意識をもつこと。 これ、大事ですね!忙しくなると、なかなかレッスンに行けなくなるときもあるけど、また行くんだ!次は何にしようかなー。と、常に考えるのが大事です。 ④ちゃんと楽譜を全部見れていないから、レッスンにはこの曲は無理かなー、と考えてることはないですか? ちゃんと見れてなくて、いいんです。自分一人でちゃんと弾けるなら、先生のレッスンは、いりません。弾けないところがあるから、一緒にレッスンするんです。コーチの前で、上手な演奏をしなくていいんですよ。むしろ、ちゃんと弾けてないけど、この曲がほんとに好きなんだなー!がんばってるんだなー!と伝わってくる方が、じーんときます。 やっぱり、弾きたい曲を弾くのが一番! 弾ける曲ではなく、弾きたい曲です! 何かの本で読みました。病気で、もう食べ物が喉を通らない人も、これが食べたい!と思うものは、奇跡的に喉を通過するんですって。 うまく伝わるかな? つまり、絶対に弾いてみたい!と思う曲は、奇跡的に指が動くようになると思います。大好きなメロディーを、自分の指が、鍵盤の上を動いていくのです。 なんだか感動的ですよね! 歩きたい道を歩きましょう! 食べたいものを食べましょう! 弾きたい曲を弾きましょう! 一度しかないあなたの人生なのだから。 一緒に応援します。 私達は、ビアノが大好き!という気持ちでつながっています。 すっとずっと応援します! ではまたー! ピアノ Mon, 06 Nov 2017 01:06:30 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 コンクールの思い出 http://cyta.jp/piano/b/76171 <br>最近、小さな頃からコンクールを受ける時代になったのでしょうか。私の娘も、幼稚園の頃に、先生からコンクールを受けないですか?いい勉強になりますよ、と言われました。まだ小さいし、いいかなと思ったけど、やっぱりやらせてみようかな、と受けることにしました。とっても短い曲で、かわいくて、これをコンクール仕上がりにするの?と思いましたが、一生懸命に指導して下さり、初めてのコンクールで奨励賞をいただきました。でも、トロフィーは、もらえなかったので、次も受ける!とがんばっています。かわいいですねー。親もがんばらねば。 と、ここまでは、ほほえましい話なのですが。私のコンクールの思い出はというと、、、 確か、小3か小4の頃に、先生からコンクールを受けてみない?と言われました。で、受けることになりました。確か、ピティナのコンクールで、バッハのイタリアン協奏曲を弾きました。あと、モーツァルトのソナタかな。で、予選(一次試験?)を合格しました。当時習っていた先生は、まだ若いお姉さん先生だったので、受かりました、と報告すると、「えー?なおこちゃん、受かったの?先生、通ると思わなかったわー」と、軽く言われたのです。ガーン!普通、ここで、なおこちゃん、よくがんばったわね。先生もうれしいわ。次の曲をさっそくがんばりましょうね!と言うのでは、ないのでしょうか。その先生も、初めて自分の生徒さんをコンクールに出したようで、まだノウハウがわからなかったようです。で、慌てて次の曲を練習しました。確か、ショパンのマズルカでした。で、当日、どこかのサロンで行われたのですが、外人の男の先生(確か、ヤシンスキーという名前だったような)が、私のマズルカを聴いたあと、通訳の人に何か、しゃべっていました。そして、通訳の人が私の先生に、「この子には、まだこの曲は早すぎる。もう少し、いろんな曲を勉強してからに、して下さい」と、言ったのです。それを聞いていて、子供ながらに、大人が勝手にコンクールを受けない?といって、コンクールを受けて、この曲を弾いたのに、まだ早すぎる、なんて言われて、やだなー!と思いました。いっぺんに、コンクールが、嫌になってしまいました。それから、何人か先生が変わり(みなさん、ご結婚されたので)、やっとベテランのおばちゃま先生になり、落ち着いてレッスンを受けるようになった、ある日、またなおこちゃん、コンクールを受けてみない?と言われました。確か高校生のころです。すると、あのいやーな思い出がよぎったのです。なんとなーく、受けたくないなー、と思っていました。でも、練習が始まりました。曲は、ショパンの革命のエチュードです。そして、ある日、高校の体育の授業で、バスケットをしているとき、私は、突き指をしてしまったのです。これで、コンクールには、でれない。なんだか、ほっとしました。先生に、「すみません。体育の授業で突き指をしてしまいました」と、言うと、先生が「なおこちゃん、わざとしたんじゃないの?」と、言ってました。わざとだったかどうか、覚えていません(笑)。でも、突き指した瞬間に、ほっとしたのは覚えています。わざと突き指するのって、結構勇気いりますよね?そこまで、勇気なかったなー。ま、とにかくそんな訳で、華やかなコンクールの思い出は、ございません(笑)。 でもね。 今でもこうして、ピアノが好きで弾いているんです。 これ以上の幸せは、ありませんよね! 私は幸せだなー。 また、がんばろう!ではまたー! ピアノ Fri, 27 Oct 2017 15:12:53 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 幽霊部員にならない?(写真も見てね!) http://cyta.jp/piano/b/75980 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/24/41611/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/24/41612/120.jpg" alt="" /><br>音大時代に友達から、幽霊部員にならない?と言われたことがありました。え?なんのこと?と聞くと、音大の美術部に入ってるんだけど、人数がほしいから名前だけでも入って、ということらしいのです。軽く、いいよー!と返事をしました。で、数日後。どんなことを美術部でしてるのかなー?と気になり、幽霊部員(私)は、こっそり美術部を見に行ってきました。 すると、数名の女の子が、みんなもくもくと何かを描いています。水彩画の子もいれば、油絵の子もいました。私の目にとまったのは、油絵のキャンバスを、白いキャンバスの革を切るところからやり、木の枠にあわせて、釘と金槌を使ってトントンと打っているところでした。おもしろそう!こんなことをしていたなんて。やりたーい!ピアノを弾くのも好きだけど、他のこともすぐにやりたくなる私なので、というか、音大に来て金槌トントン、これはおもしろい!やりたくならない訳がない!さっそく名前だけでなく、本物の私も入部することにしました。友達に教えてもらい、私も金槌トントンをしました。楽しいー!こんなこと初めて!キャンバスなんて、画材屋さんに行けば売ってるのに、自分でやるなんて。こういう手のかかる作業は、なかなか味わい深いです。そして、油絵も部費で買ったものを使っていいので、自由に使えてうれしい!私も、実は幼い頃から母に連れられて、よく絵を見に行っていたので、気に入ったハガキサイズの絵を模写したりしました。私は、マリー.ローランサン、ルノアール、モネ、ユトリロ、シャガール、モジリアーニが好きです。特に、ユトリロの風景画は、白いサクレクール寺院を描いたものや、季節によって違う空や木を美しく描きながら、街並みや横道を描いているものが、すごく好きです。 パリのモンマルトルの観光客なら必ず行く、サクレクール寺院に向かって行く坂道を上がっていくと、かわいいカフェがあります。私も行ったとき、かわいいので思わず写真をとりました。後ろには、サクレクール寺院が見えています。その写真が気に入っているので、それを油絵で描きました。すると、何年後かに、ユトリロ展で、あ!私と同じ角度でこのお店を描いている絵があったのです。ユトリロの時代にも、この場所にこのカフェがあったようです。大好きな画家と偶然同じ場所を同じ角度で描いていたなんて。 これって、感性の一致?うれしかったなー。 ユトリロのファンの方なら、わかりますよね!(笑) 写真ものせておきますね。写真が、私がカメラでとった写真。油絵が、ユトリロの作品です。同じアングルでしょ! で、美術部の話に戻ります。この美術部、いっちょまえに夏合宿があったんです。千葉の海に行きました。 もんべえ、という民宿に泊まりました。美味しいお刺身を食べて、何か好きな作品を描いて(ちなみに、私が描いた水彩画の絵は、民宿の人が部屋にはってくれました♪)、海で泳がないけど、海で波と遊ぶ、という感じでした。今度試験で弾くんだー、と先輩が座敷にあるアップライトピアノ(なぜかピアノがあった)で、すごい上手に弾いていたのもなつかしいです。千葉の夏の海はキラキラしていました。民宿から駅まで歩く途中、稲穂が太陽にあたりキラキラしていました。小説の1ページのような、キラキラした思い出です。 あの日、幽霊部員になってよかった(笑)。 今だから、言いたい。 のりちゃん、あの日、私を美術部の幽霊部員にならない?と誘ってくれてありがとう。 私の大切な思い出です。 ピアノ Tue, 17 Oct 2017 19:25:19 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 伴奏者は、たいへーん! http://cyta.jp/piano/b/75797 <br>そうそう、中学の合唱祭のもうひとつの思い出として、中3で歌う「大地讃頌(だいちさんしょう)」の伴奏をしたことです。難しい漢字ですね!やっと調べました(笑)。 公立中学では、ほとんどの学校が中3のとき、合唱祭の課題曲に大地讃頌があります。学校によって、違うかもしれませんが。で、私も中3のときに、大地讃頌の伴奏をやりました。これが、難しい和音の連続で、とにかくたいへんで、手に悪いのです!がんばれば、がんばるほど手が痛くなります。合唱曲としては、とても感動する歌で、私も大好きですが、伴奏する方としては、ほんとに悲鳴をあげたいぐらい、たいへんなんです。実際に弾いた方なら、わかりますよね!私も、自分の子供の中学の合唱祭を見に行ったときは、みんなが真剣に歌っていて、何かが乗り移ったかのように気持ちが入っていて、最後の、はーはーなーるーだーいーちーを、あーー!のところは、もうすごくて、感動しました。そして、最後にみんなが泣くんですよね。いや、私の中学時代のクラスは、誰も泣かないし、感動はなかったですけど(笑)。 とにかく、なんでこんな難しい曲を課題曲にするのかな、といまだに思います。ピアノのコンクール前とかだったら、絶対に弾きたくない曲だと思いますが。私も、子供の中学の合唱祭を見に行ったら、伴奏者の女の子たちが、みんな手首にテーピングをしてるんです。うわー!みんながんばったんだねー!えらいぞー!と、それを見ただけで、涙が出そうになりました。中間部の間奏も、自分が弾いて知っているだけに、いちいち、うんうん、とうなずきながら聴いてしまいます。きっと他のお母様から見たら、かなり変な親に見えたかもしれません(笑)。で、最優秀賞に選ばれたクラスは、みんなで大泣きでした。で、惜しくも優秀賞(つまり、2位)になったクラスも大泣きでした。それを見ている私達親も、またもらい泣きでした。肝心な自分の子供のクラスは、残念ながら賞はもらえませんでしたが(笑)。でも、がんばって歌っている姿は、本当に清々しくて、感動しました。やっぱり、中学生や高校生が一生懸命に歌う姿は、感動しますね! 大地讃頌の歌も素晴らしくて大好きなのですが、私は練習のときに、音楽の先生が何回も歌を止めて、ここからもう一度、とか言われると、え?またそこ弾くの?と、イラっ!としたのも覚えています。中学生のお母様方、ぜひ、合唱祭では、大地讃頌の伴奏者の子たちも、とってもがんばっているんだよ、ということをどうぞ覚えていて下さいねー!私も、元、大地讃頌の伴奏者として、お願いいたしまーす(笑)!ではまたー! ピアノ Sun, 08 Oct 2017 01:27:37 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 12/2コンサートに向けて http://cyta.jp/piano/b/75737 <br>私の所属している別のバンドのコンサートが12/2にあるのです。 今、そのための練習をしているのですが、この練習方は一曲を時間をかけてというわけにいかないためにサラット練習し、ポイントになるところを重点練習ということになります。 さて、どこのバンドでも同じでしょうが、演奏曲の中でのソロに関する課題ですが、一曲あたり二人以上のソリストを決めて練習することになります。 コンボバンドでが全員がソリストになるのですが、ビッグバンドでは限られた楽器でのソロと言おうことになります。もちろん楽譜には書いてありません。 先週は練習に参加できず別のコンボ(10/8本番のため)練習に行きましたが、ソリストに対して和声(コード、コード進行)の特訓をしていたのです。 ソロを取る人は当然の如き常識とは言わないまでも和声は重要なのでそのハーモニーの中で自由にアドリブするという決まりがあります。 ですから、ソリストはアドリブフレーズを各自考えて本番に臨みます。 その前段階でやはりというか、アマチュアバンドメンバーに多い和声音痴(コードは無論、進行)が理解されていない方が多いことを改めて知ることになりました。ソリストはバックに流れるドラムが刻むリズム、テンポ、ベースが刻むベースライン、ピアノが弾く和声(コード)を聞きながらアドリブを演奏するためにどうしても コードを知る必要があるのです。 来週はコンマスからの問題(進行とコード構成音及びアドリブフレーズ)がどこまで出来るかです。 一般的なアマチュアバンドではこのような理論説明と練習は皆無。 優秀なコンマスならではの練習方法で私はいたく気に入っているのです。 ピアノ Thu, 05 Oct 2017 09:10:35 +0900 ピアノ教室::徹ジャズピアノ講座 中 徹 17'10月のライブ予定 http://cyta.jp/piano/b/75642 <br>いつもお世話になっております。今月の演奏予定はこちらです、どうぞよろしくお願いいたします。 https://ameblo.jp/todo48/entry-12309952574.html ピアノ Sun, 01 Oct 2017 09:11:16 +0900 ピアノ教室::キース・ピアノスクール 本山 禎朗 オペラ公演のお知らせでーす♪ http://cyta.jp/piano/b/75609 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/9/29/41133/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/9/29/41134/120.jpg" alt="" /><br>北海道のみなさーん! これから11月頃に北海道に行く予定のあるみなさーん! 突然ですが、オペラ公演のお知らせです。 私が大学生時代に伴奏していた、声楽科の友人が、今も北海道でご活躍されています。初めての腱鞘炎というブログにも書いた、彼女です!元々北海道出身の方で、今は、札幌室内歌劇場に所属していらっしゃいます。あいかわらず、トップを走り続けています。あやちゃーん!がんばれー!友人としては、うれしい限りです。腱鞘炎になったときを思いだすなー(笑) で、彼女がでるオペラ公演の告知をさせていただきます。 札幌室内歌劇場オペラ公演「シンデレラ」 11月16日(木)午後3時から 11月17日(金)午後6時30分から 札幌サンプラザコンサートホールにて 大人、一般(¥5000) 高校生、大学生(¥4000) 小、中学生(¥2000) 自由席(¥3000) 身障者席(¥500) チケット問い合わせ 札幌室内歌劇場(011-211-0471) オフィス.ワン(011-612-8696)(平日10時30分から18時) 百島吾弥子(ももしまあやこ)さんは、シンデレラと呼ばれる少女リュセット役をやられるそうです。私もぜひ行きたいのですが、さすがに北海道なので、、、。もしよかったら、お一人でも多くの方、北海道の方、いらして下さいねー!ちらしも写真でのせておきますね!ではまたー! ピアノ Fri, 29 Sep 2017 15:39:58 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 高校の合唱際の思い出 http://cyta.jp/piano/b/75468 <br>中学校で伴奏をした子は、高校でも伴奏をするのでしょうか?私の場合は、しませんでした。なぜなら、私が行った高校は、合唱際は無伴奏(アカペラ)でやる学校だったのです!(やったね!ひゅーひゅー!) 中学で勉強をがんばったので、地元の進学校に入りました。オール5に近い人が集まるので、みなさん優秀です。おかげさまで、私の成績は、すぐに普通になりました(笑)。でも、普通でいるって、とっても幸せだし、気持ちがらくになりますね。今までは、やれ、優等生とか、真面目とか、いやーな感じの言葉を言われてきましたから。 で、高1の合唱際。これは、クラスの優秀な子がやってくれました。初めて、らくをしました。他人事のように見てました。 で、高2の合唱際。ここで、またドラマが始まります。高2でクラス変えがあったのですが、いきなり、指揮者に立候補するK君と同じクラスになります。私もなぜか、合唱際委員に選ばれてしまいます。K君の中学は、合唱が熱心な学校なので、K君は、バリバリに指揮がうまくて、みんなをリードします。私は、合唱なんて歌わない男子ばかり見てきたので、K君は宇宙人に見えました。そして、このクラスは、優秀賞だったかな?とにかく賞をもらいました。で、みんなもやる気になり、来年は、最優秀賞をもらうぞ!と盛り上がってしまったのです。 で、高3の合唱際。クラス変えがなくて、また同じメンバーです。次は何を歌うか?女子は、鳥の歌、という宗教曲がいいとまとまりました。過去の先輩たちの録音で、鳥の歌の素晴らしい歌を聴いて、女子が感動したのです。このときの指揮をされた先輩は、とても優秀な方で、ストレートで学芸大に行かれ、きっと今でも素晴らしい教師になられていると思います。 でも、この歌は、トュロロー、とかテュクテュクとか、鳥の鳴き声を歌ったりするとても難しい曲だったのです。でもとても素敵な曲でした。私もぜひ、やってみたかったです。しかし、肝心なK君が、このクラスには、この曲は無理だよ、と反対したのです。無伴奏だし、K君も指揮をする自信がなかったのかもしれません。ここで、がくっと女子のやる気がなくなりました。他に、歌いたい曲がないのです。男子も、K君には、一目置いていて、誰も何も言いません。しかも、クラスの女子の半数がK君を好きでした。目的地を見失った船のように、海をさ迷っているような、いやーな感じになりました。あの、熱い気持ちは、みんなどこに行ってしまったのでしょうか?なんなら、私が指揮をしようか?とも思ったけど、クラスの半数の女子を敵に回すのも嫌だし、K君のプライドもあるだろうし。私としては、たとえ、本番でうまくまとまらなくても、みんなで鳥の歌を歌って、最後は、みんなで泣きたかった。なのに、失敗するのが、K君は嫌だったんでしょうね。K君の美学に反していたのでしょう。失敗するかもしれないけど、みんな俺についてきてくれ!と言ってほしかった。それが、男らしさというものでは、ないでしょうか?K君は、無駄にかっこよかった。でも、かっこよさなんかいらない。かっこいいのは、ジャニーズの嵐に、まかせておけばいいのです。 で、結局、しょうがないので、英語の無難な宗教曲に決まり、なんとかがんばって歌い、3位ぐらいに入ったけど、心からの感動と、やりきった感がないのです。もったいない!あの、中学時代を思えば、みんな真面目で、いい子ばかりなのに、今一、まとまらなかったのです。 こういうとき、伴奏があったら、適当にサポートして、指揮者を助けることができたかもしれないなー、と思いました。どっちがよかったんでしょうね。でも、いまだに、やはり、鳥の歌が歌いたいです。 目覚めよ聞きたまえ、とりーのうーたーごーえー、、、と始まります。みなさんも、ぜひ、一度聴いてみて下さいね。 ではまたー! ピアノ Sat, 23 Sep 2017 21:52:54 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 中学の合唱際の思い出 http://cyta.jp/piano/b/75336 <br>小学校で伴奏をやっていた子は、中学校でも伴奏をやることになります。学校の先生から情報が入ってるらしいのです。中学でも合唱際があるので、各クラスで困らないように、一人ずつ伴奏ができる子が振り分けられているそうなのです。確かに、そうでないと、一つのクラスに伴奏のできる子がかたまって、他のクラスに弾ける子が誰もいなかったら、たいへんなことになります。 で、私も振り分けられた子の一人でした。当時は、まだ中学受験熱が冷めている時代で、回りにもそんなに受験する子はいませんでした。私も、自然に近所の公立中学に行ったのですが、これが、すさまじく荒れている学校だったのです。普段の授業もたいへんなのに、音楽の授業なんて、元気な男子たちは息抜きの時間になっていました。合唱なんて、誰も真面目に歌ってくれない。でも、私は伴奏をしなくてはならなかったのです。とにかく、早く時間が過ぎて、合唱際が終わればいいなと思っていました。 合唱際の当日、自分のクラスは、いつも通り全然歌わなくて、何ともしらけて終わってしまいました。学校全体が荒れているのです。仕方がありません。他のクラスも早く終わらないかな、と待っていました。 すると、ちょっとうまい感じの伴奏が始まり、歌もちゃんと歌っているクラスがあったのです!確か、若い翼という歌でした。そのクラスは、ブラスバンドの子たちが数人いるので、やろう!と、まとまったのでしょう。とにかく、さわやかでいい歌声でした。感動しました! 私も大きな拍手をしました。それと同時に涙がでてしまいました。感動の涙だけではありません。私も、こんな風にみんなと思いっきり合唱をしたかった。なんで、うちのクラスは、、、。今まで、がまんしていたものが一気に爆発したのでした。人間は、美しい音楽に触れると、自然に涙が出てくるように、できているようです。学年全体が同じように歌わなかったら、流せたけど、一度でも、こんな感動するクラスの歌声を聞くと、やっぱりちゃんとやりたかった!という悔しい思いが、あふれてきました。涙が止まりませんでした。 それを見ていた、数学のおじいちゃん先生(私が数学が好きで、よく質問しに行ったので、覚えてくれていた)が、「おまえは、よくがんばったぞ。伴奏賞があったら、おまえにやりたかったな。残念だったな。よくがんばったぞー」と、言ってくれたのです。また、余計に涙が、出ました。音楽の先生ではなく、数学の先生が、私を励ましてくれました。うれしかったです。その先生の数学の授業は楽しかったので、テストもがんばり、成績も、5をとりました。中学の合唱の思い出、もう一つあります。またいつか、しますね(笑)。ではまたー! ピアノ Sat, 16 Sep 2017 14:47:13 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 ピアノでハッピバースデー http://cyta.jp/piano/b/75252 <br>こんにちわ! 先日、親戚の女の子(小学1年生)が、 僕の母親の誕生日に、ピアノでハッピーバースデーを 演奏してる動画を送ってきてくれました。 赤ちゃんくらいのときにオモチャのピアノを その子にあげたのですが、おっきなピアノで 弾いてる姿を見て、成長したんだなとしみじみ… と同時に、音楽でお祝いできるのってステキだなと 改めて思いました^ ^ ちなみに僕自身は、結婚式や創立祭などの場で 演奏させていただいたことはありますが、 親に演奏したことはありません^^; この機会に、親のお気に入りの曲でも 練習しておこうかと思います^ ^ みなさんも誰かのために演奏したい曲、 ありませんか? 僕のレッスンでは、体験レッスンから 生徒さんのすきな曲をどんどん弾いて もらっています。 初めての方でも、もちろんそうです。 むしろ初めて弾くなら、最初は弾きたい曲の方が 嬉しいですよね^ ^ 一緒に曲を完成させて、ステキなプレゼントに してみませんか^ ^ ピアノ Tue, 12 Sep 2017 11:45:15 +0900 ピアノ教室::きだわたるピアノ教室 木田 渉 ジャズコンボでのアドリブ 2 http://cyta.jp/piano/b/75240 <br>ジャズコンボバンドで「How high the moon」を演奏する場合の話。 市販の楽譜では#一つのkey in G(ト調長)です。 Key in Gのダイアトニックスケール(G、A、B、C、D、E、F#)のダイアトニックコードはG(ソシレ)、Am(ラドミ)、Bm(シレファ#)、C(ドミソ)、D(レファ#ラ)、Em(ミソシ)、F#m(-5)(ファ#ラド)です。-5とはF#の五度(C)は本来のコードF#では5度はC#なのですが、key in GではCには#がつきませんからフラット(半音下げ=-5)を付けるのです。(このようなF#m7(b5)はハーフディミニツシュと呼ばれています) 本来はこのダイアトニックコードであればG メジャーブルーノートスケールとGマイナーブルーノートスケールがほとんどのコードに使えるのですが、この曲では出だしはG-Gとメジャーの後にGm7-C7というFに向かうドミナントモーション、Key inF のⅡm7-Ⅴ7でFになります。F-Fの次はEbのⅡm7-Ⅴ7であるFm7-Bb7-Ebとなりkey in Ebになりました。 その次はGmへ向かいます。EbM-Am7-D7はGへのⅡm7-Ⅴ7しかも♭二つのGm7、さてその次はGMへ向かうのにGmのⅡm7(b5)-D7(b9)からGM7ですがここでGM7へ繋ぐⅡm7-Ⅴ7のⅡm7であるAm7のセカンダリードミナントモーションを使いBm7-E7-Am7-D7-GM7と進むなんともややこしい進行をしています。 メジャーからマイナーにして暗い感じを出した後、メジャーの明るい感じに戻す。 という流れです(ジャズバイブルでは)。 さて、アドリブですがkey in G はⅡm7-Ⅴ7も含めてG メジャーブルーノート(マイナーも使えます)一発でOKです。 転調するFならその前のGm7-C7からF ブルーノート、Ebも同様、Am7のセカンダリードミナントでは基本key はGですからG ブルーノート というふうにブルーノートスケール一発でアドリブはできてしまうという話。 メロディツクマイナー、ハーモニックマイナーなどその他のスケールも使いたければ使えますが、そこまでスケールを覚えるのも大変です。 それに更にモードスケール(アイオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアン)など覚えるには大変でしょう? 巷に溢れる楽曲(無調性音楽は別もの)はほとんどが転調するものが多いと思います。 ですから、最低限の理論でアドリブをかっこよく演奏することができればこんな素晴らしい自己表現はありませんね。 ジャズはどうしてもブルースフィーリングが重要になります。 ですから、ブルノートスケールが重要 と いうより 私はジャズぽくていいな!! と思う今日このごろです。 もちろん異論がある方もいますのでそれはそれでブルーノート以外でアドリブを演奏して頂ければいいだけの話ですね。 クラッシックの和声学がジャズではコードで表される非常に簡潔で分かりやすいという話でした。 ピアノ Mon, 11 Sep 2017 18:40:52 +0900 ピアノ教室::徹ジャズピアノ講座 中 徹 ピアノをやめたくなったとき http://cyta.jp/piano/b/75200 <br>初めてピアノをやめたくなったときは、小学校6年生ぐらいのときでした。音楽の先生から、伴奏ばかり頼まれて、合奏をやれば、自分はいつもピアノ、学芸会では劇にも出れず、私は音楽の先生のために、ピアノを習っているんじゃないのよ、、、と泣き出してしまったときがありました。母にも、だいたいお母さんが私にピアノを習わせるから、こんなことになったのよ、などとひどいことを言ってしまいました。 今から思うと、小学校高学年の女子の多感な頃で、物語を読めば夢を見て、悲しくなると、とことん落ち込み、どうやら、シクシクモードに入ってしまったらしいのです。こうなると、手をつけられません。 兄は、そんなに嫌なら、やめればいいじゃん、と軽く言いました。母も、そうね、嫌ならやめてもいいわよ、といってくれました。 え?やめてもいいの?ほんとに? タリラリラー♪(翼を広げて羽ばたいていくところ) 重い何tもの重りを、足からやっとはずしてもらったように、気持ちが軽くなったの覚えています。すごいストレスになっていたんでしょうね。 で、やめて何がしたいの?と、聞かれて エレクトーンがやりたい♪(やっぱりそっちなんだ) と答えると、両親が中古のエレクトーンを買ってくれました。本当に感謝してます。今までやったことがなかったディズニーの曲や、ポップスの曲を弾きました。エレクトーンは、鍵盤が二段になっていて、右足は大きくしたり小さくするペダルをゆっくり踏みます。で、左足は、ベースの音を担当するので、たくさんの数のペダルを忙しく踏みます。私が特に覚えている曲は、当時流行っていたYMOのライディーンです。これは、おもしろかった!!とにかく、左足のベース担当のペダルが、めちゃくちゃ忙しいのです。それを、右手でメロディーを弾きながら、左手で和音を弾いてハーモニーを作り、リズムに合わせて曲を作りあげていくのです。これは、おもしろかったです! で、エレクトーンでいろんな曲を弾いたあと、この楽器は、上手くなればなるほど、もっといい楽器を買わなくてはいけないことがわかりました。いい楽器というのは、音色が増えるということです。でも、子供ながらに、どんなに音色が増えても、バイオリンやフルートやギターの電子音は、所詮本物の生の楽器の音には勝てない、と思ったのです。それに比べて、ピアノは、一度買えばずっと、アコースティックな音で変わりません。深いなー、やっぱりいいなー、とピアノの良さに改めて気がついたのです。 そして、めでたく、ピアノにもどることになったのです。 めでたしめでたし(笑) ピアノ Sat, 09 Sep 2017 21:38:50 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子 コンボ練習 1 http://cyta.jp/piano/b/75178 <br>定期演奏会も無事終了。 ビッグバンドのソロは大抵がワンコーラス以内で短い、その中に自分の気持ちを詰め込んだアドリブをしようとすると難しいですね。 さて、来月コンボバンドでの演奏をするということになりました。 コンボバンドではハーモニーも少ない編成では大変ですし、アドリブソロが取れないということはテーマのみ演奏する(下手なアドリブよりはいい)だけにとどまります。 これでは本来のジャズコンボとしての意味を成さない。 しかし、私が初回の練習時にアドリブフレーズも書いて楽譜を渡したところ、所見では演奏はできない!!というものでした。 key(調)が変われば更に大変。 なぜでしょう? #や♭の意味もわからないのです。 これは、小中学での音楽の授業がいかにいい加減か・・・・と言えるでしょう。 特にコード楽器でない管楽器は和声というものがどんなものか理解できない。 薄々感じていなのですが改めて知ることになりました。 どうなることやら・・・・・・ ピアノ Fri, 08 Sep 2017 11:24:55 +0900 ピアノ教室::徹ジャズピアノ講座 中 徹 初めての腱鞘炎 http://cyta.jp/piano/b/75074 <br>急に涼しくなりましたね。夏休みもあっというまに終わってしまいました。終わってしまうと、夏の暑さが急になつかしくなります。これで、また暑くなると、早く秋になれー!と思うのですが。 大学4年生のときに初めて腱鞘炎になりました。まさか、自分がなるとは!腱鞘炎は、よくテレビのドラマに出てくる女の子がなるものだ、などとのんきに思っていました。で、4年のときに、そろそろ卒業演奏の曲を決めることになり、私は、ショパンの木枯らしのエチュードになりました。先生から勧められたのか、自分で決めたのか、よく覚えていません。でも、もともと譜読みも早いし、指もよく動いたので、いける!と思い弾くことにしました。この曲は、ずっと指が細かい音を弾き続けるので、休みがありません。天才的に、さらっと弾く人もいれば、難しいからと、絶対に選ばない友達もいました。この曲にしたら、たいへんなんじゃないかな、という不安な気持ちはなく、大好きなショパンの曲を弾けるんだ、うれしいなー!と思いました。 ちょうどその頃、私は声楽科の友達の伴奏をしていて、その子の卒業演奏の曲や大学院を受けるらしいので、その試験曲(候補も入れると10曲ぐらい)も練習することになりました。彼女の歌声は本当に素晴らしく、私はそれまでオペラの曲はあまり知らなかったのですが、彼女の伴奏をすることで、一緒にレッスンも行くので、またその先生の素晴らしい歌声も聴くことができて、感動したのを覚えています。学年で3番以内にはいる優秀な人だったので、伴奏もがんばりました。声楽の試験は、ピアノの伴奏も点数に入るらしいのです。前奏と後奏で間違えると、マイナス点になるのです。それはまずい!ので、一生懸命に練習しました。そのおかげで、成績優秀者は、ホールで演奏するので、その子も選ばれて最後に一緒に卒業演奏に出たのを覚えています。本当にうれしかったです。 ところで、自分の曲は、どうなったのか?というと。 その友達の大学院の試験の曲の練習のあたりから、右手に鈍い痛みが、出てきたのです。どうやら、腱鞘炎になり始めたらしいのです。最初は、何やら鈍い痛みがきます。この時点で、あまりピアノは弾かない方がいいのですが、そんなことは言ってられません!私には責任をもって伴奏をする仕事があったのです。でも、自分の曲、木枯らしのエチュードは、一度弾きだすと、休むところがありません。うわー!たいへんだー!誰なの?こんな難しい曲にしたのは?(私です) このとき初めて、あーもっと簡単な弾きやすい曲にすればよかったな、と思いました。声楽のオペラの伴奏は、オーケストラをピアノで表現するので、オクターブのトレモロや、ppp(ピアニシッシモ)やfff(フォルテシッシモ)が出てくるのです。こちらも、手がたいへんです。でも、やりがいがあります!とにかく、声楽の伴奏を優先して、自分の曲は、このままでは、練習しても手を痛めるだけなので、追試か再試にして、受けないことになりました。治るまでは、不安でした。どうしよう?もし治らなかったら。とにかく卒業もしないといけないし。と、いろいろ心配したのを覚えています。先生から紹介された治療院に行きました。灰色の粘土のような湿布がでて、それを貼ると、とても楽になりました。何日たったか覚えていませんが、少しずつ治っていきました。一番痛いときは、お茶の入った袋も持てませんでした。で、いよいよ練習を再開するのですが、何しろ、木枯らしのエチュードです。休みがありません。誰がこの曲にしたの?(私です)。とにかく恐る恐る弾いてみました。弾けるようにはなってきたけど、またなると怖いので、あまりがんばりすぎず、安全運転の木枯らしにしたのを覚えています。この曲は、一度弾き始めるとアクセルがかかってしまい、私の場合、どんどん速くなってしまうのです。自分で自分に、待ってー!たすけてー!と言いながら弾いたのを覚えています。とにかく、無事に追試か再試を受けて、ふつーの点数をいただいて合格して、無事に卒業させていただきました。それ以来、木枯らしのエチュードを聴くと、いろんな思い出がよみがえります。いい経験になりました。あまり若いうちから、守りにはいるのもどうかと思うし。何でもやってみるものですね! そうそう、腱鞘炎は、疲れている時に無理をして、重い2Lとかのペットボトルをいきなり三本も袋にいれて片手で持ったりしてもなりますからね!(私がなりました)。みなさんも気をつけて下さいねー!ではまたー! ピアノ Sat, 02 Sep 2017 14:29:49 +0900 ピアノ教室::ピアノスクールひろかわ 廣川 直子