ギター弾き語り::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのギター弾き語りの講師がブログを通じて、ギター弾き語り情報を発信! ピックを落としてしまう人は、ちょうど良い力加減でピックを握れてないかも? http://cyta.jp/ghikigatari/b/82179 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/20/46464/120.jpg" alt="" /><br> <center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180718223533p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180718/20180718223533.png" width="560" height="320"alt="f:id:andfolk:20180718223533p:plain" /></center> こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 === ★今日はちょっと試してみたいことがあったので、挑戦してみたいと思います!  このブログを「自分の声で読み上げてみよう!」という試みです◎  上手くできるか分かりませんがこの文章の下の方に再生できる何かしらを貼付けますので、  興味のある方は再生してみてくださいね! <audio src="https://drive.google.com/uc?id=1hTq_KOJAwuQ2Hfh3RCjVOzMkQfP4cFKc" controls> </audio> === ピックを使ってギターを弾いていると、 急にポロッと手からピックが落ちていくこと、ありませんか? 床に落ちれば拾うのも簡単ですが、ギターのボディの中に入ってしまうと大変ですよね。 ギターを逆さまにして上下左右にユッサユッサしないと出てきてくれません。 僕は何度もそういうことを繰り返してきました。 つい最近、久しぶりにギターのボディの中にピックが入ってしまってわちゃわちゃしました。。。 ピックを落としてしまうのはあまりカッコ良くないと思いますので、 少しでもピックを落としにくいようになっていきましょう! そんなことで、 今回は「<u>ピックの使い方</u>」について書いていこうと思います。 --- ピックを良く落としてしまう。 という人には、きっといくらか原因があるものと思います。 ざっと思い付く原因としては、 ・ピックを支えられていない持ち方になっている ・ピックが弦を弾く時に深く入り過ぎている ・ピックを持つ時やストロークの時に力が入り過ぎている などです。 教則本やネットで検索すると、正しい持ち方やフォームなど、すぐに見つかりますから そちらも参考にしてもらうと良いと思います。 ・ピックを支えられていない持ち方になっている ピックの持ち方は、 人差し指と親指で◯を作るようにして、 人差し指の側面(第一関節あたり)にピックを乗せ、 ピックの上に親指を添える、 というような形が基本となります。 一番ピックを支えやすい持ち方になっていると思うので、 最初は面倒でも、持ち方にも注意してみてください◎ ・ピックが弦を弾く時に深く入り過ぎている 弦を弾く時にピックが弦に深く入り過ぎていると、ピックに返ってくる力も大きくなります。 そうすると次の弦を弾こうとする時にまた強い力が加わったり、引っかかったりすることになってしまいます。 なので、ピックが弦に触れるのは<u>先端の少しとがっている部分あたり</u>だけで問題ありません。 これは少し慣れないと難しいかもしれませんが、 ピックの先端だけで力みなく弾ける様になってくるとストロークが軽くできるようになると思います。 弦をしっかり弾くのにちょうど良い感じを身に付けられると、 どの演奏をする時もとても役に立ってきます。 ・ピックを持つ時やストロークの時に力が入り過ぎている これまでの2つの原因と似ていますが、「力み」はやはり少々問題になってきます。 ピックを落としてしまわない様に人差し指と親指でしっかりと握ることは、たしかに大切ではあります。 しかし、力の入れ過ぎは滑らかなストロークや細かいストロークを困難にする場合があります。 ピックを持つ力を抑える為には、<u>適度な力でピックを支えることができる持ち方を身につける</u>ことが大切です。 特に、親指に関してはピックを押さえる為に乗せているだけ、くらいの感覚でよいと言うギタリストも居ます。ダウン、アップストロークを繰り返していく中で、ピックがズレたり落ちたりしない程度の力加減を見つけていくと良いと思います。 合わせて、<u>腕と手首の力を抜いて、滑らかなストロークを心掛ける</u>ことがよいでしょう。 力み過ぎているとリズムをキープすることが難しい場合もありますし、 腱鞘炎になってしまう恐れも出てきてしまうので力を抜くことは大切だと思います。 --- いかがでしたか? 「<u>ピックの使い方</u>」 そのコツは、 ・力を抜くこと ・ピックの持ち方を意識すること ・ピックと弦の当たり方に注意すること という部分を中心に考えるのが良いと思います。 いきなりちょうど良い力加減がわかることは少ないかもしれませんが、 ゆっくりでいいので一つ一つ試してみてください。 その中で、今までよりもピックを落としにくくなったりストロークがしやすくなってれば、 それは大きな成長です! 少し地味なポイントではあったかもしれませんが、 良いストロークが出来る人は、それだけでギターが上手く見えます! あと、ストローク(カッティング)を褒められると、けっこう嬉しかったりもします。 コードの押さえ方はほぼ決まっていますが、 ストロークによって表現される「音」というのは個性があります。 なので、そっちを褒められると嬉しいのです。 今までよりちょっと良いストロークになるようなピックの使い方で、 さらに良い音を出していきましょう! 初心者からの卒業にも、一役買ってくれるはずです◎ 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! 今後も音声での案内も交えつつブログをお届けしていけたら良いかと思いますので、 どちらもチェックしてみてください♪ それでは、また! ギター弾き語り Fri, 20 Jul 2018 11:19:40 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 【アイテム】ギターの音を抑えて練習したい時は「弱音器」がオススメ! http://cyta.jp/ghikigatari/b/82108 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 先日の三連休から昨日まで、なんだかんだ忙しくてブログが書けませんでした。。。 改めて、コツコツ書いていこうと思います! さて今回は。 「家でのギター練習は音量を抑えてやりたい!」 「夜、ギターを触りたいけど音が大きくて弾けない!」 というあなたに試して欲しいアイテムのご紹介。 <u>ギターの音を抑えて練習したい時は「弱音器」がオススメ!</u> というタイトルで書いていきましょう! ★「<a href="https://cyta.jp/aguitar/s/wakuwakuakogikouza/">初心者歓迎 ハマるアコギ講座</a>」というスクールでも、同様にご紹介させていただいております!  興味のある方はぜひアコギ講座もチェックしてみてくださいね!  (歌はうたいたくないけど、ギターは弾きたい!という人にオススメです♪) --- ギター。特にアコギ(フォークギター、クラシックギター)は生音がしっかり出る楽器ですよね。 他の装置に接続することなくしっかりと自分の音を外に発することができる、 素敵な生楽器の一つです。 だからこそ気になる場合がでてきてしまうのも、事実。 それが、 ・家での練習 ・練習する時間帯による環境(特に夜) などにおける「ギターの音量ちょっと大きい問題」です。 「一日30分でも15分でもギターに触りましょう!」 というようなことを、以前のブログ記事で書いた気がします。 それを実行するのに音量が気になって家でギターが弾けないというのは、 なかなか大変な問題です。。 「お隣さんに迷惑じゃないか。」 「練習中は家族にあまり聴かれたくない。」 などなど、いろいろ事情があると思います。 そんな「ギターの音量ちょっと大きい問題」を解決(和らげる)するのにピッタリなアイテムがあります! それが、 【<u>弱音器(ミュート)</u>】 です!! === 簡単に説明すると、 「弱音器」を弦に触れさせる(6弦全てを挟む形)ことによって、 弦の振動を抑えます。 弦の振動の振れ幅によってギターの音量の大小が決まることがほとんどなので、 その部分を抑えることにより音量を小さくすることが可能となります。 === この弱音器、今でも使うことがあります。 ちょっと音量が気になる時間帯にギターを弾く時は弦にくっつけて弾きますね。 弱音器をつけた時のギターの音は、まさに「ミュート」をしながら弾いているような音。 音そのものの「伸び」を封じてくれるので、 ♪ジャラ〜ン♪ ではなく、 ♪ポポポポポポン♪ みたいな感じになります。 ※音を文字で表すのは、相変わらずムズイ とにかく、 弦の振動を抑えることによって「音の伸び(サスティーン)」も抑えられ、 結果ギターの音がかなり小さくなるということになります。 コードを押さえて弾くと、 そのコードの音はわかるのですが伸びのない音が出るという感じです。 寝る前にちょっとコードの確認をしたい時なんかには、 特にオススメかと思います。 だいたい6~700円くらいで購入できるものだと思いますので、 タイミングがあれば1つ買って持っておくのが便利だと思います。 ちなみに、僕が使っているのはコチラです↓↓ <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0026FGJZC/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0026FGJZC&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=9452d68ec85ebf425f4d6c1182d66644">弦楽器専用ミュート 弱音器 GG-022263</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B0026FGJZC" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> 他にもいくつかの商品があるので、参考にしてみてください! 原理は、どれも一緒です◎ <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002XB2CR8/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B002XB2CR8&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=360d697a818bfc2391fb31b2998fc724">PICK BOY MU-70G GR EASY MUTE アコースティックギター用ミュート</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B002XB2CR8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B003O7GJI8/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B003O7GJI8&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=7f6bc8d3c6afcc4948ac14c50e518b4b">GGスーパーギターミュート</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B003O7GJI8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> --- いかがでしたでしょうか? 楽器をたのしむ時についてまわる「音量大き過ぎる問題」。 音楽をやっていると自然とあるあるネタになっていると思います。 そんな時に活躍するアイテムもしっかり生み出されているので、 どんどん活用してギターに触る時間を増やしていきましょう! そして、 外やレッスンなどで思い切りギターを弾く時間も作っていきましょう♪ すべてはその時の為の時間です◎ ・・・ちなみに、 ある頃の僕は弱音器の代わりにタオルやらなんやらで弦を挟んで弾いていたこともあります(笑) 家にある物で試してみるのも、悪くはないかもしれません。 (やっていることは弱音器と同じですが、タオルは調整が難しいです) 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! それでは、また! ギター弾き語り Wed, 18 Jul 2018 08:43:05 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 アンプ買いました♪ http://cyta.jp/ghikigatari/b/81980 <br>こんにちわ^^ 凄い暑さですね みなさん体調にはお気をつけください さて、タイトル通りですが エレキのアンプを買いました♪ 部屋で練習用のアンプで LINE6のSPIDER CLASSIC 15です 今までmicro cubeってやつを使ってたんですが ホントぼろぼろで(笑 シールド差し込む所が欠けてぐらつくんで 位置が悪くなると音消えるし ボリュームも何か不安定で たまに音がふるふるするし(笑 ホント、長い間頑張ってくれました^^ 部屋での練習アンプは 15ワットで十分すぎる音量です てか、15ワットでもあんまりボリュームあげられない位のパワーありますよ (うちはね・・・笑) 買う時の参考にしてくださいませ♪ 新しく買ったアンプは 個人的に操作性に少し不満がありますが 音は結構好きです♪ いろんな音出せるし 小さい音量でもキレイに歪んでくれるんで 部屋でひっそり 泣きのゲイリームーアごっこが出来ます(笑 買ってよかったです! いろんな人も言ってますが ホント今は安い練習アンプでも高性能だし音が良いですよね〜 僕がギター始めた頃のアンプは クリーントーン出ないし 歪ませると「ビーーーーッ」って感じの音になるし(笑 もちろんリバーブ(エコー)も付いてないですから。 部屋でビービーギャーギャー練習してたから さぞ家族もうるさかったでしょう(笑 新しいアンプの音を味わいながら 僕も練習したいと思います♪ ギター弾き語り Fri, 13 Jul 2018 18:09:50 +0900 ギター弾き語り教室::よしひでのギター弾き語り教室 西堂 よしひで 【春だったね】拓郎世代ではなくても聴きたい、吉田拓郎のニューアルバム「From T」 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81963 <br> こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 今回は「吉田拓郎のニューアルバム【From T】」について書きます! ★「<a href="https://cyta.jp/lyrics/s/wakuwakusakushikouza/">思いを言葉に 楽しく書く作詞講座</a>」というスクールでも、同様にご紹介させていただいております!  興味のある方はぜひ作詞講座もチェックしてみてくださいね!  (弾き語りはちょっとハードルが高いけど、作詞はやってみたい!という方にオススメです♪) 僕の大好きなシンガーソングライターの一人である「吉田拓郎」というアーティスト。 「知らないよ」という人にはこの機会に! 「知っているよ!」という人には改めてぜひともまたこの機会に! このニューアルバム「From T」をきっかけに、 「吉田拓郎」の曲を聴いてみるのはいかがでしょうか!! ・結婚しようよ ・夏休み ・全部だきしめて などなど。 世代を越えて愛される楽曲も多いので、 弾き語りをする、していこうと思う若い人や大人の方々にとっても 「吉田拓郎」というアーティストの曲は非常にオススメです! (シンプルに、僕の好みです。) --- 日本を代表するシンガーソングライターの一人と言ってもよいと思う「吉田拓郎」。 そんなアーティストに関連する最近のニュースに、 「吉田拓郎のニューアルバム発売決定」というものがありました。 アルバムの名前は「From T」。 拓郎の「T」なのでしょう。 まさに、 <u>Tからの贈り物</u> みたいな感じでしょうか♪ というのも、このアルバム。 ====== 拓郎が自ら厳選した、 日常、就寝前に聴いているという自らのプレイリスト27曲からなる 「思い入れのある作品」 「もう一度聴いて欲しい歌」など、 拓郎が愛した曲ばかりを収録されている。 ====== のだそう。 そうなってくると、 <u>Tからの贈り物</u>というのがピッタリですよね! そういった情報を知った後は特に自分から情報を探すということはしていなかったのですが、 昨日だったかたまたまネットの記事でそのアルバムの新しい情報をゲット! (Googleってスゴい) 発売予定日は【2018年8月29日(水)】とのことらしいのですが、 収録曲については発売日当日まで公表されないスタイルのようなのです。 これはこれでなかなかのニュースだとも思いますが、 先日のラジオか何かで本人の口からちょっと収録曲についての話が出たそうな。 それが 【春だったね】 という曲。 おぉぉぉぉぉぉ!!!! シビレる曲の一つです!!! 8ビートの軽快なテンポで爽やかなナンバーなのですが、 拓郎の声と詞の内容によって切なさと渋みがある、 <u>かなりの字余り曲</u>です。 吉田拓郎と言えば、字余り。 独特な言い回しもそうですが、この字余りによって強烈な個性を放つと言っても良いと思います。 その魅力が詰まりまくっているこの曲が収録されるということが、 なんとも嬉しいニュースでした。 (たぶんきっと本人が言っているなら収録されるはず◎) ちなみに、どれくらい字余りかと言うと、 「五 七 五」で歌われる俳句を、 【九 十 十三】なんかで歌うくらいの字余り感です。 (字足らずのこともあって、それはそれでいい味) 「春だったね」という曲では、まさにその感じが炸裂しています。 ~~~ Aメロから字余りを感じます。 そしてBメロの様な部分でシビレるほど字余りが炸裂がします。 ※2番の歌詞の時は、3割増でシビレます(笑) そしてサビできっちり字余りを感じさせられます。 ★いっちばんさいごのフレーズで、全てを持っていかれます。 ~~~ 字余りの素敵さは、実際に聴いてみてほしいです! 僕も僕なりの字余り曲を代表曲にしたいなぁ、 と思うくらいこの曲は素敵です。 なので、 ぜひとも「春だったね」に注目して、 吉田拓郎4年振りのニューアルバム【From T】をチェックしてみてくださいね!! <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07F498XQH/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07F498XQH&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=3354479a581649c7560534341ef6a00f">From T(AL3枚組)</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B07F498XQH" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> --- という、僕にとってこの夏トップ(ちょっと気が早い)と言っても良いくらいの嬉しいニュースでした。 吉田拓郎にあまり馴染みのない人にも多くの刺激をくれるアルバムになると思いますし、 元々好きだった人には堪らないアルバムになるのではないかと思います! この「春だったね」という曲は、 当時はあまり本人が好きではない曲だった、 みたいな話をテレビで見たことがあるような気がします。 好きではない、ではなくて、 何でライブでこの曲を弾くとがめちゃめちゃ盛り上がるのかがわからない、 だったかな。。。 本人の気持ちはどうであれ、 それくらい人の心を鷲掴みにしてくる名曲であることは間違いないはず。 吉田拓郎の曲でも、かなりオススメの一曲です! 今回は、 吉田拓郎のニューアルバム「From T」について書かせていただきました。 というか、 「春だったね」について書いた形になっちゃいました。 この曲はブルースハープなんかを吹いてみてもかなり合うナンバーかと思います! 弾き語りをするにはちょっと難しいかもしれない「字余り曲」ですが、 とにかく【楽しい】です!!!! なんといっても微笑ましい(笑) 気に入ってくれた人は、ぜひ挑戦してみてください♪ 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます! それでは、また!! ギター弾き語り Fri, 13 Jul 2018 07:08:37 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 【発見】バンドの曲を弾き語りしてみると気付けることがたくさん! http://cyta.jp/ghikigatari/b/81923 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! 読もうと思って買ってきた本が、 テーブルの端っこで積み重なってしまっている今日この頃。 みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 今回のタイトルは 「バンドの曲を弾き語りしてみると気付けることがたくさん!」 となりました◎ バンド演奏の曲を弾き語りで再現するとどんなコトに気が付けるのか。 書いていこうと思います! 耳をすませば、 色々なアイデアが詰まっているバンドの曲。 これはこれで素敵です◎ --- 人によって、 ギター弾き語りを始めようと思ったきっかけは様々だと思います。 弾き語りをしているアーティストを見てカッコいいと思ったり、 弾き語りで何かを表現してみようと思ったり。 そんな中でも、 バンド演奏の曲を聴いて「ギター弾き語りをやりたい!」 と思った方は少ないかもしれませんね。 バンドに憧れたら、多くの人はバンドを始めますもんね! きっかけは何であれ、 きっと実際に自分で弾いてみたい好きな曲というものがいくつか存在するはず。 その曲の中に「バンドの曲」はありませんか? ちょっとイメージしてもらうと、結構ありそうですよね? 弾き語り系のアーティストでも、バンドサウンドの曲に仕上がっていることも多々あります。 または、もともとがっつりバンドの曲を弾いてみたいと思っているかもしれませんね。 もしそういう「バンドサウンド」など、 弾き語りで表現されていない曲を弾いてみたいなぁと思っていたら、 ぜひとも挑戦してみてください!! タイトルそのまんまですが、 僕は「バンドの曲を弾き語りしてみると気付けることがたくさんある!」 と思っています。 理由はいくつかありまして、 ・弾き語りで表現する時に必要不可欠な要素を感覚で掴む ・別アレンジで弾くことになるので応用力がつく ・バンドサウンドのいい所を取り入れたりするととても楽しい ・頭の中でドラムやベースが鳴っているイメージを持つ練習にもなる ・シンプルに、曲のつくりが見えてきやすい などなどが挙げられると思います。 弾き語りアレンジも、バンドアレンジも、 音楽としての要素は同じはず。 ~~~ ◆メロディ (旋律) ◆ハーモニー(和音) ◆リズム  (拍子) ~~~ 基本的には、これが音楽の三要素と言われるやつらしいですね。 その「音楽」の表現方法として、 ドラム、ベース、ギター、キーボードなどの楽器を使った バンドアレンジにしている、というだけ。 (より素敵な形で僕たちに届ける為の手段の一つだと考えています。) なので、 アコギ一本でバンドサウンドの曲を表現するとなると、 音数として大幅な引き算になりますね。 リズムを刻んでくれるものは自分のギターのストロークくらいで、 低音もアコギの太い弦くらい。 キーボードのような多彩な音色もアコギではほぼ出せません。 女性で言えば、 「かなりのナチュラルメイク」 という感じでしょうか。 もっと極端に言えば【すっぴん】という感じかもしれませんね。 (すっぴんメイクって感じかも。) それくらいいろいろと着飾ったものを取っ払った表現方法が、 「弾き語り」かなと僕は考えています。 だからこそ魅力的な部分も多いし、 その人がわかりやすかったりするのだと思います。 なんだかんだ書いてしまいましたが、 こんなに回りくどく考えることなく、 ただただ純粋にバンドの曲を弾き語りという形で弾いてみてもらえれば良いと思います。 弾き語りで必要になるのは、 ・コード ・ストローク(アルペジオやスリーフィンガーとかかも) ・歌 (当たり前か。。。) くらいかと思います。 この3つが把握できたら、 ほぼ再現できます◎ (歌だけでも再現にはなりそうですが。) 再現は出来るのですが、 実際に演奏する時にちょっと考えてみてほしいことがありまして。 それが「テンポ」と「ストロークの方法」です。 ・原曲通りで弾き語りをするか、テンポを落として弾いてみるか ・それに伴ってストロークはどんなものが歌に合うのか というところは、ちょっとイメージしてもらうのがいいかもしれませんね。 テンポについては、原曲通りでもカッコいいと思いますし、 少しゆっくりにして落ち着いた感じの雰囲気にしても大人っぽくなるかもしれません。 ストロークについては原曲を聞いていても、 ギターでの伴奏がガッツリ耳に入ってくるような作品はあまり多くないのではないかと思います。 そうなった時に、じゃあギターはどうやって弾くのがいいのかな? と考えてもらうのが非常に勉強になるかと思います。 正解は一つではないと思っているので、 いろいろと試しながら探ってほしいと思いますが、 僕がざっくりとした感じで参考にするのは 主に「ドラムとベース」の音です。 (ギターやキーボードでリズムが刻まれていればそれが一番イメージしやすいのですが、  フレーズっぽい弾き方が多いとちょっと難しいので。。。) この「ドラムとベース」に意識を向けると、 曲の雰囲気というか「ノリ」みたいなものがわかりやすいので それに沿うような形のストロークを選びやすいです。 (8ビートだとか、16ビートだとか、それくらいのおおざっぱな感じですが。) その辺りをコードを確認しながら決めていったら、 ほとんど弾き語りとしての形は完成していると思います。 テンポを変えてみたり、ストロークを変えてみたり。 慣れていけば、少しコードを変えてみるのも一興かと思います。 あとは、 「バンドアレンジでカッコ良かった部分の再現」 なんかがとても楽しいかもしれません!! 書道で言うと、「止め、跳ね、払い」みたいなものでしょうか。 「キメ、ブレイク、アドリブ」などなど。 二人以上でやるとその辺の表現方法もガンガン組み込まれていたりします。 そういったリズムに関する要素をしっかり再現するとそれっぽく聴こえます。 または、印象的なフレーズなんかがあったらほんの少しでもそれを匂わせるような弾き方をしてみるのも楽しいです。 (ギター1本なので、無理はしなくて良いと思います) 何はともあれ、 基本となるコードとストロークの方法さえわかれば、 あとは自由に演奏できてしまうというところが弾き語りの一番楽しい所です! --- だいぶ強引な内容になってしまったかと思いますが、 なんとなくわかる部分もありましたでしょうか? バンドアレンジやダンスミュージックなんかも、 コードがあって伴奏のノリがある上で表現されています。 その曲の核となる部分が分かれば、弾き語りでの再現も充分可能になる場合があります◎ 「好きな曲を弾いてみたい!」 そう思った時は、 ・コード ・ストローク あたりの情報を探してみるのが良いと思います! 余談ですが、 星野源というマルチなアーティストはとても面白いです。 去年か一昨年に流行った「恋」という曲。 かなりポップでキャッチーな楽曲と「恋ダンス」が相当流行りましたよね! アップテンポかつバンドの曲、というイメージがありますが、 本人が作った時はアップテンポではなかった、という話を聞いたことがあります。 (雑誌のインタビューかなにかで読んだのだったかしら。) それが本当かどうかはさほど重要ではなくて、 星野源のラジオで披露した「弾き語り版の恋」がとても印象的でした。 ドラマ「逃げ恥」で使われていた原曲の軽快さをかき消すような、 メロウなバラード調にして生弾き語りをしていましたよ。 主にアルペジオで弾かれていて、 テンポはバンドアレンジと比べて40%くらい遅くしてあったと思います。 あれこそ、星野源の真骨頂かな、とも思えます。 YouTubeで探せば出てくるかもしれませんので、 興味があれば検索してみてください! いかがでしたでしょうか? なんだか長くなってしまってよろしくないなぁと思うのですが、 これも書き続けていくうちに上手になるとよいなぁと思います! 弾き語りの曲だけでなく、 慣れてきたらバンドアレンジの曲も弾き語りで再現してみましょう! 新しい表現方法のヒントを掴めるかもしれません! 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます! 学生の方はそろそろ夏休みが近づいてきてワクワクですね♪ 秋の文化祭に向けて、弾き語りを初めて見る良い機会かもしれませんよ★ そんな風に思う人がいたら、お気軽にご連絡下さい!! それでは、また。 ギター弾き語り Wed, 11 Jul 2018 23:44:18 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 レッスンついでにお買い物♪僕がよく行く街は「◯宿」です。 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81895 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! 唐突ですが、1つ質問です。 「あなたがよく行く街は、どこですか?」 いかがでしょうか? ポンと頭に浮かんだ街や駅がありましたか? 僕がよく行く街は【新宿】です! タイトルで伏せ字を使う理由は、一つもなかったですね。。 そう。僕は新宿に行くことがけっこう多いのです。 同じく新宿によく行くという人は、どのくらいいますかね? もし「よく行くよ!」という人がいたら、 それだけでなんだか話が弾みそうです♪ 気になるスポットやいい感じのお店の情報を共有しましょう! ※僕は歩き回ったりすることが多いので、お店はあまり詳しくないかもしれませんが。。 別の街が「よく行く街」だった場合は、 ぜひともその街のお話をたくさん聞かせてほしいと思います! そして、自分でもフラッと訪ねてみたいと思います。 --- 【新宿】という街によく行く理由はいくつかありまして。 1つは「上京後、よく利用する駅だったから」ということが大きいです。 僕は音楽の専門学校に通う為に静岡から上京してきたのですが、 その専門学校があったのが「西新宿」の辺りでした。 当時住んでいた町が西武新宿線沿線だったので、 「西武新宿駅」からトコトコ歩いて通いました。 (ちょっと距離がありますが、歩ける距離です◎) 不思議なもので、 そうやって毎日歩いていると通学路ではない道も歩いてみたくなるもの。 西新宿方面だけでなく、 歌舞伎町の方や新宿御苑の方など幅広くフラッと歩くことも増えました。 専門学校を卒業してからも、 1年間は同じ学校でTA(ティーチングアシスタント)として働きましたので 新宿駅や西新宿の辺りは本当によく行く「街」となりました。 上京後の田舎者(今もそう)の僕が受けた東京の衝撃の多くが新宿だったこともあり、 今もなおよく行く街となっております! -- 新宿駅の西口、東南口、南口なんかでは夜になると路上ライブを見かけることもあります。 いわゆる「ポリスストップ」なんて言われる注意もありながら、 様々な人がパフォーマンスを披露していてけっこう面白いのです。 ギター、ピアノ弾き語りはもちろん、 バンドもいれば管楽器系のアーティストも見たことがあります。 たまにパントマイムを披露している人もいますね。 ずーーーーーっと動かないままで、 お金を投げ入れられると急にパフォーマンスが始まったりとか。 世界で一番乗降者数が多い駅(だったはず)ということもあってか、 本当にいろんな人がいる駅であり「街」だと思います。 -- 「新宿は、何でもある」 そんな風に勝手に思っている僕ですが、 結構ホントに何でもあっていろいろ揃います◎ ファッションも家電もブランドも食べ物もイベントも、 ガーッと集まっている気がしますね。 少し歩けば大きな公園(それこそ新宿御苑や新宿中央公園など)もありますし、 おっきなビルもたくさんあります。 都庁なんかもフラッとは入れたりしてね。 何でもある、と言う中にはもちろん「楽器屋さん」も含まれていますよ! ・イシバシ楽器 ・クロサワ楽器(最近はヴァイオリン系になっちゃったかも) ・島村楽器 ・ロックイン などなど。 特にイシバシ楽器とロックインは店舗が大きいので、 じっくり楽しめると思います。 と言ったものの、 僕が一番足を運んできたのが「島村楽器」です。 新宿の島村楽器と言えば、 「新宿PePe店」なのです。 新宿PePeというのは、 【西武新宿駅直結のファッションビル】 なのです! (ファッションビルという括りで間違いないはず!可愛いお店もたくさん入ってますし) 西武新宿駅と言えば、 僕が通学していた時にガッツリ使っていた駅ですので、 まさにドンピシャ!!です。 ドン!ピシャリ! ってやつです←古いか…。 毎日使う駅に楽器屋さんが入っているのですから、 音楽の専門学生からすればウキウキなのです。 ちょっと気が向いたら、 「島村楽器寄ろう!」 ってな感じで涼みながら楽器を見ていました。 あ。 でももちろん、 見るだけ。 お金なんていうものは、ほとんど持っていませんからね。。。 でもそれはしょうがない! 学生だもの。 なので、 新しい楽器や小物のチェックや、 弦やピックなどの消耗品を買ったりしたものです。 楽譜付きの音楽雑誌や教則本もしっかり取り扱っているので、 それを買ってみたり立ち読みすることもありました。 (僕の後輩は、ホントによく買ってたと思います。GoGoギターとか。) ここの島村楽器は、新宿の他の楽器屋さんと比べると少し小さめのサイズかもしれません。 ですが、 ピアノや電子楽器、管楽器も売っていてかなり雰囲気の良いお店です。 (一時アコギのラインナップが寂しくなっていた時もあった気がしますが、今は良さげ。) 僕は主にギター方面をよく見ていましたが、 電子楽器についてはやっぱり面白そうですし、 ピアノもちょっと弾いちゃったりして遊びましたね。 (専門学校でピアノも多少習ったのでそれを思い出しながらの遊びです。) ブラブラもよくしたし、仕事でもお世話になった新宿。 僕の20代を語る上で、 新宿という街は非常に大きな存在なのです。 --- 弾き語りとはあまり関係のない話を長めに書いてきましたが、 いかがでしたでしょうか? 【新宿】という街にあまり縁がない人も、 なんとなく行けば何かしらあるのかな?みたいなところまでは気持ちが伝わりましたかね。 僕がレッスンを行う時に真っ先に思い浮かんだ場所が、 言うまでもなくこの【新宿】です。 リハーサルスタジオもありますし、カラオケも多い。 ライブハウスも楽器屋さんも多い街なので、 レッスンだけでなくその前後の時間も有意義に過ごせる街の一つかなと思っています! お仕事、学校終わりでもいいと思いますし、 家事の空き時間や休日の時間でももちろん良いです◎ せっかくある程度の時間を使ってレッスンを受けるのですから、 レッスン会場の近くやその付近の街でついでに何かしていくのも良いと思います♪ 普段あまり訪れない街だったりすれば、なおさらいい機会ではないでしょうか? きっかけは何でも良いと思いますので、 ちょっとしたワクワクや楽しみを見つけて時間を過ごしていきましょう!! 今回は弾き語りについてのお話よりも僕の思い出話がほとんどでしたが、 最後まで読んでいただいてありがとうございます。 新宿>>>>>>渋谷>池袋 のような順序でよく行く街が並びますね。 (不等号の使い方、あってるかな?) やはり、 あの頃の自分に多くの刺激を与えた「存在」というのは 今の自分にけっこうな影響を与えるのですね。 ぜひとも、あなたのよく行く街や好きな場所のお話も聞かせてほしいなと思います◎ まだ見ぬ、新たな発見を求めて!!! それでは、また! ギター弾き語り Tue, 10 Jul 2018 19:25:56 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 【初心者必見】指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード http://cyta.jp/ghikigatari/b/81873 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! 暑さに弱いのでエアコンにはお世話になりっぱなしの僕。 だけど暑い日の買い物でスーパーマーケットに行く時、 生鮮食品売り場は寒過ぎて震えます。。。 お肉や魚は鮮度が命。 野菜コーナーでも、たまに鳥肌が立ちます。。 そんな冷房の話は置いておいて、今回のお話です! ===== 【初心者必見】指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード ===== というタイトルの通り、 かな〜り簡単だけど雰囲気のある2つのコードをご紹介します! (人差し指か、中指一本で押さえれますよ!!!) 連続して弾くと、それだけでちょっぴり哀愁が出ちゃう。 そんな感じだと思います! それでは、参りましょう◎ --- 早速ですが、 その「指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード」はこちら↓↓ === ・Em7(イー マイナーセブンス) ・A9(エー ナインス) === 楽譜(コード譜)でこのコードが出てきたら、 ガッツポーズをしていただいてもOKなくらい簡単に表現できます!! キーが「D」だったり「G」だったりすると、 よく見かけるかもしれません♪ では、押さえ方を簡単に説明します! ★ココ、要注目です!! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ・Em7(イー マイナーセブンス) ①中指で5弦の2フレットを押さえます ②6弦〜1弦まで、全て鳴らします 以上!!! 比較的簡単。 いや、それどころかギターコードの押さえ方としては相当簡単なはず! ちなみに、 今回は「中指で押さえる」と書いていますが、 人差し指でも問題ありません◎ (元となる「E」や「Em」というコードを押さえる時、5弦は中指で押さえるのが基本なので「中指」としています。) 弾いてみて、 いかがでしょうか? 多少音が混ざるというか濁る感じもあるかもしれませんが、 ダークなんだけどトゲトゲし過ぎず、 ぼんやりした暗さの音が出ていると思います。 (音の感じ方は、かなり個人的なものですのでお気になさらず) マイナーコードに「7(セブンス)」が加わることによって、 角が取れるような印象です! --- ・A9(エー ナインス) ①中指で4弦の2フレットを押さえます ②5弦〜1弦まで、全て鳴らします(6弦は鳴っても良いですが、鳴らさない方がシャープな感じ◎) 以上!!! 比較的簡単。 いや、それどころかギターコードの押さえ方としては相当簡単なはず! ちなみに、 今回は「中指で押さえる」と書いていますが、 人差し指でも問題ありません◎ ↑↑ホントに先ほどの「Em7」とおんなじ(笑) 弾いてみていただくとわかるかもしれませんが、 先ほどの「Em7」よりも混ざりや濁りが強い感じがするコードです。 明るさと暗さすらも曖昧になっているような感じで、 相当ぼやけた感じがあるかと思います。 そのぼやけた感じが影っぽくなって、 ちょっとばかり不思議と言うかミステリアスな雰囲気を出していると思います! (例によって音の感じ方は、かなり個人的なものですのでお気になさらず) ~~~ この「9(ナインス)」という数字が記されると、 通常のコードに『2つの音』が加わることになるからそう聴こえます。 ちょっとだけ説明すると、 「A」というコードは「ラ ド# ミ」という3つの音で構成されています。 これで、明るい響きの音が響きます。  そこに「9(ナインス)」という数字が加わると、 「ソ」と「シ」が加わります。 ※9(ナインス)がくっつくと、自然と「7(セブンス)」の音も加えるというのが普通のようです。 そうなると、 「A9」というコードは「ラ ド# ミ ソ シ」 5つの音が同時に鳴ったら、 3つの時よりも混ざりが強くなるので そりゃあ複雑になりますよね。。。 ~~~ なんだかんだ書きましたが、 今回ご紹介している押さえ方で鳴っている音は4つです。 「ラ ミ ソ シ (ミ)」 ※(ミ)はオクターブ上の音なのでミとして換算してます。 明るいコードなのか暗いコードなのかをはっきりさせてくれる音、 今回の「A」というコードなら「ド#」という音が鳴っていない分、 明暗の曖昧さがかなり出るのです。 そこがミソでもあるのですが。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ それぞれ弾いてみてもらった所で、 改めてやってみてもらいたいことがあります◎ すでに試してくれているかもしれませんが、 今紹介した2つのコードを「連続で」弾いてみてください。 弦の鳴らし方やテンポはテキトーでOKです! Em7 ジャラ〜ン A9  ジャラ〜ン ・・・いかがでしょうか? どことなく展開があるというか、 この2つのコードだけでちょっとした世界観と進行がありそうな雰囲気を感じませんか? (僕だけかも。。。) あまりイメージがわかない場合は、 弦の弾き方を少し変えてみてはいかがでしょう! Em7    A9 ジャンジャンジャンジャン なんていう風にやるだけでもちょっとした変化を感じられるかもしれません。 もし今はよくわからなくても、 段々と僕の感じている何かに気が付く時がくると信じていますので大丈夫ですよ!! きっといくつかの曲に挑戦していく中で、 この「Em7 A9」に近しいコード進行と出会うことになりますから、 その時にこのニュアンスが伝われば良いと思います♪ --- いかがでしたでしょうか? 【初心者必見】指一本で弾けるちょっと雰囲気のある2つのコード ということでご紹介した2つのコード。 ・Em7(イー マイナーセブンス) ・A9(エー ナインス) かな〜り簡単に押さえることができたでしょうか? 「C」や「G」などの指を3本使うギターコードから覚え始めた人からすれば、 かなりシンプルな押さえ方かつ、流れのあるコード進行だったのではないかと思います。 こんな風に、 ちょっと探せば押さえ方が比較的簡単なコードというものがあるのです★ あるいは、少し工夫するだけで簡単な押さえ方にできたり ちょっと違った響きを出せることもあるのがギターコードです! それが楽しくて、コードというものにハマった自分がいます! 今回ご紹介した「Em7 A9」はちょっとクセがあるかもしれませんが、 流れのあるコード進行でもあるので鼻歌なんかもしやすいかもしれません。 ジャンジャカジャンジャカ弾きながら、 ♪フンフンフンフン フフンフ〜ン♪ なんて合わせて鼻歌をうたうだけで、 ちょっと曲っぽくなって楽しいコード進行です◎ 「Em A7」というコード進行の兄弟みたいなものですので、 難しく考えずにコードの置き換えをしてみてもいいかもしれませんね! 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます、 こういうコードの紹介を読んでもらって、 実際にスマホやパソコンの前でギターを弾いてもらえていたら、 それだけでだいぶ嬉しいなぁと思います! 楽譜で見る一連のコード進行も、 一部を切り取って弾いてみると別の感じ方があります。 コード進行には著作権がありませんから、 どんどん自分の作品に取り入れることもできますから良いですよね!! 「好きな曲の好きな部分のコード進行ってどうなっているんだろう?」 なんて考えて確認するだけでも、立派な勉強になると思います! そういう話も、レッスンでできたら楽しいなと思います! Em7  A9   Dmaj7   それでは、また!! ギター弾き語り Tue, 10 Jul 2018 04:26:42 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 「Fの壁」で挫折してしまったあなたに聞いてほしい、2つのアイデア http://cyta.jp/ghikigatari/b/81829 <br>こんにちは! 「楽しく続ける ギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 「Fの壁」 それはなかなかに分厚くてかなり高く見える壁。 あなたの目の前にも、ドーンと立ちふさがっていませんか? 僕の目の前にもかつて、その大きな壁は存在していました。 でもある時、 その大きな壁の向こう側の景色を見ることができました。。 なぜ僕が「Fの壁」の向こう側の景色を見ることができたのか。 今回は、 『2つのアイデア』 として聞いてほしいと思います。 眼前に立ちふさがる「Fの壁」に苦しむあなたに、 一筋の光を見せてあげることができたら、嬉しいです!! --- さて、 「Fの壁」という冷たくて大きな壁。 僕もがっつり行く道をふさがれ、 多くの人と同じ様に挫折した人の一人です。 それでも僕はまた歩き出せたから良かったのですが、 何人かの友達は全く別の道に進んでいってしまいました。 それはそれで素晴らしいことですが、 一緒にその壁の向こう側の景色を見たかったなぁとも思います。。。 それはさておき。 過去の僕(今もまだ少し苦しい)も含め、 「Fの壁」に苦しむあなたに聞いてほしい 『2つのアイデア』をお話ししましょう! その『2つのアイデア』がこちら。 ==== 1.「F」の押さえ方、ちょっと変えちゃわない?? 2.「F」を押さえる部分、似てるコードに置き換えちゃったらどう?? ==== この『2つのアイデア』。 (厳密にはアイディアかしら?) 僕の中ではそこそこアリだと思っていますので、 それぞれ説明させてください! まず1つ目のアイデア。 1.「F」の押さえ方、ちょっと変えちゃわない?? このアイデアの考え方はかなりシンプルで、 「押さえづらいフォームから逃げよう!」 という気持ちへの僕なりの答えです。 「F」というコードは、正直けっこうしんどい押さえ方だと思います。 人差し指を寝かせて1フレットの弦を全て押さえた上で、 中指、薬指、小指をそれぞれで5,4,3弦を押さえる形。 これは出来るまでにちょっと時間がかかりがちだと思います。 (きっちり出来る様になると、幅広い弾き方に対応できるので素敵です。) だからと言ってそれだけに時間を取られ過ぎていると、 楽しいギターも楽しくなくなってしまう場合があります。 コードは出来るだけ簡単に綺麗な音が出る方が、 僕は楽しいと思うタイプです← なので、 もう少し簡単になる押さえ方を試してみてはいかがでしょうか? 俗に言う「省略コード」というものにあたりますかね! 押さえ方はこう↓↓(図解できなくて、申し訳ない。。) ==== ①人差し指で1,2弦の1フレットを押さえます。(Fよりは楽なハズ!なんとか慣れましょう!) ②中指、薬指、小指は今までの「F」と同じ所を押さえます。 ③押さえていない6弦は鳴らさず、5弦から1弦までを鳴らします。 ==== これで人差し指で全ての弦を押さえなくて良くなりました◎ ちょっと6弦の低音がないので寂しい気もしますが、 他の弦の音でしっかりカバーできる範囲だと思います。 もし人差し指で1,2弦を押さえるのもしんどすぎたら、 「1弦を諦める」方法もあると言えばあります! 人差し指を2弦の1フレットだけにして、 他の指は今まで通り。 音を鳴らすのは、5,4,3,2弦のみ。 これも「F」と認識できる範囲だと思います。 さらに省略するとしたら、 「5弦を放棄する」 というやり方もあります。 押さえるのは2,3,4弦のみで、 音を鳴らすのも2,3,4弦のみ。 【少数精鋭】 とでも言いましょうか。。。 必要最低限な音だけを鳴らすスタイルです。 ちょっとばかりエレキっぽい弾き方になるのかなと、 僕の感覚ではそう思いますね。 でも、 ここまで紹介した3つの「F」の押さえ方は、 「F」であることに間違いはないはずです! 「F」が「F」であることを示すべき音を鳴らしてあげれば、 それは「F」なのです! だから、この方法で「Fの壁」の向こう側を覗いてみてください♪ 登って上から見るというよりも、 横にまわって、そっと覗く感じです。 (今で言うと、ひょっこりはんスタイルに近い。) -- さてさて。 それでは2つ目のアイデアをご紹介しましょう! 2.「F」を押さえる部分、似てるコードに置き換えちゃったらどう?? こちらについては、、、 「問題のすり替え」 みたくなっちゃいます(笑) 「Fの壁どこ行った!?」 「それじゃ意味ない!!」 そんな声も聞こえてきそうですね。。 確かにおっしゃる通りだと思います。 しかし、 根本の解決にはなっていなくとも 「その曲をひとまず通して弾けることによって見える景色」 を見に行くことの方が、 まずは大事ではないでしょうか? 「F」が弾けないから最後まで弾けない! という切なさも後に大切にできると思いますが、 今その曲を一通り弾けちゃえることを優先してみるのも 一つの手だと考えています◎ なので方法だけでも、チェックしてみてください★ 「F」に似てるコードに置き換えちゃおう、 という発想は、ちょっと理屈と言うか理論ぽい部分もあります。 これこそ図解するのがわかりやすいのですが その表現ができないので文字でお伝えさせてください! 先にどのコードに置き換えちゃうかという結論を言うと、 ・FM7(エフ メジャーセブンス) ・Dm7(ディー マイナーセブンス) という2つのコードにしてみませんか?ということ。 そう言ってしまう理由は、 ・「F」と押さえてる場所がかなり似ている(ほぼ同じ)から ということに尽きます。 押さえてる場所が似ているということは、 鳴る音も同じということ。(弦単位では) それならちょっとコードネームが変わるくらいなら 置き換えても激し過ぎる影響は少ないだろう、 という発想です。 FM7(エフ メジャーセブンス)の押さえ方は、 ==== 先ほど紹介した2,3,4弦のみの少数精鋭スタイルで、 音を鳴らすのは『1,2,3,4弦の4本』になります! ==== 1弦を鳴らすことによって、 「M7(メジャーセブンス)」の音が加わって四和音になり、 かなりマイルドで柔らかな印象の「F」になります! 土台(ベースとなる音)が「F」なので、 影響は少ないはずです◎ むしろ、「FM7」の方が便利でまろやかで好きかも。 そして、 Dm7(ディー マイナーセブンス)。 こちらは、土台(ベースとなる音)が「D」に変わるので、 さすがに変化に気付かれることも多いです。 しかし、 押さえている弦の場所は「F」とほぼ同じです。 ==== 人差し指で1,2弦の1フレットを押さえます。(Fよりは楽なハズ!なんとか慣れましょう!) そして中指は3弦の2フレットを押さえます。 そうしたら6,5弦は弾かずに、 4弦から1弦だけを鳴らしましょう。 ==== これでDm7が弾けます。 最初の方で紹介した「F」の省略コードの押さえ方をちょっと思い出していただき、 その押さえ方で「F」と「Dm7」を交互に押さえてみてください。 人差し指と中指は、全く同じ所を押さえていませんか??? 押さえたり離したりしているのは、 薬指と小指だけのはず! (他の指が動いてしまっていても、それはそれで問題ないですよ◎) 「F」で押さえている弦5本の位置に対して、 「Dm7」で押さえている弦3本の位置は全く同じ。 その部分の音は同じ音がなりますね。 違うのは4弦の音(音で言うとD)だけ。 その音の違いが、 「F」と「Dm7」の違い、 ということになりますね! それくらい似ているのであれば、 【置き換えちゃっても良くない?】 という発想です。 ギターという6本だけでコードを表現する弦楽器ですから、 多少曖昧な感じがあっても良いのではないかと思っています◎ 実際に置き換えてみて、 違和感が少なく聴こえる範囲であれば 置き換えてしまって問題ないと思います! もちろん、 曲やメロディとの兼ね合いによっては少し難しい場面もあるかもしれませんが、 「Fの壁」が辛い場合は、試してみるのも良いと思います!! --- いかがでしたでしょうか? だいぶ長編になってしまいましたが、 「Fの壁」で挫折してしまったあなたに聞いてほしかった2つのアイデアとは、 そういうことです。 僕は「1」の方法でまず慣れる様にして、 「2」をちょっと試しながら、 最終的になんとか通常の「F」の形でも弾ける様になりました◎ とは言いつつも、 実際のライブなんかでは省略コードもよく使いますし、 親指も加えて押さえたりするのでしんどい押さえ方は避ける様にしています。 そこに意識を割いてしまうのは少々もったいない部分もありますし。。。 何はともあれ「Fの壁」の向こう側の景色を見る為の方法は、 登って乗り越えるだけではない、ということを知っていただきたいと思います! 横から覗く景色も、それはそれで美しいものです。 今回も、長文を最後まで読んでいただきありがとうございます! あなたにとっての「Fの壁」が、 少し変わった見え方になることを祈りながら またブログを書いていきます! それでは、向こう側のまだ見ぬ景色が見られます様に! ギター弾き語り Sun, 08 Jul 2018 13:55:16 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 【ゆず/地下街】僕が良く路上ライブなどで弾いていた曲シリーズ #1 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81806 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! ここまでいくらかブログを書いてきましたが、 あまり僕が弾いてきた曲については触れてこなかったことに気が付きました! 僕がどんな曲をカバーしてきたかを知ってもらうことで、 同じ曲を弾こうとしている人や、 読んでくれているあなたとの接点に繋がると良いなぁと思います! また、 今よりももっとギターが弾けていないと思っている時に選んだ曲でもありますので、 まだギターを始めて間もない方への参考になれば嬉しいです! タイトルは、 「僕が良く路上ライブなどで弾いていた曲シリーズ #1」 早速、書いていこうと思います。 第一弾は 【ゆず/地下街】 という曲です。 やっぱり、ゆずなんですよねぇ。 --- 【ゆず/地下街】 この曲は「ゆずの素」というミニアルバムに収録されています。 どんな曲かと言うと、 ミディアムなテンポ(気持ちゆっくりめに歩くような?)で 少し跳ねる感じのアコギの音、ブルースハープの音、 そして2人の声だけのシンプルな曲。 歌がスッと前に出て、 非常に心地よい曲です。 歌詞の内容は、恋愛模様を切り取った感じだと思います。 なぜこの曲を弾こうと思ったのか。 それは、 「比較的弾けそうな感じだったから」です。 基本的に好きな曲しか「弾きたい!」と思うことはないのが前提ですので、 とても好きな曲の中の一つです。 その上で、 まだまだ初心者だった僕でも弾けそうな曲だったのが、 この地下街という曲。 弾けそうかどうかを決める時は、 歌の音程の高さや難しさがどうのこうのと言う前に、 ・使用するコードが押さえられるか ・ストローク(あるいはアルペジオ)が再現できる感じか という部分が判断基準になります。 その次に、歌えそうかどうかを考える感じです。 (その辺は、今もあまり変わってないかも。。。) 友達に借りてばかりいたゆずの全曲集を見て、 コードや弾き方を確認していくと、 他の曲よりもコードが押さえやすいものが多かったので やれそうだと感じました。 カポを2フレットに付けて、 演奏するキーは「G」。 (2フレットにカポを付けているので、鳴っている音は全音上の「A」です。) 押さえるコードざっくり7,8つ。 G GonF# Am7 Bm7 C Cm D7 Em くらいのコードで表現されていたと思います。 (細かく見ると違う部分もあるかと思いますが、だいたいこんか感じのはず) これらのコードを見て、 僕が「良いな!弾けそう!!」と思ったのは、 「F」がないこと。 「F」というコード、当時の自分はやはり苦手なのです。 正直、今もそこそこ苦手です。 まともに押さえながら弾き語りをしたことはないかもしれません(爆) まず、「F」がないことで好印象でしたし、 G C D7 Em  という4つのコードは、 一番最初の教則本でコツコツ弾いていた頻出コードだったので 親しみもありました◎ 弾いていって気になった(というか難しかった)のは、 GonF# Bm7 Cm の3つのコードです。 まず、「GonF#(ジー オン エフシャープ)」というコード。 見た目からしてなんだかややこしめな書き方のコードですが、 そこまでひねくれているわけではありません。 文字で言うと、 「G」というコードに、 ベース音として「F#」を加える、 という感じ。 押さえ方は、 Gの形で押さえて、 6弦3フレットのベース音を半音下げる(F#という音を押さえる)為に、 「6弦2フレット」を押さえます。 押さえる指は、 人差し指になるかなぁぁ。。。 僕の場合は親指で押さえてしまうか、 5弦を捨てて中指で押さえることがあります。 (前後のコードや弾くことによって変えてOKだと思います) 「オンコード」や「分数コード」と呼ばれる、 ベース音を意識したコードです。 (G/F# のように、分子がGで分母がF#、と書かれることもありますが考え方は同じです) このコード、 省略して弾かなくても良いと言えば良いのですが、 弾くことによって一気に「この曲感」が出ます。 イントロやサビでグッと強めの線を描くような感じになると思っています。 ★ピアノとか鍵盤楽器で弾くと、だいぶその印象が強くなるはず。 そして、 「Bm7」と「Cm」 この二つのコードの押さえ方は、 「F」というコードの親戚にあたると思っています。 基本的な押さえ方ですが、 人差し指を寝かせて、 6〜1弦を押さえる「F」に対して、 5〜1弦を押さえるのが「Bm7」と「Cm」です。 なので、ちょっと疲れるコードという印象です。 とはいえ、Fよりはマシということと、 出てくる箇所が少なめだったということがポイントでした。 (どちらもほぼBメロで使われる感じ。Cmはアウトロの最後でも出てきたかも。) この2つのコードに関しては、 何度も練習して気合いでギリギリなるようになるまでいければ良いと思いました。 特にベース音となる5弦と、 一つ上の4弦くらいはなんとか鳴らしたい、という思いでした。 -- そんなことでコードをなんとか覚えたあとは、 跳ねる感じのストロークを原曲を聴きながら真似して完成です。 「♪ジャッカジャッカジャンジャッカ♪」 みたいな、 ノリの良い感じで弾きまくりました。 (わかりづらいか。。。) なんとなくその辺ができてきて、 歌の方に意識がいくようになりました。 実際ちょっと歌ってみると、 僕にとってはキーが高いと思ったので、 カポを外して歌うことにしました。 (友達と歌うときは、カポをつけて高い部分を任せたりもしました。) それでも少ししんどいのですが、そこは勢いでごまかそう! ということにして好きなように歌いました。 弾き語りそのものに慣れてきてからは、 ブルースハープにも挑戦したりして、 だい〜ぶこの曲で遊んだと思います! --- そんな感じで、 【ゆず/地下街】という曲を人前で歌うようになっていきました。 というお話でした。 後半はかなり大雑把に書いてしまいましたが、 なんせギターの伴奏の方に気を取られているので。。。 この曲を選んだポイントは、 ・好きな曲 ・ちょっと頑張れば弾けそうなコードとストローク ・歌っていて楽しい というところですね。 特に、 「ちょっと頑張れば弾けそうなコードとストローク」 というポイントが大きかったです! アコギを弾いていく中で、 「G」というキーで演奏することは 中でもアコギらしいなぁと僕は思います。 以前通っていた専門学校の先生にも、 「Gコードで泣かせられるようになりなさい」 というメッセージをいただいたこともあります。 それくらい、 「G」というコードはなんだか素敵で、 アコギにピッタリなコードだと思っています! ややこしい部分も多かったと思いますが、 ここまで読んでいただきありがとうございます! これからどんな曲を弾こうか考えている人の曲選びに、 1つでも参考になる要素があれば嬉しいです。 また思い出した頃に、 「僕が良く路上ライブなどで弾いていた曲シリーズ」 の続きを書いていこうと思います◎ それでは、また! ギター弾き語り Sat, 07 Jul 2018 20:05:24 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 喋り声も喉への負担?カサカサを感じる前からやっておきたい「喉ケア」 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81789 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! 今日の東京は雨の影響か、僕の体感では20℃以下の感じだったので非常に寒かったです! 気温の変化、喉のケアも気を付けていきましょう。 そんなわけで今回は、 「喉のケア」 について少しお話しましょう。 --- 「乾燥で喉がかれてしまった。。。」 「歌いすぎて喉が痛い!」 そんなふうになってしまうこと、ありますよね。 季節によって、僕もそうなりやすい時期があります。 歌いすぎて喉が痛いというのは、発声にもちょっと問題がある場合もありますが。。。 なにはともあれ、 喉のケアは日頃からやっておきたいもの。 僕がやっている喉ケアをちょっとご紹介しますね! ※効果は人によってまちまちかと思いますので、参考程度にしていただければと思います◎「喉のケア」で検索して良さそうなものお試しください! ・龍角散ののど飴をなめる(僕は青いやつが好き) ・烏龍茶や緑茶など、お茶を飲むのをひかえる ・生姜湯を飲む ・うがいをする などなど、比較的体の内側からなんとかしようとするタイプかもしれません。 なんだか喉がカサカサっとしだしたら、早めにのど飴をなめるようにしています。理想は、カサカサする前になめておくことですがやつは急にやって来ますので致し方なし。 自分の好きなのど飴で良いと思いますが、僕はなんとなく龍角散の青い袋ののど飴が好きです。 飲み物については、口や喉の油を流してくれる系のお茶の類いは控え目にしておくのがよいかと思います◎ 僕はお茶が好きなのでそこそこ飲みますが、喉がカサカサしたいるときは飲まないようにしています。 人によって気にならない人もいるかとは思いますが、できればそういう時くらいは出来るだけ喉の潤いは保ちたいものです。 その代わりと言ってはなんですが、「生姜湯」を飲むようにしたりもします。 病人か! っていう感じもありますが、シンプルに美味しくて好きなのです(笑) 僕の言う「生姜湯」の作り方はすごくシンプルで、 チューブの生姜を小さじに1,2杯、はちみつを生姜の倍くらい入れます。 そこに適当にお湯を加えてできあがりです。 だいぶ甘めに、かつ生姜は濃いめに入れたいのが僕の気持ち。濃すぎることが良いか悪いかはわかりませんが、喉から温まるような感じがします! うがいについては、喉のケアというよりも風邪予防みたいな感じですが。。。 でも、喉の乾燥を防ぐことと風邪をひかぬことが大切ですからね!良しとしましょう!! うがいの仕方はかなり普通です。いわゆる普通のうがいをします。 ちょっと普通のうがいに飽きたときは、母音を変えてうがいします。 「あ゛~」 「い゛~」 「う゛~」 「え゛~」 「お゛~」 などと、喉の奥を開けるような感じでやったりします。 効果は定かではないですが、なんとなく喉全体に水分が行き届いていればいいなぁという気持ちです。 --- いかがでしょうか? 今回の「喉ケア」については、僕が自由にやっていることの中でも特に自由度が高いので、サンプルのサンプルとして認識していただければよいかと思います! 半分以上は体調管理の為にやるようなことであることに気が付きましたが、とどのつまり健康でいることが第一なんですよね。 心も体も。 喉の使いすぎで痛めてしまうことのないように、歌う前には少し喉をあたためるウォームアップをした方が良いかもしれません◎ 喉や首、顎回りの筋肉をほぐしたり、ついでにほっぺたなどの顔の筋肉もほぐすのもいいですね。 運動前の準備体操のつもりで、気付いたときにやっておくのが良いですね。 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます。 弾き語りというよりも、暮らしのネタっぽくなってしまいました。。 次回はまた、楽器や歌にもう少し関わりのある内容を書いていこうと思います! 引き続き、よろしくお願いいたします! それでは、また。 ギター弾き語り Fri, 06 Jul 2018 18:49:35 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 カチカチ頭をやわらかく◎最初から完璧にこだわらないでOKだと思う理由 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81770 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 ワールドカップ2018も、いよいよベスト8が出揃いましたね。 日本は惜しくもベルギーに敗れましたが、 4年に一度のサッカーのお祭りを最後まで楽しみましょう! 今回は、 「ギターは不安定な楽器なので、完璧にこだわらないでOKだと思う理由」 というタイトルにしてみました。 --- 理想を言えば、全て完璧に弾き語れることが良いのだと思います。 それは非常に美しくて素敵な演奏だからです。 とは言っても、 そもそも完璧な演奏というのがなんなのかという問題や、 人それぞれの付き合い方というものもありますので そこまでこだわらなくても良いと思っております。 もちろん、 納得いくまで練習したり試行錯誤することは 非常に重要ですし、成長していくには必要不可欠なことです。 これは僕もそうですし、 これからギターを始める方にも当てはまると思います。 「自分が納得できるラインまでやってみる」、 という意味で「完璧にこだわらないでOK」だと考えています。 ちょっと具体的に言うと、 === ・楽譜通りの弾き方(ストロークやアルペジオなど)に固執し過ぎなくて良い ・コードの音も、100%完全に全ての弦を鳴らそうとし過ぎなくて良い === ということです。 繰り返しになりますが、 「完全コピーするにあたって、完璧に弾けることに越したことはない」 と思います。 しかも、 「完全コピー」を頑張ってやると、 とても成長します。 細かいニュアンスや音の感じまで自分で再現することになるので、 手も耳も鍛えられてとても効果的です。 とは言っても、 そこまでを最初からやりきるのは少々難しいと思います、 というニュアンスで考えていただくと良いと思います。 (完コピを目指してやっていると、同じように弾けた時の感動があります◎) 話を戻しますが、 それぞれの理由をお話していきます。 ・楽譜通りの弾き方(ストロークやアルペジオなど)に固執し過ぎなくて良い 曲を弾き始める段階で、 気になってくるのがこの「右手」に関する技術です。 (右利きの人が右手でストロークなどをする場合。レフティなら、「左手」) 雑誌や楽譜を買ってくると、 ・歌詞 ・コード ・TAB譜(ギターやベース用の押弦箇所の見やすい楽譜) が揃って記載されている場合が多いかと思います。 そこで曲全体の伴奏をするにあたって必要な、 「右手でどうやって弾くのか」ということが書かれた部分を見て、 なんだか細かくてよくわからない! と感じることもあるかもしれません。 リズムの早い曲だったり、細かいビートで右手が忙しい曲の場合は より一層感じやすいと思います。 わからないまま弾いていても、 正直あまり楽しくなれないと思います。。。 そういう時の僕は、 「なんかハマらないなぁ...。」 と感じて、他の曲をやるようにしてました。 最終的に目指すのは、楽譜通り(原曲通り)に弾くことですが、 そこに至るまでにちょっと簡単にした形で弾いてみるのも良いと思います。 それが、 「楽譜通りの弾き方に固執しなくて良い」 と書かせてもらった理由です。 慣れるまでは何事も難しく感じますので、 曲の雰囲気を掴んだりコードチェンジの感じをつかむ為に、 少しずつ簡単な弾き方に変換して慣れていくのが良いと思います。 文字で表現しているのでややこしいですが、 「♪ジャンジャカジャカジャジャ〜ンジャジャンジャカジャカ♪」 のようなストロークがあったとしましょう。 (ちょっとシンコペーションのようなものが含まれていて「空ピック」が必要そうなやつ) すでにややこしいのですが、 楽譜(TAB譜)で見ても、見慣れぬまではちょっとややこしいのです。 そういう時は、思い切ってこう弾いてみます。 「♪ジャンジャカジャカジャン ジャンジャカジャカジャン♪」 途中にあった、「ジャジャ〜ン」の部分をなくしてみたりすると 少しスッキリしたりします。 原曲との差は出てしまいますが、 むしろこの弾き方によって 「その弾き方の部分が曲のアクセントになっている」 ということに改めて気付けたりもします。 もっとシンプルにするなら、 「♪ジャ〜〜ンジャ〜〜ン ジャ〜〜ンジャ〜〜ン♪」 くらいまでやってみてもいいです。 (イメージは、2分音符くらい音を伸ばす感じです) こうするとコードチェンジに意識が集中できたりして、 ややこしかった部分も少し認識しやすくなると思います。 このように、 慣れるまでは自分にある技術の中で一度簡易的に再現してみると、 原曲のシンプル版が演奏できて気付きも増えます。 慣れていって原曲に近づいてきたときも、 『曲のアクセントになるような重要な部分』 を理解してそこをきっちり再現できているようなストロークがであれば、 細かい部分はそこまで出来ていなくても伝わります◎ 最初から頭をかたくせずに、 シンプルにしてから取り組んでみると ちょっと取っ付きやすくなる場合もありますので、 ガチガチにならなくて良いのです。 ・コードの音も、100%完全に全ての弦を鳴らそうとし過ぎなくて良い これについても先ほどの右手とかなり似ていて、 しっかりとコードを押さえることが大前提ですが、 「肝となる音が伝わるくらい鳴っていれば良い」 ということになります。 では、 コードの「肝となる音」とはどの音なのか。 それは「ベース音」です。 そのコードの土台と言ってもいい音で、 そのコードの一番低い音を指します。 「G」というコードなら、 「6弦の3フレット」。 「D」というコードなら、 「4弦の開放弦」。 そのコードの輪郭部分になるので、 ベース音が鳴っていると今どんなコードが鳴っているのかが伝わりやすいです。 次に気にするとしたら、 コードの「明、暗を表現する音」でしょうか。 この辺はややこしいのであまり説明はしませんが、 コードには「明るいコード」と「暗いコード」を 分ける音があります。 その音も一緒に鳴っていると、 よりコード感が伝わって良いと思います。 なので、 完璧にコードを押さえきれていなくても 肝となる音が表現されていればOKと考えています。 この発想は、ちょっとギター弾きっぽい考え方に近いかもしれませんね。 必要な音に関わる部分だけ弦を押さえて鳴らし、 不要な弦はミュート(鳴らさない)する。 重要なテクニックの一つでもありますね。 ギターを弾き始めるとだいたい出くわす、 「Fの壁」というコード問題にも応用できます。 右手のときと同様に、 左手に関しても少し考え方を変えて、 柔軟な方法も試してみると良いと思います。 --- いかがでしたでしょうか? 難しい問題に出くわした時に、 「7段階に分けて一つずつ段上がれば、クリアできる」 といった考え方に近いものかもしれませんね。 最初から全部やろうとするのは難しいですから、 できることからやっていけば良いと思います。 出来ることをやりつつ、 小さく挑戦を繰り返していくうちに 最終目標にたどり着けるはず。 最初は鳴らせる音を増やしていきましょう! 続けていけばしっかり鳴らせるようになります◎ 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます。 また精神論っぽくなってしまいましたが、 何か気持ちが楽になる部分が一つでもあれば幸いです。 それでは、また。 ギター弾き語り Fri, 06 Jul 2018 00:51:04 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 スキマ時間で練習量が2倍に!?自分の演奏の録音をすると良いことがいっぱいなワケ http://cyta.jp/ghikigatari/b/81739 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 台風の影響で、東京は曇り空と強風でしたね。 全国的にも影響が強い地域もあるようなので、 事故や怪我がないことを祈ります。 さて今回は、 「練習量が2倍に?自分の演奏の録音をすると良いことがいっぱいなワケ」 というタイトルにしてみました。 ポイントはたった1つです。 『自分の演奏を聴き、自分の今の演奏を知り、よりよく改善していけるということ』 これだけです。 自分の今の演奏がどういった音として表現されているかを、 客観的に聴くことで多くの気付きを得られます。 その辺を、 ちょっとだけ説明風に書いていきます。 少しばかり回りくどいと感じる部分があったら、 遠慮なく飛ばし読みしてくださいね!! --- 「録音」と聞くと、 専用の機材が必要で面倒かと思うかもしれませんね。 でも大丈夫。 しっかりとしたCDを作る為のレコーディングをする時とは違い、 記録、確認を目的とするような場合はとってもお手軽にできます。 使う物は、 スマホやタブレット。 それらの中に入っているであろう、 「ボイスレコーダー」のアプリを使用して録音できます。 マイクはいりません。 スマホやタブレットの内蔵マイクで対応可能です。 もし、元々入っていなくても録音できるアプリはいくつもありますのでご安心下さい。 (僕は「PCMレコーダー」というレコーダーアプリを使っています。非常にシンプルです) ガラケーをお使いの方も、 おそらく「ボイスメモ」みたいな機能があるのではないでしょうか? それがあるタイプであれば代用可能だと思います。 僕だけではないと思いますが、 スマホが世に出回る前はガラケーの録音機能で 思い付いたメロディを録音して保存しておく、 というようなことをしていた人は多いと思います。 お仕事や勉強などの都合で、 専用のボイスレコーダーを持っている人は、 もちろんそれを使っていただいて良いと思います! という感じで、 どれを使用していただいても大きな問題はないと思います。 (場合によっては、多少の音の聞き取りづらさなどはあるかとは思います。) ここからは、 「自分の演奏の録音をすると良いことがいっぱいなワケ」を お話ししていきます。 練習でもいいですし、 ライブ本番でもいいので、 それらの中から自分が使える物を使って ひとまず自分の演奏を録音します。 ちょっと音量のバランス(録音される音が大き過ぎたり小さ過ぎたりの調整)をとってあげて、 録音ボタンを押すだけでOKです。 演奏が終わったら録音を止めて、保存しておきます。 そうしたら、 早速録音した演奏を聴いてみましょう! (イヤホンやヘッドフォンで聴くと、よりしっかりした音で聴けると思います。) ここでようやく良いことが現れます。 ・歌の音程の確認ができる ・ギターがちゃんと弾けているか確認できる ・その時点での自分の演奏を記録しておける ・録音したデータを加工したり、誰かに聴いてもらうことも出来る などなど。 1つのデータとして残せるので、 利用方法はたくさんありますね。 その中でもぜひやってみていただきたいのが、 ・歌の音程の確認ができる ・ギターがちゃんと弾けているか確認できる という2点です。 歌や楽器の練習は、 実際に声を出したり音を鳴らしたりすることが非常に重要です。 でも、 いつでも出来る環境ではない場合も多いですよね。 例えば、 ・夜が遅くなってあまり大きな音が出せない時 ・疲れてのんびりしたいけど、ちょっと何か練習みたいなことはしたいと思う時 ・通勤、通学などの移動中 といった、 『スキマ時間』。 夜遅い時間はスキマ時間とは言えませんが、、、 練習できない時間ということで 今回はスキマ時間とさせてください(笑) そういう時に、 自分の演奏が録音されたデータがあると便利なのです。 ちょっとしたその『スキマ時間』を利用して、 自分の演奏した音を聴いてみてください。 自分で演奏している時に聴こえてくる声や音と、 録音された声や音を聴くと印象が違うことがよくあります。 特に「自分の声」。 これは「気道音」と「骨導音」が合わさった音(声)が、 自分に聞こえてるからなんだそうです。 その声を、 マイクやレコーダーを使った空気伝導のみの「気道音」で聴くと ギャップがある、ということになるようです。 説明が下手くそですが、 ・電話の自分の声 ・ビデオカメラで撮ったムービーの自分の声 なんかが変な風に聞こえると感じたことのある人は、 それと同じことだと思ってください。 その声そのものの聞こえ方は確認するだけで良いのですが、 この録音データがあると、 結構重要な部分も確認できちゃいます。 それが、 ・音程 ・リズム感 ・ボリューム感 です。 (声色や音色もありますが、それはひとまず置いておきましょう。) 自分で演奏していて、 「上手く出来た!」 と思っても、 録音された音源を聴いてみるとなんだかしっくり来ない場合があります。 歌の音程がバッチリ合っていると思っていても なんだかちょっとズレてるかも?と感じることや、 気持ちよく弾けていたギターも ちょっとリズム感がおかしいかなぁ?、 など。 自分の声がギターの音に負けているなぁ、 なんてことも感じたりする場合もあります。 そういう気付きを自分の耳で感じることで、 「次に演奏するときから、そのポイントを意識できる」 というのがとても大きなメリットです。  この部分は音程が不安定になりがちだから、  少し音程を意識して歌うようにしよう。  間奏はギターだけになってリズムが早くなりがちだから、  リズムのキープを意識しよう。 などなど。 このように、 『理想の演奏と自分の演奏の違いを理解する』 ということが肝になって、 よりよい演奏をしていくきっかけになります。 それこそがもう一つの練習となります。 声や音を出さなくても出来る練習が、 「自分の音を聴く」 ということです。 大切なのは、 自分に聴こえている音と、 相手に聴こえている音とでは 「少々違いがある」 ということに気が付くこと。 演奏を録音して聴く。 これを繰り返していけば自分の声にも耳が慣れていきますので、 そこまで気にしなくても大丈夫です! --- いかがでしたでしょうか? これからギター弾き語りを始めようとしている方には もしかしたらあまりイメージができないかもしれませんが、 早い段階から「演奏と録音」に慣れていくと 苦手部分の洗い出しと克服がかなり早くなると思います。 また、 自分の得意な部分(自然と良く聴こえるところ)にも気が付けたりするので、 自分の強みだったり魅力だったりの把握にも一役買ってくれると思います! ややこしい文章になってしまったかもしれませんが、 練習する時にちょっとスマホで録音しておくと後から活用できますよ、 というお話でした。 === 30分練習した演奏を録音して、 その30分を聴いて復習する。 これで合計「1時間の練習」になっています。 === それが「練習量が2倍」の根拠です。 短い時間でも効果的な練習方法はありますから、 「時間がないから...」という状況を、 スキマ時間を活用して打開していきましょう!! レッスンを録音しておくということも、 復習の素材になっていいかもしれませんね! 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます。 夏休み期間も、 随時レッスンの申し込みは受け付けておりますので お気軽にご相談下さい! それでは、また! ギター弾き語り Wed, 04 Jul 2018 22:19:02 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 初心者向け!?僕が初めて弾いた曲 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81702 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! 今日もしっかり暑いですが、 やはり日陰で風がピュ〜と吹き抜けると ちょっとだけ涼しいですね! さて今回は、 僕が初心者だった頃のお話をします。 当然、全く弾けないところからのスタートですので、 今から始めようとしている人と同じく、1からのスタートです。 そんな誰もが通る道で、 僕が初めて挑戦した曲のお話です。 --- 僕がギターを初めて手にしたのは、13歳のとき。 学校の人気者の影響でアコギに興味を持ち、 父に頼んでモーリスのアコギを買ってもらいました。 毎年ゲームソフトを買ってもらっていた「誕生日プレゼント」ですが、 この年だけは『楽器』になったのです。 家族の気持ちなど、僕には想像できませんでしたが とにかく自分も「アコギが欲しい!」という気持ちが強かったんだと思います。 そんなこんなで買ってもらったアコギ。 もちろん楽器だけでは練習の仕方もわからないということで、 初心者向けの教則本も合わせて買ってもらいました。(父、ありがとう) そこで、 ギター各部の名称から構え方、 ピックの持ち方や楽譜(コード譜)の読み方など、 諸々の基礎部分の存在を知ります。 コードの押さえ方や、 弦の弾き方も、 じっくりと覚えていき、 ゆ〜〜〜〜っくりと慣れていきました。 4つほどのコードをギリギリなんとか押さえられるようになった頃、 教則本もちょっとずつ見慣れた物となっておりました。 ちなみに、 そのときギリギリ押さえられるようになった4つのコードは、 G Em C D7 というコードでした。 そして教則本をめくっていくと、 ついに現れるのです。 その4つのコードで弾く、 「初めての曲」が。 その曲というのが、 『夢の中へ/井上陽水』 (参考YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=d2sfQ6PnbJs)   ↑44年ぶりの新しいミュージックビデオのプロモーションのようです。 「さぁ、いよいよ曲だ!」 というワクワク感が一息に吹き消されるかのような、 僕の知らない曲。 「これは困った!」 となったものの、そこはさすがの教則本。 巻末にしっかりとお手本CDが付いているではありませんか!! ※当時はYouTubeとかそういう便利なものはなかったのでね。 早速CDプレイヤーで確認確認...。 「なるほど、そういう感じになるのか。」 という感覚「のみ」を得て、 実際に楽譜をにらみながら弾いてみると、 なんだかよくわからない(笑) その教則本の楽譜に書いてあることの最初の部分を 簡単に表現すると、こう。 === G           Em 探しものは何ですか?  見つけにくいものですか C           D7 カバンの中もつくえの中も  探したけれど見つからないのに === これら4つのコードそれぞれに対して、 「ダウンストロークを4回する」という、 非常にシンプルなアレンジにしてくれていました。 当時はコードを押さえることとストロークをすることで必死だったので、 シンプルだとかそういうことを気にする余裕が全くありませんでした。 もちろん、歌いながらなんかではなく 楽譜、左手、右手をチラチラチラチラ見ながら弾いていたのです。 なんだかよくわからないまま、 繰り返し繰り返し弾いていって ようやくワンコーラス分(お手本CDと同じ分)を ギリギリなんとか弾けるようになりました。 ※本当に弾けていたかどうかは、もはや定かではありませんが。 それでも、 弾くべきことが一通りできた! という気持ちは大きく、 なんだか充実した気持ちを感じたのは覚えています! バスケで言うと、 レイアップがいい感じに決まった時のような感じですかね。 スラムダンクで言うところの、初期の桜木花道と同じです! 僕は途中途中でアコギを触らずにバスケやゲームにハマっていたりしたので そこそこ時間がかかったような記憶があります。 アコギを買ってもらったのが中学1年の秋冬頃だったと思いますが、 年が明けてから多少弾けるようになっていたような感じだったと思います。 おそらく、他の人よりもだいぶ時間がかかっているのではなでしょうか(^^;;; そこから徐々に、ゆずの全曲集を買ったり「Go!Go!GUITAR!!」という雑誌を読んだりして たくさんの曲に挑戦していくことになります。 --- そんな感じの初心者時代。 なんとなく想像してもらえたでしょうか? 近しい道を歩んでいる人もいるのではないかと思います。 何はともあれ、 それくらいのんびりというかゆっくり弾けるようになった僕が 今はある程度それなりにアコギを弾けるようになれたのですから、 これから始めるあなたに 「弾けないなんてことはない!」 ということをお伝えしたいです。 レッスンを受けようか悩んでいるような人なら特に、 僕よりも早く上達していけると思います! しっかり弾ける人を見た時に、 「自分とは全く違うなぁ」 とだけ思うのではなく、 その人がこれまで歩んできた道のりまで考えたり、 思いを馳せたりすると小さな勇気もわいてくると思います。 この記事も、 その他諸々も、 自分への小さなきっかけにしていけるとよいですね◎ さて、 いかがでしたでしょうか? 久しぶりに昔のことを思い出して書きましたので、 恥ずかしい部分はありますが参考になりましたでしょうか? 友人の方が後からアコギを始めて、 気が付いたら僕よりも多くのことができるようになっているのを知った時は、 正直驚きました。 少し悲しかったりもしたりして。 でもそこで改めて「やってみよう!」と思えたことが、 今の自分につながっていると思っています。 しっかりと水を与え続けていれば、 どんな形かで芽が出るということをイメージして。 そういう小さなモチベーションを絶やさぬように、 焦らずコツコツやってみましょう! 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます! こういった自分の経験談もブログに書いていこうと思いますが、 実際にお会いしている時の方がもっと細かな部分をお話する可能性が高いです。 その辺も興味があれば、気軽に質問してくださいね! それではまた、 知っているとちょっと良いことも含めてブログを書きます! ありがとうございました! ギター弾き語り Tue, 03 Jul 2018 15:08:11 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 やっぱり感覚が大事!ブルースハープが吹けるようになった瞬間 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81668 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/2/46133/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは! 「楽しく続けるギター教室」 コーチの安部です! 7月になると、なぜだか高校時代の球技大会のことを思い出します。 男子の種目がバスケでした。 経験者の自分がカッコつけられる数少ないポイントだったので張り切っていた記憶があります! 結果は、 毎年微妙でしたが。。。 そんな夏の淡い思い出はさておき、 今回は「ブルースハープが吹けるようになった瞬間」のお話です。 ギター弾き語りに興味があるあなたは、もしかしたら「ブルースハープ」にも興味があるかもしれませんね! ブルースハープというのは、 適当に吹いてもある程度「いい感じに」コード感のある音が出せるというもの。 と、ここでは説明させていただきます! 本来はもっとしっかりした説明ができる楽器だと思いますが、僕の中での感覚はそんな感じ。 とても手軽かつ、印象的な音と雰囲気を出せる楽器のひとつです。 参考になりそうなURLも貼っておきますので、よかったら見てみてください! 【ハーモニカ解説コーナー by福山楽器センター】 http://www.merry-net.com/harp/harp-info.htm 大きな枠として【ハーモニカ】があって、 その中に「ブルースハープ」というものがある感じですね、おそらく! でもブルースハープと言えばだいたい通じます! ブルースハープを使用しているアーティストはけっこういると思うのですが、例えばこんな方々です。 ・長渕剛 ・岩沢厚治 (ゆず) ・ボブ・ディラン ・吉田拓郎 僕の知識レベルと好みのまんまですが、もっとたくさん使っている人はいます。 特に長渕剛、岩沢厚治、のお二人については、TOMBOの「メジャーボーイ」のイメージが強いです。吉田拓郎もそうかもしれません。 音の雰囲気や使われ方はそういったアーティストの楽曲を聴いていただければ、存分に感じていただけると思います。 軽快かつ陽気だったりするのに、 どこかエモくて自然的で渋さがある。 そんな音でギターの伴奏に対して メロディを奏でられるという作り。 弾き語りをする者にとって、 非常に魅力的な楽器のひとつです! 正直なところ、僕は最近人前でブルースハープを吹いていませんがそれでも曲によってはしっかりと使っていきたいと考えています。 さて。 僕がブルースハープを吹き始めた頃の話をしましょう。 僕はゆずがモーレツに好きなタイミングでブルースハープを始めました。 幼稚園の時にハーモニカが得意だったわけではなく、ただただゆずの曲を吹きたかったのです。 ブルースハープには特徴があって、それぞれ出せる音(キー)が決まっています。 なので、 自分の吹きたい曲のキーと同じキーのブルースハープを買いました。 (当時、一番近くの楽器屋で500円ちょっとで買えるやつがあったのでなんとかゲット) その時は、たしか「C」と「A」あたりを買った気がします。 そして家に帰って実際に吹いてみるのですが、 「楽譜もよくわからないし、なんか吹けない!」 という日々がしばら~~~く続きました。 吹かなくなっていた期間もけっこう、 長かったと思います(笑) でも友達もちょっとずつ吹けてきていて、なんだか負けたくないなぁと思い再挑戦。 悪戦苦闘しながら、楽譜の通りに吹こうと必死でした。 それでも思うようにいかなかったのですが、 ある時フワッと吹けた瞬間がありました。 それは、 楽譜を見ながら吹くのをやめて、 ちょっと雑に雰囲気で吹いている時のことでした。 矛盾しているように思えますが、 なぜだかちょっといい感じだ! と思ったことをよく覚えています。 おそらく、 耳で聴いていた音を楽譜を通して目で見た。 目で見たものをその通りに口と息で再現しようとしていた。 という、 ちょっと考えすぎというか頭を使いすぎだったようです。 そんな中でテキトーに吹くことによってだいぶ力も抜け、 全然楽譜通りではないにしても「それっぽく」聞こえるような音が出たのです! それからは、 楽譜もちゃんと目を通しますが、 吹いたときの音がそれっぽいかどうかということの方に重きをおいて吹いています! まさに、 「聴こえてくる音を真似した」 ということになりますね。 もし今、ブルースハープの吹き方で悩んでいたら、小さな参考のひとつにしてみてください。 もしかしたらきっかけになるかもしれません。 --- いかがでしたでしょうか? ギター弾き語りを始めたいと思ったり、やり始めたらブルースハープという物への興味も出てくる可能性は充分にあると思います。 そんなときは、この記事を思い出してみてください! 楽器なのですから、気楽に吹いてみるのが大事です◎ 上京してから出会った友人もなかなかのブルースハープの吹き手で、いつも僕に刺激をくれます。 また、別の知り合いにはとてつもなくカッコよく吹きこなすブルースハープアーティストもいたりしてビックリしました! ハーモニカの音というのは、 ・フォーク ・カントリー ・ブルース のような匂いを感じます。 今さらですが、 ビートルズも使っていたと思いますし、 山崎まさよしもけっこうブルージーに吹いていたと思います。 ハーモニカ、という枠で考えると、 スティービー・ワンダーも吹いていたと思います。 そう考えると、 弾き語りにはもちろん使えて、 バンドサウンドにも彩りを加えてくれる小さな大物ですね! 使い方はその人次第。 楽しめる要素になりそうなら、 ブルースハープも試してみてもいいかもしれませんね◎ 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 こんな感じで自分がやってきたことなんかもどんどんお伝えしていきますので、 引き続きよろしくお願いします! レッスンに来ていただいた方にはより具体的にお伝えしていきますので、そちらも合わせてよろしくお願いします★ それでは、また! ギター弾き語り Mon, 02 Jul 2018 18:43:47 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 梅雨の湿気で弦がさびちゃった!?弦交換のいろはをご紹介 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81648 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 すっかり関東は夏のスタートダッシュが効いていて朝から日射しがすごいです! ちなみに、「北海道には梅雨がない」と言われておりますが、 その代わりに『蝦夷梅雨』というものがあるようです。 "2週間程度雨や曇りの日が続き、少し晴れてもすぐに雨になるというような天気。 梅雨のように、激しい豪雨や、高温度・高湿度に悩まされることは少ない。" とのこと。 北海道、行きたい!! そんな欲望はさておき、 今回は、「弦交換」について書いていこうと思います。 交換方法等は、ネットで調べたりYouTubeで検索すればたくさん出てくると思います。 僕はヤマハのアコギをよく使っているので、 ここではヤマハのHPに掲載されている内容を引用させていただきます。 https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/acoustic_guitar/maintenance/ から引用。(URLをコピペしてHPに飛んでもらうと、イラストなんかも見られます。) ========= ・弦を交換する理由 ・弦を交換するタイミング(頻度) ・弦の交換方法 ・替え弦の選び方 ========= という流れで書いていきます。 ちょっと長くなる可能性があるので、 必要な部分から読んでいただけると良いかと思います。 それでは、参りましょう! まずは、 そもそも何で弦の交換をする必要があるのか、 ということをちょっとお話ししましょう! アコギ(いわゆるフォークギター)の弦は消耗品で、 「鉄」でできています。 ギターを弾いているうちに(弾いていなくても)、 釘なんかと同じように錆びます。 弦が錆びてくると困るポイントがいくつかあります。 ・音の響きが悪くなる(音の伸びがなくなる) ・弾きづらくなる(押さえづらくなる) ・チューニングが合いづらくなる(致命的) ・色んな意味でテンションが下がる(張りが欲しい) ・弦から輝きが消える(いつも輝いていたい) ちょっと個人的なメンタル要素も書いてしまいましたが、 とにかくデメリットが多いのです。 (かつて、「錆びた弦の音の方が好き」という方とも会ったことはありますが。。。) あと最近見かけてちょっと納得したのが、 「練習は本番通りにやるのがいい。だから弦も新品でやるのがいい。」 という説明。 常に新品であることはなかなか難しいですが、 たしかに本番前は弦を張り替えることが圧倒的に多いので その通りだなと思いました。 そういった理由があるので、 弦の交換が必要になるのです。 では、どのくらいのペースで弦を交換するのが良いのか。 これはヤマハのHPの内容を読むと、こう書いてあります。 --- 弾き方によって交換する頻度は変わる。 毎日弾く人は、 「数週間〜1ヶ月に一度」が目安。 そこまでは弾かないという人でも、 「3ヶ月に一度」は交換した方が良いでしょう。 --- という具合です。 「結構頻繁に交換するものなんだ!」 と感じたかもしれませんね。 僕も未だにちょっと思います。 しかしながら、 それくらい弦というものは錆びる(酸化っていうのかな)もので 音に大きく影響をおよぼします。 ギターを買った時に鳴らした音と、 弦の交換をせずにしばらくしてから鳴らした音では、 そのキラキラ感というか ゴージャス感が違うはず。 「ジャラ〜〜〜〜〜ン・・・。」 と、 「ジャラ〜ン・・・。」 くらいの違いがあることもあります。(体感ですが。) ・・・ここだけの話ですが、 僕は面倒くさがって半年以上弦の交換をサポッたことも 多々あります。。。 さすがにそれはオススメいたしません。。。 お嫁さんや彼女なんかを喜ばせる為に、 ちょっとした花やプレゼントを贈るような感覚で、 弦の交換タイミングを探るのも良いのかもしれません。 と、いうことで。 弦交換そのものにも慣れていくということも考えて、 「1〜3ヶ月の間に一度」くらいを目安にしてみるのはいかがでしょうか? あまり神経質にならなくて良いことではありますが、 おそらく弦交換をした後、数週間弾いていたらその音の違いを自然と感じると思いますよ。 続いて、弦の「交換方法」。 これはざっくりと書いておきますね。 --- 1. 弦を張り替える時には、まず、ペグを回す方向を確認しましょう。 1~3弦用のペグは正面から見て時計回りの巻き方、 4~6弦用のペグは反時計回りになっているのが普通です。 2. ブリッジに弦を差し込むときには、 ブリッジピンも一緒に差し込み、 軽く弦を引っぱり、遊びがないよう確認します。 3. 弦をペグに取付ける時は2~3巻きを目標に。 1巻き目は差し込んだ弦の上側を、 2巻き目からは下側を巻き、 差し込んだ弦を挟むようにすると、 緩まずしっかりと巻きつけることができます。 --- 「なんのこっちゃよくわからん!」という場合は、 YouTubeなどの動画を見て確認するとわかりやすいかと思います。 それか、レッスンの時にお教えします◎ 実際にやってみるのが一番良いです。 その他に弦交換をする時にやっておくと良いかなと思うことを少し付け加えると、 ・弦を全部外した時に、ギター全体を拭いたりして綺麗にしてあげる ・新品の弦は丸まって袋に入っているので、少し伸ばすような感じでならしてあげる ・慣れるまではゆっくりめにとペグを回す。(回し過ぎ防止もかねて) ・全ての弦を張り替えたら、ある程度ジャカジャカ鳴らす。(弦を馴染ませてチューニングを安定させる) ということがあります。 この辺も調べればたくさんありそうですので、 時間のある時にチェックしてみてください。 僕のレッスンでも、随時オススメ情報は共有していきます! 続いて、結構悩みがちな 「替え弦」の選び方。 これは好みで選んでいただいてよいと思うのですが、 選ぶ時に迷うほどけっこう種類があります。 ・細さ(ゲージと呼ばれたりします) ・使用されている金属の種類(配合率?かもしれないことと、音色に関わります) ・コーティングの有無(コーティング弦はちょっと錆びにくい) ・メーカー なんかが絡み合って、 安い物から高い物まであります。 僕が選ぶ時に一番気にするポイントは、 「細さ」 です。 「細さ」の種類は大きく分けると3つあって、 細い順に書いてみます。 ---   ライト   細め  ↓   ミディアム 通常  ↓   ヘビー   太め --- ポピュラーなのは、 「ライト」ゲージだと思います。 僕もほとんど「ライト」を選びます。 (最近は、マーチンのライトゲージをよく使ってます。) 友人は、ミディアムやヘビーを使っていることもありました。 弦が太い方が、低温が出やすいのでその辺りの狙いがあったんだと思います。 実際は「細さ」ももう少し種類がありますが、 選ぶのが難しいと思ったら、 予算内でおさまる「ライト」ゲージのアコギ弦をチョイスしましょう! (楽器屋のスタッフの方に相談するのもいいですよ★) 最後に、弦の交換をする時にあると便利な物を書いておきますね! --- ・ペグワインダー(ストリングワインダーとも言うのかも。)  →エンドピンを抜く時と、ペグを回す時、スピードアップ!! ・ニッパー  →弦を張り終えた後の、余った部分の弦を切る時に使います --- この二つは、機会があれば使ってみるといいかもしれません。 さて、いかがでしたでしょうか? ちょうど梅雨が明けてジメジメも少し減ってきた頃。 ちょっと触っていなかったギターを見たら、 「弦が錆びてる!!」 なんていう状況の方には、 思いのほかタイムリーなテーマだったかもしれませんね。 細かい部分は端折ってしまっているかもしれませんが、 だいたいの「弦交換」はこんな感じです。 レッスンに来てもらう時、 生徒さんの弦が新しかったりすると それだけで結構嬉しいです。 あぁ、ちゃんと弦の交換をしてくれて、 けっこう弾いてくれてるのかな! などと思えたりして。 でも、タイミングや都合もあるのでそれはそれです◎ コツコツやっている人の演奏は、 そこそこ聴けばわかるものですからね♪ 今回も、最後まで読んでいただいてありがとうございます。 それでは、また! ギター弾き語り Sun, 01 Jul 2018 22:52:41 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 弾き語りはいろいろ自由!アコギじゃなく、エレキギターで弾き語りもいいと思う http://cyta.jp/ghikigatari/b/81623 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/30/46104/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 ちょっとブログ更新のタイミングが変な感じになってしまっているかもしれませんので、 今回は比較的短めに記事を書いていきたいと考えています! 今日も東京は、ガンガン暑い!! さて、、、 今回は「弾き語りの自由度の高さ」について。 いったい何をもって自由度が高いというのかというと、 ・楽器の種類 ・間の取り方 ・やること など、いろいろです。 弾き語りというからには、 何かを弾きながら歌う(語る)ということなんだと思います。 ベースにそれがあれば(もはやなくても面白いかも)、 どのような表現方法を用いてもOKなんじゃないかと僕は考えています。 楽器の種類で言えば、 「ギターの弾き語りといえばアコギ」 ということにこだわらなくっても良いと思います。 エレキギターの弾き語りも、素敵だと思います! それはそれでできることも増えそうだし、 しっかりカッコいいです。 間の取り方も、一人で演奏する以上はホントに自由だと思っています。 たしかに、曲としてはある程度一定のリズムで演奏された方が安定して聴けると思います。 とはいってもそこまでそこに強くこだわらなくってもいいのかなとも感じます。 サビの前に無駄にたっぷり間をとってから歌うのもいいですし、 大サビを歌い上げた後のアウトロまでの余韻を長く長く感じても良い。 一人だからこそ「その時の気分のまま」自在に調節しちゃっていいと思っています。 今日の仕上げはこんな感じにしちゃいました! くらいの感覚で。 やることについても、もはや自由。 「弾き語りだからこうしなきゃいけない」 ということが、せっかくのアイデアを潰しかねません。 楽しいと思えたり、きっと喜んでもらえると思うことがあれば できる範囲で組み合わせてしまっていいと思います! 例えば、 ギターをジャラ〜ンとならして 歌詞をうたわずに語ってみる、とか。 そっちの方が自分の意図や気持ちが伝わるのなら、 むしろその作品はそういう表現の方がもっと輝くということ。 発想は柔軟に、シンプルに楽しいと思える方を選んで試してみることが 弾き語りを楽しくやっていけることのポイントかと思います。 僕は今のところ普通の弾き語りスタイルでライブをしておりますが、 徐々に「喋る(ライブ中のMC)」という部分を押し出したライブができるように なっていきたいなと考えたりもしています! それプラス「曲」が素敵だったら、 ライブ全体がより良い時間になるのではないかと思っているからです。 話は少し戻りますが、 エレキギターでの弾き語りの良いところはもう少しあります! 特に、 『これからギター弾き語りを始めようとしている人』にとっては、 興味のもてることかもしれません。 今回はその部分を一番強く言いたかったのでした! エレキギターでの弾き語りの良いところは、 「アコギよりもコードが押さえやすい」 ということ。 一旦、好き嫌いやイメージなどは置いておいてくださいね。 さぁ、なぜ「アコギよりもコードが押さえやすい」のか。 理由は主に2つほどあります。 1.弦がアコギよりも細い 2.ネックがアコギよりちょっと細め それぞれ簡単に説明します. 1.弦がアコギよりも細い これはやっぱり結構大きなポイントで、 実際に弦を押さえてみると強く感じられるかと思います. アコギで「C」というコードを押さえる為のパワーが「10」かかるとしたら、 エレキの場合「6」くらいのパワーで充分。 (むしろ「10」のパワーで押さえると音程が少し不安定になることも) もし今手元にエレキギターがある方はお試し下さい! ない方は、今度楽器屋さんに行った時にちょっとだけ触らせてもらってみてください。 それか、希望があれば僕のレッスンの時にエレキギターを持っていくので それで触ってみてください(笑) とにもかくにも、 弦が細いとその分押さえる力を減らすことができるので 押さえやすいと感じやすいと思います。 2.ネックがアコギよりもちょっと細め こちらも触るとわかりやすいのですが、 ネックが細いと握りやすい場合が多いです。 そうすると、ネックを握り込んだ時に指の余裕がちょっと増えるので コードを押さえる時に有利にはたらきやすいです。 「F」や「B」というコードを押さえる時も、 比較的人差し指が楽に感じます. これも、体験できる時に試してみてください! --- いかがでしたでしょうか? 途中ちょっと不思議なことも書いてしまいましたし、 結局長くなってしまいました。 しかしながら、 「弾き語り」というのもののスタイルは 自由でいいんだと考えているタイプの人間だということが 伝わればそれでよいかと思っています. 技術の向上はたしかに必要ですが、 それと同時に「伝え方」なんかもどんどんアイデアを出して 試していって自分や誰かの反応を感じていくことが 弾き語りをより楽しむ為の1つだと考えます◎ とは言いながら、 基本的な部分もある程度押さえておくのが良いとも思います。 基礎をしっかりして土台、基盤を作っておけば、 たくさん応用していけるはず。 そこで自分のスタイルを見つけて磨いていくのが、 結果的に近道になるのではないでしょうか。 少し初心者の方向けではないことも書いてしまいましたが、 たまにそういったちょっと先のこともイメージするのも 悪くはないはずです。 柔軟な発想で、やっていきましょう! 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!! アイスクリームの食べ過ぎには、ご注意を! それでは、また。 ギター弾き語り Sat, 30 Jun 2018 15:57:47 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 意外な盲点!座って弾けていたことが、立ったら弾けない!? http://cyta.jp/ghikigatari/b/81609 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です。 「梅雨で雨が・・・」 「梅雨ですが・・・」 「湿気が・・・」 なんてことを言ってたり考えていたら、 なんと関東。 梅雨が明けました!(驚) 僕の勝手な予想よりも一週間くらい早い梅雨明けとなってしまいました。 明けることは自然なことなのでよいのですが。。。 なんだか曲がり角から子供が急に飛び出してきたような感覚で、 ただただ驚きです。 どうりで空がやたらと青かったり、 朝から晩まで暑かったわけですねぇ。 これからいよいよ夏本番ということですから、 ぜひとも熱中症や熱射病などにはじゅうぶん気をつけて 健やかに季節を楽しんでいきましょう! さて今回は、 「意外な盲点!座って弾けていたことが、立ったら弾けない!?」 というタイトルを付けました。 どういうことか、よくわからない方もいるかもしれませんね。 実際にもう弾き始めている人は、もしかしたらこの経験があるかもしれません。 「座って弾けていたことが、立ったら弾けない」 それがどういうことを指しているのか、 ざっくりどんな感じなのか説明していきます。 弾き語りを始めて間もない人などは特にそうだと思いますが、 ギターを弾く時ってとりあえず床やイスに座って弾き始めますよね? 机に教則本やスマホなんかを置いて、 手元とそれをチラチラ見比べたりなんかして練習すると思います。 そうやって練習していって、 例えば8小節くらい弾けるようになったとしましょう。 (いくつかのコードチェンジもなんとかできるようになったとします。) まだこの時点ではあまり想像しないことかもしれませんが、 仮に人前で発表する機会がある時は「立って弾き語りをしたい」と 思っている人の場合は、 立った状態でも同じように弾けなくてはいけませんよね? なのでギターストラップを肩にかけて、 同じことを立って弾いてみることにします。 すると、なんだか座って弾く時よりも弾きにくくなることがあるんです。 座って弾いたらできるのに、 立って弾いたらできなくなってしまう。 これは、僕自身の経験でもたくさんあります。 その理由は以下のようなことが考えられます。 ・座りと立ちで、ギターを抱えている高さが変わっている ・ネックの角度(ギターヘッドの位置)も結構変わっている そういったことが変わることによって、 主にどの部分に影響するのか。 それは【手首の角度】です。 もしかすると人によってまちまちかもしれませんが、 僕の経験からすると手首の角度によって押さえづらくなるコードがありました。 もっと言うと、右手のストロークがしんどくなることもありました。 座って弾いている時というのは、 ギターを抱える位置がだいたいみぞおちくらいになりやすいと思います。 太ももにギターを乗せることになるので、おそらくそのあたりかな。 立って弾く時にそれと同じ位置にギターを構えることができていたら、 そこまで大きく弾きにくくなることはないかもしれません。 でも、 ギターの位置が低過ぎるとその差が顕著に現れると思います。 まず、左手でコードを押さえる力の入り方が変わります。 特に、セーハと呼ばれる「人差し指を寝かせて6~1弦を押さえる」という 弦の押させ方をする時にたぶん苦労します。 なかなかセーハできない!なんてことになりがちです。 そして右手に関して。 右手に関して言うと、 座って弾いていた時はおそらく肘も曲がっていて 多少余裕のある感じでギターに添えられていたと思います。 でも、低過ぎる位置にギターを構えていると 肘が伸びてしまって右手の感覚がだいぶ変わってくるはずです。 ちょっと遠くなってしまったなぁ、という印象を持つかもしれません。 これが、 座って弾く時と立って弾く時の主な違いの1つです。 総合的に考えると、他にも感覚的にも物理的にも変化はあるので 座って弾き語りをする時と 立って弾き語りをする時とでは、 全く同じではないのだなという認識を持っていただくと良いかと思います。 ギターを構える位置を決めて、 座っても立ってもあまり大差ない感じにするのが 手っ取り早い気もしますが、 そうなると立ってギターを構えた時に 少し高い位置に構えているなぁという印象になる可能性もあります。 僕は、それでも良いんじゃないかと思ってはいますが、 やはりそこはミュージシャン。 見た目にもある程度は気を遣うと思いますので、 自分が一番カッコ良いと思えるところでギターを構えたいもの。 それはそれでおおいに賛成です。 なので。 座ってたくさん練習した後は、 立った状態でも練習してみてください。 そこで違和感なく演奏できていたら、 座っても立っても問題ないかと思います。 あと、 座りと立ちでは「歌」に関しても多少影響があったりしますので どちらも試してみることをオススメします。 ボイトレも、座ってやることはあまりないと思うので、 立って歌うことが前提にあるように思えます。 いかがでしたでしょうか? 今回はザザザッと書き進めてしまいましたが、 僕の経験もちょっと添えさせていただきました。 どちらが悪いということではなく、 自分がどちらの状態でも弾き語りができるということが 一番の理想だと思いますので 思い出した時にでも、立って弾き語りをしてみてくださいね! 僕は家でずっと座って練習していて、 人前でちょっと弾く時に立って演奏したら だいぶイメージと違う演奏になってしまってショックでした。 なので、そのような切ない気持ちにならないように 事前の想定や準備はぬかりなくやっていきましょう! 今回も、最後までよんでいただきありがとうございました。 それでは、良い夏を過ごしていきましょう!!!! ギター弾き語り Sat, 30 Jun 2018 04:19:58 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 曲の「キー」が高過ぎて歌えない!?そんな時に試してほしいたった1つのこと http://cyta.jp/ghikigatari/b/81563 <br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! ワールドカップ2018、 夜更かしをどんどん深刻化させる強烈な魅力のあるイベントですね。 今日は日本vsポーランドの試合が放送されますから、 きっとまたついつい見ちゃうんだろうな。 さて今回は、 「曲の「キー」が高過ぎて歌えない!?そんな時に試してほしいたった1つのこと」 というタイトルを付けさせていただきました。 好きな曲をカラオケや弾き語りで歌ってみた時に、 「ちょっと曲の音が高過ぎて(あるいは低過ぎて)、声が出ない!」 なんていう経験はありませんか? 僕は声がちょっと低めのか、 好きな曲をそのまま歌おうとすると高音部が相当しんどいです。。。 無理して声を出そうとしても、 いい感じに歌えないですし喉にもあまりよくないですね。 そんな時に一度試してほしいことが1つあります。 それは、 「曲のキーを変えてみる」 ということです。 カラオケだとかなり簡単に試せますし、 やってみると意外と楽しいですよ。 「曲のキーを変えてみる」ということを言い換えると、 「曲全体の音の高さを変えてみる」ということになります。 もっと簡単にイメージしてもらう言葉がありそうですが、 とにもかくにも流れる音の高さを変えることを指しております。 例えばカラオケで、 「AメロとBメロはなんとか歌えるけど、サビが高過ぎて歌えない!」 という、僕の中では超あるある話。 そんな時にはカラオケ機のリモコン(今時はタッチ式のやつですかね)で、 『キーの変更』ボタンを探してください。 そして『♭(フラット)』の方を何回か押してみてください。 そうすると流れてくる音が何もしないときよりも「低く」なっていると思います。 その音に合わせて歌ってもらうと、 高過ぎて歌えなかったサビが多少歌いやすくなると思います。 それに伴って、AメロもBメロもちょっと楽に歌えるようになっているかもしれません。 逆に、 「サビは丁度いいんだけど、Aメロが低過ぎて声が出ない!」 という場合。 そんな時には先ほどと同様にカラオケ機のリモコンで、 『キーの変更』をしましょう。 今度は『♯(シャープ)』の方を何回か押してみてください。 そうすると流れてくる音が何もしないときよりも「高く」なっていると思います。 その音に合わせて歌ってもらうと、 低過ぎて歌えなかったAメロが多少歌いやすくなるかと思います。 それによってサビが高くなり過ぎて歌えないという場合は、 良いバランスのところを探していただくのが良いと思います! こんな風に、 「曲のキーを変えてみる」と、 歌うこと自体がちょっと楽しくなります。 歌える曲が増えますからね! これを弾き語りでやる場合は、ちょっとだけ工夫がいります。 その際に利用できるのが 「カポタスト(通称:カポ)」 というアイテムです。 「カポ」の使い方は、 ギターのネック部分に挟むようにして弦を押さえるように取り付けます。 そうすると、何も付けていない時よりも音が高くなります。 これを利用すると、曲のキーを変える際に便利な場合が多いです。 カポを取り付けて同じコードを弾くだけで、 響きはほぼ同じでも聞こえてくる音は高くなります。 なので、 「キーが低い曲を高くする」場合は、比較的簡単にできます。 逆に、 「キーが高い曲を低くする」場合は、 カポを利用するだけで完結することはできない可能性があります。。 この辺は、少しギターに慣れてきてからの方が理解度が高いと思いますが、 一応簡単に書いておきますね◎ その曲を「カポを付けた状態で弾いてきていた場合」については、 カポの取り付け位置をヘッド側に寄せるか、 取り外して演奏すれば良いだけです。 そうではなく、 「もともとカポを付けてない状態で弾いてきていた場合」については、 『弾くべき全てのコードを置き換えて弾く』必要があります。 例えば、 「D」というコードは、 「C」というコードに置き換えて弾く。 「A」というコードは、 「G」というコードに置き換えて弾く。 という作業が必要になります。 ほんのちょっとだけ理論というか理屈っぽくなってしまいますが、 実際に弾いてみると「そんなもんか◎」と感じてもらえるかと思います。 ひとまずはこの辺にしておきますね。 ただただ読みづらくなってしまう可能性もありますので。。。 なので、 手軽に試せる時に、試せる方法でやってみてください♪ カラオケに遊びに行くことがあれば、ぜひお試し下さい! ここまで書いてきて思いましたが、 「曲のキーを変えてみる」ということって、 もしかしてすでに結構メジャーなことなのかもしれませんね。。 僕は弾き語りをするまで考えたこともなかったので、 それを知った時はけっこう衝撃でした! ので、まだ知らなかったり試したことのない人の為に書かせていただきました! 理想をね、 理想を言えば、ですよ。 原曲のキーのまま歌いきれるようにトレーニングして、 思いのままに歌えることが一番理想的だと思っております。 とは言え、 まずはその曲を今の自分の声で歌いきれるという感覚が欲しいので こういった方法を試してみるのも良いかと思います! そうやって同じ曲でもいくらかキーを変えて歌っていると、 自分に一番しっくり来る高さのキーと出会えることだってあります。 全編通していい感じに歌えたりすることに気付くこともあります。 たぶんそれが、 『今の自分にとっての最適なキー』 に近いんだと思います。 自分の声が一番魅力的に伝わるキーとの出会いは、 歌をうたう上で非常に大きな出会いの1つだと思います。 いかがでしたでしょうか? 途中、ちょっとややこしい話も挟み込んでしまって読みづらかったかもしれませんね。 弾き語りをする時の「キー」については、 レッスンの中で詳しくお伝えするのが一番わかりやすいかと思います。 文字だけでなく、実際に音を聴き比べたり声を出したりした方がだいぶ感じ取れると思います。 僕はボイストレーナーではないですが、 自分の声をよりよくしたいとは常々思っております。 それは歌だけではなく、普段の話し声も同様です。 素敵な声と出会うだけで、耳が喜ぶことを知っているからでしょうか。 僕もそこに憧れていたりします! 自分の声を大切に。 そして、 弾き語りや歌をより楽しいものにしていくためにお試ししていただきたいたった1つのこと。 それは、 「曲のキーを変えてみる」 でした!! 今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます! それでは、また! ギター弾き語り Thu, 28 Jun 2018 15:51:19 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 ★初心者必見★簡単に綺麗な音が出せる2つのコードとその押さえ方 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81533 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/27/46019/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは! 「楽しく続けるギター弾き語り教室」 コーチの安部です! この時期はどうしても曇りや雨が多いですが、 時折現れる晴れた日の空というものはこれでもかってくらい青いですね! 趣味で始めたカメラを持って出掛けたくなっちゃいます! 景色や被写体が素敵なら、 きっとグッと来る写真がとれるはず! という軽い気持ちで始めてみたカメラです. さてさて今回のお話は、 「★初心者必見★簡単に綺麗な音が出せる2つのコードとその押さえ方」 というタイトル通り、ちょっとしたコードのご紹介をしていきます. ギターの弾き語りだけじゃなく、 歌の伴奏に付き物なのが「コード」というもの。 コードというものを別の良い方で言うと、 「音の重なり(和音)」 みたいな感じです。 ギターで表現すると、 「ジャラ〜ン!!」 と弾いているのはほとんどコードだと思っていただいて良いと思います! Cというコードは「ドミソ」だよ。 みたいなことも、どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。 何はともあれ、いくつかの音が重なっているものがコードなんだなという感覚程度で良いと思います! ビジュアル的に言うと、 当時大ブームとなった「だんご三兄弟」を思い浮かべていただければバッチリです! そして今回ご紹介する、 簡単に綺麗な音が出せるコードはこちらの2つ。 ①Aadd9 ②Dadd9 (add9は、アド・ナインスと読みます。ナインスを加える的なニュアンス) ★どちらも押さえる時に使う指は『2本』でOK!!!!! それでは、それぞれ簡単に押さえ方の説明をしていきます! (ギターの押さえ方を文章で説明するとややこしく見えがちですが、大丈夫です!) ------------------- ①Aadd9 の押さえ方 ・中指で4弦の2フレットを押さえます ・薬指で3弦の2フレットを押さえます 以上! 押さえる場所は2つだけ!! たぶん「A」というコードよりも簡単のはず。 ※弾く時は『5弦から1弦を鳴らす』ようにすると、より綺麗に聴こえます ②Dadd9 の押さえ方 ・人指し指で3弦の2フレットを押さえます ・薬指で2弦の3フレットを押さえます 以上! 押さえる場所は2つだけ!! 「D」というコードの押さえる部分を減らしただけ。 ※弾く時は『4弦から1弦を鳴らす』ようにすると、より綺麗に聴こえます ------------------- もしお手元にギターがあったら、ぜひお試し下さい♪ 上手く押さえることができていれば、かなり綺麗な音が鳴るのではないかと思います. 押さえる時に使う指が少ないということは、 僕の中でとってもメリットだと思っていて、 それはシンプル(簡単)だしアコギという楽器は 「弦をなるべく押さえない」 方が伸びやかな音が出ると考えているからです。 なので僕はそういう押さえ方をできるだけ活用しています。 ちなみに、 上記の2つのコードを交互に弾くと それだけで少し曲っぽく聴こえたりもします。 イントロだったりAメロBメロだったり。 どちらも「キラキラ」や「爽やか」という言葉が似合いそうな音だと僕は思います。 (add9というのが付くと、だいぶそういう感じの響きに鳴ります) DEPAPEPEの曲なんかだとよく出てきそうな感じのコードですが、 弾き語りをしているミュージシャンの方もたくさん活用しているコードだと思います。 お好きなアーティストの楽曲にもしっかり使われているのではないかと思いますよ! キラッとした曲を作る時なんかにも使えて便利です。 いい感じの歌がうたえそうな気分にもさせてくれるから、いいのです。 いかがでしたでしょうか? 試してみた方も、そうでない方も。 こんな感じのコードもあることを1つずつ知っていけば ギターを弾くのもより楽しくなるんじゃないでしょうか! 僕自身、ちょっとずつ基本的なコードから弾けるようになっていったのですが こうした少し特徴のあるコードを知って弾けるようになってから、 一気に楽しさが増してきたことを覚えています。 今でも、コード進行やコードの押さえ方の違いによって 新しい感動に出会うこともあります。 知ることは学ぶことでもあり、 新しい楽しみを見つけることにもなるのですね! 次は、弾き語りの「歌」の方に関わることでも書きましょうかね。 現在も引き続き試行錯誤している、歌。 声も「体」という楽器を鳴らして出てくる音だったりするので、 非常に奥が深くて個性があります。 そこについても、無理なく楽しんで磨いていくのがいいと思っています! それではまた、次の記事でお会いしましょう! P.S. ワールドカップの話で恐縮ですが、 アルゼンチンとナイジェリアの試合、グッと来ました! メッシのゴール、とぴっきりのトラップからのシュートでビビりました! ギター弾き語り Wed, 27 Jun 2018 15:11:22 +0900 ギター弾き語り教室::楽しく続けるギター弾き語り教室 安部 真純 コードの数にうんざりしてるあなたへ(笑 http://cyta.jp/ghikigatari/b/81521 <br>ギター練習中のみなさん いろんな練習動画や本、コード表なんかを見て そのコードの多さにうんざりしてませんか? 「こんなに覚えるの・・・?」 って(笑 でも大丈夫! 全部覚えなくてもいいし 実はそんないっぱい覚えなくても沢山の曲は弾けますよ♪ よく使われるコードは決まってるし 一度押さえ方覚えちゃえば 他の曲で出て来ても押さえられるでしょ? んで、知らないコードが出て来たらそこで覚えればいいし。 特にハイコードなんて 同じ形のまま動かすだけでコード名変わります (Fコードの形のまま、人差し指が3フレットに来るポジションに移動するとGコードになります) ローコードはね、いろいろ形変わりますが これも定番がありますんで まずは単純に  Aコード Aマイナーコード Dコード Dマイナーコード みたいな感じで 覚えればいいと思います^^ メジャーセブンスとか マイナーセブンスとか 後でもいいです 何が言いたいかといいますと 弾きたい曲を練習してる時に 出てくるコードを覚えるのは良い事です! が!! コード表の押さえ方全部覚える必要はないですよって事。 定番があると言う事。 「同じAコードでも何でいろいろあるの?」 みたいな事もレッスンで教えてますので (この押さえ方は覚えなくて良いとかも 笑) コードにうんざりしてる方はぜひ体験受けてみて下さいね(笑 それだけでもグッと上達スピード早くなりますよ! ギター弾き語り Wed, 27 Jun 2018 11:14:09 +0900 ギター弾き語り教室::よしひでのギター弾き語り教室 西堂 よしひで