ジャズギター::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのジャズギターの講師がブログを通じて、ジャズギター情報を発信! Robbenfordを観てきました。 http://cyta.jp/jguitar/b/76567 <br>久々の更新です。 昨日、Robben Fordをブルーノートで観て来ました。 彼のギターの音色、タッチ、リズムが好きで、特にここ数年では最もよく聴いているギタリストの一人です。 初めて彼を知ったのは、高校生の頃。 買ったアルバムは確かSuper Naturalというブルージーな歌モノ中心のアルバムでした。 その時の第一印象は、上手いけど地味だなという感じだったと思います。 音色の良さ、心地よさは当時から感じていたのですが、弾きまくったり、燃えるようなわかりやすいフレージングが少ないのが、 ロックが好きな少年からは、物足りなく感じたのでしょう。 しかし、タッチやリズムをより意識してギターに取り組むようになってから改めて聴くと、 そのクオリティーにびっくりしたのです。 具体的には ・リズムがとても正確。 クロック(リズムのポケット)が正確というべきか、0.001秒単位でアジャストできるんじゃないかっていうくらいの精度。 ( 例えば、ストロークやカッティングでは音のピークに当たる高音を基本的にジャストに弾いている。そして、そのストロークが基本的にシャープ=弦を通過するスピードが早く、フォームとしても手首だけではなく、腕全体を使ってかなり大ぶりで弾くことが多い。) ・リズムをジャストに出すだけでなく、フレージングによってレイドバックさせる箇所があって、ニュアンスを豊かにできる。 (例えば、フレーズの語尾を遅れ気味にスライドさせ、タメ、粘りを表現するなど。) ・タッチが正確 弱く弾いている時に弱く弾ける。強く弾きたいときに強く弾ける。 1~10までの数字で強弱を表すとするなら、小数点以下、5.1、5.2といった単位でコントロールができている。 ・音色、タッチのバリエーションがある。 ブリッジ側でピッキングする時、ネック側でピッキングする時、またピックアップのセレクトが適切で幅広い音色の選択がある。 ・左手で細かくピッチを調整している。 特にシングルノートを弾く時に粘りが出るよう、ピッキングした後に微妙にチョーキングしてニュアンスを出している。ブルース系のギタリストにはよく見られるニュアンスの付け方。 ・ソロを組み立てる時のフレーズの組み立て方、ドライブ感のあるリズムの譜割。 ビートが強く感じられつつ、豊かなリズムボキャブラリー、伸びやかな大きな感覚で歌心があるソロが組み立てられること。 ロベンフォードの良さと言えば、フレージングの音の選び方などや機材のセレクトなど色々と挙げられると思うのですが、僕にとっては上記のポイントが特に参考にしたいところでした。 そして、実際にライブを観に行って、上記のポイントに加え、さらに強く感じるところがありました。 それは ・演奏者、表現者として強い姿勢があること。 何よりも、自身の音楽に対する芯の強さ、自信を強く感じました。 このあたりは、経験値の違いからくるベテランの説得力といったオーラですよね。 まずはそこが印象に残っています。 ・ピッチの良さ。 ギターはギブソンのゴールドトップのレスポールのみを使用していたのですが、 ギブソンのギターから感じるピッチの甘さを感じさせない演奏でした。 チョーキングやビブラートの精度もありますが、上記のポイントで書いたような、左手による微妙なピッチニュアンスのコントロールも要因としてあるのでしょう。 ・リズムに対する感じ方 確か6/8の曲だったと思うのですが、割とテンポが早いのに、ロベンは小刻みに足を刻んでいました。 そこから察するに、やはり細かくビートをタイトに感じるよう意識しているのではないかと思います。 ですが、決してフレージングは小さく窮屈なものになりません。 音価は(音の長さ)たっぷりととって、伸びやかさを感じます。 「ビートを細かくタイトにも感じつつ、大きい拍、大きい小節でも感じる。」 自分自身がそうありたいと思っているタイム感覚が何気ない動作にも垣間見れた気がします。 ・機材について 実は機材に関してはそこまで気にしてないので、エフェクターなどの足元についてはステージをのぞいてチェックしていません。興味がないというよりは、ネットで検索すれば、簡単に情報が出てきますし、音色のファクターとしては、上記のようなリズム、タッチの方が大きいと感じているためです。 それでも自分なりに「ピンとくる」機材の特徴がありました。 それはマーシャルの4×12のキャビネットを使っていたことです。 この日はおそらくダンブルのヘッドアンプだと思うのですが、マーシャルの4×12のキャビネットを使っているところにロベンのこだわりを感じました。 普段彼のライブの動画でよく見かけるFenderのSuper Reverbも4×10のキャビネットで、低域ががかなり出るのです。 低域のレンジ感が広く、ドシッとしたしっかりとした低域、音圧が出るアンプを好んでセレクトしてるのではないか、と思いました。 (僕自身でもレコーディングする時には低域をしっかりと収録したいケースが多いので、小さいキャビネットのアンプ、出力が小さいアンプを好んで使うケースは少なく、そういった自分の経験からも何となく推測してしまいました。 ・音量が小さい時の表現が特に素晴らしい。 個人的にハイライトの瞬間はバンドの音量が小さくなった時のギタープレイでした。 素晴らしい音色、タッチのバリエーション、小さい音量でも絶妙にコントロールされたグルーブ、だんだんと熱く盛り上がるプレイはかなりグッときました。 他にも共演者のプレイヤーについてなど、書いておきたいことはあるのですが、 キリがないので、このくらいにしておきたいと思います。 今回ライブで感じた良いイメージを自身の練習に落とし込みつつ、 彼がどこかのインタビューで答えていた良い演奏をするためのヒント、 「沢山音楽を聴いて、沢山演奏をする。そして最大限集中すること。」 を心がけていきたいですね。 私的な忘備録を兼ねた内容になっているので、個人的主観が強く、参考にならないかと思いますが、 ロベンフォードを知らない方、是非一度聴いてみてください。 ジャズギター Wed, 15 Nov 2017 15:48:55 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 夏の終わり http://cyta.jp/jguitar/b/75120 <br>久々の更新となってしまいました。 夏ももう終わり、、、 セミの鳴き声もほとんど味わうこともないまま、気がついたら秋です。 良い音楽が作りたい。 良いギターが弾けるようになりたい。 ていうシンプルな欲求のまま、より強く生きていきたいと思います。 ※リリース情報、ライブなど覚えているものを綴ります。 8/23 日本クラウンより発売のシングル  演歌/歌謡曲 小林薪示 「みやまの川よ」「恋物語」「愛の嵐..おまえ」 全三曲の編曲、ギターを担当しています。 ※参加ミュージシャンについて M1〜M3、Trumpet:野口勇介Chorus:大見麻華M.3Bass:齋藤勇二 M1〜M3 :田村雄太Arrange、Guitar、Programing、Other Instruments  ムード歌謡から、ジャズテイストの歌謡曲までありますので、是非、チェックしてみてください。 8/12はぷらそにか一周年記念ライブにて、7人の若手SSWのバックバンドのギターを担当しました。 https://mixch.tv/u/7524284 TOKYOCITYBEATS2021 ドラムラインとホーンセクションの大所帯バンド、TCB2021のレコーディングがあったり。(私はアレンジャーです。) https://www.tokyocitybeats2021.com/ その他、ずっとギター演奏を担当している声優事務所ASlinkprojectのイベント、ふるこねくとのCDのギターを録音したり。 http://asl-p.com/ その他、シンガーのサポートライブ、ジャズセッションライブをしたりと、夏らしくはないですが、楽しく毎日を過ごすことができました。 ギターレッスンも頑張っていまして、新人アーティストのレッスン、また一般の方々、趣味orプロを目指している方々のレッスンも楽しくさせていただいています。 以上、とりとめもないですが、とにかく気合い入れて頑張るぞ!ということで、よろしくお願い致します。 ジャズギター Mon, 04 Sep 2017 23:01:32 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 アレンジを担当しているバンドを見にって来ました。 http://cyta.jp/jguitar/b/73734 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/6/28/39470/120.jpg" alt="" /><br>Tokyo City Beats 2021 ​​​​​​​ 僕がアレンジを担当しているマーチングスタイルのブラスも入ったバンドです。 先日の六本木morph tokyoでの初お披露目のライブを見に行って来ました。 メンバーの皆さんがエンタメ精神を持ってパフォーマンスをしていて、自然と体が動き出してしまうような素晴らしいライブだったと思います。 僕はギタリストなので、演奏には参加しておらず、 あくまで根幹のアレンジのみ担当させていただいているのですが、バンドによって深化している部分があって、改めて勉強になっています。 これから頻繁に出演していくと思いますので、見かけた際は是非、応援してください。 ジャズギター Wed, 28 Jun 2017 13:50:07 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 動画収録 http://cyta.jp/jguitar/b/73137 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/6/1/38970/120.jpg" alt="" /><br>先日、僕が参加しているバンド、ventoで動画収録を某ライブハウスでしてきました。 「いっせーのせ!」で、バンド一発録音だったので、ミスをするとそのままになってしまいます。 プレイバックを聞いていないので、上手くいっているかどうかは後日のお楽しみということで。 写真はギター弾いている姿がロックな雰囲気になっていますが、内容はそこまでロックじゃありません。(笑) 半分の楽曲はインストのバンドなので、ギターソロも多めで楽しいバンドです。 今年はこのventoもしっかりと進めていきたいですね。 ※体験レッスンも随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。 ジャズギター Thu, 01 Jun 2017 21:54:27 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 千葉テレビ放送のニュース番組「首都圏経済人」のオープニング、エンディング音楽のギターを担当。 http://cyta.jp/jguitar/b/72523 <br>こんばんは! 久々の更新になってしまいました、、 4月はアレンジの曲数も多く、レコーディング、仕上げ時期がライブと重なり、なかなか厳しい状態ですが、なんとか山を越えました。 さて、だいぶ時間が経ってからの告知になるのですが、 千葉テレビ放送のニュース番組「首都圏経済人」のオープニング、エンディング音楽のギターを担当させていただきました。 割とハードなエレクトリックギターを弾いています。 音楽担当は元東京60wattsのギタリスト、佃太郎さんです。 太郎さんが素晴らしいギタリストなので、頼まれた時には緊張しました。 もっとビシッと仕事ができるギタリストになれるよう精進します。 ※GW中もレッスンを承っております。 お気軽にお問い合わせくださいませ。 ジャズギター Tue, 02 May 2017 22:26:45 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ジャズギターをやる覚悟! http://cyta.jp/jguitar/b/72141 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/4/15/38220/120.jpg" alt="" /><br>今日もいろんな生徒がワタシのレッスンルームを訪れた。 栃木のこんな場所でさえ真剣にギターを習いたいと志し 熱心にワタシのレクチャーに通い、時に忙しく時に世知辛い日常の中でさえいつも音楽、ギターと向き合う姿勢を 忘れずに生きている生徒達に毎回のようにエネルギーをもらうね。(^_-)-☆ ここ最近はYouTubeにUPしたワタシ動画を見て入会してくる生徒が増えてきたのがとっても嬉しい。 そしてその動画の影響でJazzをやってみたいと志願する生徒も増えてきてますます意気揚々な昨今なのだが、 ロック、ブルースを弾くような割とEASYな気持ちでJazzに入ってゆくと間違いなく挫折する。 今までも何十人もJazzにTRYしたいと願う傍ら、わずか12小節のJazzblues、たとえばウオーキングベースを 取り入れたコード進行をプレイするところで「先生、すいませんもうアタマがいっぱいでもうこれ以上憶えられません・・・・((+_+))・・・」 と中途リタイアした生徒はかなり多い。 何が大変か?と問うまでもなく返ってきた言葉は、まさかコード進行に沿ってひとつひとつコードトーンを意識して プレイすること、や様々なスケールを効率よく使って、ツーファイヴやオルタードのいわゆるJazz語をそこに取り 入れてプレイするなんて・・・・ ロックのようにペンタトニック、メジャー、マイナーだけであとはクロマチック(半音階)を混ぜてテキトーに弾けば なんとか弾けるものだと思っていました・・・・・(泣) keyもロックやブルースのようにEやAが主体というわけには当然ゆかない。 いやそれどころかFだのE♭、D♭、B♭・・・といったSAX主体、いわゆるギタリスト泣かせのkeyが連発して しかも歌い手や弾き手、表現者の意向で毎回同じkeyで、というのもない。 プラス転調、転調、また転調・・・・ ひとつのスケールだけで対処出来るわけもなく、ましてや常にコード感を意識しながら・・・・の プレイをするためのコードトーンを拾っていたら、もうそれだけで莫大な練習時間を必要とする。 しかもそれらがSAXのように理想はスケールライクにならずにギクシャクせずあくまで“自然に歌っているよう に・・・”だなんてマジで気が遠くなりそうなお話なのだが・・・・ ワタシは素直に、「いやあ、脅かすわけではありませんが、Jazzの手法をもって本当にいいプレイをしたい!と 思うなら、長~~~い目で、ざっとン十年は覚悟してやりましょうね!それなりの勇気と覚悟は必要です(笑)」 と自身の経験から、そう言っているよ。 今日いろんな場所でJazzのLIVEやセッションなどが行われているが、そこで演奏されるJazzのSTANDARDは ゆうに100~200曲に及ぶ。 みんなが知っているような、定番だけを常に同じkeyでというのでさえ、かっこよくアドリヴを取るのは大変なこと なのだが時に、keyは変わるは、リズムアレンジは変わるは、テンポは変わるは。。。。 でより多くのSTANDARDをいい感じで弾けるように・・・・ なんて思ったが最後、、、(@_@) もう遊んだり、お酒を飲んだりしている時間はほぼなくなり・・・・ ふぅ~~~(~o~) 決して楽にはゆかない道のり(@_@)・・・でもだから楽しいんだ! と思うことが出来たらきっと将来は素晴らしいギタリストになれますよ。(^_-)-☆ ジャズギター Sat, 15 Apr 2017 17:48:46 +0900 ジャズギター教室::風雅あきらのジャズギター教室 風雅 あきら 裏拍に気をつけて練習しよう。 http://cyta.jp/jguitar/b/71768 <br>こんにちは! 春なのにまだまだ寒い日が続きますね。 今日はリズムについてお話しします。 ジャズの初心者の方にレッスンをしていると、シンコペーションのリズムが苦手という方がいらっしゃいます。 Billie's bounceなどテーマを練習していても、リズムがずれていってしまう、、、 特にジャズは裏拍にアクセントがくるようなフレーズが多いですから、きちんと裏拍を感じる必要があります。 裏拍があまり得意でない人は、フレーズのアクセントに惑わせれて、裏拍の部分を表拍として感じてしまうようです。 (体の動きを見ていても、ビートではなくフレーズのアクセントに合わせて頭を振ったりしまっているようです。) 解決する練習方法は、足でカウントしながらゆっくり弾くこと。 しかし、自身できちんとカウントできているか客観的に判断しないといけませんので、 録音または動画を録りながら練習をしましょう。 それでもつまずいてしまう場合は、手でタップ(カウント)しながら歌いましょう。 歌えないフレーズはギターで弾いても弾くことはできません。 きちんとリズムを整理して覚える必要があります。 日本人はビートからリズムを感じるより、フレーズにあわせてリズムを感じてしまう傾向があると聞いたことがあります。 裏拍をしっかりしたリズムで弾けるよう、きちんとカウントしながら正しいリズムの習得を意識してください。 ジャズギター Thu, 30 Mar 2017 14:39:04 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 アドリブのためのスケールの練習方法(中級者以上向け) http://cyta.jp/jguitar/b/71158 <br>こんばんは! 少しずつ暖かくなっている毎日ですね。 今日はアドリブ演奏に必要なスケールの練習方法について、お話しします。 アドリブ演奏に必要だと言われているスケールですが、 指の形だけで覚えてしまっている人が割と多いようです。 B♭メジャースケールは5弦1フレット、5弦3フレット、5弦5フレット、、→人差し指、中指、小指、、 という指づかいだけで覚えてもあまり使えるようにはなりません。 速弾きのフレーズなど一塊のフレーズ(リック)として覚えるなら、とりあえずそのような覚え方でもなんとか使えるようになると思うのですが、大切なのは指使いだけではなく、1音1音の音程とポジションを一致して覚えることです。 アドリブ演奏で目指していることはただのフレーズの羅列ではなく、自分がイメージした音をギターに歌わせることだと思うので、しっかりと音程を認識する必要があります。 ですので、度数(音程)で覚えることをお勧めします。 つまり、 5弦1フレット→key=B♭MajorにおけるRの音 5弦3フレット→key=B♭MajorにおけるM2ndの音 5弦5フレット→key=B♭MajorにおけるM3rdの音 といった内容をしっかりと認識し、音感が身につくよう歌いながらポジションを覚えましょう。 これはスケール練習に限ったことではないのですが、すべてのポジションで度数(音程)を把握していることはとても役に立ちます。 (ジミヘンドリックスやウェスモンメゴリーが度数という理論的な認識がなかったとしても、音程とポジションは一致していると思います。) そのような認識を持たないで、ただスケールを上がったり、下がったり、速く弾いてもアドリブのための練習とはあまり言えず、ただの運指練習という内容になってしまいます。 実際にアドリブソロをとる場面で、「key=B♭だからB♭メジャースケールの指使いで弾ける」という認識だけだと、音楽的にはなりづらいはずです。 そもそも「B♭メジャースケールだけ弾いておけば、音を外さないから大丈夫!」ってある意味、雑な考え方とも言えて、アドリブで歌心を大切にするには、もっと1音1音の音程をしっかりと認識しておく必要がある訳です。 (※以上の理由から、実は僕のアドリブレッスンでは、そこまでスケール練習にプライオリティを置いていません。「アドリブをとるためのスケール百選(仮)」なんていうような教則本も使うことはありません。) アドリブを取るためには音程(度数)を意識してスケール練習をしましょう。 ジャズギター Wed, 08 Mar 2017 21:37:09 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 3/11(土)恵比寿でjazz、Soul系のTrio LIVEします。 http://cyta.jp/jguitar/b/71046 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/3/4/37466/120.jpg" alt="" /><br>ライブのお知らせです。(いつも気まぐれな告知ですが、、) 3/11(土)恵比寿 Voicesにて、jazz、Soulな感じのTrio LIVEします。 ショートタイムでの演奏を複数回ゆるりとやる方向です。 投銭(チップ)制ですので、お気軽にお立ち寄りください。 恵比寿駅から徒歩5分のオシャレで、とても居心地の良いBarです。 ■ 2017/3/11(土) Open 19:00〜 Start 20:00〜 Charge 投銭(チップ制) BAR Voices 渋谷区東3-12-12祐ビルBF (各線恵比寿駅より徒歩5分) 03-6427-4854 19:00~03:00 日曜祝日定休 Sax:荒川将司 Gt.:田村雄太 Perc:根布谷”Nello”光輝 https://www.facebook.com/bar.voices.ayato/ この編成だと、ベースとコードとメロディーを担当するので、ギタリストとしてはチャレンジングです。 お時間ある方、是非、お待ちしております。 ※春に向けての体験レッスンも募集しております。 お気軽にお問い合わせください。 ジャズギター Sat, 04 Mar 2017 15:58:02 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ラジオ出演情報 http://cyta.jp/jguitar/b/70948 <br>新年明けてからも、ライブや音楽制作、レッスンとひたすら打ち込んでいたら、気づいたら2月も終わり、、、 あまりにも時が経つのが早くて愕然とします。 確定申告や締切仕事から逃れるために、ギターを弾き過ぎて、自業自得の綱渡りなスケジュールになるというパターン、、、今年はしっかり脱出したいですね。 さて、声優のはるかひとみさんがパーソナリティを務める、楽天のwebラジオに僕がゲストで参加してきました。 ギターの話、初心者向けのレッスンの話もしているので、もしタイミングがあえば聴いていただけたらと思います。 それよりもやたらとスリランカカレーを推していますが(笑) ----------------- 「はるかひとみのふるこねくと!ちゃんねる」 第40回 Rakuten.FM hyperspots内 20:30-21:00   2/27~3/5まではゲスト回! ふるこねくと!のギターを弾きまくってくれています、ギタリストの田村雄太さん! お楽しみに!<img src="/p/common/emoji/f6d4.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>︎ http://rakuten.fm/station/hyperspots2015?l-id=hyperspots2015_TOP_panel_14 ---------------- 春休みに向けて、ギターが上手になりたい方、体験レッスンをお待ちしています! ジャズギター Tue, 28 Feb 2017 23:26:43 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 新年明けましておめでとうございます。 http://cyta.jp/jguitar/b/69386 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/1/2/36258/120.jpg" alt="" /><br>新年明けましておめでとうございます。 昨年12月からライブ8本、ギターレコーディング2本、編曲1本、レッスンとたて込んでしまって、ずっと仕事している状態です。 元旦は六本木でライブを終えた後、実家に帰りましたが、2日から明日の収録、リハーサルの準備と追われています。 忙しい自慢はさておき(笑) 今年も音楽家として、ギターの講師として精一杯頑張っていきたいと思っています。 年始からレッスンも承っております。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 ※写真は年末のレコーディングスタジオにて業務終了後に 。 ジャズギター Mon, 02 Jan 2017 15:22:25 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 インストライブ http://cyta.jp/jguitar/b/68547 <br>昨日は蓮根のatticというお店で、ベースの西島健司氏とデュオで演奏しました。 ソウル、ファンク、ポップス、ときどきジャズといった感じで、 とても楽しく演奏させていただきました。 パットメセニーやアースウインド&ファイヤー、ビートルズ、ジョージベンソンといった幅の広さで演奏できることがとても心地よくて、また近うちに2回目もやりたいなと思っています。 今度はスティングとか出来なかったジャミロクワイも交えて。 さて次のインストライブはこちらです。 2016/12/9(金)Trio LIVE at 恵比寿 Voices 12/9(金)恵比寿 Voicesにて、Trio LIVEします。 ショートでの演奏を複数回ゆるりとやる方向です。 投銭制ですので、お気軽にお立ち寄りください。 恵比寿駅から徒歩5分のオシャレで、とても居心地の良いBarです。 皆様のお越しをお待ちしております。 ■ 2016/12/9(金) Open 19:00 Start 20:00〜 Charge 投銭 BAR Voices 渋谷区東3-12-12祐ビルBF (各線恵比寿駅より徒歩5分) 03-6427-4854 19:00~03:00 日曜祝日定 Sax & Vo. 荒川将司 Guit. 田村雄太 Percuss. 根布谷"Nello"光輝 https://www.facebook.com/events/173211312701110 ※体験レッスンもお待ちしております。 どうぞよろしくお願い致します! ジャズギター Sun, 04 Dec 2016 18:33:50 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ジャズ、ソウル小編成ライブ http://cyta.jp/jguitar/b/68161 <br>おはようございます。 寒い日が続きますね。 一昨日は練馬のJazz Bar "Old fashioned" (オールドファッション) 荒川将司 Gt.:田村雄太 Key.:菊池剛のトリオでジャズ、ソウルを演奏してきました。 いつものように素晴らしい音響で演奏させていただきました。 今夜はコレ↓です。 11月22日(火)Jazzin' Soul "DUO" LIVE sax.vo.の荒川将司との投銭制DUOライヴ。 Start 1st. 20:00〜/2nd. 21:15〜 渋谷Bar "subterraneans" https://www.facebook.com/events/1831446183802278/ 投銭制=チップ制なのでお気軽にお越し下さい! ※体験レッスン承っております。 お気軽にご相談ください。 ジャズギター Tue, 22 Nov 2016 07:23:04 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 11/23発売、シングル(演歌、歌謡曲)聖川真央「愛を信じ」の編曲とギターを担当しています。 http://cyta.jp/jguitar/b/68049 <br>告知です。 11/23日本クラウンより発売予定のシングル、聖川真央「おまえと生きる/愛を信じ」のB面「愛を信じ」の編曲とギターを担当しています。 Sax.は荒川将司さん、Bassは齋藤勇二さんです。 http://crowntokuma-shop.com/products/detail/CTM00009GJ ※体験レッスンを承っております。 お気軽にご相談ください。 ジャズギター Thu, 17 Nov 2016 23:13:24 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ラジオ情報(オンエア楽曲のギターを担当しています。) http://cyta.jp/jguitar/b/67956 <br>自分がギターを弾いている楽曲のラジオオンエア情報です。 いつもお世話になっているトラックメイカーの永井重行さんが作編曲を担当した 平岡かなみさんの1st single 「MY HAPPY ROAD」 でギターを担当しています。 11/11(金) FMうらやす 毎週(金曜日) 19:00~ 【 かなみんの~Happy Strawberry Road~】 番組内で聞けるそうです。 あともう一つ、 いつもサポートしているシンガー橋口智紀君のラジオの楽曲「ふるさとに」でもアコースティックギター一本で伴奏を担当しています。 【楽天FM Jazzin' Soul】 #62橋口智紀 11/7(月)〜 23:00~ 】 http://rakuten.fm  →【hyper spots Entertainment channel】 レコーディングしてしばらく経つと、どんな演奏をしたのか、覚えてないことがあるので、 僕自身、チェックしたりすると「お〜、そんなこと弾いていたんだ!」とビックリすることがあります。 過去の自分を超えて、より良い演奏が録音できるよう、頑張ります。 ※体験レッスンを承っております。 お気軽にご相談ください。 ジャズギター Tue, 15 Nov 2016 00:39:06 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 最近お気に入りのエフェクター ROCKETT PEDALS/ANIMAL OD  http://cyta.jp/jguitar/b/67907 <br>こんにちは! もう今年も11月半ば、、、今年も残り少しですね。 気持ちを入れ直して、頑張って行きたいと思います! 今日は自分が使っているエフェクターの紹介を。 ROCKETT PEDALS/ANIMAL OD アニマルオーバードライブ【ロケットペダル】 を最近、気に入って使っています。 マーシャル系の歪みでレンジも広く、バイト感があってロックできます。 ブリティッシュではなく、アメリカンな乾いた音がします。 1968年のプレキシサウンドを目指したドライブ・ ペダルと説明されているのですが、 SNARLというスイッチを入れると中域が出てさらに歪む感じです。 初期のEddie Van Halen的ないわゆるブラウンサウンドに近くなる感じでしょうか。 歪みの幅も広いので、浅く掛ければ、食いつき感のあるクランチサウンド、クリアーなコード感も狙えます。 先日、テンションが入っているコードを歪んだ音で弾かなければいけないレコーディングがあったのですが、すんなりとこなしてくれました。 以上、もし楽器屋などで見かけたら、試してみてください。 アメリカンなオーバードライブの紹介でした〜。 ※体験レッスン、11月中も承っております。 お気軽にご相談ください! ジャズギター Sun, 13 Nov 2016 16:43:23 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ジャズギター ローランドのJC-120(ジャズコーラス)を使う際の、音色についてアドバイス 実例 http://cyta.jp/jguitar/b/67803 <br>生徒さんが「ローランドのJC-120(ジャズコーラス)」で演奏していた音を聴いて、 ジャズギターとしての音色のアドバイスをさせていただきました。 レッスンのアドバイスの実例として紹介します。 以下、生徒さん(Aさん)へのメッセージです。 --------------------------------------- 音色については好みがあるので、決して一概にはいえないのですが、 Aさんのセッティングが若干トレブリーで固いかなと感じました。(あくまでもジャズギターとしてですが。) ローランドのJCは基本的にトランジスタなので音が固いため、ジャズギターの音色としては少し工夫が必要です。 以前、アンプワークショップという生徒さん向けの内容でやったのですが、 結局JC対策としては 「Middleを思い切って上げる。」 「ブースターを使う。」 「トーンを絞る」 という選択肢が上げられると思います。 特にブースターを使うことを一度、試してもらいたいです。 実はウェスとかも音は歪んでいますよね。(アンプのナチュラルなオーバードライブですが) ほんの少しだけ歪ませると、チューブアンプっぽくなるので音色に艶が出るし、温かい音がします。 お気に入りのブースターがあると、セッションなどでどんなアンプを使用するかわからない場合でも、補正が効くので便利です。 あとはリバーブを少し足してみても良いかもしれません。 コンテンポラリー系はディレイも使ったりします。 そして何よりも、右手と左手です。 右手のピッキングに柔らかさ、しなりが十分にあるか、指弾きの場合、特に弦を引っ張り上げるようなかたちになっていないか。(場合によってはバチッと弾くのもアリですが) 左手で押弦している時間(=サスティン)が十分にあるのか、 再考してみると良いかもしれません。 ギターは音を長く押えるのが難しい楽器で、上手な人は押えている時間が長いです。 そのようなことを踏まえて、良い音がでるよう、一度じっくりとスタジオでローランドのJC120をいじってみてください。 ------------------------------------------------ 以上のように、レッスンでは生徒さんから様々なご相談をいただいたりしながら、フィードバックを丁寧にしております。 お気軽にご相談ください! ジャズギター Thu, 10 Nov 2016 13:48:07 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 「何でもあり、初心者の方もウェルカム!」セッション会 http://cyta.jp/jguitar/b/67681 <br>ブルース、ファンク、ポップス、ジャズを中心に以下の曲を今回は演奏しました。 Autumn leaves The girl from Ipanema Wave The chicken Isn't she lovely? Feel like makin' love Bag's Groove Billie's bounce Fly me to the moon Cissy strut Stand by me Let it be Just the two of us Take the A train A blues The days of wine and roses So what Miss ann's tempo ホストバンドとして ベース、ドラムス、キーボードを用意しまして、 参加者は合わせると20名程度。 まだセッションが不慣れな方も勇気を持って参加していただいたり、ベテランの方がビシっと決めたりと、傍らから観戦していても、とても良かったと思います。 また、1954年製のゴールドトップのレスポールを持ってきたり、バイオリニストの方も参加していただいたりと、楽器的にも色々と見所が多かったと思います。 僕の仕切りは反省することが多々ありますが、(ホストバンドの演奏が時間オーバーでできませんでした、、、苦笑) できる限り、このような場を提供できるよう継続していきたいと思います。 ジャズギター Sat, 05 Nov 2016 21:18:26 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ギター講師として謙虚に、誠実に生徒さんと関係を築くこと。 http://cyta.jp/jguitar/b/67369 <br>一昨日は、この一年間、サポートをしているシンガー、橋口智紀君のライブでした。 音楽性もですが、何より彼の誠実な人柄に感化され、 ミニアルバムもサウンドプロデュース、アレンジャ−という形で携わらせてもらい、 親密に関わらせてもらっています。 歌が大好きだけど、音楽の専門的な技術はほとんどわからない状態で、 長崎から上京してきた、智紀君。 ストリートライブをほぼ毎日のように重ねて、 一昨日のライブでは、ピアノの弾き語りまで、披露するようになっていました。 彼の成長ぶりを見ると、自分ももっと謙虚に頑張らないといけないな、と痛感します。 彼にはこれからもっと色々な人に自身の音楽を聴いてもらえるように、成功してもらいたいです。 ギターを教える立場としても、謙虚に自分自身を見つめ、誠実に生徒さんとの関係を構築できるよう、気持ちを新たにしていきたいと思います。 ジャズギター Mon, 24 Oct 2016 15:41:08 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義 ジャズ、ソウル、R&Bなどで取り上げた曲 http://cyta.jp/jguitar/b/67173 <br>【ジャズスタンダード】 「枯葉」「酒とバラの日々」「Billie's Bounce」「Round midnight」「Oleo」 「Donna Lee」「There will never be another you」「朝日のように爽やかに」 「On green dolphin street」「In a sentimental mood」「Blue bossa」 「Recorder me」「Isfahan」「Nearness of you」「Old folks」「Autumn in New york」「Smile」「いそしぎ」「Nuages」「Body & soul」 「Summer time」「Doxy」「Monk's Dream」「Misty」 「My one and only love」「All of me」「All the things you are」「It could happen to you」「星影のステラ」「Moanin'」「four on six」「Some day my prince will come」「I'll close my eyes」「Caravan」「Now's on time」「Summer time」「Fly me to the moon」「so what」「My funny valentine」「チュニジアの夜」」「Solar」「Unit 7」」「Just friends」「Moon river」「Triste」「夜は千の目をもつ」「Blue in green」「イパネマの娘」「Wave」「corcovado」 「サテンドール」「Moanin'」「A列車でいこう」「Miss Ann's tempo」「I love you」「Waltz for debby」「My favorite things」「スイングしなきゃ意味がない」 【ソウル、ファンク フュージョン スタンダード】 「loving you」「What's going on」(アコースティックギター) 「Sunny」「sir duke」「Feel like makin' love」「Isn't she lovely?」 「Freedom jazz dance」「Water Melonman」「Butterfly」 「Can't Hide Love」「Brown Sugar」 「cantaloupe island」「superstition」「Cissy strut」「Spain」「Free」 「The chicken」「Just the to of us」(ex.gt.solo Robben ford) 「Some skunk funk」 「Vonetta」(Earl Klugh) 【ソロ・ギター(アコースティックギター)】 Elton john「yoursong」井上陽水「少年時代」 「 we are all alone」 「Alfie」 スピッツ「シロクマ」 他にも多数、楽曲を扱っております。 レッスンでは基本的にリクエスト曲を課題曲としています。 楽譜がない場合も、譜面に起こしてレッスンを行っています。(状況次第、お時間いただきます。) ※J-pop、洋楽の取り扱い楽曲例はエレキギタースクール、またはアコースティックギタースクールのブログをご参照ください。 この機会に是非、体験レッスンを受けてみてください! ジャズギター Mon, 17 Oct 2016 02:26:41 +0900 ジャズギター教室::ビタミンジャズギタースクール 三田村 和義