カメラ::Cyta.jp https://cyta.jp Cyta.jpのカメラの講師がブログを通じて、カメラ情報を発信! 写真の上達74 「風景写真撮影の時間帯と光」 https://cyta.jp/camera/b/93964 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/12/4/55745/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/12/4/55746/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/12/4/55747/120.jpg" alt="" /><br>久振りのブログの投稿です。 写真の上達74回目は「風景写真撮影の時間帯と光」 です。 私の知人の山岳写真家は、山に入っての撮影は日の出る寸前から 日の出まで、撮影は約40分で終了、昼間の撮影は仕事での クライアントの要望以外はめったに行いません。 昼間は山小屋でビールを飲みながら音楽と読書です。 ようやっと夕方近くになり、外に出て撮影を再開します。 なぜ、このような時間帯で撮影するのかですが 風景撮影にあたって、光がbestの状態になるからです。 朝方、夕方は太陽が低い状態で斜光、逆光とより立体感 奥行感の表現ができるからです。 皆さんも是非撮影旅行の時は、朝早く起床、朝方の風景を 狙ってみてください。 夕方の撮影も忘れずに。 きっと普段得られないような立体感あふれる風景が撮影できます。 参考に先月撮影した朝方の宮古島の風景を掲載しておきます。 カメラ Wed, 04 Dec 2019 22:49:29 +0900 カメラ教室::ヨコヤマ写真スクール 横山 明 仕事も楽しく笑顔で楽チン!? https://cyta.jp/camera/b/93960 <br>いやぁ〜・・・ いつの間にか11月も終わって、12月・・・ 一人浦島状態・・・ 皆さん!撮ってますか! 久々のブログです。 期待してた方が、すみません・・・ 七五三シーズン真っ只中で、痩せないですけど走りまくってました! そんなトップシーズンだった11月に七五三だけでなく成人式の前撮りなんかも撮影してたんです。 お宮参りの撮影をしたお客様のご親戚から有難い事に撮影のご依頼を頂きました。 それが、お宮参りで撮影したお寺のお嬢様だったのでビックリ!? 撮影場所が、お寺の境内となりました〜・・・ もうロケーションが楽しくて、お嬢様とキャッキャ言いながらご希望を聞きつつ撮影〜 お嬢様もノリノリで楽しく撮影ができました♪ <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita134.jpg" width="100%"> 実は、ノリノリになる事でメリットになる事が多いのです。 色々とポージングなどを提案する時には、良く聞いてもらえます。 お客様から、どんな風に撮って欲しいのか? と お客様へ、こんな風に撮って見ましょうか? など、要望を聞いたり伝えたりした時に出来るだけの意思の疎通が大事なので、スムーズに撮影も進行して行きます。 やはり、一番はお互いに「楽ができる」につきます。 無理して、ア〜でもない、こ〜でも無いと時間と疲労が重なるだけなので 楽しく楽チンにできる様にいつも心掛けてるんです♪ カメラ Wed, 04 Dec 2019 16:58:44 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 12月10日 https://cyta.jp/camera/b/93906 <br>モデルさんを使ったレッスンをやります 通常レッスンや体験レッスン宜しくお願いします 撮影地(レッスン場所)は現在探してます モデルさんのギャラは30分¥2000で実費お願いします 舞台系の女優さんです カメラ Sun, 01 Dec 2019 09:10:44 +0900 カメラ教室::写真塾 KEN 何か忙しいぃ〜ゾォ〜と言う時こそ『良く観る』 https://cyta.jp/camera/b/92987 <br>めっきり、秋の涼しい季節になりました。 紅葉まで、秒読みですね〜 撮ってますか!? お仕事忙しく(ブログも久々ですみません)、中々撮影にいけない今日この頃ですが 忙しい中でも、1分・1秒でも『良く観る』を忘れないようにします。 続ける事で、素敵な出会いにも巡り会えるからです。 先日、撮影現場からの帰り 国道の渋滞(排ガスが・・・)が酷かったので、たまには少し遠回りだけど のんびり道で帰ろうと脇にそれました。 とは言っても田畑の広がるところですが、ところどころ大きな工場が並んでたりもする府道を走ると、寂れた神社と誰もいない小さな公園の横を走ります。 そうすると、真っ赤なシーンが目に入る・・・ <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita133.jpg" width="100%"> ゆっくり安全運転で走ると、『良く観る』がし易いんです。 安全運転にも実は繋がるんですが、それにしても見事な彼岸花ゾーン・・・ ゆっくり転回して、小さな公園をお散歩しながら、彼岸花畑を独り占め・・・ もちろん、寂れた小さな神社が隣接するので挨拶がてらにご参拝 素敵な「赤」を見せてくれてありがとうでした♪ カメラ Wed, 09 Oct 2019 10:45:16 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 気がつけば夏が終わってた・・・ https://cyta.jp/camera/b/92572 <br>皆さん! 溶けてませんか? いや、違う・・・ 撮ってますか!? 昨年と違って、今年の夏は生徒さんが頑張ってレッスンを希望されたので、僕も負けじと仕事の合間を使って、頑張ってコーチしてました! 夜ロケや京都ロケ、または涼しいカフェでのじっくり写真編集レッスンと様々なレッスンで、生徒の皆さんもステップアップしようと言う頑張りが目に見えて嬉しい限りです! そんな忙しい夏を過ごしていたら、花火!・・・・ そう、様々な大きな花火大会に行けず・・・途方にくれてたら まさかの地元でちょこっと花火を体験!(10分間だけなんですよ♪) ほぼ特等席での観覧〜♪ 短い時間でしたが堪能〜 そして、三脚なんぞ持って出かけてなかったんで簡単テクニックで花火撮影〜 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita132.jpg" width="100%"> 三脚なくても頭をゆるくすれば、え!?って簡単に撮れちゃうんです〜 皆さんも、ゆるく楽しいカメラライフを楽しみましょう〜♪ カメラ Fri, 13 Sep 2019 11:02:50 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 ご無沙汰しております https://cyta.jp/camera/b/92229 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/8/21/54506/120.jpg" alt="" /><br>大木です。 久しぶりです。 佐久平は早々秋の陽気です。 この夏、写真たくさん撮りましたか?? 気に入った写真、気に入らない写真、それぞれ思いはあると思いますが、如何せん撮らないと始まらないので、気になったらどんどんシャッターを押していきましょう! もちろんスマホで充分です! 使い方は無限大ですからね!! カメラ Wed, 21 Aug 2019 11:49:03 +0900 カメラ教室::わくわく写真塾 大木 孝一 レッスンも楽し過ぎて溶けてしまう!? https://cyta.jp/camera/b/91962 <br>皆さん! 夏を撮ってますか!? さて、梅雨も明けてすっかり真夏! 梅雨もやっと明けた! 夏休みになった! などなど、天気の良いのを利用してのレッスンをされている方もいるでしょう〜 僕もレッスン中、生徒の皆さんが楽しく真剣に覚えようとしてくれるので嬉しいのですが・・・ 水分補給してくださいね〜 ファインダーを覗くのも真剣そのもの 質問などにお応えすると、皆さんフムフムと聞き入ってくれます。 ほんと、嬉しいですね〜 でも 真剣すぎて・・・溶けないでくださいね〜 僕のレッスンでは、もちろん色んなことを説明などしますが 基本は、まず撮って・見て・確認の繰り返し それを体感して、体で覚えて行ってもらう反復練習ですが・・・ やっぱりそれでも楽しくなくっちゃ、覚えられない! <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita131.jpg" width="100%"> こんなトンネルでも色んな見え方一つで、いっぱい撮影できる頭の柔らかさが必要ですが 溶けちゃわない様におしゃべりは、ソコソコにしようと思う今日この頃でした・・・ カメラ Sat, 03 Aug 2019 23:31:27 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 普段のお仕事。(クラウドワークスさんの取材) https://cyta.jp/camera/b/91621 <br>こん〇〇は。 長雨続きのこの頃。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 先日、上野の不忍池を訪れたところ、 一面、緑のハスの葉に覆われ、 池のほとりに近いところにも綺麗な花も咲いてました。 曇りや雨でも、フォトジェニックなシーンが撮れますから、 積極的に撮影に出かけてみましょうね。 という季節のご挨拶はさておき、 先日、某WEBメディアの取材で、 サイタを運営している、クラウドワークスさんへお邪魔しました。 https://ecnomikata.com/original_news/23032/ これは、私の仕事のほんの一部ですが、 普段はこんな撮影などやっております。 趣味で撮影していらっしゃる方はもちろん、 プロのカメラマンを目指して勉強していらっしゃる方や、 このような取材で撮影までされている、しなければならないライターの方も 写真撮影を学びたい方は、どんな方でもご相談いただければ。 レベルに合わせて、すぐに活かせるコツや技術や考え方を伝授します。 お気軽にレッスンの申し込みをしてくださいね。 カメラ Thu, 18 Jul 2019 10:46:52 +0900 カメラ教室::あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座 川上 博司 どんなレッスンやってるの!? その19 京都を散策 https://cyta.jp/camera/b/91605 <br>暑いですね・・・ みなさん!撮ってますか! 先日、撮影レッスンで旅行をされる生徒さん向けに旅行先での撮影の取り組み方をレッスンしてきました。 そう 良くある、旅行の写真撮影です。 今回は、京都市内を練り歩いて楽しく撮影レッスンをしてきました。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita130.jpg" width="100%"> でも、また見返して「楽しかったね〜」「綺麗だったね〜」と思い出を語るアイテムとしては やはり、しっかり撮って見たいですよね そこで、生きるのが「良く観る」です。 旅行そのものを楽しむのが大前提ですので、撮影は2の次と考えるのが一番落ち着きます。 基本は楽しんで、そして良く観る そこで面白いもの・綺麗なもの・すごいと思うもの・等をレスポンス良く撮影できるように普段からの撮影する心の準備を整えることで旅行での時間そのものを楽しむことができるのです。 撮影だけを楽しむと、その場所での風土や風情や歴史など、そこへ足を運んだ意味や醍醐味を感じることが疎かになってしまいます。 ただ、見えるものを撮るだけでなく 肌で感じる思い出の写真を残す為に旅を楽しんで、撮影は腹八分目が丁度いいのではないでしょうか♪ カメラ Wed, 17 Jul 2019 11:05:33 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 かつてダイヤモンドの原石か?と感じた15歳の女の子が、今、17歳、輝やいていた! https://cyta.jp/camera/b/91448 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/7/8/54046/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/7/8/54047/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/7/8/54048/120.jpg" alt="" /><br>今から2年前、詩劇「平和の申し子たちへ!」(なかにし礼・作 小野不二野・演出)の舞台撮影の写真及び映像の仕事の依頼を受けました。 その時に出会った、ミュージカル女優を目指していた15歳の「田中なずな」にとてつもない「オーラ」を感じて、仕事抜きで、写真集「NAZANA TANAKA」を作ってしまいました。 彼女自身は幼いながらも、礼儀正しく、明るく元気で、とても素直な子でしたが、いざ、舞台に立つと、鳥肌が立つほど素晴らしい演技をしていました。 その子が、昨日「THEカラオケバトル(テレビ東京)」に出演して、優勝する場面を目の当たりにして、やっぱり、ダイヤモンドの原石だったんだなと、改めて思いました。 これから、もっと、輝くことを期待しています。 https://www.youtube.com/watch?v=D52I3tHpNbQ&feature=youtu.be カメラ Mon, 08 Jul 2019 23:10:01 +0900 カメラ教室::フォトクリのカメラ教室 上原 正寛 京都の黄昏ロケでは、やはり浴衣が似合う https://cyta.jp/camera/b/91316 <br>みなさん! 撮ってますか!? さてさて 関西も本格的な梅雨真っ盛りですが、晴れだったり凄い雨だったりと様々です。 そんな、梅雨の小休憩!?な日に京都は、先斗町界隈を浴衣散策ロケーションフォトを撮ってきました。 色々と最近では、作品撮りとかでやたらめったらと凝ったりしようとしているんですが、ごく普通の自然の姿を撮る事もしないと現実に戻れない気が・・・・ と言う事で、ぷらぷら歩いての撮影でした。 友人のモデルさんにクラシカルな浴衣をチョイスしてもらっての撮影 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita129.jpg" width="100%"> <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita128.jpg" width="100%"> いやぁ〜 暑い・・・蒸し暑い・・・ これから夏本番への一歩ですので、この夏を撮るぞ!って方や ロケーションレッスンされる皆さんは、しっかりと水分補給してくださいね! カメラ Tue, 02 Jul 2019 21:01:29 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 写真上達 73「雨の日のシズル感」 https://cyta.jp/camera/b/91306 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/7/2/53957/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/7/2/53958/120.jpg" alt="" /><br>写真の上達 73は「雨の日のシズル感」です。 いよいよ、北海道を除き、全国的に梅雨に入りました。 雨の日はどうしてもカメラを持って出かけるのが 億劫になります。 しかし、雨の日は自然の被写体が生き生きとしてきます。 普段見慣れた風景もフォトジェニックに変貌します。 特にシズル感を表現するにはいい時期です。 みずみずしく、ジューシーな写真が撮れるのです。 是非、写真愛好家の皆さんも、雨の日、雨上がりに カメラを持って出かけてみましょう。 まずは、この時期、近所、どこでも咲いている紫陽花の瑞々しさ を捉えてみてはいかがでしょうか。 近所の紫陽花をRING ストロボを使い、シズル感を 表現してみました。 日中シンクロでストロボを弱めに当てると、より瑞々しさが 表現できます。 カメラ Tue, 02 Jul 2019 16:24:01 +0900 カメラ教室::ヨコヤマ写真スクール 横山 明 久しぶりに花の写真を撮りました https://cyta.jp/camera/b/91267 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/6/30/53920/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/6/30/53921/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/6/30/53922/120.jpg" alt="" /><br>ようやく近畿地方が梅雨入りしました。 過去最も遅い梅雨入りだそうです! そんな初夏の日、久しぶりに花を撮ってきした。 やはり梅雨時期に画になる花と言えば「紫陽花」ですね。 花を撮るのは春の桜以来、紫陽花は数年ぶりの事なので、ワクワクしながら出掛けてきました。 花撮影は思い切り近くに寄って撮れる「接写レンズ(マクロレンズ)」があれば、画面内に花弁を大きく配して撮れたりと、構図バリエーションが増えて便利ですが、そのような特殊なレンズがなくても結構楽しく撮れちゃいます。 今回は標準ズームレンズ(24-70mm)と超広角レンズ(10-24mm)を着けた、カメラ二台で 撮り歩いて紫陽花の美しさを堪能してきました。 さらにレンズキットカメラに入ってる望遠ズームも活躍してくれるので「花=マクロレンズ」に拘らず、お手持ちのカメラ(コンパクトデジカメの接写機能も侮れません!)やレンズセットで楽しく撮ってみてください♪ いよいよ七月、各地で夏の催しが始まります。 たくさん撮って、今年の夏の思い出をいっぱい残してくださいねヽ(^o^)丿 カメラ Sun, 30 Jun 2019 17:06:34 +0900 カメラ教室::京都カメラ教室 末光 誠 どんなレッスンやってるの!? その18 ZOOだぞ〜!? https://cyta.jp/camera/b/91037 <br>皆さん、撮ってますか!? 関西は、まだ梅雨入りしていないの!?誰か知りませんか・・・? さて、どんなレッスンしているのか気になる方向けのシリーズ18です。 以前に水族館でのレッスンをご紹介しましたが、今回は動物園編にやって来ました。 動物園に行くと・・・はしゃぎますよね! そこで、「良く観る」の一部ですが、動物を観察することで色々分かるものなのです。 じっくり観察するってのは、色々と疑問に持つことでもありますよね? キリンさんは、お腹減ってるのかな〜!? ゾウさんは、遊んでるのかな〜!? <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita127.jpg" width="100%"> そういった「良く観る」ことで、疑問に思うこと=関心を持つことでもあるので多方面からさらに見ようとする行動になるかと思います。 僕のレッスンでは、圧倒的な量を撮ることで練習・経験を積んでもらうようにお伝えしてますが 撮る前や撮った後も「良く観る」ってことを繰り返してステップアップしてもらってます。 といっても、基本楽しみながら写真を覚えて行こう!ってのが僕のレッスンスタイルなのです。 良ければ、レッスン受付お待ちしてますね〜♪ カメラ Wed, 19 Jun 2019 17:42:46 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 技術や知識、機材だけでは撮れない!? https://cyta.jp/camera/b/90945 <br>皆さん! 写真撮ってますか!? 梅雨入りしているところがありますが、大阪ではまだ梅雨入りせんげんされていないんですぅ~ (6/14現在) これからの時期は、撮影で言うとブライダル関係以外はシーズンオフ的な時期なんです。 ただ、ありがたい事に様々な撮影を行っておりますのであっちこっちに出張しているんですが、以前にもブログで書きましたがお仕事帰りも楽しんでいます♪ 先日は、京都の舞鶴市での建築撮影の帰りに赤レンガの倉庫群に立ち寄って散策してきました~ <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita126.jpg" width="100%"> なんどか横を通り過ぎただけが多かったんですが、やっと寄れた~ と言うことで仕事も楽しみを作っているんですが そんなお仕事では、お家の撮影や家族の撮影など様々な撮影を行っています。 そこで、最近のレッスンでは生徒さんに人物撮影・ポートレート撮影のレッスンをする機会が多くなりました。 体験レッスンでもポートレートなどの撮り方を覚えたいって方もおられます。 そこで、いつも言っていることがあります。 一番大事なのは、撮る前のプロセスってことです。 撮影する機材や設定は、ネットや本・雑誌に溢れんばかりに存在しますので、その通りにすれば撮れると皆さんが思いがちなのです。 そして僕は 人物や物撮りや風景も撮影方法はみな同じと生徒さんにはお伝えしております。 良いカメラがあっても、撮ろうとする被写体(風景や物も)に対して気を使わないと綺麗に撮れたとしても自己満足な写真にしかなりません。 特にポートレート撮影に関しては、対人物のやり取りとなりますので感情が存在します。 ポートレートは、機材よりも撮影する前・撮影中・撮影後が一番大事とレッスンでは伝えています。 現場でどのような撮影を心がけているかを中心にレッスンしています。 本やネットで書いてる設定で撮影しても同じものが撮れないのは、そういうことが無いからなんです。 そんな、撮影プロセスなんかもレッスンで行っておりますので、レッスンうけてみたい方は体験レッスンから始めてみませんか~!? カメラ Fri, 14 Jun 2019 15:09:54 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 ブログ閲覧数がなぜか異常に増加した原因は・・・ https://cyta.jp/camera/b/90911 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/6/12/53688/120.jpg" alt="" /><br>先日、何気なく投稿したブログがなぜか異常に閲覧数が増え、困惑しました。 調べてみると、あるキーワードがきっかけであることが判明しました。 それは「櫻井翔、妻夫木聡、佐藤隆太」さんが、私がいつも撮影している撮影現場にアポなしで訪れたということを投稿に書き込んだことが閲覧数の増加に繋がったようです。 このブログの内容を別の知らない方がツイートしていたようで、リツイートとされ、さらに拡散し、あっという間に一日に五千以上の閲覧数となったようです。 SNSの力らは凄いでね!改めて、ネット社会の凄さと怖さを実感しました。 ブログ内容には責任をもって投稿するように心掛けたいものです。 しかし、櫻井翔さんの人気は凄いですね! 未だに、「聖地巡礼化」しているようで、櫻井翔さんが撮影した場所を目当てに訪れく方が多く入らっしゃっています(笑) カメラ Wed, 12 Jun 2019 16:37:12 +0900 カメラ教室::フォトクリのカメラ教室 上原 正寛 写真上達 72 「下手な鉄砲数打ちゃ当たる!? フォトマスター検定受験の奨め」 https://cyta.jp/camera/b/90905 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/6/12/53681/120.jpg" alt="" /><br>写真上達シリーズ 第72回は「下手な鉄砲数打ちゃ当たる!?   フォトマスター検定受験の奨め」です。 昨今、デジタルカメラが普及し、フィルム時代と違って、1枚当たりの 撮影コストが大幅に削減されました。 プロはじめ、多くの写真愛好家にとってうれしい限りですね。 フィルム時代は、まずフィルム代、フィルム現像代、プリント代、保管と 今では考えられないほどのコストがかかっていました。 月10万円ぐらいフィルム代(リバーサルフィルム)、現像代の コストをかけている方もおられました。 コスト減によって、最近では数打ちゃ当たるで、やみくもにシャッターを 切られる方が多く見受けられます。 フィルム時代のレベルの高い写真愛好家の方は良く写真の勉強をされ 知識も豊富でした。 また、被写体に向かってシャッターを切るに当たって、良く観察 時間をかけ、1シャッターを大事に撮影していました。 知識無しでたくさんシャッター切って奇跡の1枚を偶然撮ることもいいのですが それは、出会いがしらのいい写真で、その後が続きません。 知識、理論に基づいて写真を撮る方がおのずからいい写真、ご自身のイメージ通り の写真が得られる確率が上がります。 特にスタジオ撮影だとライティング(ストロボの知識等)偶然の要素は ほとんど無いので、知識は大事になってきます。 デジタル化により、フィルム時代とは違った知識が必要になって きました。 その知識を吸収、実践するには写真の数少ない資格試験である 「フォトマスター検定」の受験をお奨めします。 デジタルカメラやレンズ、記録メディア、撮像素子、光源などの 機能や仕組み、フォトレタッチによる調整・修正力を身につける ことができます。 受験して受かることが目標ですが、受験勉強をすることにより、自然と 知識が身に付いてきます。 フォトマスター検定は3、2、準1、1級、EXの5段階あり 11月下旬に毎年実施されます。 詳細はWebを参照ください。 偶然の1枚から意図した、理論、知識に基づく安定的な写真を!! 1級までのフォトマスター検定 受験対策もヨコヤマ写真スクールでは  レッスンでやってます。      是非受講お待ちしております。 カメラ Wed, 12 Jun 2019 08:17:44 +0900 カメラ教室::ヨコヤマ写真スクール 横山 明 いろんな撮影するんですよ~ https://cyta.jp/camera/b/90876 <br>梅雨ですね・・・ 皆さん撮ってますか!? さて、皆さん 良く生徒さんに普段は、お仕事でどんな写真を撮ってるんですか!? と聞かれます。 普段は、基本出張専門なので基本家族撮影や記念事の撮影をしていますが 他には、物撮りやイベント撮影なんかもするんですね。 そして、モータースポーツも撮影します。 と言うことで 先日、毎年恒例のカブで行われる8時間耐久レースの撮影をしてきました! はい あの「カブ」です。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita124.jpg" width="100%"> あのカブを速く魅せる為にも色々と工夫してるんですよ~ また、耐久レースでもあるので(12:00スタートしてゴールは20:00!)夜間走行もあって、撮影する僕も長時間の撮影で長期戦! 夜間も照明がすくないけど、夜の走行写真も雰囲気も考えての撮影・・・ <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita125.jpg" width="100%"> 休憩しながらでしたが、朝から夜中まで撮影でヘトヘト~・・・ こんな、アグレッシブな撮影もしていると、生徒さんに伝えると ビックリされるんです~ もちろん色んな撮影もしているので、その色んな経験をいかしてのレッスン&おもしろエピソードを聞いてみたい・体験したい方は、ぜひ一緒に楽しみましょう~ カメラ Mon, 10 Jun 2019 22:43:59 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 カメラを購入する前に。 https://cyta.jp/camera/b/90825 <br>写真教室を受講したいんですけど、カメラを持ってなくて。 買ってから参加した方がいいですよね? というお問い合わせをいただくことがあります。 少なくとも僕の写真教室に限っては、 カメラを持っていなくても受講していただけます。 逆に、 慌てて、お店の店員さんや、インターネット情報や、 写真好きのお友達の情報やお勧めでカメラを買ってしまうのは、 避けていただいた方が賢明です。 といいますのは、 店員さんは、 大人の事情で(笑)カメラを選んで勧めてきますし、 インターネット情報には色々なレベルのものがありますし、 写真好きの人たちのオススメも、個人的志向が強かったりしますので。 体験レッスンでも、それ以降のレッスンでも、 冷静に客観的に、 あなたのお好みやレベルに合わせて、 使いやすくて長く楽しめるカメラをお選びしますので。 特にカメラ選びでよく勘違いされるのが、 スマホよりもカメラ、 コンパクトカメラよりもミラーレス、 ミラーレスよりも一眼レフの方が、いい写真が撮れる… 決してそんなことはありませんよ。 使いにくい一眼レフよりも、 スマホで撮る写真の方がずっと素敵な写真が撮れたりしますし、 ミラーレスよりも一眼レフの方が上って言うこと自体、 写真やカメラのことをご存じない方なんだなって思います。 ヘタに高いカメラを買うよりも、 今お使いのスマホで、カメラを買う予算で旅に出た方が、 素敵な写真を撮れる場合もあるのです。 今のカメラがどう不満なのか、 撮影のテクニックでもっといい写真が撮れるようになるのかも含めて、 カメラを買うとしても、 どんなカメラを選べば、どんなレンズを選べば、満足いく写真が撮れるようになるのか、 そんな、写真のスタートからいろいろコーチさせていただきますので、 どんなことでも気軽にご相談くださいね。 iPhoneやiPadやMacの使い方や活用の方法も気軽にご相談ください。 レッスンのお申し込み、お待ちしております。 カメラ Sun, 09 Jun 2019 08:58:42 +0900 カメラ教室::あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座 川上 博司 写真が上達するための近道(その2) https://cyta.jp/camera/b/90786 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/6/7/53589/120.jpg" alt="" /><br>写真で伝えたいことは何? 「主題を明確に表現するために必要なこと」 「人を魅了する写真」を撮るために必要なこと、それは「伝えたいこと」「見せたいこと」「作者の意図」が写真(作品)を見る(観る)人にどんな影響を及ぼし、伝えられているのか、それらが写真に込められているのかどうかだと思います。 写真で伝えたいことを表現するためのテクニックが、写真を上達させるために必要なテクニックのひとつでもあるのです。 伝えたいこと=テーマ (主題) 写真を撮る時(シャッターを切ろうと思った時の瞬間)、何を感じて何を撮ろうと思っていましたか? この写真を撮ろうと感じたことがテーマとなります。 このテーマを表現するための主役の被写体が「主題」となります。 主題なる被写体が決まったら、どのようにこの「主題」を表現して撮影すれば、写真を観る人に明確に伝えられるのかをかんがえることです。 「被写体を見て感じたこと」をどう感じたのか、写真で他の人に伝えることを考えると、どのように撮ろうかと迷ってしまいますが、いろいろなテクニックを覚えていると、写真で「伝えたいこと」の効果的な手段(手法)が経験により、自然と身についてきます。 その一つが「基本構図」を生かした「フレーミング」です。 「フレーミング」とは撮影時に、主題となる被写体(伝えたいこと)をより引き立たせる構図やアングル等を決めて撮影することです。 「フレーミング」により余計なものを省略「省略のフレーミングテクニック」したり、アングル(撮影位置や角度)により主題を強調したりすることが出来ます。 「基本構図」については、私の過去のスクールブログ「覚えておきたい写真の基本構図」シリーズをご参照ください。 「省略のフレーミングテクニック」については、今後、スクールブログにて、改めて、ご紹介いたします。 次回の「写真が上達するための近道(その3)」では「副題」と「背景」をテーマに「人を魅了する写真」を撮るために必要なヒントをお伝えしたいと思っています。 カメラ Fri, 07 Jun 2019 22:47:07 +0900 カメラ教室::フォトクリのカメラ教室 上原 正寛