カメラ::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのカメラの講師がブログを通じて、カメラ情報を発信! 寒い日 http://cyta.jp/camera/b/77594 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/1/10/42810/120.jpg" alt="" /><br>寒いと思ったら霰が。 写真のいいところは、 どんな季節でも撮れるところです。 どんな時間でもどんな場所でも。 その時間で、 その場所でしか撮れない写真があります。 カメラ Wed, 10 Jan 2018 10:30:32 +0900 カメラ教室::魅せる見せる写真教室 北尾 浩幸 どんなレッスンやってるの? その9 被写体さんへ掛ける言葉 http://cyta.jp/camera/b/77547 <br>皆さん! 撮ってますか! さて、今回は、「どんなレッスンやってるの?」ってことで 年末にポートレート撮影の実践レッスンの様子をご紹介します。 さて、色々とポージングなり構図なり諸本で書かれていますが、それらは本を読んで勉強しましょう〜 今回ご紹介するのは、ポージングを被写体さんにお願いすると時の声の掛け方などです。 良い構図、良いポーズは、結局のところ、好みです(爆) ただ、フォトグラファーは被写体になる方の新たな魅力を発見できるキッカケを造っていくものだと思います。 今回は、その本の少しですが細かな指示をしている事を見てもらいます。 今回は、ポートレート撮影に特化したレッスンを希望されている生徒さんにも協力して頂きました。 自身が体験することをレッスンに取り組んでるんです。 寒い中、ありがとうございました〜 さて 同じ立ち位置で、顔(アゴ)を1cm下げてもらう様に指示しました。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita20.jpg" width="100%"> これは、どっちが正解ではなく これくらい細かい指示で、雰囲気が変わる事をお伝えしたいのです。 もちろん1cmと言うのは計ったわけではないですが、具体的数値を相手に伝える事で、フォトグラファーが細かな指示をしていると言うアピールする事で被写体には安心感が生まれます。 被写体さんも「これくらいかな?」なんて頑張ってポーズを決めてくれるのです。 あとは、画像を確認しながら あ〜だ、こ〜だと言いながら、撮影に挑みます。 被写体さんには 「●○△の様な感じで〜」など 抽象的な事を言っても、価値観が違うので意思の疎通が出来ません。 意図したい事を明確に具体的に伝えるのが大事です。 こんな僕のレッスンでは、ポージングに入るまでのプロセスを体験してもらいながら体で覚えていきます。 体全体をパーツごとに指示したり、頭の動きを具体的に3軸法(勝手に名付けました〜)を使って スポ根!?レッスン!?をおもしろ楽しくしています。 まずは、無料体験から一緒にレッスンを楽しみましょう〜 カメラ Sun, 07 Jan 2018 11:27:19 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 金が信念・・・!? http://cyta.jp/camera/b/77477 <br>金が・・・信念・・・ ではなく 今年からカメラをやってみよう!って方 今年もカメラやるぞ〜!って方 謹賀新年!! 明けましておめでとうございます! <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita19.jpg" width="100%"> こちらは、フォトグラファー仲間達で正月ようの作品作りのお手伝いをしに行って アシスタントとアドバイスしながらiphone 8plusでパシャりと、撮影しました〜 今年もスマホやデジカメなどなど 真剣に楽しくする素敵なツールとして、色々と皆さまにその楽しさを伝えれるように頑張りますね! 今年も生徒さん&レッスンしてみよう〜かな!?って方も 「圧倒的な量を撮れ!」と、見るではなく「良く観る」を一緒に頑張って行きましょう〜ね! カメラ Wed, 03 Jan 2018 10:46:23 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 2018年・明けましておめでとうございます http://cyta.jp/camera/b/77440 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/1/1/42698/120.jpg" alt="" /><br>おめでとうございます!2018年の幕開けですね。 元旦生まれですので否が応でもまたまた歳を重ねてしまいましたが、気力は充実しています。今年も張り切ってご一緒に写真を楽しみたいと思っています。 添付の写真は我が家の近くの川に飛来したユリカモメです。渡り鳥で晩秋から春先まで見ることができ、パン屑などを蒔いてあげると人を恐れずに近づいてきます。 カメラ Mon, 01 Jan 2018 10:12:40 +0900 カメラ教室::カメラで楽しむ「はんなり」写真塾 前田 昭男 普段の練習で自分のブレを確認する!? http://cyta.jp/camera/b/77400 <br>皆さま 年末年始、いかがお過ごしでしょうか!? さて、年末年始と言えば撮影のイベント目白押しですね! 大晦日や初詣に成人式に十日えびすなどなど、撮影にはもってこいの行事満載なのでカメラ持ってお出かけされると思いますが、最近のカメラやレンズには手ぶれ補正が付いていますよね〜。 そこで、普段から手ぶれしないような撮影を心がけるように自分自身で、シャッタースピードがこれならばブレないところを確認することをお勧めします。 練習することで、しっかりシャターを押すことやしっかりカメラを固定する意識を持つことができます。 最近の手ぶれ補正は凄く良いのですが、あるから大丈夫ではなく よりシャッタースピードのコントロールできる幅が増えるのが一番のメリットなんです。 こちらのお写真ですが 先日、夜景ロケ撮影レッスンの一コマなんですが三脚は使わず手ぶれ補正も何もないカメラとレンズでの写真なんですが、iso1600 F7,1 シャッタースピードは1/6です。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita18.jpg" width="100%"> もちろん、100%ブレない訳ではないですがこれが僕の限界です。 ちなみに打率でいうと、1割でしょうか? だいたい1/10のシャッタースピードですと3〜4割でブレません。 基本、しっかりとカメラをホールドし呼吸を止めてシャッターを押します。 この状態で、手ぶれ補正がつくとさらにスローシャッターでの撮影ができると思います。 または、iso感度も落としてノイズを出さないようにも出来ますよね。 機械に頼るのも良いですが、自分自身の撮影方法・構え方などを考慮しつつ 一度、自分でどこまでならブレずに撮影できるのか!? なんて、遊び感覚で練習することをお勧めします! 今年は、僕のブログを見てくださった方々、ありがとうございました。 お役に立てたでしょうか〜? 来年は、さらに色んな方に出会えて 色んなカメラ思考に出会えるようになると良いなぁ〜と期待していますので宜しくです! では 皆さま良いお年を〜 カメラ Fri, 29 Dec 2017 18:46:47 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 レッスン再開いたします!! http://cyta.jp/camera/b/77355 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/12/26/42660/120.jpg" alt="" /><br>ご無沙汰いたしております!! 諸事情によりしばらくお休みしておりましたが、また再開することになりました!! どうぞよろしくお願い申し上げます!! 最近はFacebookやインスタグラムがとても流行っていますね。 2年前には予想もつかなかったことです。 スマホのカメラ性能も良くなり、簡単にきれいな写真が撮れるようになりました。写真がますます身近になってきました!! さて、ご自身の満足できる写真は撮れていますか? 些細なことで写真は変わるものです。 こうしたい!!あーしたい!!こうならないかな? などなどの疑問も意外とちょっとしたことで変わるものです。 写真を撮りましょう!! ちょっと役に立つアドバイスをさせていただきます!! カメラ Tue, 26 Dec 2017 23:17:37 +0900 カメラ教室::魅せる見せる写真教室 北尾 浩幸 大自然豊かな森の中に写真が現る!? http://cyta.jp/camera/b/77322 <br>先日、イベントにて森のアーティストとして 大阪の植物園ないの広場に写真を飾らせていただきました。 http://www.katano-times.com/archives/51281459.html 写真って、もっと簡単に楽しい事をコンセプトにさわったり出来るようにしました。 会場には、他にもオブジェなどを飾ったりと様々なアーティスト達と一緒に森の中に飾らせてもらいました。 ちなみにこんな感じです <blockquote data-width="100%" data-height="375" class="ricoh-theta-spherical-image" >Post from RICOH THETA. #theta360 - <a href="https://theta360.com/s/bcbj6XJ1dZupZOg8eVYfpkeZA" target="_blank">Spherical Image - RICOH THETA</a></blockquote> <script async src="https://theta360.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 皆さんもカメラを始めたきっかけは、楽しい思い出を撮っておくことだったと思いますが、それらを色んな友達や家族や親戚や同僚等、共有したい・共感してほしいなんて思ったりしませんか? デジタルカメラなら、なおのことフィルムカメラよりいっぱい撮影している事でしょう〜 それをメディアに入れっぱなしじゃ、もったいない! せっかくなら、お部屋に飾るようなプリントして、思い出に花を咲かせてあげましょう! カメラ Mon, 25 Dec 2017 18:43:05 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 年末です、来年に向けて http://cyta.jp/camera/b/77246 <br>早いものでもう年末、誰もが忙しくしておられることでしょう。 写真、カメラを楽しめた一年だったでしょうか。 私は仕事に趣味に写真を楽しんだ一年でした。 毎回新しいことにチャレンジしており、その度に自分への課題が見つかり、自学研鑽するに楽しい一年でした。 フィルム時代と違い、撮影の度にISO感度を操作する便利さはたまりません。 デジタルから写真を始められた方は何のことだかわからないかもしれませんよね。 原点回帰でフィルムで写真を楽しんでみるのもいいですよ。 フィルム、単焦点レンズ、マニュアルでピントと露出を決めて撮影なんてやってみたら新鮮かもしれませんよ。 フィルム一眼レフカメラは結構安く手に入りますから機会があれば1度試していただきたいですね。 フィルムカメラの操作方法やデジタルカメラとの違いなどもレッスンしておりますので、お気軽に体験レッスンからお申し込み下さいね。 カメラ Wed, 20 Dec 2017 16:36:30 +0900 カメラ教室::カメラ写真を楽しむ教室 大島 猛 技術や知識がある人こそ、よく『観る』が必要!? http://cyta.jp/camera/b/77214 <br>こんにちは! 口をすっぱ〜くなるほど、いつも言っている「観る」 僕のレッスンでは、初心者の方には 簡単で、上手に撮れた風に撮影できるテクニックを初めに教えていますが、知識や技術をお持ちである中級クラスの方には「観る」と「セレクト」を教えております。 レッスンとしても実に単純な作業となるので、初めはびっくりされます。 どんな事かと言うと、ロケ地への移動や街中スナップなどでは撮影方法も、もちろん教えていますが一番のメインはまず「観る」訓練を同時に行います。 言葉で言いますと、いつもと違うところを観るだけなんですが、簡単ですけどいつでも出来ると思ってか、中々していないんですよ〜 師走で忙しいんですが、そんな時こそ深呼吸で自分の時間を数十秒でも良いので作るのです。 そして、上・下・後ろと、普段見ないところを観る癖をつける事で、素敵な瞬間を観ることが出来るのです。 さらに看板・ポップ・ポスター・電光掲示板・マーク・店構えなど情報は無限です! そして、その撮影後には、生み出す苦しみを味わうこととなる『セレクト』へとステップアップするのです。 そんなレッスンの帰りや次のレッスン会場へと移動する時も素敵な写真に巡り会えたり、何気ない場所の無機質な場所からでも素敵な空が見えたりもするのです。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita17.jpg" width="100%"> カメラ Mon, 18 Dec 2017 18:14:46 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 写真の上達 62「イルミネーションをより華やかに写すレッスン」 http://cyta.jp/camera/b/77162 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/12/15/42488/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/12/15/42489/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/12/15/42490/120.jpg" alt="" /><br> イルミネーションの美しい季節になりました。   写真の上達シリーズ62回目は「イルミネーションをより華やかに」   がテーマです。   イルミネーションをそのまま撮影すると、点光源のため あまり華やかに写らないのが一般的です。 今回は、2つの撮影法で華やかさを表現してみましょう。 1.2枚の画像の合成   カメラ内で合成する機能が付いたカメラが増えてきました。   ①フォーカスをマニュアルに切り替え、イルミネーネーションを    撮影しますと、ピントの調整により、大小の玉ボケが    表現できます。まず、アウトフォーカスのイルミネーションを    撮影します。  ②次に、フォーカスをオートに切り替え、ピントの合ったシーンを    撮ります。    撮影後、①、②を合成すると、より華やかで、幻想的な表現できます。    カメラ内合成ができない場合は、後から画像処理ソフトで合成を    を行います。 2.撮影時、ズーミングによる表現     シャッタースピードを1秒か2秒ぐらいに設定し、シャッターを     切ります。   切ったと同時にズームリングを広角から望遠に回転すると    奥から手前に向かうような光の筋が発生し、より動きのある     華やかな表現ができます。   今回、2つの方法によりより華やかなイルミネーションが撮影   できました。   この方法はイルミネーションだけでなく、色々なシーンで     活用できます。     動感、華やかさを出す写真表現として、今後使ってみられると    表現の幅が拡がります。    いくつか、レッスン時撮影したイルミネーションの作例を載せて    おきます。    作例:大阪御堂筋イルミネーション       神戸元町イルミネーション       ルミナリエ    レッスンに参加いただくと、撮影実技でより詳細な説明をさせて    いただきます。    是非、ご参加お待ちしております。 ヨコヤマ写真スクール カメラ Fri, 15 Dec 2017 09:25:39 +0900 カメラ教室::ヨコヤマ写真スクール 横山 明 毎日、スマホで大丈夫!! http://cyta.jp/camera/b/77075 <br>皆さん! 風邪ひいてないですか〜!? 相変わらず、カメラ持ってあっちこっちと忙しいですがカメラと言っても デジタル一眼ではなく、iphoneです。 いつも言ってる圧倒的な量を撮る! を スマホでもしているんです。 先日、大阪駅近辺でのレッスンがあったのでクリスマスなショットを撮ってきました <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita14.jpg" width="100%"> <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita15.jpg" width="100%"> <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita16.jpg" width="100%"> その日、その時に出会った瞬間を その時に持っていたアイテムを使って「撮る」! 普段から、楽しく修行に励む毎日です。 iphoneに機種変更して色々と遊んで、やっとiphoneをマニュアルで遊べれるようになってきました♪ (アプリが必要になりますが・・・) 凄いデジタル一眼では撮れず、iphoneやスマホならではの撮影方法もあるので、せっかく持ってるスマホのカメラ機能を工夫して楽しく、パシャパシャしてみましょう! ちょっと、痒いところに手がとどくようなスマホでの撮影方法などもレッスンしています。 それは、一眼カメラなどにも応用できるような事もありますのでドンドン撮って行きましょう〜! カメラ Sun, 10 Dec 2017 21:05:08 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 ステップアップするならいろんな作品・意見を聴く!見る! http://cyta.jp/camera/b/76980 <br>と 言ってもたいそうなことではありません。 先日、大阪で行われた「大人の写真文化祭」に参加してきました。 好きな写真家のセミナーだったり、各業界の即売会など情報収集するのに良い機会だったんです。 様々な方が来ていて一般のカメラ好き・写真家・学生・・・などなど そこでは、写真家によるセミナー・レイヤーさんやモデルさんの撮影会などもあって楽しかったです。 そこで、突然ですが! 良く仕事が出来る人っていますよね? 仕事できる=教えるのが上手・・・ではないと思います。(もちろん上手な方もいるでしょう) 技術を教えるには、別のスキルが必要だと思っています。 どの様に人へ教えるべきか?伝える方法は? そんな今後のレッスンに来られる生徒さんにも、正しく伝える為にも勉強に来たんです。 初心に帰って、ポートレート撮影に参加! <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita13.jpg" width="100%"> そんなこんなで、楽しく勉強できたイベントになりました。 僕自身も色々な方とレッスンを行なっていますが、自分の持っている技術は惜しみなくお伝えしたいので、それらを正しく伝える勉強も日々精進しないといけません! また、レッスンではいつもお伝えしているのは「観る」ことを言い続けていますが、身近なものから始めるのが一番でもありますが、時間と余裕があれば写真展やメーカー主催のセミナーなんかも無料のものがありますので、そこに参加して色々と情報収集したり学んだりすることもオススメします。 初めてのポートレート撮影会などでも、色々と経験を積むことでも断然違います。 そして さらに 僕が個人レッスンコーチとしてその経験などを、生徒さんに対してマンツーマンでコーチングいたしますね! 写真って、撮ることはカンタンですがそれをどうするか?どうしたいか?で 記録になるか記憶になるか、もしくは物語となって歩み出すか 様々な形になって写真は変わっていきますので、カメラ持って頑張って撮りまくりましょう! そんな、スパルタ!?ど根性!?スポ根!?なレッスンは まずは、僕と一緒に無料体験レッスンから始めましょう! カメラ Tue, 05 Dec 2017 17:22:09 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 写真、撮ってますか? http://cyta.jp/camera/b/76979 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/12/5/42355/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/12/5/42356/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは スマホのカメラが復活してデジカメの出番がめっきり減った大木です 寒いし凍ってるし外出しないから写真撮れないや…… ってなるでしょ? いやいや、室内でもとれますよー 今回はそんな写真を載せます スマホで撮って、アプリで加工してみました ネットに載せるならこれで充分! いろいろ試してみてくださいねー では、よい写真ライフを カメラ Tue, 05 Dec 2017 15:14:10 +0900 カメラ教室::わくわく写真塾 大木 孝一 どんなレッスンやってるの? その8 逆光って嫌い? http://cyta.jp/camera/b/76848 <br>みなさん! 撮ってますか? さて、今回 どんなレッスンやってるの?シリーズ第8弾です。 逆光って嫌いですか? 僕は大好きです♪ 観光していると、カメラ持った観光の方々が「こっちは逆光だから反対に・・・」 なんて言葉を耳にします。 体験レッスンをされる方にも良くある質問の中には、逆光の時はどうすれば良いですか? と言うのも結構あります。 そこで、カメラの機能には補正と言うものがありますので、それをご紹介してみましょう〜 初心者の方には、オート設定などのPモードだったりAモード(AVだったりもしますね)などで マニュアルではない方が、大半だと思います。 僕も街中でスナップ感覚だとAVモード そこで逆光の時には、簡単補正で乗り切ります! 見た目でこんな感じに変わります。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita12.jpg" width="100%"> これはAモード(AVモード)で、絞り優先モードで撮影したものですが 極端な例として補正を+3にまであげてみた画像です。 普通に撮影したものは シャッタースピード 1/1600  絞り F3.2  ISO100 に対して 補正を+3にすると・・・ シャッタースピード 1/320  絞り F3.2  ISO100 になりました。 +補正をしたことで、カメラが明るくしようとして、他は変えずシャッタースピードを少し遅くした結果 被写体となる真ん中の木が明るくなり、木の質感も確認できました。 各モードの時の+補正の仕方は、各カメラの説明書を読んでみましょう! ただ、弱点が・・・ 明るくなったのですが、空の明るさも一緒に明るくなったので背景の空の青さがなくなり白く飛び気味になります。 状況にもよりますが、光を背にした時の背景や被写体に対してどうするかによって光のコントロールをしないといけません。それらを色々とコントロールするのがプロなんですよ〜(それでも難しいですが・・・) 背景を活かして被写体をシルエットにした印象的な写真にするか? 背景は雰囲気だけ残して被写体を中心に写すのか? どちらの写真も表現の違いであって間違いではないのです。 これらを意図しているのかいないのかの違いですので、色々チャレンジしてみましょう! ちなみにiphoneなどスマホもオートの時 指でピント合わせた時に上にゆっくりスワイプすると明るく+補正ができますよ! カメラ Wed, 29 Nov 2017 19:08:29 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 紅葉のドームで親子撮影! http://cyta.jp/camera/b/76742 <br>紅葉ですね!! 皆さん、撮ってますか!? 今回は、お仕事で親子撮影に行ってきました~。 紅葉での撮影だったんですが、普通の撮影じゃ おもしろくないので、いつもと違った視線・目線での撮影を行いました。 <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita11.jpg" width="100%"> 青空と、紅葉が素敵だったので、お客様も喜んでくれました~ 普段とは違う目線を目の当たりにするだけでも新鮮で楽しくもあります。 これは、僕のレッスンでもいつも生徒さんにお伝えしている事なので特別なことではないんです。 レッスンでも単純にいつも見ていないだけで、ちょっとずらした視線・目線で撮るとドラマチックにもなるので、デジタル一眼だからとかではなく、スマホでも十分おもしろい写真が撮れますので、ぜひお試しあれ~ こんな、ちょっとした楽しい撮影のコツなんかもレッスンで教えていますので一緒に楽しくレッスン体験してみませんか? まずは、無料レッスンから! カメラ Fri, 24 Nov 2017 13:47:36 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 写真の上達61 「錦絵の京:紅葉撮影のポイント」 http://cyta.jp/camera/b/76604 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/18/42068/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/18/42069/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/18/42070/120.jpg" alt="" /><br>写真の上達シリーズ 久しぶりのブログです。 いよいよ紅葉シーズンに入り、各地で絵模様を展開しています。 今回は、全国的にも美しい紅葉が見られる京都で撮影してきました。 紅葉の撮影のお話しをする前に、撮影で大事なことは 1)何を「どう」撮りたいかをシャッターを切る前に考えてみることです。  どう撮りたいかによって、表現方法が変わってきます。  例:紅葉:・錦絵のように華やかに撮りたい      ・雨に打たれた紅葉を寂しげに撮りたい・・・・    撮影者の感じ方によって色々な表現が可能です。 2)物を撮るのではなく、光を撮る     被写体は、光の当たり方によって、千変万化の変化を見せます。   時には、立ち位置、アングルを変え光を意識し撮影してみましょう。 3)感動する被写体を追い続けましょう!!     常に感動する、心の針が振れる被写体を追い続けましょう。 4)紅葉撮影のポイント     色に惑わされないよう、光を読んだ撮影   主役は何か、脇役は何かを考えて撮りましょう。     逆光の撮影:紅葉が透けて、光輝き、立体感、質感が表現できます。   朝の斜光、夕方の斜光:より紅葉の赤が強調、斜光による影が               立体感を生みます。   また、逆に順光で撮ると、色彩がはっきりと表現できます。   紅葉そのものを撮るのではなく、川面に映った情景も撮って   見ましょう。   赤い紅葉とまだ紅葉していない黄色、緑の木をバランスよく   配置すると時間の流れが表現できます。    いくつか、今週京都で撮影した画像を掲載しておきます。                   ヨコヤマ写真スクール                   カメラ Fri, 17 Nov 2017 09:30:19 +0900 カメラ教室::ヨコヤマ写真スクール 横山 明 いろんなレンズを試すと楽しい!! http://cyta.jp/camera/b/76565 <br> 皆さん! 芸術の秋、撮ってますか? 先日、あたらしいレンズを仕事で使うにあたって投入しました。 モデル撮影など人物撮影に良いとされる85mmの短焦点レンズです。 レンズは、シグマの85mm F1.4 art というレンズ。 実践投入前に人物でなく、風景撮影でテストしてみました。 こんな感じです♪ <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita9.jpg" width="100%"> <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita10.jpg" width="100%"> 画像の描写はレンズで決まる!!! と良く言いますがそんな事はないですよ~ ただ、高いレンズと安いレンズには、それぞれメリット・デメリット、明るい・暗いなど 限界度が大きいか、小さいかです。 なので、元々セットに付いているレンズも十分色んな撮影シチュエーションで試してはいかがですか? 風景には何ミリ、モデルには何ミリ 決まったレンズでなく、ただ撮りたい物にそのレンズが合っただけなんですね。 だから、ドンドン圧倒的な量を撮りましょう!! カメラ Wed, 15 Nov 2017 13:32:03 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 風景写真のシャッタースピード http://cyta.jp/camera/b/76530 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/14/42001/120.jpg" alt="" /><br>シャッター速度の操作は「ボケ味」よりも「動き・時間の流れ」を意識して撮る場合に適しています。 大まかに言うと、高速のシャッター速度は動体をあたかもストップモーションさせたように止めて写す効果があり、低速のシャッター速度は動体を残像的に捉える効果があります。 しっかりした三脚にカメラを据え、同じ場面を同じ明るさになるように調整した後、シャッター速度を意識して撮りました。 上段が1/4秒(0.25秒)、下段が10秒です。 かなり極端なシャッター速度差ですが、この時は水面のさざ波を、画面全体でベルベットのように表現するのには10秒の露光時間が必要でした。 カメラを10秒間も固定するなんて気軽な手持ちスナップではできませんが、言い換えれば低速シャッター速度(スローシャッター)&三脚固定で普段見慣れた世界の少し変わった表情を撮る事が出来ます。 カメラ Tue, 14 Nov 2017 01:13:15 +0900 カメラ教室::京都カメラ教室 末光 誠 秋と言えば、食欲とスポーツと・・・!? http://cyta.jp/camera/b/76498 <br>もちろん 芸術の秋ですよね! カメラレッスンを実践するのに様々な所でカメラを練習を行っておりますが 以前より、私の教室では生徒さん達に見るでなく良く「観る」事をいつも伝えています。 ですが、時間に余裕がある場合など色んな写真家の作品を観ることもお勧めします。 今回奈良県にあります、入江泰吉記念奈良市写真美術館にて写真家の入江泰吉氏や 私の師匠でもある写真家の百々武氏の作品展を観に行きました。 同時に百々武氏と木村伊兵衛賞受賞した兄である百々新氏と美術館館長である百々俊二氏の写真課家で親子のトークショーも拝聴してきました。 http://irietaikichi.jp/ <img src="http://ta1r74.lolipop.jp/saita_img/saita8.jpg" width="100%"> 写真に対する、自身の向かい方やそれまでのプロセスを面白おかしく聞いてきました。 もちろん、作品の解説なども聞けたので改めて写真欲にかられます。 私のレッスンでは「観る」事を口を酸っぱく生徒さんにお伝えしています。 それは、風景や写真だけでなく 看板からポスターに至るまで、ネタは豊富にヒントがいっぱい! これらは、風景・スナップ・モデル・スポーツ・物撮り関係なく、カメラを持つ者にとっては切っても切れない事なのです。 まずは、目の前にあるものを一度しっかりみてみませんか? そんな、おかしなカメラレッスンも無料体験レッスンから始めてみませんか? カメラ Sun, 12 Nov 2017 18:14:08 +0900 カメラ教室::タイチのカメラスクール 山田 太一 積極的レッスンの再開 http://cyta.jp/camera/b/76436 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/9/41888/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは。 しばらく休校状態のようになっていましたが、東京での残務整理などが、 ようやく完全に終わりました。芦屋に拠点を構えながら、関東方面での 活動がなかなか閉める事ができませんでしたが、この度完全に関西に移行 しました。以前のように週末だけのレッスンではなく、ほぼ金曜を除き 毎日受け付け出来るようになりましたので、皆様のレッスン希望をお待ち しております。 カメラを持っていない方から、ご自身の仕事に役立てられるような写真 を撮りたい人(コマーシャルレベル)まで、すべてのジャンルやレベルの 方に対応します。 カメラの購入までお付合いします。 カメラ Thu, 09 Nov 2017 10:00:24 +0900 カメラ教室::芦屋でカメラ講座 植田 誠