フランス語::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのフランス語の講師がブログを通じて、フランス語情報を発信! 学習の真髄、葛飾北斎親子から学ぶ http://cyta.jp/french/b/92013 <br>皆さんこんにちは。 大分県在住、フランス語コーチの松尾トモミです。 語学でも楽器でも何でも、学習で一番難しい事って、『続けること』だと思います。 そしてそれは一流を極めた人でもまだ当てはまるようです。 最近葛飾北斎について調べていて、興味深い逸話を読みました。以下一部引用。 ※露木…葛飾北斎の門人 ※先生…葛飾北斎 ※応為…葛飾北斎の娘、浮世絵師、男性のような性格 『露木が「先生に入門して長く画を書いているが、まだうまく描けない」と嘆いていると、応為が笑って「おやじなんて子供の時から80幾つになるまで毎日描いているけれど、この前なんか腕組みしたかと思うと、猫一匹すら描けねえと、涙ながして嘆いてるんだ。何事も自分が及ばないといやになる時が上達する時なんだ」と言い、そばで聞いていた北斎も「まったくその通り、まったくその通り」と賛同したという。』 Wikipedia 葛飾応為より https://ja.m.wikipedia.org/wiki/葛飾応為 あの葛飾北斎ですら、80歳を超えてなお猫が上手に描けない時があり、娘曰く、そういう嫌になって投げ出したい時こそ上達するチャンス!だそうです。 フランス語も同じですね。 喋れども喋れども、聞けども聞けども上達を感じられない時ってあります。 そんな時、もう自分には無理だって諦めたくなります。 でも、そこを乗り越えると必ず上達を感じられる時がやって来て、やっぱり続けてよかったって思えるのです。 葛飾北斎でさえ苦しんでいたんだから、私たちも苦しい時こそチャンス!と思いたいですね。 偉人から学ぶことは多し。 Twitter:@Tomomi32198808 フランス語 Mon, 05 Aug 2019 20:08:33 +0900 フランス語教室::トモミのフランス語教室 松尾 トモミ 猛暑 Canicule http://cyta.jp/french/b/91620 <br>日照が少なく肌寒い日が続いていましたが、日本にもようやく夏が来そうな気配がしてきました。 1ヶ月ほど前の6月末、ヨーロッパ全土を熱波が襲い、フランスでは42〜45℃の日が続き、観測史上初の猛暑となったことを記憶している方もいらっしゃるでしょう。モンペリエMonpellier近郊ガール県Gardのガラルグ=ル=モンチューGallargue-le-Montueuxでは45.9℃を記録しました!気になって毎日、フランスの天気予報図la carte de prévision météoを見ていた方も多いのではないでしょうか。 そこで、今日は猛暑にちなんだ語彙とその例文をいくつか紹介します。 熱波 la vague de chaleur/猛暑・酷暑 la canicule le Mondeの記事のタイトルで、この2つの言葉が使われていました。 « Canicule : début d’une vague de chaleur sans précédent pour un mois de juin en France » 「猛暑:6月としては未曾有の熱波がフランスで始まる」 熱中症 (le symptôme de) l’hyperthermie, le coup de chaleur, l’insolation l’hyperthermieは体温が正常な値を上回っている状態によって起こる症状。 le coup de chaleur は暑さの中に長時間いたことで起こる症状で、 l’insolationは太陽の下に長時間いたことで起こる症状です。 微妙に違うようなので、使い分けが必要になることがあるかもしれませんね。 (興味のある方は以下のURLを参照してください) https://www.passeportsante.net/fr/Maux/Problemes/Fiche.aspx?doc=insolation_pm https://www.passeportsante.net/fr/Maux/Problemes/Fiche.aspx?doc=hyperthermie 扇風機 le ventilateur ⇒le ventからの派生語ですね。 今回の猛暑では、扇風機が飛ぶように売れたようです。 RTLで扇風機選びの基準に関する記事がありました。 タイトルは « Canicule : comment choisir un ventilateur pour affronter les fortes chaleurs » 「猛暑:酷暑に臨んで、扇風機はどのように選べばよいのか」 エアコン le climatiseur エアコンはclimatiser 「空調を行う」機械のことです。 空調された部屋はla salle climatisée、 空調を行うことはla climatisationです。 関連する語彙をこのように増やしていってみてください。 体感温度 la température ressentie L’indice de la température ressentie est variable d’un coin de rue à un autre. 「体感温度指数は、場所によって異なる。」 体感指数(とでも訳すのでしょうか?)l’indice humidex これは、単に気温だけでなく湿度と併せた時に感じる体感を表す指数のことです。カナダで使われている用語ですが、フランスの新聞でも使われていました。 記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんが、2003年の猛暑の際には、フランス全土で15,000人超の方々が亡くなりました。当時は私もまだパリに住んでいましたが、40℃以上の気温が1週間続くなか、エアコンも扇風機もなしで、なんとかあの暑さを凌ぎました。暑くて何も考えられず、じっとしていても全身から汗が絶えず吹き出しており、体を動かすことさえままならない状態でした。30℃まで気温が下がったとき、なんて涼しい!と感動し、これで死なずに済んだと安堵したものです。 エアコンも扇風機もない中どうなるのかと心配していましたが、今回の猛暑では、2003年の教訓を踏まえ、熱波がやってくる前から熱中症対策について連日広報活動が行われており、ヨーロッパ全体でも死者十数名程度で乗り切ることができたようです。 フランス語 Thu, 18 Jul 2019 09:34:27 +0900 フランス語教室::フランス語教室マカロン 鈴木 早苗 子供は12人!? http://cyta.jp/french/b/91610 <br>大分県在住、フランス語コーチの松尾トモミです。 言葉には少しの音の違いで大きく意味が変わるものがありますね。 日本語だと「病院と美容院」、「おじさんとおじいさん」のように。 今日は私がフランス滞在時に聞き間違えた言葉のお話です。 とあるフランス語圏の方と話していた時、 「お子さんは何人いますか?」と質問した私に対して、 J’ai deux enfants.(2人います) と返ってきました。 しかし聞き取りミス。 « douze enfants »(12人)と聞きとってしまい、勝手にビックリ! 30代前半だと思うけど…12人も?! いや、ありえなくもない?? ハテナでいっぱいの不思議な顔をしていたのでしょう。 すぐにその方は指で « 2 »を作って繰り返して下さいました。 日本語の「1(イチ)」と「7(シチ)」のように、フランス語の2と12は聞き取りに慣れるまで本当に厄介です。 2 euros と12 euros (2ユーロと12ユーロ) 2 ansと12 ans (2歳と12歳) 2 heures と12 heures (2時と12時) 対面の状況だったらまだいいものの、電話だと注意が必要ですね。 2ユーロと12ユーロじゃ大違いですからね。 あやふやな時はためらわずに聞き返しましょう。しっかり強調して分かりやすく言ってくれるはずですよ^_^ 自分が正しく発音できない音は、聞き取りも難しく感じるそうなので、発音にも気をつけたいですね。 Twitter:@Tomomi32198808 フランス語 Wed, 17 Jul 2019 16:52:05 +0900 フランス語教室::トモミのフランス語教室 松尾 トモミ カタカナって便利!でも… http://cyta.jp/french/b/91506 <br>大分県在住、フランス語コーチの松尾トモミです。 日本でも街中でフランス語に出会うことが多々ありますね。 例えばカフェやレストランの名前、メニュー名、商品名、ブランド名… でも、フランス語に慣れてくると、カタカナで書かれたフランス語がすぐに理解できない時があります。 最近街で出会ったものだと、「クーラクール」「エトレ」。 さて、フランス語でどうやって綴る言葉でしょうか…? 「cœur à cœur」 と「être 」 だそうです。 フランス語で書くと、ハッ!とすぐ反応できる方も多いのでは? あとは、化粧品メーカー「エテュセ」。 私はカタカナ表記で馴染んでいましたが、ある時「Et tu sais ?」から来ていると知り、目から鱗。 私たち日本人が想像するフランス語の響きを使った、なんだか可愛いブランド名。そんな印象を受けます。 このようなブランド名は良いとして、フランス語学習にはカタカナで書かれた発音が、時に正しい発音を妨げる時があります。 例えば、Yves Saint-Laurentの発音はどうでしょうか? 日本では「イヴサンローラン」というカタカナ表記でお馴染みですが、フランス語発音だとだいぶ変わりますね。 https://youtu.be/oIYk0F3ZoOA (0:41にYves Saint Laurent) フランス語の読み方は、規則を覚えればカタカナでルビを振らずとも読めるものがほとんどです。 そしてそれを覚えると、今度は耳で聞いた時にフランス語で書けるようになります。 勉強の幅が広がりますね、 少しずつ、一緒に勉強していきましょう(^-^) Twitter:@Tomomi32198808 フランス語 Fri, 12 Jul 2019 12:06:35 +0900 フランス語教室::トモミのフランス語教室 松尾 トモミ 中級以上の方向け(楽しい)勉強法。 http://cyta.jp/french/b/91335 <br>大分県在住、フランス語コーチの松尾トモミです。 今日はオススメのフランス語学習法をご紹介します。 全てiPhoneやスマホで出来るものです。 ボキャブラリーを増やしたい中級以上方にオススメの方法です。 1.アプリの活用 Le monde、Le Figaro、Libération などの新聞系。 BFMTVやFrance Inter、France Infoなどのテレビ・ラジオ系。 あとはYouTubeなどの娯楽系…あらゆるジャンルのアプリを私はダウンロードしています。 フランスの今を知ることができてボキャブラリーも増える。まさに一石二鳥! 2.iPhone、スマホの使用言語をフランス語に変更 初めは使いづらさを感じるかと思いますが、だんだんと頭と目が慣れてきます。 3.Siri、Google翻訳とフランス語でおしゃべり 私はiPhone ユーザーなので、Siriを活用しているのですが、正しく発音出来ていないとSiriから容赦なく「Je ne comprends pas.」(わかりません。)と言われます笑 たまにロマンティックな返事をしてくるので、それもまたお楽しみです! Google翻訳については、自分の考えたフランス語を入力してみて下さい。(音声入力でも^ ^) 100%の翻訳能力はないと思いますが、日本語で翻訳された時に大体の意味が通じていると嬉しいものです。 自信にもつながりますよ。 その他オススメのアプリやYoutuberなど、ご興味がありましたらレッスンでお伝えします。 フランス語学習、楽しんで続けていきましょう! Twitter:Tomomi32198808 フランス語 Wed, 03 Jul 2019 12:17:00 +0900 フランス語教室::トモミのフランス語教室 松尾 トモミ フランス語の語彙、どうやって増やしていますか? http://cyta.jp/french/b/91304 <br>フランス語の勉強を始め、文法も一通り学び、ここまでは順調にきたのだけれど、なんだか最近「単語が覚えられない、どうしたものか」と思っている方はいらっしゃいますか。テキストのダイアローグを読んで、解説や和訳を読んで、単語の一覧を見て勉強したはずなのに、頭の中に勉強した単語がまったく残らない、、、 私が入門や初級の生徒さんのレッスン時にお勧めしているのは「日記を書くこと」です。入門の方であれば、単語だけで書くことができる予定表や買い物リストでもよいでしょう。 私が「日記を書くこと」を勧める理由は、大きく分けて次の2点に集約されます。 1) 自分自身が日常的に行うこと。 2) 日常会話で使う単語がほとんどである。 「日記を書くこと」の良い点は、箇条書きで書けるということでしょう。日本にいるとフランス語で文章を作ることが億劫に感じられるかもしれませんが、箇条書きであれば、メモを取る程度の労力で、能動的に作文することができます。このように能動的に作文することで、単語や文法が定着するのが早くなります。また、朝食を取るprendre le petit déjeunerや就寝するse coucher (ou aller au lit)、食べたものの素材(du pain, du lait, du café, des fruits)、交通手段(prendre le train, le bus)など 毎日繰り返される行為が主体となるため、否が応でも定着します。 初級以上の生徒さんには、過去形を使ってもらい、状況説明や自分の考えなどを加えて、より詳細に書いてもらいます。その他に旅行や行事の思い出話なども話してもらったりしています。 アウトプットする前にインプットすることはもちろん大切なのですが、アウトプットを前提としてインプットするとより効率的です。つまり既存のテキストを勉強して知識を増やしていくことも大切ですが、自分が実際に使うことを前提に辞書を引いて新しい単語を覚えていく方が、より効率的に習得できます。 ある程度ヴォキャブラリーが増えてきたら、今度は、膨大な単語の中から何を優先的に学んでいくのが良いのかを決めることも大切になってくるでしょう(興味がある分野や専門分野のヴォキャブラリーなど)。 最近、書店でまさに「日記を書く」ことをテーマにしたフランス語学習の本をいくつか見かけました。是非、手に取って参考にしてみてはいかがでしょうか。 フランス語 Tue, 02 Jul 2019 14:31:56 +0900 フランス語教室::フランス語教室マカロン 鈴木 早苗 キッカケは何? http://cyta.jp/french/b/91248 <br>初めまして。 大分県在住、フランス語コーチの松尾トモミと申します。 初めてのブログ、何を書こうか迷いましたが、本日は私がフランス語学習をはじめたキッカケをお話ししたいと思います。 パティシエという言葉が日本でも市民権を得始めた高校生の頃、御多分に洩れず私もフランス菓子のなんともキラキラした存在に夢中になっていました。 大学へ進み、第二外国語で迷わずフランス語を履修したのもそこが原点。英語があまり得意ではなかったにも関わらず、フランス語の授業はいつもワクワクしていました。 その後はフランス語を独学でしつつも、フランスはおろか、海外旅行へ行くこともなく過ごしていました。 しかし25歳の頃急に「フランスへ旅行したい!」と思い立ち、父と母を誘いパッケージツアーにバタバタ申し込み。パスポートも持っていない海外旅行経験ゼロのファミリー、大英断です! 今考えると、じっくり考えていたら実行まで至っていなかった気がします。 つくづく勢いって大事ですね。 フランスに着いてからは、目に映る全てのものが感動で、とにかくなんでも写真!写真!写真! 道端のスズメでさえ、「フランスのスズメだ!」と感動して写真を撮ったものです笑 写真を見返すと、なぜこれを撮った?と当時の私に聞いてみたくなるものが沢山あります。 スーパーで買って食べたお菓子の袋も「フランス語が書いてある!」と当たり前のことに感動し、日本まで大切に持って帰り一語一語辞書で訳してはニンマリしていました。 たとえそれが「chocolat au lait (ミルクチョコレート)」と書いてあるだけでも、訳せた自分に感動。フランスに関する全てのことが私の好奇心をくすぐったのです。 そこから本腰を入れて勉強し、フランス語検定3級を取得し1年後には渡仏。日本に帰国している時もありつつ、延べ4年間フランスに滞在しました。 そんな今でも新しい単語に出会うとワクワクします。まだまだ上達したいって思います。 フランス菓子が好き。と言っていた高校生の頃の自分が、フランス語を話せるようになった今を見たらきっとビックリするでしょう。 フランス語をいつか始めたいと思っている方、迷っている方、今始めましょう! 1年後にはフランス語の発音の仕方や文法が身についています。 「バゲットは女性名詞、クロワッサンは男性名詞なんだよ。」と自信を持って言えるようになります。 語学って才能とは無関係に、やればやるだけ上手くなります。 「フランス語ってなんかカッコいい!」それだけでも始めるには十分すぎる理由です。 一緒にフランス語を楽しみましょう! 体験レッスンでお会いできるのを楽しみにしています。 Twitter:Tomomi32198808 フランス語 Sat, 29 Jun 2019 22:56:36 +0900 フランス語教室::トモミのフランス語教室 松尾 トモミ 文章の骨格とは? http://cyta.jp/french/b/91132 <br>梅雨の真っ只中の憂鬱な天気ですが、フランス語の勉強は順調に進んでいますか?前回の投稿から5ヶ月ぶりでご無沙汰しておりました。 私がサイタで開講してから早くも6ヶ月が経とうとしていますが、様々な生徒さんとの出会いがあり、楽しくレッスンをさせて頂いています。中学生から70代の方までの幅広い年代の、そして専門分野やお仕事も多様な生徒さんたちとの雑談も楽しく、毎回レッスンが楽しみです。この夏から留学してしまう生徒さんが3人もいて、彼女たちとはとても短いお付き合いとなってしまいますが、フランスへ行ってもそれぞれ専門の分野で頑張ってくれることでしょう! サイタでの個人レッスンを始めるにあたって、生徒さんがどのような動機でフランス語を勉強しようとするのかに非常に興味がありました。蓋を開けてみれば、本当にみなさんそれぞれ違っていました。学校の授業の補習、仏検対策、仕事で必要、留学準備、学ぶ喜び etc.。レベルも面白いくらい全員違っていて、まったくの初心者から仏文科で修士号を取得している方まで千差万別です。 レッスン内容の要望は、生徒さん側に明確にある場合とそうでない場合がありますが、何度かレッスンをしているうちに皆さん要望が出てきますし、こちらからも頻繁に問いかけをしています。 その際に、どのレベル、どの内容においでも、皆さん最終的には文法の知識がいかに大事かに気付いて文法の説明を希望されます。確かに言われていることを理解するにも、自分の意思を伝えるために文章を組み立てるにも文法の知識が必要になってきます。 それから、文章を組み立てるために必要な単語が必要です。ボキャブラリーは豊かであればあるほど良いですが、そうでなくとも自分の言いたいことを伝えるための最低限の単語量がないといけないですね。 この2つが文章を組み立てる上での骨格になるでしょう。確かに旅行などではブロークンでも通じると思います(私の英語は文法の知識がなくてブロークンで通じないこともあります、笑)。でもせっかく時間をかけて勉強をしているので、正統派のフランス語が使えるようになる方がよいのではないでしょうか? 本当に多くのテキストが出版されていますが、どのテキストにも共通して言えることは、文法と単語量が増えるように工夫されていることでしょう。ぜひ文法を疎かにせず、フランス語を磨いて下さい! このブログで、勉強方法やレッスン内容なども紹介していきます。それからもう少しマメに投稿できるようにしなければ! Bonne journée à tous et à la prochaine! フランス語 Mon, 24 Jun 2019 10:33:21 +0900 フランス語教室::フランス語教室マカロン 鈴木 早苗 フランスと日本の繋げている観光スポット http://cyta.jp/french/b/90594 <br>Bonjour à tous, 最近天気が良くなってもうすぐ夏の感じですね〜 夏休みなら皆は海を想像していますね? フランスでも夏休みは海のことですがそれだけでなく観光するも楽しんでいます。 日本でも、フランスでも、海と観光の場所がたくさんありますが両方を混ぜるはフランスのモン・サン・ミシェルと日本の厳島(宮島)ですね。 実はあの2つの場所が繋いでいます。知ってましたか? 宮島に着くときにフェリを出てから小さなボードがあります。そこで姉妹都市のような紙があります。 たしかに宮島の鳥居はモン・サン・ミシェルと同じ感じがしますね。両方がスピリチュアルな場所で海に囲めている。そして両方も首都から5時間 1つの違いはアクセスですね。フランスのモン・サン・ミシェルをアクセスするために橋を渡って(歩く、電気バス、馬!)教会に行きます。前では島の足まで車で行けられたが今はパーキングに駐車してバスに乗る。 宮島ではフェリしかありませんのでもっと自然な感じですね。 お寺だけでなく小さい町も楽しめるからもっと遊べる。ですが鹿にエサを与えるのなら気をつけてね〜 宮島にもモン・サン・ミシェルにも美味しいものが食べれる。カツ丼やモミジ饅頭、オムレツやスイーツ。 フランスと日本をつなぐ観光スポットを今度の夏休みに楽しもう! À la prochaine. フランス語 Mon, 27 May 2019 12:32:13 +0900 フランス語教室::Alfieriフランス語講座 Alfieri Fabien フランスオペラ http://cyta.jp/french/b/88169 <br>最近、フランスオペラなど、フランス語で歌を歌われる方に歌詞や発音のコーチをする機会があります。 僕は音楽をやっていて、譜面上でのリズムやテンポに合わせてのレッスンができるので、よりわかりやすくできているかなと思います。 今まであまり意識はしてきませんでしたが、ポップスでのフランス語の歌い方と、オペラでの歌い方は全然違うので、ただ単に正しい発音でレッスンをすればいいというわけでもなく、いかに響かせるかが重要になるオペラでは別のアプローチをしていくことが必要です。 僕自身、レッスンを通して学ぶことがたくさんあり、逆にそれを自分の音楽に活かしたりということができ、とても有意義な試みだなと感じています。 声楽でのフランス語のレッスンをご希望の方にも、丁寧にやらせていただきますので、お申込みお待ちしています^^ フランス語 Wed, 20 Feb 2019 12:57:13 +0900 フランス語教室::CouCou フランス語講座 土屋 飛鳥 知られていないパリ http://cyta.jp/french/b/87719 <br>私はパリ生まれ、パリで育った本物のパリジャンです。 パリの観光ガイドにはあんり書いていませんが、13区には横浜のようなチャイナタウンが有ります。 看板や飾りは全部中国のものなので、街を歩くとに別の国にいるようです。 13区の建築はパリの中心地とは違います。 パリの中心にはオスマンの建物数多くありますが、13区はタワーやモダンな建物があります。 13区のにあるミッテラン図書館にはぜひ行ってみて下さい。 建物は本の形をしています。図書館はその地下にあります。 ミッテラン図書館の周りは以前と比べるとだいぶ変化しました。 大学があり、大通りがつくられました。セーヌ川沿いも綺麗に整備されており、学生達はそこで軽い食事を取ったり、散歩をしたりします。 まるで小さなニューヨークです。 ミッテラン図書館の前には橋があります。その橋を通ったらベルシー公園に入ります。 パリの大きい公園の一つで、普通の公園ではありません。 橋の左側にはベルシースタジアムがあります。テニスやバスケの試合がよく行われる場所です。 その隣には財務省があり、ミッションインポッシブルに出てた建物です。 反対側にはクール・サンテミリオンがあります。昔はフランス中からワインが集まった場所でした。 今はワインの樽の代わりにレストランや店があります。そして大きい映画館もあります。 散歩や、映画鑑賞や、スポーツを見るためにはベルシーはオススメです。 あまり知られていないパリを探検したかったら、是非13区、12区に足を運んでみて下さい。 フランス語 Mon, 04 Feb 2019 09:37:04 +0900 フランス語教室::Alfieriフランス語講座 Alfieri Fabien Bonne année 2019 ! http://cyta.jp/french/b/87001 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2019/1/7/50745/120.jpg" alt="" /><br>あけましておめでとうございます。 2019年のスタートですね! 今年も皆様にとって実りの多い一年になりますように。 Bonne année 2019 à vous tous ! Que cette nouvelle année soit remplie d'heureuse expérience, d'amour, et de bonne santé ! フランス語 Mon, 07 Jan 2019 22:46:51 +0900 フランス語教室::フランス語レッスン 井上 和寿子 ガレット・デ・ロワ http://cyta.jp/french/b/86999 <br>Bonjour, フランスでは一月は特別なんです。お正月の後に公現祭(1月6日)が行われます。 神話ではその日に東方の三博士がキリストに会いに行きました。 公現祭の時には、ガレット・デ・ロワをいくつかに切り分け、家族みんなでシェアします。 ガレット・デ・ロワはフランジパーヌっていう潰したアーモンドのクリームが入ってるパイ菓子です。 その中にはフェーヴ(小さなフィギュア)が入ってます。 切り分けたガレットを家族にランダムに与えるために、家族の一番若い子がテーブルの下に隠れて、ガレットをもらう人を示します。 フェーヴが入ってるスライスをもらえると、あなたは今日の王様か王女様です。 1月末くらいまでずっとガレット・デ・ロワを食べます。 家族や友達や同僚などいろんな人とガレット・デ・ロワを食べるイベントをするので、何回やっても飽きません♪ みなさんはガレット・デ・ロワを食べたことはありますか? フランス語 Mon, 07 Jan 2019 21:15:57 +0900 フランス語教室::Alfieriフランス語講座 Alfieri Fabien フランス語を学ぶ意味って何だろう? http://cyta.jp/french/b/86904 <br>2019年があけました。皆さんは、2019年をどのような年にしたいとお考えですか?気持ちも新たに、新しいことに挑戦できる年になると良いですね。私の趣味は庭いじりと読書なのですが、今年は健康維持のためのスポーツに挑戦したいと思っています! 私がスクールを開校したのは昨年の年の瀬ですが、年末とお正月休みの間に、どんなレッスンができるだろうかとシミュレーションしていました。そのついでに自分にとってフランス語って何なのだろうかと考えました。フランス語を勉強し始めた頃のこと、在仏中フランス語やフランス人、フランスの社会と正面から対峙して考えたこと、外国人としてフランス語を話す際の品位ある語彙の選択とは?、フランスに暮らす日本人としてどう振る舞うべきなのか?など。フランス滞在中は多民族・多宗教国家であることを実感する場面に無数に直面し、5年くらいは本当に毎日が新鮮でしたが、滞在が長くなるにつれ、思いも複雑になっていきました。また日本へ戻ってきて、フランス語が必要なくなった生活にもかかわらず、なぜフランス語を勉強し続けているのかについても考えました。 端的に言えば、自分の視野が広がるような異なる文化に接していたいということになるのでしょう。また英語は出来て当たり前の世の中になりつつある中で、フランス語などの他の言語も出来れば自分のアドヴァンテージの一つになり、将来的な選択肢も広がります。前途洋々たる若者だけでなく、視野を広げるという意味では、あらゆる年代の方がもっと英語以外の言語を教養として身につけてくれれば、日本ももう少し変わるのではないかと思うことが多々あります。 日本では外国語といえば米語や英語で、英語圏で起こっていることが世界の標準だと思っている節がありますが、実際には世界には様々な言語や国、文化、慣習などが存在します。フランス語を話す国もたくさんあり、その国や地域独自のフランス語の表現が存在しており、それだけでも多彩な文化に触れることができます。アフリカの言語には時制が「現在」しか存在しないようだとか、17世紀のフランス語の発音がカナダのケベックのフランス語に残っているとか、たくさんの縦横の繋がりが発見できます。特にアフリカにはフランス語を公用語の一つとしている多くの国があります。これからアフリカでビジネスを考えている方にとっては、重要な言語の一つとなるでしょう。またヨーロッパの国々では17世紀以降、王室の人々はフランス語を流暢に話し、外交語として国際機関の多くが英語と並びフランス語を公用語としています。 皆さんはなぜ、フランス語を学ぶのでしょうか、またはこれから学ぼうと思っているのでしょうか。 新年が明けたばかりのとても良いタイミングだと思いますので、よかったら考えてみてくださいね。 次回以降のブログでは、フランス語を学ぶ中で私が個人的に経験してきたことについて、少しずつ触れていこうと思います。フランス語を学ぼうと思案中の方の参考になれば幸いです。 それでは、2019年が皆さんにとって幸多き年でありますように! フランス語 Fri, 04 Jan 2019 15:52:16 +0900 フランス語教室::フランス語教室マカロン 鈴木 早苗 はじめまして http://cyta.jp/french/b/86689 <br>はじめまして!フランス語のスクールを開講したばかり、新米ホヤホヤの鈴木です。 フランス語を学ぶ受講生の皆さんが、フランス語を通して新しい発見ができるようお手伝いできればと思っております。サイタの受講生は入門の方が多いということですが、最初のフランス語の先生との出会いがその後の運命を決めてしまうこともあるため、緊張半分ですが、皆さんのフランス語への興味を一緒に育てていければと思っております。どうぞよろしくお願いします。 ところで、今まで個人でフランス語を教えてきた経験の中で多かった要望が、ネイティヴの先生の授業で理解できなかった内容を日本語で説明して欲しいということと、会話の練習に付き合って欲しいというものでした。このように初級から中級程度のレベルの方には、ご希望に応じてカスタマイズした内容でレッスンを進めていきます。 まったくの初学者の方は、ABCからじっくりと、そして特に伸ばしたい部分を興味のある分野の内容と関連させて、身になるフランス語を一緒に勉強していきましょう! 折角の個人レッスンですので、わがままなくらいに要望をご提案ください。フランス語に対する印象が漠然としていて要望がなければ、もちろんそれでも構いません。体験レッスンの申し込みを心よりお待ちしています。 2019年がみなさんにとって良い年でありますように。 Je vous souhaite une très heureuse année 2019. フランス語 Wed, 26 Dec 2018 12:43:57 +0900 フランス語教室::フランス語教室マカロン 鈴木 早苗 Kamikochi http://cyta.jp/french/b/84167 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/24/48272/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/24/48273/120.jpg" alt="" /><br>J’ai fait des randonnées à la montagne,le 23 à Yakedake. Il y a 10 ans, j’y suis allée avec mon mari. À ce moment-là, on a l’impression de cette montagne a été facile d’aller jusqu’àu sommet. Mais cette fois, on a mit 8h pour aller-retour qui a été tellement fatigant. Pourtant, la vue du sommet a été magnifique. On a pu voir les Hotaka et autres montagnes qui sont très connus. En plus, j’ai visité une amie française qui m’a donné des cours de français quand j’était à Matsumoto. Je suis très contente de ces dérniers 2 jours. Est-ce qu’on va parler votre souvenir en français ? 23日は焼岳に登山へ行ってきました。10年前に行った時と比べると、だいぶ体力の衰えのせいかつかれました。往復で8時間もかかってしまいました。ただ、頂上からの景色は素晴らしく、穂高連峰、槍などが望めました。 松本在住時にフランス語を習っていた方のお宅でお昼ご飯を頂き、おしゃべりして、この2日間は、とても良い思い出になりました。 皆さんもフランス語で、楽しい思い出話しをしてみませんか? フランス語 Mon, 24 Sep 2018 17:41:26 +0900 フランス語教室::旬の楽しいフランス語教室 越前 旬 仏検3級 過去問より どういたしまして http://cyta.jp/french/b/83438 <br>Je vous en prie. ジュ ヴ ゾン プリ Merci に対して「どういたしまして」と言いたいときはこの表現が一般的です。 丁寧な表現ですので、目上の人に使っても問題ありません。 De rien. ドゥ リヤン 少しくだけた言い方ですが、こちらも同じ意味で使えます。 フランス語 Fri, 31 Aug 2018 13:18:07 +0900 フランス語教室::フランス語教室マリアンヌ 植村 実江 新学期 C'est la rentrée ! http://cyta.jp/french/b/83385 <br>Bonjour à tous ! = みなさん、こんにちは! この夏、フランス語コーチとしてサイタに登録した井上です。 受講生の皆さんがフランス語を使って新たな発見をされたり、ユニークな視点を身につけられるためのサポート役になりたいと思います。どうぞよろしくお願いします。 さて、8月も終わりに近づき、子供の頃は一年で一番キライだった8月31日も目の前に! 今日はフランスの学校の夏休み期間についてのお話です。 フランスの夏休み= Les vacances d'été は7月の初めから8月の終わりまでほぼ丸々2ヶ月間あります。 もちろん、夏休み中なのに登校日などという中途半端なシステムは存在しません! しかも、なんと!!! 夏休みの最終日は8月31日ではないのです。 毎年基本的に9月1日までが夏休みなのです! 今年のように9月1日前後に週末が挟まると、新学期は9月3日からだったり、去年は9月1日が金曜だったので、2日(土)、3日(日)もお休みで、9月4日の朝までは夏休みでした! なぜフランスでは9月1日まで夏休みかというと・・・ 「8月31日に鬱になる子供を救うため!」とフランス的ジョークで応えたいところですが(笑)、 本当の理由は9月1日が先生たちの新年度に向けた準備の日だからです。 他の欧米諸国と同じで、フランスも9月に学年度が新しくなります。 そのため9月1日にまずは先生たちが新学年度に向けての準備のため出勤します。 夏休み期間中にその準備をしないところがフランスらしいですね。 しかも準備といってもたった1日でやるんですね〜(笑) でも、この『9月1日はまだ夏休み!』という事実が子供心に与える余裕はかなり大きいと感じます。 8月31日ギリギリまで遊んで、9月1日に気持ちを切り替えればいいのです。 同じ1日ですが、この差はなぜかとてつもなく大きい!!! 余談ですが、私が住んでいたブルターニュ地方では、ヴァカンス期間の表記の仕方はこんな感じでした。 ↓ 《Période des vacances d'été : Vendredi 5 juillet au lundi 3 septembre》 〈夏休み期間:7月5日金曜日から9月3日月曜日まで〉 アレ!? 金曜に始まって月曜まで休みなの???と最初は戸惑いましたが、実際は7月5日金曜までは授業があり、放課後からヴァカンス入り!ということらしいです。 そして9月3日の朝も授業が始まるまでは、まだギリギリ休み期間にカウントして良い。 ということらしいです(笑) ヴァカンスを愛する国民性がこういうところにも現れるんですねー。 ちなみに、新学期という単語は La Rentrée. 1) 活動の再開=(新年度の)開始。休み明け。という意味の他に、 2) 帰ること、戻ること、返り咲き。 3) (金銭の)受領、といった意味もあります。 Bonne rentrée à tous ! (みなさん、良い Rentrée を!) フランス語 Thu, 30 Aug 2018 10:58:58 +0900 フランス語教室::フランス語レッスン 井上 和寿子 仏検を受ける方へ http://cyta.jp/french/b/83252 <br>自分は2,3年フランス語を勉強したけれど、実際にはどれ位のレベルにいるのだろうか? とフランス語の学習者は 自問自答することがあると思います。 そんな時は臆せず仏検を受けてみて下さい。 仏検は5級,4級、3級までの試験ではフランス語を話せるかどうかを試されているというより、初級者にはフランス語の文法的な決まりを知っているかどうか、会話を聞いて何を話しているのか正確に理解できるかどうかの試験です。 ですから5級、4級、3級にはオーラルの試験はありません。まだ話すことに自信がなくても大丈夫です。準2級からオーラルの試験がありますが、まず書いてあるフランス語を読まされ、そこで発音のチェックがなされ、簡単な絵を見ながら、何人の子供が遊んでいますか?など簡単な質問に答えることを要求されます。2級ではそれがもうちょっとレベルの高い質問になります。もう絵を見ることはなく、日曜日には大体どんなことをして過ごしますか?など自分の生活や趣味のことなどが話せる能力が求められます。 準一級、一級では、部屋に入る前に紙を渡され、私が受けたときは3項目のお題がフランス語で書かれてあり、 社会的な問題が2題、職場で同じ仕事でも男性より女性の給料が安いことがありますが、どう思いますか? 環境汚染に関心がありますか? 三つ目があなたは宝くじを買ったことがありますか? 私は勿論宝くじについて話しました。 と言っても私は一度も買ったことがなかったので、私は全くの現実主義者で全くロマンチストではないからと言い、どうしてそうなったかをちょっとした創作も交えて話しました。合格しました。別に創作しても咎められませんから~ 話せればいいのです。 一級の時は 地球温暖化についてどう思いますか? 経済戦争という言葉を耳にしますか?どういうことだと思いますか? 三つ目は教育現場で日本では余り先生が外国人であるということが少ないと思いますが、どう思いますか? 私は英語のことを取り上げ英語を話す能力がアジアでも格段に低い日本の場合は特に ネイティブの先生が必要だと思うし、早急に考えるべきと話しました。合格しました。 いづれにせよ、内容がいいというより、フランス語がちゃんと話せているかをみるので、意見が審査員と異なっていても大丈夫です。いつも三つ目が私には話しやすい項目でした。 もう10年も前のことです。皆さんも頑張って下さい! 応援します。 フランス語 Sun, 26 Aug 2018 14:01:48 +0900 フランス語教室::話すフランス語 堀 由美子 フランス旅行会話 便利なフレーズ 「おつりはいりません」 http://cyta.jp/french/b/83058 <br>タクシーを利用した時、おつりをチップとして差し上げたいときはこう言います。 Gardez la monnaie. ギャルデ ラ モネ garder そのまま持っておく、保つ、守る monnaie おつり、小銭 もっと簡単な言い方もあります。 Gardez tout. ギャルデ トゥ tout 全部 もちろん、一部をあげたいときは使えませんが・・・ フランス語 Mon, 20 Aug 2018 16:07:57 +0900 フランス語教室::フランス語教室マリアンヌ 植村 実江