声楽::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpの声楽の講師がブログを通じて、声楽情報を発信! レッスンを休止いたします http://cyta.jp/singing/b/78016 <br>現在、講師多忙の為 通常のレッスン及び体験レッスンを 休止させて頂きます。 また再開できるようになりましたら 再度お知らせさせて頂きますので ご了承ください。 声楽 Sun, 04 Feb 2018 22:32:52 +0900 声楽教室::Aikoの声楽教室 高樹 亜衣子 レッスン可能日時変更について & あだ名について http://cyta.jp/singing/b/77964 <br>2月になりました。 新年になって早2ヶ月目。すでに正月が遠くに感じます。 そしてありえない寒さが続いておりますが、 バレンタインも近づき、世の中は甘〜いチョコレートムード♪ ・・・あ、特にレッスンにはチョコレートなどお持ちいただかなくていいですよ! と先手を打っておきたいと思います。代わりに、ステキな歌声をくださいますか?(笑) はい、橋本尚平です! 今回は、「4月1日」からのレッスンにつきまして、大切なことをお伝えしたいと思います。 これまでは、原則としては、 * 月曜日、金曜日、土曜日  (いずれも 14:00 - 21:00 ) がレッスン可能日時でした。  ↓ ↓ ↓ ↓  4月からは、私事都合により、 誠に勝手ながら、 * <b><span style="color: #ff0000; font-size: 1.1em;">木曜日、土曜日</span></b>  (いずれも <b><span style="color: #ff0000; font-size: 1.1em;">15:00 - 21:00 </span></b>) をレッスン可能日時とさせていただきます。 (他の曜日は、基本的には NG とした上で、もしなんとか都合が合いそうならレッスンを行えます。) ご不便をおかけしますが、ご理解いただけますと幸いでございます。 また、もうひとつございます。 これは半ばどうでも良いことです! 生徒の皆さんは、私のことを「先生」とお呼びになりますが、 もし、よろしければ、 「しょうちゃん 」とか、 「はしもっちゃん」とか、 そんな感じであだ名で呼んでいただけますでしょうか!?(^^) ・・・いえ、深い意味はございません。 無理に変えていただきたいわけでもございません。 お好きなように呼んでいただければ嬉しい、というのが基本です。 でも、もし前向きに考えていただけるなら、あだ名だと喜びます! 私は、皆さんのことは、 (形式的には生徒なのかもしれませんが)同じ「音楽仲間」だと認識しております。 それと、皆さんとの心の距離を縮めたい、との思いも強いので、 「先生」と呼ばれるのは、ちょっと苦手・・・というか小っ恥ずかしくなるのですね(^^;) ですから、私としては、あだ名でお呼びいただけると、この上なく嬉しいのです♪ でも再度申すと、無理強いは致しません。 呼びたいように呼んでいただく、というのが基本でございます。 皆さんも、「橋本にはこう呼んで欲しい!」というのがあったら、 気兼ねなくおっしゃってくださいね♪ 以上です! 何かご不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねくださいね♪ 声楽 Thu, 01 Feb 2018 15:55:38 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 2018年2月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/77775 <br>コーチの新田知代です。 2018年2月のレッスン時間について掲載いたします。 1月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30  ※2/1、2/2は除きます 上記の他、土日につきましては 2/10(土)15:00~20:00 2/12(日)10:00~20:00 2/24(土)14:00~20:00 2/25(日)10:00~20:00 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! ★★ライブお知らせ★★ Drop Out Vol.16 @仙台enn2nd 昭和歌謡バンドにてライブに出演いたします! 2018/2/3(土) OPEN 18:20/START 18:30 前売\1500(D別) 当日\2000(D別) ボーカルの一人として出演いたします。 前回仙台Hookでは「昭和アイドルの曲なのに熱い」「こんなはずじゃなかった」「最高」とお褒めのお言葉を頂いた圧巻のパフォーマンスをお送りしましたが、今回もあの曲であんな事をやります! 誰もが耳にした事のある名曲、思わず口ずさむというより大合唱、一緒に踊りませんか? 絶対に期待を裏切らない、盛り上げ係の新田マジックをご覧ください。 詳細は新田までお問い合わせください☆ 【詳細お待ち下さい☆】 2018/3/4(日)@Music&Bar Six69Nine 声楽 Sun, 21 Jan 2018 19:53:42 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 ライブありがとうございましたの巻(2017.12.31) http://cyta.jp/singing/b/77568 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/1/8/42788/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/1/8/42789/120.jpg" alt="" /><br>改めまして、明けましておめでとうございます。 昨年は多くの方にページにアクセス頂きありがとうございました。 サイタでの講師を始めて1年、皆様を出会えた事に感謝いたします。 本年も皆様にとって良いレッスンをお届けできるよう日々精進してまいります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 2017年12月は人生で初!となるカウントダウンライブへ出演させて頂いておりました。 バンド始動以来、仙台でご活躍中の Rose'n'Ciel というバンドさんがいらっしゃるのですが 12/31に主催でカウントダウンライブを行うという事でお声かけ頂き出演させて頂きました。 年末にライブハウスで多くの方がバンドと共に年を越したいと思わせるくらい魅力に溢れたバンド、Rose'n'Ciel。 そのライブを盛り上げる一員として共にライブをする事が出来、非常に光栄な機会でした。 本当にありがとうございました。 また他の出演者の皆様も粒ぞろいで非常にレベルが高く、沢山の刺激を受けたライブでした。 写真の一枚目はRose'n'CielのギタリストでありリーダーのSadyさんと一枚! めっちゃ男前でしょ、イケメンでしょう? 【2017/12/31 セットリスト】 1.瑠璃色の地球(松田聖子) 2.ジュゴンの見える丘(Cocco) 3.oath sign(LiSA) 4.イカサマカジノ(ひとしずくP)  └ゲストシンガー:ヤスシ セットリストのコンセプトは「2017年から2018年への祈りと選択肢」。 是非それぞれ原曲で聴いてみて感じてみてください。 ラストの曲ではゲストシンガーに同じ出演者であるヤスシさんをお迎えしてデュエットさせて頂きました。 ヤスシさんね、ずっとずっと一緒に歌ってみたかったシンガーさんだったのですよ。 ようやく同じライブに出演する事ができまして一緒に歌わせて頂きました。 ヤスシさんのカッコイイハイトーンと力強い歌声、私の妖しく誘う歌声で非常に盛り上がる一曲となりました。 ヤスシさん、本当にありがとうございました。 2枚目の写真はライブ中の模様。歌のコンセプトに合わせて色気のある衣装にいたしました。 今年も様々なライブ出演の予定が決まりつつあります。 一つ一つ大事に出演して参りますので、機会がありましたら歌声を聴きにきて頂ければと思います。 【ちょっとしたアドバイス】 ライブに出る、という事は自分自身の歌のレベルをあげるだけでなく、 歌の内容や自分が表現したいこと、アピールしたい事に合わせて衣装やメイクを勉強する必要もあります。 男性・女性限らず、日常の自分とステージに立つ自分は別物。 華麗なドレスを身にまとう日があればより現実に近い洋服や着物を着て歌う事もあります。 ご自身がステージに立とうという時、是非「自分は何を表現したいのか」考えながら 自分自身のトータルプロデュースを行ってみてください。 声楽 Mon, 08 Jan 2018 20:11:15 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 2018年、もう一週間!?早い!! http://cyta.jp/singing/b/77544 <br>橋本尚平でござる! あけましておめでとうございます! 旧年中は、皆さんと愉しくレッスンライフを送ることができて、とても嬉しく思いました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします♪ 思えば、2017年は、私の中では割と地味な一年でしたね。 いや、いろいろあったはあったんですが、あんまり印象に残らない年でした。 う~む、たぶん、刺激に対する感度が落ちてきているのかもしれませんね(^^;) そのせいか、一年がとても早く感じました。 秋くらいにいったん長く感じるときがありましたが、やっぱり時が過ぎ去るのはあっという間です。 このエントリを書いている現在、日付は1/7。 もう1/7ですよ!!一週間経ちます。 ところで、1/1も瞬く間に終わって1/2になりましたが、 「これがあと364回で2019年になるんだな~」 って思って、一年の短さを痛感せずにはいられませんでしたね(笑) 雪が降って桜が咲いて若葉が茂ったと思ったら梅雨が来て蒸し暑くなって夏が一瞬で終わって台風が来て寒くなって葉が散ってクリスマスが過ぎてあけおめ・・・。 「今日なし得ることを明日に延ばすなかれ」といいますが、まさにそのとおり。人生のロスタイム、実に無駄に感じませんか? 今年は、一日一日やるべきことをこなして、明日は明日の時間にし、ロスタイムを少しでも減らせたら良いなあと考えています(^^)/ 話が前後しますが、1/1、 名古屋市西区にある「伊奴神社」へ行ってきました。 「伊奴」って何て読むと思います? なかなか読みにくいですよね。 ヒントは、今年の干支です。 ・・・・ ・・・はい、 答えは、「いぬ」です! 「伊奴神社」は、割と閑静な住宅街にありますが、12年に一回だけ人がわんさか集まる神社です。 だいたい1時間くらい並んで、ようやくお詣りすることができました。 いや~、とにかく寒かったですねー! 冷たい風がピシーッと肌に突き刺さり、カッサカサになりました(^^;) とある小学生くらいの子がお父さんと口喧嘩していたんですが、その会話が面白かったです。 子「こんなに人がいるなら並びたくない~」 父「12年に一度しかない凄いことなんだぞ!」 子「だったらまた12年後に来ればいいじゃん!」 どうです?面白くないですか? その子、12年後だと、もう大人でしょうね。 仮に今10歳だとすれば、22歳になっています。ガールフレンドと手を繋いで、寒い中 体を寄せ合っているかもしれませんね! ・・・というわけで、だらけてきたし眠いので、もう終わりにします。 皆さん、今年も一年、ハッスルしていきましょう!! どんな成長ぶりを見せていただけるのかと、心ワクワクしております♪^^ 声楽 Sun, 07 Jan 2018 02:53:23 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 2018年1月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/77533 <br>開けましておめでとうございます、コーチの新田知代です。 2018年1月のレッスン時間について掲載いたします。 1月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 1/8(月・祝)10:00~20:00 1/13(土)17:00~20:00 1/14(日)15:00~20:00 1/20(土)10:00~20:00 (2月については1月中旬ごろにお知らせします) 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! ★★ライブお知らせ★★ Drop Out Vol.16 @仙台enn2nd 昭和歌謡バンドにてライブに出演いたします! 2018/2/3(土) OPEN 18:20/START 18:30 前売\1500(D別) 当日\2000(D別) ボーカルの一人として出演いたします。 前回仙台Hookでは「昭和アイドルの曲なのに熱い」「こんなはずじゃなかった」「最高」とお褒めのお言葉を頂いた圧巻のパフォーマンスをお送りしましたが、今回もあの曲であんな事をやります! 誰もが耳にした事のある名曲、思わず口ずさむというより大合唱、一緒に踊りませんか? 絶対に期待を裏切らない、盛り上げ係の新田マジックをご覧ください。 詳細は新田までお問い合わせください☆ 声楽 Sat, 06 Jan 2018 20:25:41 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 年末年始の休校日のお知らせとブツブツブツブツ・・・・ http://cyta.jp/singing/b/76938 <br>声楽コーチの橋本尚平です! はや師走・・・。今年も残り1ヶ月を切りました。この一年も、本当あっという間でしたね! 最近、ちょっとのんびりしていると、すぐに時間が過ぎていくのをありありと感じます(笑) 早速ですが、事務的な連絡をさせていただきます。年末年始の開校日についてです。 年末年始は、 <b><span style="font-size: 120%;">12/30(土) ~ 1/3(水)</span></b> を<b><span style="color: #ff0000;">完全休校日</span></b>といたします。 上記の期間はレッスン(臨時を含む)を行えませんが、メッセージやレッスン予約等のやり取りに関してはできる限り対応いたしますので、お気軽にお送り付けくださいませ。 また、(これはいつもどおりのことですが)開校日であっても、私に予定が入ってしまった場合、レッスンができなくなる可能性もあります。お早めにレッスンを予約していただけると幸いでございます♪ さて、ここから話が変わります。 今月、私の生徒の皆さんには、クリスマスの曲に取り組んでいただいております。これは、「季節の文化的なイベント」として取り上げているつもりです。 ところで子どもの頃、(例えば私が保育園児の頃ですと)、ひなまつり、つくし採り、子どもの日、七夕、虫捕り、水風船、水あそび、運動会、いも掘り、七五三、そしてクリスマスに雪遊びと、季節に合わせて色々な「たのしみ」がありました。 皆さんはどうでしょう?無かったでしょうか、そういうこと。 飾らずに心の底から笑ったり泣いたりして、自然や文化と触れ合いました。その中で心身を育み、成長してきました。人と人とのふれあいもありました。 しかし、大人になってから、自然や文化に触れる機会がめっきり減り、いつしか、無機質な毎日を過ごしていることに私は気付きました。 今は特に、物事に何でもかんでも意味を持たせようとする時代です。何かにつけて、「なぜそうするのか」「なぜそうなるのか」「何のために」「それで今後はどう進展させるのか」と・・・。 少なくとも私は、そう考えたくなくても、自然にそういう思考回路が働いてしまっている。・・・これは、一音楽人として恥ずべきことだと、最近思うようになりました。 自然や文化は、パッと見、生産性がありません。音楽ひとつとっても、製造業のように、これといった付加価値を生み出すわけではない。乱暴に言えば、無くてもさほど問題のないものです。 だけど、私は音楽や自然・文化は必要なものだと、薄々感じ初めています。「なぜ?」と言われてもなかなか答えは出ませんし、これから先も出せるかどうか分かりませんが、「触れるべきものである」という気がしています。 ・・・話が飛躍してきたので元に戻しますと、生徒の皆さんに、クリスマスの曲に取り組んでいただいているのも、文化について少しでも触れていただきたいからです。 生徒さんの中には、曲を通してクリスマスを祈念することに喜びを感じている方もいらっしゃいます。子どもの頃を思い出しもしますし、いろいろとワクワクも増えますよね。 自然や文化にあやかったイベントは、もっともっと必要だと思います。 今の日本では、何もかもが意味づけされてしまっていて、商業色に染まり切っています。それは文化的イベントでも祈念でもなく、単なる紛い物。 10月にはハロウィーンも盛り上がっていましたが、あれもそうですね。インスタ映えや自己承認欲求を満たそうと求める若者たちの心に、商業者たちがつけこんでいるようにしか見えませんでした。 ミーハーな若者たちは、当然、面白くて盛り上がりそうな情報に、いとも簡単に乗ります。でもこれは、文化的なことではなく、商業的な一面にすぎないのではないでしょうか。     <span style="font-size: 80%;">※ ただ、そういう商業的な面があっちゃいけないとは思いません。それをきっかけにして街が明るくなったり、本来のものを追求する人が出てくるのは良いことだと思います。でも、そんな人、ほとんどいないだろうなあ・・・。</span> クラシックや日本の伝統文化に触れようとする人が依然として少ないのも、もしかしたらそういったところにヒントがあるかもしれませんね。 では、最後に、今回のぼやきにも少し関係するような内容の記事をご紹介しておきます。とても面白かったので、よろしければ目を通されてみてください。 ⇒ 「<a href="https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00533331-shincho-bus_all" target="_blank">「どうしたら頭が良くなるのか」――養老先生はこう答えた</a>」 そしてもうひとつ! クリスマスキャロル“Les anges dans nos campagnes”もご紹介して、今回は終わりとしましょう! <iframe width="400" height="225" src="https://www.youtube.com/embed/M5rIUMnXfx0" frameborder="0" gesture="media" allow="encrypted-media" allowfullscreen></iframe> 声楽 Sun, 03 Dec 2017 18:19:27 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 12月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/76627 <br>こんにちわ、コーチの新田知代です。 2017年12月のレッスン時間について掲載いたします。 12月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 12/2(土)10:00~15:00 12/16(土)10:00~22:00 12/23(土)10:00~20:00 12/24(日)15:00~20:00 ★年末状況★ 12/29(金)10:00~22:00 12/30(土)10:00~22:00 12/31(日)お休み (1月年始については12月中ごろにお知らせします) 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) 【新カリキュラムお知らせ】 通常レッスンでは歌うための体や喉の使い方のレッスン、どのように歌えば楽に歌えるかに注意を置いて行っております(歌の基礎ができ次第表現力をつけるレッスンへ移行) 基礎だけじゃ物足りない、一歩先に前へ進みたい方へおすすめのレコーディングレッスンを12月より開始いたします。 <こんな方へオススメ> ・自分の歌が成長しているか比較・確認したい ・自分の歌を音源として持っていたい ・自分の声のコンプレックスをなくしたい ・オーディションで使う歌の音源が欲しい 等々、詳細はお問い合わせください! そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! 尚、11月で受けてみたい日程がありましたらお気軽にお問い合わせください! 声楽 Sat, 18 Nov 2017 15:30:27 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 11月2日(万霊節)に歌いたくなる歌曲 http://cyta.jp/singing/b/76262 <br>声楽コーチの橋本尚平です!ついに11月になってしまいましたね。「しまいました」というと、なんだか嫌がっているように聞こえるかもしれませんが、つくづく、「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」だなあと思います。2ヶ月後は新年ですもんね。 さて、皆さんは、ハロウィーンはどのようにお過ごしになりましたか?仮装などされましたか?いや、声楽では、歌うときには心で仮装することができますから、特別に仮装しなくても大丈夫でしたね!(←何が大丈夫!?笑) ハロウィーンが日本ではやり出したのは、まだ最近のことのようです。元々は、古代ケルト人が秋の収穫を祝って悪霊を追い払うといったものだったらしいですが、アメリカでは宗教色が薄らいで大衆的なものとなり、日本では、1990年代の東京ディズニーランドのイベントにより徐々に浸透し、今ではインスタ映えしそうな仮装大会を主として盛り上がるようになった模様です。 キリスト教のお祭りだと言われることも多いですが、実はそれは誤りのようです。しかし、キリスト教における「諸聖人の日」が、ハロウィーンに続く時期である11月1日に設定し直されたことから、あたかも、キリスト教の一環行事として見られてしまっているところがありますね。なぜ「諸聖人の日」がハロウィーンに重ねられてしまったのかは、諸説があるようですので、興味があれば調べてみると良いでしょう。 以上が、今回のお話の導入部分です。(すみません長々と 笑) 今回注目したいのは、ずばり11月2日です。この日は「諸聖人の日」の翌日にあたり、「万霊節(ばんれいせつ)」あるいは「死者の日」と呼ばれています。 万霊節は、キリスト教で死者の魂に祈りを捧げる日とされています。そのため、よく、キリスト教の "お盆" と言われることがあるみたいですね。そう考えると理解もしやすいかなと思います。 そこで、11月2日になると歌いたくなるのが、Richard Strauss の「Allerseelen」という曲です。日本語訳すると、ずばり「万霊節」。死んでしまった恋人を想う、大変美しくも切ない曲です。 では、日本語訳付きで歌詞をご紹介しましょう(だいぶ意訳してあります)。 <center> Allerseelen 万霊節 Stell' auf den Tisch die duftenden Reseden, テーブルの上にかぐわしい木犀を置き、 Die letzten roten Astern trag' herbei, 最後の赤いアスターを添えて、 Und lass uns wieder von der Liebe reden, もう一度、愛を語り合おうじゃないか。 Wie einst im Mai. 五月のあの時のように。 Gib mir die Hand, dass ich sie heimlich drücke, 手をいいかい。そっと握らせてほしい。 Und wenn man's sieht,mir ist es einerlei, 誰が見ていようが、僕は構いやしない。 Gib mir nur einen deiner süssen Blicke, 一瞬だけでも、君のやさしい瞳を見せてほしい。 Wie einst im Mai. 五月のあの時のように。 Es blüht und duftet heut' auf jedem Grabe, 今日はどの墓でも花が咲いて、香りが漂っている。 Ein Tag im Jahr ist ja den Toten frei; 年に一度の日、そう、死者が解き放たれる日だ。 Komm an mein Herz, dass ich dich wieder habe, おいでこの胸に。もう一度君と過ごしたいよ。 Wie einst im Mai. 五月のあの時のように。 (Hermann von Gilm) (ヘルマン・フォン・ギルム、訳:橋本尚平) </center> このように、恋人のことを想っている歌詞ですが、恋人でなかろうとも、親友、親など、誰か大切な人を想って、読み変えて解釈するのも良かろうと思います。 以上、今回は万霊節に歌いたくなる歌曲のご紹介でした! 下にテノールお二方の動画を貼り付けましたので、良かったら是非聴かれてみてくださいね。同じ曲ですが歌い方が異なるので、音楽的にも興味深く聴けるかと思います。私にとっては、上の方の歌は深みがありしみじみと伝わってきて、下の方の歌はストレートにガツンと伝わってきます。 <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GEbX1PScWSA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LBAbcS6jv8Q" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe> これからますます寒くなってきますので、あたたかくしてお過ごしください。乾燥対策もしていきましょう♪ 声楽 Wed, 01 Nov 2017 00:02:06 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 ライブありがとうございましたの巻 http://cyta.jp/singing/b/76087 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/23/41588/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/23/41589/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/23/41590/120.jpg" alt="" /><br>久しぶりのブログとなっていました。 事前に告知したものの他にもライブ出演したものがありましたので ちょっとご紹介していきたいと思います。 =========== 8/27(日)石巻トリコローレ音楽祭 (http://tricolore-fes.com/) 昭和歌謡バンドで出演いたしました。 石巻でムードのある昭和歌謡曲を演奏して参りました。 お客様も曲をご存知の方が多かったのか手拍子や一緒に口ずさんで下さる方がいて よく晴れた空に音楽が溶け込んでゆく良い一日でした。 息の合った仲間たちとフルメンバーで演奏できた満足のいく日! 音楽は気の合う仲間と演奏するのが一番楽しい!! 【セットリスト】 チェリーブラッサム(松田聖子) オリビアを聴きながら(杏里) 天城越え(石川さゆり) 想い出の九十九里浜(Mi-ki) 少女A(中森明菜) なんてたってアイドル(小泉今日子) =========== 8/30(水)君と月を見てる。vol.9 昭和歌謡編 Cafe de Lucille(https://cafe-de-lucille.jimdo.com/) 普段、フルートを吹いていらっしゃる方をなんとピアニストさんとして一緒に出演! ピアノと声楽の組合せによるしっとりとした歌唱で昭和の名曲たちを演奏いたしました。 私の原点である声楽の歌い方で大好きな楽曲をお届けできた事が嬉しかったライブでした。 サプライズで友人が来てくれたり、大きな大きな花束を頂いたり。。。 中には涙しながら聴いて下さる方もいらっしゃって、心のデトックスになれた日だったのかなと思っています。 【セットリスト】 ねむの木の子守歌(吉永小百合) みずいろの手紙(あべ静江) 悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ) 見上げてごらん夜の星を(坂本九) 瑠璃色の地球(松田聖子) =========== 10/22(日)【crescent's AIs Band Presens「南瓜」 ~Trick or Treat~】 enn3rd(http://livehouseenn.com/) 仲良くして下さってるキーボーディストさんに誘われて4曲歌わせて頂きました! 10月という事でハロウィンパーティ! 私は最近ハマったミニオンズの着ぐるみを着て歌唱しました。 ミニオンズかわいい!大好きです笑 【セットリスト】 バナナの歌(ミニオンズ) Mrs.パンプキンの滑稽な夢(ハチ) One Light(Kalafina) (ending) HALLOWEEN PARTY(HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA) ゲストという事だったのですがせっかくなのでバンドのボーカルさんとコラボさせて頂きました。 特にMrs.パンプキンの滑稽な夢はせっかくなのでコーラスアレンジを入れてよりポップに可愛らしくも少しだけ気味悪くなるように仕上げてみました。 歌うだけでなく、コーラスアレンジを作るのもライブに向けた下準備の醍醐味だったりします。 One Lightは私の大好きなアーティストさんの楽曲から選ばせて頂きました。 とても前向きになれる曲でお気に入りです。Hikaruパートを歌わせて頂きましたよ。 =========== 細かく一つ一つ想い出を振り返っていきたいのですが中々難しい。。。 小さなステージも大きなステージも大事にしていきたいと思います。 いつも聴いて下さるお客様の心に寄り添う事ができるステージを! 声楽 Mon, 23 Oct 2017 16:21:42 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 11月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/76081 <br>こんにちわ、コーチの新田知代です。 2017年11月のレッスン時間について掲載いたします。 11月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 11/5(日)10:00~20:00 11/11(土)10:00~14:00、17:00~22:00 11/12(日)10:00~12:00 11/23(木・祝)10:00~12:00、15:00~20:00 11/26(日)16:00~20:00 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! 尚、12月で受けてみたい日程がありましたらお気軽にお問い合わせください! (10月の土日は聖歌隊のスケジュールで埋まってしまっている為かなり厳しいです、ごめんなさい) 声楽 Mon, 23 Oct 2017 14:59:42 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(六) http://cyta.jp/singing/b/75755 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41279/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41280/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75754"><u>(五)</u></a>のつづきです。これで最後です。 4、突き当たりの角を曲がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41279/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへD" width="334" height="500" /> 5、少し行くと、左手にゴールです!! <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41280/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへE" width="500" height="334" /> 以上です♪ ほかにも行き方があるかもしれませんが、是非参考になさってみてください。 なお、グローバルゲートには、あらゆるショップやガーデンがあります。レッスン前後に、色々見て回ってみてはいかがでしょうか。また、オフィスやホテルも入っていますし、大和ハウスさんの高層ビルも隣り合わせになっています。迷い込んでレッスンに遅刻なさらないよう、お気をつけくださいませ。 なお、10月2日のエントリー「<a href="https://cyta.jp/singing/b/75680"><u>「目的」を持って学ぶことの大切さ</u></a>」をまだご覧になっていない方は、是非お読みくださいませ。けっこう大切な内容ですヨ♪ 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:58:52 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(五) http://cyta.jp/singing/b/75754 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41276/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41277/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41278/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75753"><u>(四)</u></a>までは、名古屋駅から徒歩での行き方をご案内してきましたが、(五)以降はあおなみ線を利用した場合の行き方です。 【名古屋駅からあおなみ線を使って行く場合】 1、「ささしまライブ」駅からグローバルゲートまでの連絡通路(歩行者デッキ)を進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41276/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへA" width="334" height="500" /> 2、ホテル・オフィスの入口が見えても入らず、右手前方へ向かいます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41277/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへB" width="500" height="334" /> 3、ビル伝いにひたすらまっすぐ進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41278/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへC" width="334" height="500" /> 画像が3つまでしか載せられないので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75755"><u>(六)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:53:22 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(四) http://cyta.jp/singing/b/75753 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41274/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41275/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75752"><u>(三)</u></a>のつづきです。 10、突き当りの角を曲がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41274/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ10" width="500" height="334" /> 11、少し行くと、右手にゴールです!! <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41275/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ11" width="500" height="334" /> <a href="https://cyta.jp/singing/b/75754"><u>(五)</u></a>以降は、あおなみ線から行くルートでご案内します! 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:48:12 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(三) http://cyta.jp/singing/b/75752 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41271/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41272/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41273/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75751"><u>(二)</u></a>のつづきです。 7、エスカレーターで2階へ上がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41271/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ7" width="500" height="334" /> 8、2階に上がると、正面に入口が見えます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41272/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ8" width="500" height="334" /> 9、この入口をくぐり、アトリウムをまっすぐ進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41273/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ9" width="500" height="334" /> 画像が3つまでしか載せられないので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75753"><u>(四)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:42:17 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(二) http://cyta.jp/singing/b/75751 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41268/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41269/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41270/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75749"><u>(一)</u></a>のつづきです。 4、直進します。ライブとかやっていると、長蛇の列があります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41268/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ4" width="500" height="334" /> 5、少し行くと、今度は左手に道がありますので、そちらへ曲がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41269/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ5" width="500" height="334" /> 6、また少し歩くと、右手にグローバルゲートがあります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41270/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ6" width="500" height="334" /> 画像が3つまでしか載せられないので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75752"><u>(三)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:35:28 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(一) http://cyta.jp/singing/b/75749 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41264/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41265/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41266/120.jpg" alt="" /><br>10月、早くも二度目の投稿です! 金山のアスナルから笹島のグローバルゲートに移転した、バルドン・フィルステージさん。本日(10/5)オープンということで、下見第二弾! 実際にお店まで行ってみましたので、名古屋駅から徒歩で行く場合と、名古屋駅からあおなみ線を使って行く場合の、2通りの行き方をご案内したいと思います。  ※「あおなみ線を使って行く場合」だけご覧になる方    >> <a href="https://cyta.jp/singing/b/75754"><u>(五)へどうぞ!</u></a> 【名古屋駅から徒歩で行く場合】 1、名鉄レジャックのある「笹島」交差点から南へ進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41264/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ1" width="500" height="334" /> 2、「下広井町」交差点がありますが、惑わされずスルーします。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41265/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ2" width="500" height="334" /> 3、やがて、右手 鉄道高架下に西への道があるので、そこへ入ります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41266/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ3" width="500" height="334" /> 画像が3つまでしか載せられないようなので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75751"><u>(二)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:17:42 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 「目的」を持って学ぶことの大切さ http://cyta.jp/singing/b/75680 <br>10月になりました!だいぶ涼しくなり、秋も深まってきていますね。肌寒い日も出てきて、風邪に注意したいところです。 さて今回は、声楽を学ぶ上での「目的」というものについて、語っていきたいと思います。 ではまず、質問です。 Q.あなたは、どういったことが目的で声楽を学んでいますか? ・・・即答できた方は素晴らしいです!しかし、即答できなかった方は、一度、胸に手を当てながら、ゆっくり答えを見出していただきたいと思います。 「たかが趣味で習っているのに、目的なんて必要か?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、全く何も目的がないのであれば、わざわざ私のところに習いに来られるはずがありません。目的は絶対にあります! どんな小さなことでも良いです。 * 歌って元気になるため * 声楽を通して楽しい毎日を送るため  * 先生に歌を褒められ、自分に自信をつけるため ...etc. といったことでも構いません。 小さい目的が分かったら、次に少し大きな目的を考えてみましょう。 * いずれ人前で歌い、凄いと思ってもらうようにするため * 人に歌を聴かせ、楽しんでもらうため * 声楽を通し、音楽文化への理解を深めるため ...etc. 自分ならではの目的を考えてみましょう。 最後に、もっと大きな目的を考えてみます。ここまでくると、目的というより「夢」の要素も大きくなってきますね。 * 声楽を通し、日本の文化の発展に働きかけるため * 仕事として(あるいはプロとして)歌っていくため * 歌で人々を救い、また必要とされる存在になるため ...etc. ・・・いかがでしょうか。 大きくなるほど、目的を抱く人は減ってくるものと思います。でも、小さな目的でも良いので、まずは何か、きちんと把握することから始めることが大切です。 というのも、<b><span style="color: #d60f0f;">目的なく(といいますか、目的を把握せずに)学んでいると、それがヤル気の低下や上達スピードの低下につながってしまう</span></b>からです。 料理を例にとりますと、誰かのために作るときは、そうでないときよりもヤル気が湧くものです。「美味しいと思われたい」という理由で、念入りにつくることでしょう。もしお偉いさんにふるまうのであれば、「失礼がないように」と意気込み、事前につくり方をきちんと調べ、相手の好みまでリサーチするかもしれません。そして、一流の料理人になるのであれば、日々研究や訓練を積み、プライドをもって絶えず邁進していくはずです。 声楽についても、同じようなことが言えます。 学ぶ目的や理由が大きいほど、ヤル気も大きくなり、長続きしやすくなります。うまくいかなかったときも、それをバネにしたりできます。そして何より、<b><span style="color: #d60f0f;">「目標」というものを立てやすくなります</span></b>。 1968年、アメリカの心理学者ロックは、「目標設定理論」というものを提唱しました。目標とモチベーションの関係性に触れている理論です。これによると、<b><span style="color: #d60f0f;">明確で高い目標のほうが、モチベーションの向上につながる</span></b>ということです。 目標は、目的なしには設定できません。「何かを成し遂げる」「何かのために」という目的があるからこそ、「ゴールラインは?」「いつまでにどの程度?」といった目標を考えることができます。 目的は、無理矢理つくるものではありませんが、もしあまりはっきりしない場合は、ゆっくりと考えをまとめて編み出してみましょう。何もないことは、決してないはずです。 もし、明確な目的が出てこなかったり、より大きい目的を持ちたいと思ったりしたときは、コンクールや演奏会の機会を自ら設けてみるのも良いですね。例えば「コンクールに出る」となれば、目標から計画へと落とし込みやすくなります。 「人前での演奏はちょっと・・・」というのであれば、YouTubeやSNSなどに投稿したり、家で録音して食事やドライブで流したり、はたまた、レッスンをちょっとした縛りプレイ(※)で受けてみたりするのも良いかと思います。  ※ 縛りプレイについては、「<a href="http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%B8%9B%E3%82%8A%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4"><u>ニコニコ大百科(仮)</u></a>」に意味が載っています。元々はゲームで使われる言葉です。 「どうしたら良いのか」と迷われる場合は、私が相談に乗りますので、お気軽にどうぞ♪ ともかく、何も目的を把握できないと、「何のために声楽をやってるんだろう」「このまま続けて意味あるんかな」と思いかねません。レッスン界隈では、そういう人は長続きしないと考えられています。 声楽は、一朝一夕で上達できる性質ではないものです。<b><span style="color: #d60f0f;">自分のヤル気やモチベーションを維持・向上させてくれる “何か” があるからこそ、長い目で頑張れ、いずれ成長した自分自身に気付くことができるのです!</span></b> 声楽 Mon, 02 Oct 2017 18:01:38 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 レッスン会場に関する新たな情報 http://cyta.jp/singing/b/75346 <br>最近だいぶ涼しくなり、秋めいてきました。が、この連休、台風が予定をかきまわしています(^^;) さて、9月は二度目の投稿です。といいますのも、昨日、新たな情報を手に入れたからです!とても嬉しいお知らせです。 まず前置きですが・・・、一つ前と二つ前の記事で、これまでの金山の会場(バルドンさん)に代わる、栄と今池の新たな会場をご紹介しました。その2箇所は以下のとおりです。 ⇒ <a href="http://nagoya.miyajimusic.jp/"><u>【栄】ミュージックコミュニティミヤジ名古屋センター</u></a> ⇒ <a href="http://k-hall.server-shared.com/1top.html"><u>【今池】芸音 CORE SELDOM</u></a> すでに、上記の会場の予約をとった方もいらっしゃいまして、「少し時間がかかる」「部屋の響き方がどんな感じか気になる」という声から、逆に「便利!」といった声まで挙がっています。 そしてですね! 今回の新情報とは、ずばり、 <span style="font-size: 120%; color: #d60f0f;"><b>金山のバルドンさんの移転先【笹島】でも、レンタルスタジオを使用することができる!</b></span> といったものです!! 10月にバルドンさんが笹島に移転するわけですが、前回までの記事では、レンタルスタジオがあるのか無いのかまだ分からない旨を書きました。 しかし昨日、スタッフさんから、移転先でもレンタルスタジオを貸し出す旨を、使用料の覚書と共に教えていただけたのです。 つまり、笹島でもレッスンを行うことができる!ということです。「笹島だといいのになあ」という声もあったので、本当良かったなあと思います。 料金につきましては、ここに書くのは気が引けるので書きません。是非スタッフさんにお尋ねいただければと思います(そのうち公式サイトも更新されるかもしれませんね♪)。 お部屋の数は今よりも増えます。覚書を見ると、電子ピアノorアップライトピアノorグランドピアノがあるお部屋の数は8でした(ほか2)。お部屋の広さは様々ですが、実際に使用するまでは、声楽レッスンにふさわしいか否かは何とも言えません。なので、ちょっとドキドキワクワクしています♪ というわけで、以上、会場に関する新たな情報でした。 これで会場候補は、笹島、栄、今池の3つになりました。「ここ!」と一箇所に決めるよりは、それぞれ試しに使ってみて、交通の便、雰囲気、ニーズ等に合わせて選ぶと良いかなと思います♪ 今回は以上です。 声楽 Sun, 17 Sep 2017 00:51:40 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 レッスン会場と、レッスン受講におけるマナーについて http://cyta.jp/singing/b/75043 <br>​9月になりました。今年も残り4ヶ月となり、そろそろ年末が視界に入る頃です。でも、まだまだ残暑の厳しい日が続きますので、皆さん、ご自愛ください。 さて、今回の内容は、大きく分けてふたつです。ひとつは10月以降の会場に関する情報、もうひとつはレッスンのマナーについてです。とはいえ、そんなに堅い内容ではないので、肩の力を抜いてお読みいただければと思います♪ <h2><b><span style="font-size: 110%;">1、レッスン会場について</span></b></h2> <a href="https://cyta.jp/singing/b/74523"><u>前回の記事</u></a> にて、会場の移転についてのお話をしました。現在利用させていただいているバルドンさんが9月24日をもって終わり、10月より笹島に移転するという内容です。 移転先では、今のところ、私たちのような外部のコーチ・生徒がレッスンとして使えるお部屋があるかどうか未定です。そのため、代わりとなるスタジオを選定する必要があり、すでに栄と今池を候補に挙げました。 とりあえずその2箇所のスタジオをサイタのサイト上に登録しましたので、ご確認いただければ幸いです。スタジオのある店舗名は、栄が「ミュージックコミュニティミヤジ名古屋センター」さん、今池は「芸音 CORE SELDOM」さんです。 ⇒ <a href="http://nagoya.miyajimusic.jp/"><u>【栄】ミュージックコミュニティミヤジ名古屋センターの公式サイトはこちら</u></a> ⇒ <a href="http://k-hall.server-shared.com/1top.html"><u>【今池】芸音 CORE SELDOM の公式サイトはこちら</u></a> 交通の便は、これまでと比較すると、悪くなってしまう方が多いかと思います。私もです。こりゃ、私がもっとレッスンの質を高めて、その通学の苦労が報われるようにしなければなりませんね!(^^) <h2><b><span style="font-size: 110%;">2、レッスン受講におけるマナーについて</span></b></h2> これまでお話ししたことがあまりありませんが、レッスンを受ける際のマナーというものをお伝えしたいと思います。 私の生徒の方々は、業種・業態を問わず全員社会人経験がおありなので、基本的な部分は大丈夫であろうと思いますけれどもね。 ●挨拶は「おはようございます」が主流 会ったときと別れるときには、お互いがきちんと挨拶をすることが最低限のマナーです。でも実は、音楽界や芸能界などでは、会ったときには、時間がいつであれ「おはようございます」と言い合うのが習慣となっています。 その理由には諸説ありますが、その日のタスクの開始時間を一日のスタートとみなすため、というのが有名かなという気がします。ほか、「こんにちは」「こんばんは」の場合は「ございます」が付けられず、それでは目上に失礼なので「おはようございます」だけを使うようになった、という説もあります。音楽界もですが、芸能界はことさらに上下関係が厳しいですからね。 とはいえ、私のレッスンでは、「こんにちは」などの一般的な挨拶で構いません♪でも、業界人らしく、是非「おはようございます」を使ってみませんか? ●開始時間ピッタリに開始できるようにする 例えば、16:00にレッスンを開始する予定であれば、16:00に来ては遅いですよね。できれば5分前、どうしても予定が詰まっているなら、せめて1分前には会場に着き、スタンバイしておきたいものです。これは生徒のみならず、コーチも同様です。 スタジオのほうの都合で時間ピッタリに始められない場合は、正直、致し方がありません。でも、この場合であっても、待っている時間を有効に使っていきたいものですね。 万が一、1分でも遅刻しそうな場合は、必ず私までご一報くださればと思います。そしてできれば、レッスンには余裕を持って来られるよう、あらかじめ計算してスケジュールを立ておきましょう。 ●会場到着が早すぎるのはNG 私のレッスンの場合は全て貸しスタジオですから、これについてはほとんど問題にならないかと思います。が、一応書いておきましょう。 もし今後、固定店舗型あるいは講師宅でのレッスンを受ける機会があれば、あまり早く着かないようお気を付けください。一般的には、上にも書いたように、5分前に来訪することがマナーです。というのも、早すぎると、相手を焦られせてしまったりする原因になるからです。 早めに会場に着きそうな場合、付近で少し待機するくらいがちょうど良いかと思います。ただ、貸しスタジオの場合はどうせ時間までは入れないので、否が応でも待たざるをえませんね。 なお、芸能界の稽古や収録とかだと、後輩は先輩よりも早く来ていないといけないといった厳しいマナーもあるみたいですね。先輩の動きを常に予測しないと、先輩より遅く来てしまいかねませんねぇ(^^;) ●前の人のレッスンが終わっていない場合 前の人のレッスンが時間になっても終わっていなければ、ノックを3回ないし4回して(2回だとトイレノックです)、静かに入っていきましょう。レッスンに熱が入っていると、先生側も時間を忘れることが度々あります。 なお、先生によっては、「早く来た場合は黙って教室に入れ」という方もいます。そういう場合は、そのやり方に従ったほうが良いでしょう。じゃないと、「まだ来ていない」という扱い(要は遅刻扱い)をされたりしてしまいます(体験済みですアハハ 笑) また、大学時代あったのは、1番目の人のレッスンが5分遅れで始まって10分遅れで終わり、次の人でさらに5分遅れ、その次の人も5分・・・。で、一番最後の生徒は開始時が60分近く遅れる・・・といった事態です。私は幸い経験していませんが、嘆いていた学生がいましたねぇ(^^;)バイトが入ってたらどうするんでしょうかね? とりあえず、長くなっても退屈してしまうと思いますから、以上といたします。 マナーというのは、考えるほど細かい点が気になり、キリがありません。日頃から、できるところから少しずつ身にしみこませていって、自然とできるようになるといいですね。 また、マナーって、時と場合によって変わりますよね。コレと決めつけてがんじがらめになると、逆に重圧になってしまって、自分も相手も不快に感じてしまいます。だいたいのマニュアルはあると思いますが、臨機応変に対応し、その場その場でお互いが気持ち良く過ごせるようにすることが、本当のマナーであるように思います。 では、素敵な秋をお過ごしください♪ 声楽 Fri, 01 Sep 2017 01:36:14 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平