声楽::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpの声楽の講師がブログを通じて、声楽情報を発信! 12月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/76627 <br>こんにちわ、コーチの新田知代です。 2017年12月のレッスン時間について掲載いたします。 12月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 12/2(土)10:00~15:00 12/16(土)10:00~22:00 12/23(土)10:00~20:00 12/24(日)15:00~20:00 ★年末状況★ 12/29(金)10:00~22:00 12/30(土)10:00~22:00 12/31(日)お休み (1月年始については12月中ごろにお知らせします) 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) 【新カリキュラムお知らせ】 通常レッスンでは歌うための体や喉の使い方のレッスン、どのように歌えば楽に歌えるかに注意を置いて行っております(歌の基礎ができ次第表現力をつけるレッスンへ移行) 基礎だけじゃ物足りない、一歩先に前へ進みたい方へおすすめのレコーディングレッスンを12月より開始いたします。 <こんな方へオススメ> ・自分の歌が成長しているか比較・確認したい ・自分の歌を音源として持っていたい ・自分の声のコンプレックスをなくしたい ・オーディションで使う歌の音源が欲しい 等々、詳細はお問い合わせください! そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! 尚、11月で受けてみたい日程がありましたらお気軽にお問い合わせください! 声楽 Sat, 18 Nov 2017 15:30:27 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 11月2日(万霊節)に歌いたくなる歌曲 http://cyta.jp/singing/b/76262 <br>声楽コーチの橋本尚平です!ついに11月になってしまいましたね。「しまいました」というと、なんだか嫌がっているように聞こえるかもしれませんが、つくづく、「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」だなあと思います。2ヶ月後は新年ですもんね。 さて、皆さんは、ハロウィーンはどのようにお過ごしになりましたか?仮装などされましたか?いや、声楽では、歌うときには心で仮装することができますから、特別に仮装しなくても大丈夫でしたね!(←何が大丈夫!?笑) ハロウィーンが日本ではやり出したのは、まだ最近のことのようです。元々は、古代ケルト人が秋の収穫を祝って悪霊を追い払うといったものだったらしいですが、アメリカでは宗教色が薄らいで大衆的なものとなり、日本では、1990年代の東京ディズニーランドのイベントにより徐々に浸透し、今ではインスタ映えしそうな仮装大会を主として盛り上がるようになった模様です。 キリスト教のお祭りだと言われることも多いですが、実はそれは誤りのようです。しかし、キリスト教における「諸聖人の日」が、ハロウィーンに続く時期である11月1日に設定し直されたことから、あたかも、キリスト教の一環行事として見られてしまっているところがありますね。なぜ「諸聖人の日」がハロウィーンに重ねられてしまったのかは、諸説があるようですので、興味があれば調べてみると良いでしょう。 以上が、今回のお話の導入部分です。(すみません長々と 笑) 今回注目したいのは、ずばり11月2日です。この日は「諸聖人の日」の翌日にあたり、「万霊節(ばんれいせつ)」あるいは「死者の日」と呼ばれています。 万霊節は、キリスト教で死者の魂に祈りを捧げる日とされています。そのため、よく、キリスト教の "お盆" と言われることがあるみたいですね。そう考えると理解もしやすいかなと思います。 そこで、11月2日になると歌いたくなるのが、Richard Strauss の「Allerseelen」という曲です。日本語訳すると、ずばり「万霊節」。死んでしまった恋人を想う、大変美しくも切ない曲です。 では、日本語訳付きで歌詞をご紹介しましょう(だいぶ意訳してあります)。 <center> Allerseelen 万霊節 Stell' auf den Tisch die duftenden Reseden, テーブルの上にかぐわしい木犀を置き、 Die letzten roten Astern trag' herbei, 最後の赤いアスターを添えて、 Und lass uns wieder von der Liebe reden, もう一度、愛を語り合おうじゃないか。 Wie einst im Mai. 五月のあの時のように。 Gib mir die Hand, dass ich sie heimlich drücke, 手をいいかい。そっと握らせてほしい。 Und wenn man's sieht,mir ist es einerlei, 誰が見ていようが、僕は構いやしない。 Gib mir nur einen deiner süssen Blicke, 一瞬だけでも、君のやさしい瞳を見せてほしい。 Wie einst im Mai. 五月のあの時のように。 Es blüht und duftet heut' auf jedem Grabe, 今日はどの墓でも花が咲いて、香りが漂っている。 Ein Tag im Jahr ist ja den Toten frei; 年に一度の日、そう、死者が解き放たれる日だ。 Komm an mein Herz, dass ich dich wieder habe, おいでこの胸に。もう一度君と過ごしたいよ。 Wie einst im Mai. 五月のあの時のように。 (Hermann von Gilm) (ヘルマン・フォン・ギルム、訳:橋本尚平) </center> このように、恋人のことを想っている歌詞ですが、恋人でなかろうとも、親友、親など、誰か大切な人を想って、読み変えて解釈するのも良かろうと思います。 以上、今回は万霊節に歌いたくなる歌曲のご紹介でした! 下にテノールお二方の動画を貼り付けましたので、良かったら是非聴かれてみてくださいね。同じ曲ですが歌い方が異なるので、音楽的にも興味深く聴けるかと思います。私にとっては、上の方の歌は深みがありしみじみと伝わってきて、下の方の歌はストレートにガツンと伝わってきます。 <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/GEbX1PScWSA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LBAbcS6jv8Q" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe> これからますます寒くなってきますので、あたたかくしてお過ごしください。乾燥対策もしていきましょう♪ 声楽 Wed, 01 Nov 2017 00:02:06 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 ライブありがとうございましたの巻 http://cyta.jp/singing/b/76087 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/23/41588/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/23/41589/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/23/41590/120.jpg" alt="" /><br>久しぶりのブログとなっていました。 事前に告知したものの他にもライブ出演したものがありましたので ちょっとご紹介していきたいと思います。 =========== 8/27(日)石巻トリコローレ音楽祭 (http://tricolore-fes.com/) 昭和歌謡バンドで出演いたしました。 石巻でムードのある昭和歌謡曲を演奏して参りました。 お客様も曲をご存知の方が多かったのか手拍子や一緒に口ずさんで下さる方がいて よく晴れた空に音楽が溶け込んでゆく良い一日でした。 息の合った仲間たちとフルメンバーで演奏できた満足のいく日! 音楽は気の合う仲間と演奏するのが一番楽しい!! 【セットリスト】 チェリーブラッサム(松田聖子) オリビアを聴きながら(杏里) 天城越え(石川さゆり) 想い出の九十九里浜(Mi-ki) 少女A(中森明菜) なんてたってアイドル(小泉今日子) =========== 8/30(水)君と月を見てる。vol.9 昭和歌謡編 Cafe de Lucille(https://cafe-de-lucille.jimdo.com/) 普段、フルートを吹いていらっしゃる方をなんとピアニストさんとして一緒に出演! ピアノと声楽の組合せによるしっとりとした歌唱で昭和の名曲たちを演奏いたしました。 私の原点である声楽の歌い方で大好きな楽曲をお届けできた事が嬉しかったライブでした。 サプライズで友人が来てくれたり、大きな大きな花束を頂いたり。。。 中には涙しながら聴いて下さる方もいらっしゃって、心のデトックスになれた日だったのかなと思っています。 【セットリスト】 ねむの木の子守歌(吉永小百合) みずいろの手紙(あべ静江) 悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ) 見上げてごらん夜の星を(坂本九) 瑠璃色の地球(松田聖子) =========== 10/22(日)【crescent's AIs Band Presens「南瓜」 ~Trick or Treat~】 enn3rd(http://livehouseenn.com/) 仲良くして下さってるキーボーディストさんに誘われて4曲歌わせて頂きました! 10月という事でハロウィンパーティ! 私は最近ハマったミニオンズの着ぐるみを着て歌唱しました。 ミニオンズかわいい!大好きです笑 【セットリスト】 バナナの歌(ミニオンズ) Mrs.パンプキンの滑稽な夢(ハチ) One Light(Kalafina) (ending) HALLOWEEN PARTY(HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA) ゲストという事だったのですがせっかくなのでバンドのボーカルさんとコラボさせて頂きました。 特にMrs.パンプキンの滑稽な夢はせっかくなのでコーラスアレンジを入れてよりポップに可愛らしくも少しだけ気味悪くなるように仕上げてみました。 歌うだけでなく、コーラスアレンジを作るのもライブに向けた下準備の醍醐味だったりします。 One Lightは私の大好きなアーティストさんの楽曲から選ばせて頂きました。 とても前向きになれる曲でお気に入りです。Hikaruパートを歌わせて頂きましたよ。 =========== 細かく一つ一つ想い出を振り返っていきたいのですが中々難しい。。。 小さなステージも大きなステージも大事にしていきたいと思います。 いつも聴いて下さるお客様の心に寄り添う事ができるステージを! 声楽 Mon, 23 Oct 2017 16:21:42 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 11月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/76081 <br>こんにちわ、コーチの新田知代です。 2017年11月のレッスン時間について掲載いたします。 11月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 11/5(日)10:00~20:00 11/11(土)10:00~14:00、17:00~22:00 11/12(日)10:00~12:00 11/23(木・祝)10:00~12:00、15:00~20:00 11/26(日)16:00~20:00 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! 尚、12月で受けてみたい日程がありましたらお気軽にお問い合わせください! (10月の土日は聖歌隊のスケジュールで埋まってしまっている為かなり厳しいです、ごめんなさい) 声楽 Mon, 23 Oct 2017 14:59:42 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(六) http://cyta.jp/singing/b/75755 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41279/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41280/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75754"><u>(五)</u></a>のつづきです。これで最後です。 4、突き当たりの角を曲がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41279/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへD" width="334" height="500" /> 5、少し行くと、左手にゴールです!! <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41280/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへE" width="500" height="334" /> 以上です♪ ほかにも行き方があるかもしれませんが、是非参考になさってみてください。 なお、グローバルゲートには、あらゆるショップやガーデンがあります。レッスン前後に、色々見て回ってみてはいかがでしょうか。また、オフィスやホテルも入っていますし、大和ハウスさんの高層ビルも隣り合わせになっています。迷い込んでレッスンに遅刻なさらないよう、お気をつけくださいませ。 なお、10月2日のエントリー「<a href="https://cyta.jp/singing/b/75680"><u>「目的」を持って学ぶことの大切さ</u></a>」をまだご覧になっていない方は、是非お読みくださいませ。けっこう大切な内容ですヨ♪ 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:58:52 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(五) http://cyta.jp/singing/b/75754 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41276/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41277/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41278/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75753"><u>(四)</u></a>までは、名古屋駅から徒歩での行き方をご案内してきましたが、(五)以降はあおなみ線を利用した場合の行き方です。 【名古屋駅からあおなみ線を使って行く場合】 1、「ささしまライブ」駅からグローバルゲートまでの連絡通路(歩行者デッキ)を進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41276/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへA" width="334" height="500" /> 2、ホテル・オフィスの入口が見えても入らず、右手前方へ向かいます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41277/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへB" width="500" height="334" /> 3、ビル伝いにひたすらまっすぐ進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41278/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへC" width="334" height="500" /> 画像が3つまでしか載せられないので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75755"><u>(六)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:53:22 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(四) http://cyta.jp/singing/b/75753 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41274/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41275/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75752"><u>(三)</u></a>のつづきです。 10、突き当りの角を曲がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41274/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ10" width="500" height="334" /> 11、少し行くと、右手にゴールです!! <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41275/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ11" width="500" height="334" /> <a href="https://cyta.jp/singing/b/75754"><u>(五)</u></a>以降は、あおなみ線から行くルートでご案内します! 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:48:12 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(三) http://cyta.jp/singing/b/75752 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41271/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41272/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41273/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75751"><u>(二)</u></a>のつづきです。 7、エスカレーターで2階へ上がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41271/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ7" width="500" height="334" /> 8、2階に上がると、正面に入口が見えます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41272/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ8" width="500" height="334" /> 9、この入口をくぐり、アトリウムをまっすぐ進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41273/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ9" width="500" height="334" /> 画像が3つまでしか載せられないので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75753"><u>(四)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:42:17 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(二) http://cyta.jp/singing/b/75751 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41268/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41269/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41270/120.jpg" alt="" /><br><a href="https://cyta.jp/singing/b/75749"><u>(一)</u></a>のつづきです。 4、直進します。ライブとかやっていると、長蛇の列があります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41268/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ4" width="500" height="334" /> 5、少し行くと、今度は左手に道がありますので、そちらへ曲がります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41269/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ5" width="500" height="334" /> 6、また少し歩くと、右手にグローバルゲートがあります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41270/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ6" width="500" height="334" /> 画像が3つまでしか載せられないので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75752"><u>(三)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:35:28 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 新しきバルドン・フィルステージさんへの行き方(一) http://cyta.jp/singing/b/75749 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41264/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41265/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41266/120.jpg" alt="" /><br>10月、早くも二度目の投稿です! 金山のアスナルから笹島のグローバルゲートに移転した、バルドン・フィルステージさん。本日(10/5)オープンということで、下見第二弾! 実際にお店まで行ってみましたので、名古屋駅から徒歩で行く場合と、名古屋駅からあおなみ線を使って行く場合の、2通りの行き方をご案内したいと思います。  ※「あおなみ線を使って行く場合」だけご覧になる方    >> <a href="https://cyta.jp/singing/b/75754"><u>(五)へどうぞ!</u></a> 【名古屋駅から徒歩で行く場合】 1、名鉄レジャックのある「笹島」交差点から南へ進みます。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41264/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ1" width="500" height="334" /> 2、「下広井町」交差点がありますが、惑わされずスルーします。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41265/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ2" width="500" height="334" /> 3、やがて、右手 鉄道高架下に西への道があるので、そこへ入ります。 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/5/41266/1024.jpg" alt="名駅からバルドンさんへ3" width="500" height="334" /> 画像が3つまでしか載せられないようなので、<a href="https://cyta.jp/singing/b/75751"><u>(二)</u></a>につづきます。 声楽 Thu, 05 Oct 2017 18:17:42 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 「目的」を持って学ぶことの大切さ http://cyta.jp/singing/b/75680 <br>10月になりました!だいぶ涼しくなり、秋も深まってきていますね。肌寒い日も出てきて、風邪に注意したいところです。 さて今回は、声楽を学ぶ上での「目的」というものについて、語っていきたいと思います。 ではまず、質問です。 Q.あなたは、どういったことが目的で声楽を学んでいますか? ・・・即答できた方は素晴らしいです!しかし、即答できなかった方は、一度、胸に手を当てながら、ゆっくり答えを見出していただきたいと思います。 「たかが趣味で習っているのに、目的なんて必要か?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、全く何も目的がないのであれば、わざわざ私のところに習いに来られるはずがありません。目的は絶対にあります! どんな小さなことでも良いです。 * 歌って元気になるため * 声楽を通して楽しい毎日を送るため  * 先生に歌を褒められ、自分に自信をつけるため ...etc. といったことでも構いません。 小さい目的が分かったら、次に少し大きな目的を考えてみましょう。 * いずれ人前で歌い、凄いと思ってもらうようにするため * 人に歌を聴かせ、楽しんでもらうため * 声楽を通し、音楽文化への理解を深めるため ...etc. 自分ならではの目的を考えてみましょう。 最後に、もっと大きな目的を考えてみます。ここまでくると、目的というより「夢」の要素も大きくなってきますね。 * 声楽を通し、日本の文化の発展に働きかけるため * 仕事として(あるいはプロとして)歌っていくため * 歌で人々を救い、また必要とされる存在になるため ...etc. ・・・いかがでしょうか。 大きくなるほど、目的を抱く人は減ってくるものと思います。でも、小さな目的でも良いので、まずは何か、きちんと把握することから始めることが大切です。 というのも、<b><span style="color: #d60f0f;">目的なく(といいますか、目的を把握せずに)学んでいると、それがヤル気の低下や上達スピードの低下につながってしまう</span></b>からです。 料理を例にとりますと、誰かのために作るときは、そうでないときよりもヤル気が湧くものです。「美味しいと思われたい」という理由で、念入りにつくることでしょう。もしお偉いさんにふるまうのであれば、「失礼がないように」と意気込み、事前につくり方をきちんと調べ、相手の好みまでリサーチするかもしれません。そして、一流の料理人になるのであれば、日々研究や訓練を積み、プライドをもって絶えず邁進していくはずです。 声楽についても、同じようなことが言えます。 学ぶ目的や理由が大きいほど、ヤル気も大きくなり、長続きしやすくなります。うまくいかなかったときも、それをバネにしたりできます。そして何より、<b><span style="color: #d60f0f;">「目標」というものを立てやすくなります</span></b>。 1968年、アメリカの心理学者ロックは、「目標設定理論」というものを提唱しました。目標とモチベーションの関係性に触れている理論です。これによると、<b><span style="color: #d60f0f;">明確で高い目標のほうが、モチベーションの向上につながる</span></b>ということです。 目標は、目的なしには設定できません。「何かを成し遂げる」「何かのために」という目的があるからこそ、「ゴールラインは?」「いつまでにどの程度?」といった目標を考えることができます。 目的は、無理矢理つくるものではありませんが、もしあまりはっきりしない場合は、ゆっくりと考えをまとめて編み出してみましょう。何もないことは、決してないはずです。 もし、明確な目的が出てこなかったり、より大きい目的を持ちたいと思ったりしたときは、コンクールや演奏会の機会を自ら設けてみるのも良いですね。例えば「コンクールに出る」となれば、目標から計画へと落とし込みやすくなります。 「人前での演奏はちょっと・・・」というのであれば、YouTubeやSNSなどに投稿したり、家で録音して食事やドライブで流したり、はたまた、レッスンをちょっとした縛りプレイ(※)で受けてみたりするのも良いかと思います。  ※ 縛りプレイについては、「<a href="http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%B8%9B%E3%82%8A%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4"><u>ニコニコ大百科(仮)</u></a>」に意味が載っています。元々はゲームで使われる言葉です。 「どうしたら良いのか」と迷われる場合は、私が相談に乗りますので、お気軽にどうぞ♪ ともかく、何も目的を把握できないと、「何のために声楽をやってるんだろう」「このまま続けて意味あるんかな」と思いかねません。レッスン界隈では、そういう人は長続きしないと考えられています。 声楽は、一朝一夕で上達できる性質ではないものです。<b><span style="color: #d60f0f;">自分のヤル気やモチベーションを維持・向上させてくれる “何か” があるからこそ、長い目で頑張れ、いずれ成長した自分自身に気付くことができるのです!</span></b> 声楽 Mon, 02 Oct 2017 18:01:38 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 レッスン会場に関する新たな情報 http://cyta.jp/singing/b/75346 <br>最近だいぶ涼しくなり、秋めいてきました。が、この連休、台風が予定をかきまわしています(^^;) さて、9月は二度目の投稿です。といいますのも、昨日、新たな情報を手に入れたからです!とても嬉しいお知らせです。 まず前置きですが・・・、一つ前と二つ前の記事で、これまでの金山の会場(バルドンさん)に代わる、栄と今池の新たな会場をご紹介しました。その2箇所は以下のとおりです。 ⇒ <a href="http://nagoya.miyajimusic.jp/"><u>【栄】ミュージックコミュニティミヤジ名古屋センター</u></a> ⇒ <a href="http://k-hall.server-shared.com/1top.html"><u>【今池】芸音 CORE SELDOM</u></a> すでに、上記の会場の予約をとった方もいらっしゃいまして、「少し時間がかかる」「部屋の響き方がどんな感じか気になる」という声から、逆に「便利!」といった声まで挙がっています。 そしてですね! 今回の新情報とは、ずばり、 <span style="font-size: 120%; color: #d60f0f;"><b>金山のバルドンさんの移転先【笹島】でも、レンタルスタジオを使用することができる!</b></span> といったものです!! 10月にバルドンさんが笹島に移転するわけですが、前回までの記事では、レンタルスタジオがあるのか無いのかまだ分からない旨を書きました。 しかし昨日、スタッフさんから、移転先でもレンタルスタジオを貸し出す旨を、使用料の覚書と共に教えていただけたのです。 つまり、笹島でもレッスンを行うことができる!ということです。「笹島だといいのになあ」という声もあったので、本当良かったなあと思います。 料金につきましては、ここに書くのは気が引けるので書きません。是非スタッフさんにお尋ねいただければと思います(そのうち公式サイトも更新されるかもしれませんね♪)。 お部屋の数は今よりも増えます。覚書を見ると、電子ピアノorアップライトピアノorグランドピアノがあるお部屋の数は8でした(ほか2)。お部屋の広さは様々ですが、実際に使用するまでは、声楽レッスンにふさわしいか否かは何とも言えません。なので、ちょっとドキドキワクワクしています♪ というわけで、以上、会場に関する新たな情報でした。 これで会場候補は、笹島、栄、今池の3つになりました。「ここ!」と一箇所に決めるよりは、それぞれ試しに使ってみて、交通の便、雰囲気、ニーズ等に合わせて選ぶと良いかなと思います♪ 今回は以上です。 声楽 Sun, 17 Sep 2017 00:51:40 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 レッスン会場と、レッスン受講におけるマナーについて http://cyta.jp/singing/b/75043 <br>​9月になりました。今年も残り4ヶ月となり、そろそろ年末が視界に入る頃です。でも、まだまだ残暑の厳しい日が続きますので、皆さん、ご自愛ください。 さて、今回の内容は、大きく分けてふたつです。ひとつは10月以降の会場に関する情報、もうひとつはレッスンのマナーについてです。とはいえ、そんなに堅い内容ではないので、肩の力を抜いてお読みいただければと思います♪ <h2><b><span style="font-size: 110%;">1、レッスン会場について</span></b></h2> <a href="https://cyta.jp/singing/b/74523"><u>前回の記事</u></a> にて、会場の移転についてのお話をしました。現在利用させていただいているバルドンさんが9月24日をもって終わり、10月より笹島に移転するという内容です。 移転先では、今のところ、私たちのような外部のコーチ・生徒がレッスンとして使えるお部屋があるかどうか未定です。そのため、代わりとなるスタジオを選定する必要があり、すでに栄と今池を候補に挙げました。 とりあえずその2箇所のスタジオをサイタのサイト上に登録しましたので、ご確認いただければ幸いです。スタジオのある店舗名は、栄が「ミュージックコミュニティミヤジ名古屋センター」さん、今池は「芸音 CORE SELDOM」さんです。 ⇒ <a href="http://nagoya.miyajimusic.jp/"><u>【栄】ミュージックコミュニティミヤジ名古屋センターの公式サイトはこちら</u></a> ⇒ <a href="http://k-hall.server-shared.com/1top.html"><u>【今池】芸音 CORE SELDOM の公式サイトはこちら</u></a> 交通の便は、これまでと比較すると、悪くなってしまう方が多いかと思います。私もです。こりゃ、私がもっとレッスンの質を高めて、その通学の苦労が報われるようにしなければなりませんね!(^^) <h2><b><span style="font-size: 110%;">2、レッスン受講におけるマナーについて</span></b></h2> これまでお話ししたことがあまりありませんが、レッスンを受ける際のマナーというものをお伝えしたいと思います。 私の生徒の方々は、業種・業態を問わず全員社会人経験がおありなので、基本的な部分は大丈夫であろうと思いますけれどもね。 ●挨拶は「おはようございます」が主流 会ったときと別れるときには、お互いがきちんと挨拶をすることが最低限のマナーです。でも実は、音楽界や芸能界などでは、会ったときには、時間がいつであれ「おはようございます」と言い合うのが習慣となっています。 その理由には諸説ありますが、その日のタスクの開始時間を一日のスタートとみなすため、というのが有名かなという気がします。ほか、「こんにちは」「こんばんは」の場合は「ございます」が付けられず、それでは目上に失礼なので「おはようございます」だけを使うようになった、という説もあります。音楽界もですが、芸能界はことさらに上下関係が厳しいですからね。 とはいえ、私のレッスンでは、「こんにちは」などの一般的な挨拶で構いません♪でも、業界人らしく、是非「おはようございます」を使ってみませんか? ●開始時間ピッタリに開始できるようにする 例えば、16:00にレッスンを開始する予定であれば、16:00に来ては遅いですよね。できれば5分前、どうしても予定が詰まっているなら、せめて1分前には会場に着き、スタンバイしておきたいものです。これは生徒のみならず、コーチも同様です。 スタジオのほうの都合で時間ピッタリに始められない場合は、正直、致し方がありません。でも、この場合であっても、待っている時間を有効に使っていきたいものですね。 万が一、1分でも遅刻しそうな場合は、必ず私までご一報くださればと思います。そしてできれば、レッスンには余裕を持って来られるよう、あらかじめ計算してスケジュールを立ておきましょう。 ●会場到着が早すぎるのはNG 私のレッスンの場合は全て貸しスタジオですから、これについてはほとんど問題にならないかと思います。が、一応書いておきましょう。 もし今後、固定店舗型あるいは講師宅でのレッスンを受ける機会があれば、あまり早く着かないようお気を付けください。一般的には、上にも書いたように、5分前に来訪することがマナーです。というのも、早すぎると、相手を焦られせてしまったりする原因になるからです。 早めに会場に着きそうな場合、付近で少し待機するくらいがちょうど良いかと思います。ただ、貸しスタジオの場合はどうせ時間までは入れないので、否が応でも待たざるをえませんね。 なお、芸能界の稽古や収録とかだと、後輩は先輩よりも早く来ていないといけないといった厳しいマナーもあるみたいですね。先輩の動きを常に予測しないと、先輩より遅く来てしまいかねませんねぇ(^^;) ●前の人のレッスンが終わっていない場合 前の人のレッスンが時間になっても終わっていなければ、ノックを3回ないし4回して(2回だとトイレノックです)、静かに入っていきましょう。レッスンに熱が入っていると、先生側も時間を忘れることが度々あります。 なお、先生によっては、「早く来た場合は黙って教室に入れ」という方もいます。そういう場合は、そのやり方に従ったほうが良いでしょう。じゃないと、「まだ来ていない」という扱い(要は遅刻扱い)をされたりしてしまいます(体験済みですアハハ 笑) また、大学時代あったのは、1番目の人のレッスンが5分遅れで始まって10分遅れで終わり、次の人でさらに5分遅れ、その次の人も5分・・・。で、一番最後の生徒は開始時が60分近く遅れる・・・といった事態です。私は幸い経験していませんが、嘆いていた学生がいましたねぇ(^^;)バイトが入ってたらどうするんでしょうかね? とりあえず、長くなっても退屈してしまうと思いますから、以上といたします。 マナーというのは、考えるほど細かい点が気になり、キリがありません。日頃から、できるところから少しずつ身にしみこませていって、自然とできるようになるといいですね。 また、マナーって、時と場合によって変わりますよね。コレと決めつけてがんじがらめになると、逆に重圧になってしまって、自分も相手も不快に感じてしまいます。だいたいのマニュアルはあると思いますが、臨機応変に対応し、その場その場でお互いが気持ち良く過ごせるようにすることが、本当のマナーであるように思います。 では、素敵な秋をお過ごしください♪ 声楽 Fri, 01 Sep 2017 01:36:14 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 9月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/74688 <br>こんにちわ、コーチの新田知代です。 2017年9月のレッスン時間について掲載いたします。 9月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 9/2(土)10:00~22:00 9/10(日)10:00~18:00 9/16(土)10:00~22:00 9/17(日)10:00~22:00 9/18(月・祝)10:00~18:00 9/24(日)10:00~18:00 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! 尚、8月・10月で受けてみたい日程がありましたらお気軽にお問い合わせください! 声楽 Sat, 12 Aug 2017 21:18:27 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 10月からのレッスンに関する重要なご連絡 http://cyta.jp/singing/b/74523 <br>8月です。まだまだ厳しい暑さが続きそうですが、暦上はもうまもなく秋。私の地元では、寝静まる頃に虫の声が響きますが、コオロギも既に鳴き始めています。これから秋の気配が少しずつ増えてくる頃ですね! さて今回は、10月からのレッスンに関する重要なご連絡を致したいと思います。 私のレッスンは、これまで金山の某楽器店(以下B店とします)のスタジオにて行ってきました。 しかしながら、B店さんが、9月24日をもって金山での営業を終わり、移転し、10月に名駅・笹島でオープンするとの情報を知りました。 つまり、9月24日を限りに、今の場所でレッスンをできなくなるということです。 B店さんは金山駅から近く、また雨にも濡れず行ける便利な場所でもあり、私の生徒の皆さんは好んで利用されておりましたが、移転先のB店さんは、笹島です。竣工したばかりの「ささしま24 グローバルゲート」というビルの2階に入るそうです。  <a href="http://www.bardon.co.jp/newstore/">移転の詳細はこちら</a>(B店さんのサイトへ飛びます) そのビルは、名古屋駅から歩いて15~20分(のろのろ歩けば30分)の場所です。あおなみ線「ささしまライブ」駅からだとすぐ。いずれにしても、交通の便は金山よりも悪くなります。 それだけではありません。 昨日、B店さんのスタッフさんに尋ねてみたところ、移転先では練習室を開放するのは“未定”とのことでした。「音楽教室9部屋併設」のようですが、ミュージックスクールを開く関係もあり、練習室として開放できるかはまだハッキリしていないそうなのです。 私としては、開放していただいて、外部の者でもレッスンができるようにしていただきたいのですが、・・・今後の情報を気にしてみましょう。 最悪のケースでは、開放は無しとなり、当然レッスンもできなくなります。この場合は、別の場所でレッスンを検討することになります。 幸い、今池に素敵な音楽練習室があるので、またご案内したいと思います。駅から徒歩5分ほどです。ただ、地下鉄を使うことになろうかと思いますので、交通の便が悪くなってしまう生徒さんもいらっしゃいます。それに、音楽界隈では有名かつ人気のある練習室なので、早めに予約を入れないとなかなか取れないです。 また、栄にも音楽練習室があります。駅から徒歩5分ほどです。こちらは一度も利用したことがないですが、問い合わせたところ、有料レッスンとして使ってもOKとのことでした。写真で見る限り綺麗なお部屋です。私としては、交通経費のことを考えると、しょっちゅう使うのであれば栄がギリギリかな~なんて考えたりしています。が、まあ私のことは気になさらず…。  <span style="font-size: 85%;">※ なお、交通費が増えてしまう生徒さんもいらっしゃることと思いますが、例えば月3回の60分レッスンなら、月2回の90分レッスンに切り替えるなどすると、コスパが良いかと思います。まあでも、部屋代が安くなればあまり関係ないかもしれません。</span> ほか、(質は落ちますが)カラオケボックスなどでもレッスンできないことはありません。カラオケの場合、金山にも店舗があるので、気軽に利用できます。ただ、まわりの部屋の音が聞こえますし、ピアノが無いため、携帯用ミニキーボードで対応することとなります。 ・・・という感じですが、できれば、B店さんにも、練習室を開放していただきたいと願うばかりです。  <span style="font-size: 85%;">※ 笹島は、今開発が進んでいる地区であり、これから賑わっていくものと思います。リニア中央新幹線駅も計画されているそうですね。きっと、今よりは遥かに便が良くなるものと思います。名鉄にも <a href="https://matome.naver.jp/odai/2147203734785509901">こんな計画</a> があるようですし、その調子で笹島地区の新駅開設も期待したいところです。名駅から笹島までの巨大地下通路も出来て、歩行者用コンベアとかが設けられたらとても便利になりますよね~。</span> こうなったらいいなと思っても、現実として、10月からのレッスンについては、工夫・熟考を強いられます。一応、10月からはB店さんが使えないことを前提に考えていきましょう。 まずはレッスンにて、皆さんのご意見をいただきたいと思います♪せっかくここまで学んで「全くレッスンできません」では、すこぶる寂しいですものね。 もし何か良い案がありましたらメッセージくださいね(^^) よろしくお願いします! 声楽 Fri, 04 Aug 2017 12:33:59 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 ライブのお知らせ http://cyta.jp/singing/b/74505 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/8/3/40112/120.jpg" alt="" /><br>こんばんわ、コーチの新田知代です。 梅雨明けしたそうですね。 あまり暑くないのでそんなに実感がありませんが、どうやら来週から暑くなる模様。。。 暑さには強くないので今から戦々恐々としています。 特に、去年台所でゴーヤチャンプルーを作っていたら熱中症になりかけて死ぬかと思ったので今年は夏場にゴーヤチャンプルーは作らないと心に決めております。 さて、私ごとではありますが、今夜はライブのお知らせに参りました。 8月は夏らしく野外でのライブから、涼しい屋内のライブもありますのでご予定に合わせて足を運んで頂ければ幸いです。 【一つ目!】 8/27(日)石巻トリコローレ音楽祭 (http://tricolore-fes.com/) 昭和歌謡バンドで出演いたします。 12:30~13:00 イーケーパーキング前 宮城県は石巻市で行われる音楽フェスティバル! 野外ライブで観覧は無料です。 ボーカル3名、楽器隊6名の合計9名で迫力ある演奏をお届けいたします。 昭和に流行したアイドル達の曲をコピーしてお届けするので、耳馴染みのある楽曲ばかりです。 町全体が音楽で溢れて楽しい一日ですので、足を運んでみてください♪ 【二つ目!】 8/30(水)君と月を見てる。vol.9 昭和歌謡編 Cafe de Lucille(https://cafe-de-lucille.jimdo.com/) 17:30 open 18:00 start(私は19:30~出演予定) チケット代:一般  1,000円(+ドリンク代500円)       高校生 500円(+ドリンク代500円) 個人での出演となります。 素敵なピアニストさんをお迎えして昭和の曲をクラシカルにお届けする夜。 主催者様の意向で「昭和歌謡オンリー」な夜です。 私の曲はどちらかというと耳馴染みのない曲が多いかもしれません。 知る人ぞ知る名曲、現在も歌い継がれている曲。 こんな素晴らしい歌があるのだと広めたい曲を演奏いたします。 静かに心に沁みる、ソプラノの歌声をお楽しみ頂けます。 8月は二つもライブに出演させて頂きます。 もし宜しければお越しください。 素敵な音楽のある風景をお届けします。 そして、一緒に音楽しましょう♪ 声楽 Thu, 03 Aug 2017 20:57:11 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 8月のレッスン開講時間について http://cyta.jp/singing/b/74201 <br>こんにちわ、コーチの新田知代です。 2017年8月のレッスン時間について掲載いたします。 8月はレッスン可能な時間帯として ・平日18:30~20:30 上記の他、土日につきましては 8/5(土)10:00~18:00 8/11(金・祝)16:00~22:00 8/12(土)10:00~22:00 8/19(土)10:00~22:00 上記日程がレッスン可能となっております。 体験レッスンしてみたい方、通常レッスンを受けたい方、 ご連絡をお待ち致しております(^^) そもそも声楽って何?クラシックってどんなジャンルなの? 楽譜を読めるようになりたい、 オペラのあの歌が歌いたい、 宗教曲を歌ってみたい、 音楽業界の裏話を聞いてみたい。。。 等々どんな内容でもお答えできること、お教えできることを話します! ご興味のある方、お待ちしております! 尚、7月・9月で受けてみたい日程がありましたらお気軽にお問い合わせください! 声楽 Wed, 19 Jul 2017 22:46:57 +0900 声楽教室::氷水声楽スクール 新田 知代 素敵なメッセージをいただきました! http://cyta.jp/singing/b/73989 <br>今月二度目のブログ記事です! 前回は、「<a href="https://cyta.jp/singing/b/73925">音楽の道で食べていく、ということ</a>」と題して、クラシック音楽の演奏家を生業とすることの大変さについてお伝えしました。まだお読みでない方は、是非目を通されてみてください。 そこで今回は、その記事をお読みになった生徒のお一方からいただいたコメントをご紹介します。「これはちょっとびっくり!」といった内容だったので、皆さんにここでシェアをしようと思い至りました。 なお、ご本人からは許諾を得ております。 いただいたメッセージは以下のとおりです。 <blockquote> <span style="color: #b31d9a;">先生♪こんばんは(^^)今日は七夕さまですね♪月の綺麗な夜になりました。織り姫様と彦星さまの愛で世界中が満たされるといいですね(^^)</span> <span style="color: #b31d9a;"> ブログを拝読いたしました♪考えさせられるお話でした。わたしはバブルの真っ只中で大学を卒業し、ピアノを教える仕事、演奏する仕事と大変忙しく、それだけで充分食べていけました。恵まれた時代でした。しかし、残念なことにその忙しさから家庭が崩壊するという憂き目をみることになるとは。人生はわからないものですね。忙しいとは心をなくすと書きますね。ピアノ教師としてやりがいも感じていましたが、ピアノが食べるための道具と化したと感じた時は、好きとか楽しいとか感じられなくなり辛かったです。贅沢な悩みですが。弾くことが大嫌いになりました。好きなことは好きというだけのものにしておけばよかったのか。ピアノを弾く度に嫌な思い出ばかりがよぎり、弾くことができない。楽しいときもあったと思うのですが。それでも音楽番組で素敵な曲を聞くと楽譜を購入してしまいます。この矛盾!(^^;いつまで苦々しい思い出と葛藤するのか。そろそろ決別の時かなあなどと先生のブログを読みながら考えています。良いきっかけを作ってくださってありがとうございました(^^)</span> <span style="color: #b31d9a;"> 声楽は!好きで好きで好きで!それだけで歌えるのでしあわせだなあと思います(^^)レッスンをお休みしようと思ったのは心身の疲れもありますし、心のどこかで先生に褒められたくて褒められたくて、"評価"を気にしすぎたこともありのままに歌えず辛かったように思います(^^;お子ちゃまか!(笑)心が落ち着いてきて、歌うことが好き!という気持ちがよみがえってきて(^^)良い方向に向かっているなと心が晴れ晴れいたします♪ボチボチと自分の声に向き合って。わくわくするような時間を楽しめるようになりたいと思います(^^)ピアノを弾いて、歌を歌って!きっと最期の時は良い人生だった言えると思うのですよ。先生、ご協力のほど、よろしくお願いいたします(*^^*)</span> </blockquote> (メッセージは以上です。) 私自身、大人になった頃には、バブルなんて「いつの時代の話か」というくらい過去のものとなっていましたが、なんと音楽で食べていくことができる時代だっただなんて、羨ましい限りです。きっと、今苦労されている音大生や新人音楽家がこのお話を聴いたら、もしかしたら「うそー!」と信じことすらしないかもしれません。それくらい、世界が変わったものと推測します。 バブルというものが良かったのか悪かったのかはさておき、一般庶民にとっては、きっと、華やかで、生きやすく、楽しい時代だったのだろうなあと想像します。私も、そんな時代に大人になって、副業のことを考えず、バリバリ音楽の仕事をしてみたかったですねぇ(笑) ・・・というわけですが、メッセージをくださった方は、多忙な仕事が引き金となって音楽嫌いになってしまわれたようです。ご本人も「贅沢な悩み」と言っておられるように、 "満たされた先にある苦悩" というものもあるわけですね。 そして、その頃の苦悩が現在まで影響し・・・、今(その苦悩との葛藤との)「決別の時」を迎えようとされています。メッセージの最後は「ご協力のほど、よろしくお願いいたします」と締められておりますが、私は音楽に対して希望や夢ばかりを抱いている不景気真っ只中の人間ですから、昇華するしかなく、ワクワクする方向に導いて差し上げたいと考えております♪ いただいたメッセージは、まるで、バブルの崩壊と再生への出発を見たかのような内容で、すごくインパクトがありました。教科書でしかバブルを知らない私にとっては、漠然と想像するほか方法はありませんが、「そんな時代もあって、それはそれで別の悩みが出る "こともある" のだなあ」と思い、「果たして、どう仕事と生活との調和をとっていくのが良いのだろう」とも考えさせられます。 皆さんはどうでしょうか?音楽に対して、どのような思いを馳せていらっしゃいますか?また、これまで、音楽とはどのように付き合っていらっしゃいましたか?よろしければ是非お聞かせくださいね。 以上、今回は素敵なメッセージのご紹介でした! またレッスンでお会いしましょう♪ 声楽 Sat, 08 Jul 2017 12:47:11 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 音楽の道で食べていく、ということ http://cyta.jp/singing/b/73925 <br>7月です!梅雨真っ只中で、じめじめと蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 今年も残り半分!早いものです。12月になってから「やり残しはないか?」と考えることが多いと思いますが、そろそろ考え始めて、少しずつ整理していくと良いかと思いますね♪ さて今月は、「音楽の道で食べていく、ということ」と題し、かなり主観的な内容で自分の思うことをお話ししていきます(たぶん居酒屋で話すような内容です 笑)。 ・・・まず漠然とお尋ねしたいのですが、音楽の道で食べていくことは、難しいことだと思いますか?意外に簡単なことだと思いますか? あ、音楽といっても色々あるので、ここではクラシックの世界に限定しましょう。 では、しばらく時間を作り、あなたなりの答えを考えていただきましょう。 <center>・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ちゃんと考えましたか!? 考えもせずスクロールしてませんか?( ̄▽ ̄) ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・</center> では、次にこの質問です。 私 橋本尚平は、音楽で食べている人間しょうか?それとも別分野で食べていっている人間でしょうか? <center>・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・</center> お疲れさまです。答えは以下の中から見つけてくださいね♪ まず、一般的には、音楽で食べていける人というのはほんの一部の人間でしかなく、実際、音楽だけで生計を立てている人は、少ないものと考えられます。 実際に全国的に統計をとったわけではないので正確なところは分かりませんが、私の周辺では、音楽だけで生計を立てている人はかなりの少数です。世間一般的にも、「音楽の世界は大変だ」というのが常識かと思います。 音楽で生計を立てるには、演奏がある程度秀でていることは前提条件としてあり、その上で、世界的に有名なコンクールで入賞したり、自分をうまく売り込むことができたり、人望があったり、チャンスにめぐり逢えたり、といったさまざまな要因が絡まないといけません。いや、絡まないと・・・というか、絡むように仕向けられないと、ですね。 そのためには、日々の研鑽は言わずもがな、ある程度の経済力や時間・労力というのも必要不可欠。平たくいえば、色々恵まれている人こそが、音楽だけで生計を立てられる人であり、まさしく神の選んだ人材と言えましょう。 ・・・高校時代、私は担任の先生に次のように言われました。 「あんた、本当に音楽を仕事にしたいって思ってるの?趣味にとどめておいたほうが、嫌な面を見なくて済むから、よく考えたほうがいいよ」 こう言われた当時の私は、「なにくそッ!!」と思って聞く耳を持ちませんでしたが、今思うと、先生の言われたことは本当でした。 音楽の道。少なくとも日本においては、そこに「安泰」というものはほぼありません。音楽の世界の厳しさを知り、仕事も全然無いことを実感しています。いや、高校時代には理屈は知っていましたが、その頃は「何とかなるし、私は特別」という根拠のない自信を持っていましたから、先生の話に聞く耳を持たなかったのです。 私には、声楽の飛びぬけた才能があるわけではありません。たとえあるとしても開花していません。音大出身者にはいくらでもいるような人材です(って言ったら失礼かもしれませんね)。 そう言うと、「そんなことない!人間、努力が大切です」とフォローしてくださる方も少なくないですが、そのお言葉は何度も耳にしていますし、ほかのみんなも言われていることだろうと思います。うむ、たしかに努力は大切ですね。むしろ、努力しない人は音楽の道を志す資格すらありません。つまり、努力というのは大前提であり、当たり前のことなのですね。 とはいえ、音楽の道で食べていくには、才能ばかりが大切であるとも限りません。自分の強みとなる部分を生かしながら、アピールし、そして不屈の精神で邁進していく姿勢こそ重要かもしれません。 しかしやはり、音楽の道の仕事数というものは絶対的に少ない(あっても単発で終わることが多い)ので、その道で食べていける人というのは僅少です。 テレビに出ている人、舞台で引っ張りだこになっている人なんてほんのごく一部の人なのです。いや、そういう人であっても、もしかしたら副業を行いながら・・・かもしれませんね(あくまで憶測ですが)。音大の教授陣であっても、やはり演奏だけでは無理だから指導的立場に立っている、という人も少なくないでしょう(まあ、私が思うに、音大の先生になれること自体も凄いことですけれどね!)。 そういえば、昨年度末に、とある税理士事務所のスタッフさんとお話しをする機会があり、ちょっとうかがってみました:音楽の道の人からの依頼はどうなのかといった内容です。あちらもコンプライアンス上の問題があるので詳しいことは話されませんでしたが、その話の流れで「芸能人や音楽家の方にも、密かに副業をやっている方いらっしゃいますよ」と教えてくださいました。 そこで私は少し安心しました。「あぁ、私と同じような人がいるのだな」と。・・・そうです。私は日頃は声楽を教えたり時々歌ったりしていますが、正直、これだけで生計を立てることは不可能。そのため、副業(とはいえこちらが生計の軸になっていますが)をせざるをえません。 私の知り合いも、(人に秘密にしているか否かはさておき)副業をしている人は多いものです。非音楽系の会社で正社員として勤めながら音楽を続けている人もいます。音楽をやるには色々お金がかかりますから、副業なしでは正直厳しい。中には、音楽の道に見切りをつけ、会社員として人生を全うしている方もいます。これが現実です。 「あんた、本当に音楽を仕事にしたいって思ってるの?趣味にとどめておいたほうが、嫌な面を見なくて済むから、よく考えたほうがいいよ」という高校時代の担任の先生のお言葉、本当に染みてきます。 ここまでお読みいただいた方は、「橋本コーチは後悔しているのか?」と思われたことでしょう。たしかに、これまで何度か考えたことはあります。「この道に来ていなかったどうなっていたのだろう」と。 しかし、私の考えは「なるようにしかならない」ですから、後悔するもしないも、これが私のあるべき姿だったのだとは考えています。現に、声楽を教えて生徒さんが成長すれば嬉しいし、やりがいを感じます。また、自分でこの道を選んだわけですし、自分の好きなことで仕事をさせていただいているわけですから、文句はありません。 それとは別に、もっともっとクラシックの音楽がメジャーとなり、社会的な地位を築き、この道がきちんと整備されていってほしいなあと願っています。 そして生徒の皆さんに言いたいのは、「あなたたちは、素晴らしい世界に足を踏み入れました。少しでも多くの音楽を世間に伝え、活かし、うるおいある社会を築いていきましょう!」ということです。声楽のレッスンで得るスキルやマインドは、世のため人のために存在するものなのです! ●後日追記: 以上の内容について素敵なメッセージをいただきました。詳しくは <a href="https://cyta.jp/singing/b/73989">次の記事</a> をご覧ください♪ 声楽 Wed, 05 Jul 2017 15:37:41 +0900 声楽教室::まちかど声楽ワークショップ 橋本 尚平 体験レッスンを休止致します。 http://cyta.jp/singing/b/73875 <br>こんにちわ、トレーナーのAikoです。 現在多忙の為、しばらく体験レッスンの受付を休止させて頂きます。 尚、再開は10月頃からを予定しております。 よろしくお願い致します。 声楽 Mon, 03 Jul 2017 17:51:51 +0900 声楽教室::Aikoの声楽教室 高樹 亜衣子