ビジネス英会話::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのビジネス英会話の講師がブログを通じて、ビジネス英会話情報を発信! 大阪で英語ビジネスプランコンテストの審査員やってきました http://cyta.jp/business/b/81249 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/17/45848/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/17/45849/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/17/45850/120.jpg" alt="" /><br>ありがとうございます。 英語によるビジネスプランのコンテストでした。 若い方がイメージしやすいように、訪日観光客が多い大阪が会場なのでは?と、思うほど、訪日観光客が多い裏なんば。 御堂筋は、まだまだですが、心斎橋も、香港に来たのか勘違いしました。 これからは、日本語で日本人に向けたものやサービスを提供するだけでは、追いついていきませんね? あなたは、英語が何故、必要ですか? ビジネス英会話 Sun, 17 Jun 2018 12:41:15 +0900 ビジネス英会話教室::空色リズム航空業界ビジネス英会話教室 松本 円摩 英語のヒアリング http://cyta.jp/business/b/81235 <br>私の英語レッスンでは、生徒様に対してとにかくたくさんヒアリングをたくさん行う様にお伝えしています。ヒアリングは独学でも出来ますので、テキストの音声を聴いたり、洋楽を聴いたり、洋画を観たりとお勧めしています。 さて、何故そこまで聞く事にこだわっているのか?と言う事ですがちゃんとした根拠があります。 人は生まれる時、まず「オギャー!!」と叫び最初に人の声を聞きます。 たくさんの言葉を聞き、その次に話す様になります。 その後読む力が付き、そして書く事が出来る様になります。 聞く事と話す事は脳で結びついており人は聞いた事が無い言葉は話せないと言われております。日本人が聞き取れない英語の発音と言うのがあるのですが、(thやrの発音)それは日本語には無い発音だからになります。ただ、訓練をすれば聞き取れる様になりますので、そのためたくさんの英語を聞く事をお勧めしてます。 どんなに教育を受けていなくても言葉を話せない人はいませんよね。それは人は「聞く事」「話す事」を最低限行っているからになります。 また、私は子供の頃はイギリスにいたのですがある時日本語が話せなくなり、日本人と会話しても伝わらない時がありました。 おそらく自宅以外では日本語を聞かなく聞く事も話す事も全て英語だからであるかと思います。と言うかそれ以外考えられません^^; 中学三年からを日本で過ごしたのですが当初は話す速さが速すぎて何を言っているか分からないとよく学校で言われました。現在はその様な事はありませんので耳が慣れてそれが言葉にも伝わる様になって行ったのでしょう・・!ご安心下さい(笑) この様な理由と自分の経験から英語を上達させるにはヒアリングをたくさん行う事をお勧めしてます♪ ビジネス英会話 Sat, 16 Jun 2018 16:38:06 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 疑いながらも一歩を踏み出してみる http://cyta.jp/business/b/81172 <br>ビジネス英会話のスクール情報を見ている方は、ある程度具体的な目的をお持ちだと思います。 海外出張の予定がある、海外駐在が決まった、外資系企業への転職で英語の面接がある等々。 このような理由で、特に「話す」英語の必要性を強く感じている方は、英語学校でnative speaker に教わることがベストだと考えるかも知れません。でも当然ながら、時間もお金もかかります。 ある程度の英語力がある方なら、もう少し簡便な方法で、話す力をbrush upする方法はいくらでも ありそうです。そのような選択肢の中の一つが、サイタのprivate lessonです。別にサイタの宣伝を 頼まれた訳ではなく、私自身とてもよいシステムだと思っています。 「プロの教師でもない人と、カフェで会話をして、どこまで上達するんだ」と大いに疑問に思う 方も多いことでしょう。私は自己紹介に書いたように、"教える" というより、ご一緒に目標を 立てて、あなたの「英語で話す力」を引き出してゆきます。単に会話だけでなく、様々な business mannerについても、実体験に基づいてお伝えします。 大いなる疑いの気持ちも歓迎です、是非一度無料体験レッスンを受けてみてください。 ビジネス英会話 Wed, 13 Jun 2018 18:20:43 +0900 ビジネス英会話教室::続けて楽しいビジネス英会話 岡田 惇一 英語学習のハードル http://cyta.jp/business/b/81107 <br>私は英語という言語が好きです。 どうしてかというと、世界と仲良くなれるツールだと思う~です。 同じ言語を話すことで親しみを覚えたり、 ステレオタイプの国民性の認識や誤解を正したりすることができるのです。 さらに自己表現を自国だけでなく、広い世界へ発信できたり、 世界の人たちと対等にビジネスをしていくことでもきます。 英語を学び、使えることは自分の世界、そして選択が広がることを 意味していると思っています。 だけど、 ・英語が苦手 ・文法が嫌い ・日本語英語(「ジャングリッシュ」と言ったりします)だから、  恥ずかしい、通じない など、いろいろと理由を考えて、英語の勉強を再開するのに 躊躇する人。 気持ちわかります~ だって「私もずっと英語できます!」 って堂々と言うことはできませんでしたもん! 通訳や翻訳をしていても、これでいいのかな?本当に通じているのかな? って不安でした。 でもね、基本の文法2ステップを覚えると、英語が好きになります。 魔法のようです。 大事なのは、相手に伝わること、そして相手の言っていることが分かること。 日本語なまりの英語でもいいんです。 文法がちょっと間違えていても問題ないです。 ようは、何を伝え、何が相手はしたいのかを理解できればいいのです。 ツールなんだから、英語のテストで点数取るのは違います。 ちょっとした工夫で英語らしく聞こえます。相手が理解できる英語に変わります。 英語脳だって、毎日の隙間時間に英語を活用する習慣をつければいいのです。 完璧な英語を目指すのではなく、使える英語を目指しましょう~ ビジネス英会話 Mon, 11 Jun 2018 13:59:37 +0900 ビジネス英会話教室::ひとみのビジネス英会話教室 上不 ひとみ 英会話上達には "勉強する" より "慣れる" という言い方がふさわしい。 http://cyta.jp/business/b/80898 <br>会話とは "人との交信手段の一つ " です。それを英語でするのですから、英語が母国語でない我々日本人 には、抵抗感があるのは無理のないことです。でも皆さんは、少なくとも中学または高校までは、英語の 勉強をしてきましたね。ですから、相当数の単語を知っていて、かつ普通の英語の文章なら、辞書なし でも読んで理解できるはずです。かなり難しい英文を、読んだり書いたりできる方も多いでしょう。  ところが、英語を "話す、聴く" となると、苦手意識が先に立ち、自信喪失という場合が多いのはなぜでしょうか。"聴く" はテレビやラジオだけでも、その気になればいくらでも訓練できます。でも " 話す" は そう簡単ではありません。もちろん自分で声に出して、話す練習をすることはできますが、それは"会話"とは言えませんね。やはり相手がいて、お互いに意思疎通ができて初めて会話になるのです。  私のスクールでは、とにかく英語での会話に "慣れる" ことを目標にしています。ごく初歩的な日常会話から、より専門的なビジネスにおけるやりとりまで、お一人お一人のニーズに応じたプログラムを準備して います。是非一度実際に体験してみて下さい。       ビジネス英会話 Mon, 04 Jun 2018 11:07:01 +0900 ビジネス英会話教室::続けて楽しいビジネス英会話 岡田 惇一 英語漬けだった学生時代 http://cyta.jp/business/b/80666 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/5/28/45456/120.jpg" alt="" /><br> 先日、友人とプチ同窓会に行きました^^ 私は高校は日本の高校の英語科へ行き、大学は外国語学部英米語学科へ進みましたので学生時代は常に英語と触れてる環境でした。 高校時代の英語の先生と20年ぶり以上の対面で一緒に写真を撮影しました♪時の流れは速いですね、生徒としてでは無く大人になってから話すのはとても新鮮でした! 高校の英語学科は英語の授業が多く外国の方との英会話の授業もあり、また海外からの留学生も受け入れてました。そして英語好きばかりなので、皆進学したい憧れの大学は東京外語や上智で早稲田・慶応はあまり人気が無いと言う不思議なクラスでした。 東京外語・上智はトップクラスですがそれ以外の大学でも英文や外国語学部に進む人ばかりでしたね!また、多くの生徒が留学を経験しております。 また、女優の菅野美穂が卒業している学校でもあります♪ ビジネス英会話 Mon, 28 May 2018 16:41:05 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 外国と日本の常識の違い http://cyta.jp/business/b/80292 <br>ビジネスにおいて日本人は真面目と一般的に言われております。朝遅刻せずに会社へ行き、業務に就業時間中は真面目に取り組む事はごく普通の事と思っている方がほとんどかと思います。国によって常識は違いますが、私が経験した海外での「エッ!」と思う事を本日は書きたいと思います。 昔ハワイに行きました時に、予定より早くホテルに着いてしまい早めにチェックイン出来るか聞きましたら問題無いとの事。待っていてと言われたので座って待ってました。 しかし中々呼ばれなく約2時間後にしびれを切らした私は再び受付に行きましら「忘れてた」との事( ゜Д゜) 笑っていて何だか怒る気もこっちはしなくなりました・・ また、タイのサムイ島に行きました時に空港の綺麗なお洒落なグランドホステス・・マニキュアを塗りながらパスポートの確認を行ってました。この国の人達って平和なんだなー、こう言う国で働くのも良いかも・・と少し思った自分がいました。 良い・悪いでは無く、その国の文化を知る事は旅行やその国の人達とのビジネスや人間関係でとても大事だと思います^^ ちなみに外国の方から見ると日本人のサービス残業・必要以上の謝罪がとても不思議に感じるとの事です・・! ビジネス英会話 Mon, 14 May 2018 13:41:07 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 英語の上達とは!? http://cyta.jp/business/b/79801 <br>英語を学ぶ生徒様達からよく聞かれます質問の一つに「どの様な方が上達しますか?」があります。 色々な方がいますが、その一つに「真面目過ぎない」があります。 例えば、日本で東大に入るには真面目にコツコツ勉強をする必要があるかと思います。ただ、それは「東大に入学する」と言う目標を持った方には有効かと思います。 では、英語を学びたい方は「英語で会話がしたい」「ビジネスに活かしたい」「海外旅行で楽しみたい」等の目標なので必死に読み書きを勉強してTOEICのスコアは上がっても目標と少し違う上達になってしまうのですよね。 少し脱線しますが、日本の教育って先進国の中では変わっていてイギリスのオックスフォードやケンブリッジ大学、アメリカのハーバードに入学するには勉強の他にどれ位ボランティア活動をして来たか、それ位委員会に参加したか等の勉強以外も合否基準になります。東大は勉強だけ出来れば合格しますので日本の大学はそこら辺も改革するべきかと思います。 さて、英語上達の話に戻しまして英語の勉強を受験勉強の様に真面目に勉強してしまいますと英語が嫌になってしまうのですよね。 私の友人で京都大学を卒業した人がいるのですが、その友人は色々な事を学び新しい事を吸収するのが楽しくて気が付けば成績が良くなり京都大学に進学したとの事。一方、好きでは無いのに親の躾等で無理やり勉強をさせられて高学歴になった人でおかしくなってしまった人も何人も知っているとの事・・はい、私もその様な方は知っています。 でも英語・英会話が出来ないと時には凹みますよね・・!私の生徒様はいつも私がお伝えしている事なのでご存知かと思いますが・・ 「今テキストのこの設問が分からない><」と落ち込むよりも「これが一冊終われば私って上達するんだな!」と思いましょう♪ そして多少間違えても良いのです、だって日本人だもん! 楽しんだもの勝ちです! ビジネス英会話 Tue, 24 Apr 2018 18:44:26 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 GW中のレッスン http://cyta.jp/business/b/79349 <br>早い物で今月末からGWですね! GW中も通常通りレッスンを行っておりますのでご希望の方はご受講下さい♪ また、連休を利用して集中的に英語を勉強してスキルアップを計ると言うのも素敵な過ごし方ですね^^ レッスンをこれからスタートしようと考えている方はまずは無料体験レッスンをご受講下さい! ビジネス英会話 Fri, 06 Apr 2018 18:27:33 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 英語学習のターニングポイントって何? http://cyta.jp/business/b/79322 <br>生徒さんからの質問でよくあるものの一つに、 「英語を勉強している人はたくさんいるのに、本当に出来るようになった人は少ないと思うんです。コーチはどうして出来るようになったんですか。出来るようになったターニングポイントは何ですか?」 です。なかなかレッスン中にこうした質問を受けても、レッスンの時間が60分という限られた時間の制約があるため、適切に答えられないことが多かったと思います。今回はその答えの一部をプログにしてみました。 当方の英語学習のターニングポイントは一つではありません。いくつかあります。浮かんでくるものを列挙すると、 ● 大学時代のESS(英会話研究会)での良き先輩、同級生との出会い ● 当時の東後勝明先生の「NHKラジオ英語会話」テキストの暗唱 ● 元NHKラジオ英語会話講師である松本亨先生との出会い ● YMCA国際部主催のInternational Camp Counselor Programで2ヶ月間米国のサマーキャンプ(シカゴのキャンプ・ダグラス)に唯一の日本人カウンセラーとして参加 ● 英国系英語学校に3年7ヶ月勤務(実務で英語使用) ● 元NHKテレビ英語会話上級講師である松本道弘先生との出会い ● 米国系総合電機メーカーに28年間勤務(実務で英語使用) が主要なものになります。やはり実際の生きた英語との接触時間が普通の日本人とは比較にならないという点が挙げられます。 その中でやはり大きな影響があったのは、 「日本YMCA同盟国際部主催のInternational Camp Counselor Programで2ヶ月米国のサマーキャンプ(シカゴのキャンプ・ダグラス)に唯一の日本人カウンセラーとして参加」 したことでしょう。キャンプが始まる2週間前に生の英語に慣れるためにHansen家にホームステイしたことも印象深い思い出です。米国のサマーキャンプでの出来事は一冊の本になるほど刺激的でした。 以前読んだ本で、『石黒加奈著:16歳の選択 英語の苦手な女の子が飛び込んだアメリカ留学』(宝島社)を読んでいて、ほんのわずかな期間でしたが自分の米国でのサマーキャンプ時代を思い出し、読みながら思わず涙してしまいました。(石黒加奈さんの書かれた英文エッセイ『ちょびつき留学英語日記』(ジャパンタイムズ)はお勧めです。) やはり、英語で「生きる!」ということが本当の英語力をつけることになるのではないかと確信しています。 今、英語で生きていますか? ビジネス英会話 Thu, 05 Apr 2018 12:28:37 +0900 ビジネス英会話教室::ヒロの実践ビジネス英会話教室 小林 広雄 英語(英会話)は省エネモードで十分に話せます! http://cyta.jp/business/b/77772 <br>最近、体験レッスンを受講される方に共通しているのが、英語の知識はある程度あるのに、それを活用して「話せない」生徒さんが多いのに気付きます。 ちょっと英語で話をしてもらうと、知っている単語を文法の知識で並べて英語を作っている感じがします。 英語教本等には、「最初のうちは仕方がない。だんだん上手くなるので心配ない」と書いてあることが多いのですが、残念ながら、こうしたやり方では光が見えてきません。 なぜなら、自分の話す英語が正しいかどうか自信がなく、英語を話すと疲れてしまうのです。特に、中・上級レベルの方でも、外国人と食事をすると疲れてしまうと異口同音に言われます。言いたいことを日本語で考えて、それを知っている単語と文法で「和文英訳」して、発音・アクセントに注意して口から出す。相手が言った英語を、いったん日本語に訳して理解し、また今度はその返事を日本語で考え、知っている単語と文法で「和文英訳」して・・・これを繰り返すのですから、食事をする余裕なんてありませんよね。 では、どうしたらよいのでしょうか。 答えは、最初から「英語で考える」のです。もちろん最初からは出来ません。頭の中に英文が入っていませんから。単語と文法の知識はたくさんあるのに、英語の文が文の形で頭の中に入っていないのです。ですから、やさしい英語の文をたくさん英語のまま、頭の中に入れておくのです。そして英語を話す時は、頭の中にある、覚えて英語をそのまま、または単語を一つか二つ入れ換えて、その意味に近い英語を口から出せばよいのです。 こんなことが出来るのか、と質問を受けますが、頭の中に最低限、中学校の英語リーダー、教科書1年と2年の内容がすべて英語で入っていれば、かなりのことが表現出来ます。逆に言うと、1年と2年の教科書の内容が英語のまま入っていないと、活用する英文がないので、どうしても「和文英訳」で対応せざるを得ないのです。これではいつまで勉強しても、ずっと疲れっぱなしです。 当方の生徒さんには、現在のレベルに関係なく、中学校の英語の教科書『COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE』の英文を音とともに覚えていただいています。覚えた英文を基礎にしていますので、当然相手に通じますし、単語を一つか二つ換えるだけですので疲れません。一番のメリットは、教科書の英語をそのまま使っているので、自信を持って話せるということです。自分の英語に自信が持てれば、どんどん積極的に話が出来ます。 「英語を基礎に話す」イコール「英語で考える」ということなのです。 具体的に動いてみませんか。詳しくは当方の体験レッスンで実感していただけますよ。 さあ、使える英語をマスターしましょう! ビジネス英会話 Sun, 21 Jan 2018 13:34:14 +0900 ビジネス英会話教室::ヒロの実践ビジネス英会話教室 小林 広雄 英語の文型② http://cyta.jp/business/b/76876 <br>昨日は英語の文型を知る基礎知識の記事を書きました。 本日は具体的な例題を用いて見て行きたいと思います。 英語の文型は大きく分けて五つあります。そしてそれぞれの文型にはA副詞句を追加する事が出来ます。 では検証して行きましょう。 ①SV 主語+動詞  He ran. I sang.  SVA 主語+動詞+副詞句  He ran quickly. I sang beautifully. ②SVO 主語+動詞+目的語  Tom kicked the boy. I like her.   SVOA 主語+動詞+目的語+副詞句  Tom kicked the boy with force. I like her so much. ③SVIODO 主語+動詞+間接目的語(誰に)+直接目的語(何を)  I gave him a present. 私は「彼に」「プレゼントを」上げた。  ※日本語は動詞が最後に来ますので訳すとこの様になります。  SVIODOA 主語+動詞+関節目的語+直接目的語+副詞句  I gave him a present yesterday. ④SVC 主語+動詞+補語  The man fell asleep. It is hot.  SVCA 主語+動詞+補語+副詞句  The man fell asleep suddenly. It is hot in August. ⑤SVOC 主語+動詞+目的語+補語  She named the dog Woofy. He made his son a cake.   SVOCA 主語+動詞+目的語+補語+副詞句  She named the dog Woofy a month ago. He made his son a cake for dessert. 上記が基本の五つの文型です。それでは、おまけでその他も見て行きます。 ASV 副詞句+主語+動詞 Soon we will go. Yesterday we swam. SVOAA 主語+動詞+目的語+副詞句+副詞句 I will go out tomorrow in the morning. We swam in the lake fast yesterday. ASVO 副詞句+主語+動詞+目的語 Tomorrow morning, I will go out. Fast, we swam in the lake. ASVIODO 副詞句+主語+動詞+間接目的語+直接目的語 Yesterday morning I went to see him to give him a present. ASVOCA 副詞句+主語+動詞+目的語+補語+副詞句 Yesterday morning I went to see him by car at ten o'clock. AASVC 副詞句+副詞句+主語+動詞+補語 Yesterday morning at ten o'clock, I went to see him by car. VO 動詞+目的語 Call me. Excuse me. 以上です♪ご自分で文型に沿った文章を作り出して行きますと練習になりますよ^^ ビジネス英会話 Thu, 30 Nov 2017 19:22:27 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 英語の文型 http://cyta.jp/business/b/76845 <br>本日は文型について書きたいと思います。ちなみに私が文法の説明をする時、学校で学んだ説明では行いません。英語圏の学校が教える文法用語や説明で行います。何故かと言うと・・日本の学校での文法の説明は間違っている事が多いし、学校での授業で英語が話せる様になったと聞いた事が無いからです^^;では始めます♪ 英語には大きく分けて五つの文型があります。そしてそれは五つの品詞・語から成り立っています。 Subject主語、Verb動詞、Object目的語、Complement保護、Adverbial副詞句です。ここではそれぞれS, V, O, C, Aと呼びます。 Sは名詞または代名詞で動詞の前に来ます。  Tom is a student. (be動詞) I ran fast.(一般動詞) Vは二種類あり、助動詞(目に見えない動詞)と一般動詞(多くが目に見える動詞)があります。一般動詞は主語の後、目的語の前に位置します。 Oは、「何」「誰」か聞く質問に対して答えにあたる部分になります。 He bought a car.彼は車を買いました。carが目的語です。(What did he buy? He bought a car) そして目的語には二種類ありIndirect ObjectとDirect Objectがあります。ここではIO, DOで説明します。DOは「何を」、IOは「誰に」と言う文章での目的語になります。I gave a pen.私はペンをあげました。penがDOになります。 I gave Tom a pen.私はトムにペンをあげました。TomがIOでpenがDOです。 Cは文章の意味を明確にするためにあります。He is a teacher. S+V+C. そしてこれが無ければ文章の意味が不明確で補語を変える事により文章の意味が変わります。 そして二種類の形がありS+V+CとS+V+O+Cがあります。 S+V+Cは先に書いた例題通りですがS+V+O+Cの時はCがOの事について説明をしている、同じ人・物について説明をしている事になります。 I think she lied. They elected him president. 両方ともCが無ければ文章が不完全でOとCは同じ人の事です。 また、Cは二種類あり、SC主語を表す補語とOC目的語を表す補語です。 She is a doctor. Mike looks happy. SC They made her sad. She called him a genius. OC AはWhy, when, where, how(何故、いつ、どこ、どの様に)に対する答えにあたる部分になります。 She comes by train. trainがA. They come every Wednesday. WednesdayがA これだけは頭に入れてから文型の勉強をする事をお勧めします。次回は五つの文型の詳細に触れたいと思います^^ ビジネス英会話 Wed, 29 Nov 2017 13:28:31 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 子供の英語脳 http://cyta.jp/business/b/76256 <br>英語は小さい頃から学んだ方が良いと言われている事は多くの方が知っているかと思います。 ではそれは何故なのか?について触れてみたいと思います。 人が生まれて、まず一番最初にする事は「聞く」事です。そしてほとんどの人は言語を聞きます。 人の脳は言語を習得するのにとても長けていて、子供の頃の言語を学ぶスピードはとても速く5歳までに第一言語の文法は問題無く使用出来る様になると言われてます。 そして年齢が13-14歳頃になると新しい言語を学ぶのが難しくなると言われてます。 この様なケースが過去にありました。あるフランス人の少女が両親から隔離されていて6年間も誰とも話す事も言語を聞く事も出来ない環境にいました。6歳の時に発見されて保護されたのですが、その後は約一年で年齢に沿った会話が出来る様になりました。(ひどい話ですよね・・><) また、私は大学で第二外国語でスペイン語を取ったのですが非常に学ぶのが難しく大変でした。私は英語も日本語も勉強として学んだのでは無く自然に話せる様になったのでスペイン語の勉強方法が分からなかったと言うのがあるかと思いますが、もしも私が13歳以下の時にスペイン語の教室でも行ってたら苦労しなかったかと思います。 アメリカンスクールの幼稚園や英語に力を入れている小学校に通った事がある方は大人になってもネイティブの発音で英語がペラペラなのは年齢にも関係があるのですよね! 勘違いをして欲しくないのですが、年齢が13-14歳以上から語学を学び英語がペラペラになった方はたくさんいます。努力で言語の取得をクリアしてるのですよね! ただ、お子様に英語等の新しい言語を学ばせたい方は、小さい頃からの方が本人にとってはるかに楽になります♪ ビジネス英会話 Tue, 31 Oct 2017 21:27:08 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 日本と欧米のハラスメントの違い http://cyta.jp/business/b/76211 <br>外国の方とお話する時や、国際的に働くのに気を付けないと行けない事に「性別」についての会話があります。 日本は先進国の中でも女性差別がまだ改善されない国のワーストワンで、女性として私もよく感じる事があります。 私はイギリスで子供時代を過ごし学校にも通いまして、当時は首相はマーガレット・サッチャー、国の長がエリザベス女王、女性差別とは無縁の環境で過ごしました。男女は平等です。女性だから偉い、男性だから偉い、など聞いた事もありませんしもっと言えば「人は皆平等」と言うのがイギリスの教えなのですよね。 実は最近ユーチューブで昭和のテレビドラマやドキュメンタリーを見ていて随分性差別が行われていたのだなーと感じました。 恋愛や出産等の、明らかに性の違いが理由や原因の事柄は別として、例えばビジネスで「男なんだから」や「女性はこうあるべき」と言う言葉はセクハラの対象になります。 日本人が何の嫌味も無く使用している言葉が相手を深く傷つける事があるのですよね。 では、何故「レディーズファースト」の文化なの?と思う方もいらっしゃるかと思います。 はい、これも日本との大きな違いですが日本は昔はどちらかと言うと亭主関白主義でお風呂や食事等、何でもメンズファーストと言う文化でしたよね。 宗教的な意味合いもあるのですが「人類平等」と言う教えがありますので、女性は体力的にはどうしても男性よりも弱いですよね。 そのため、電車の中では男性が女性に席を譲ったり、レストランのドアを開けたりする風習があります。 年輩の男性がいましたら若い女性はもちろん同じ事を行います。 性別だけでは無くハラスメントには日本は先進国の中ではとても甘い国なので国際社会では気を付けましょう♪ ビジネス英会話 Sun, 29 Oct 2017 16:52:04 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 成果を出す人の共通点って何? http://cyta.jp/business/b/76062 <br>今までたくさんの生徒さんの英語学習のコーチングをしてきましたが、「成果を出す人の共通点」があることに気づきました。体験レッスン時にも聞かれることがあるので、ここでまとめておきます。 成果をどのように捉えるかという問題もありますが、生徒さんの喜びの声から引用すると、 「英検1級に合格しました!」(しかも、二次のスピーチ高得点で!) 「TOEIC910点取りました!」 「最近、仕事での英語、前よりも聞こえるようになりました!」 「英語を書くことに抵抗感がぐっと下がりました!」 などなど。 そうした生徒さんの共通点は、 ● アドバイスを素直に聞き入れた ● 毎日欠かさずにトレーニングした ● 疑問点にはしつこく粘った ● 継続してレッスンを受けた という点が挙げられます。薦められたテキストは必ず購入し、毎日のトレーニングに取り入れ、頑張れるという特質があります。本当にこちらの方が頭が下がる思いです。 逆に、あまり効果の出ていない生徒さんもいらっしゃいます。そうした生徒さんは残念ならが、途中でレッスンを辞めてしまいます。そういう生徒さんの共通点は、 ● ノート作り、勉強したつもりになってしまい、英語を覚える努力が不足 ● 基礎が出来ていないとわかっていながら、文法と語彙の強化をしない ● 何か「裏技」があるはずと、学習方法をひたすら模索する ● 数ヶ月経っても成果が見えないとトレーニングを辞めてしまう 等の点が挙げられます。 体験レッスン時にも申し上げていますが、成果が出るまで、個人差はありますが、最低80時間以上の学習、トレーニングが必要です。しかも正しい方法で、正しい順序で行わないと効果が見えてきません。この成果が見えるまでの忍耐が不足しています。そこには、「いいや、必ず裏技があるはず」という安直な思いがあるのでしょう。 今や、テレビ、新聞だけでなくネットでも、英語はかんたんに身につけられますという広告ばかりです。何度も英文を音読したり、暗唱したりする学習方法は時代遅れ、旧式なものと思われるのかもしれません。しかし、当方が外資系企業で約30年あまり勤務していましたが、その間に出会った英語が出来る人たちはすべて努力して英語を身に付けた人たちです。例外は皆無です。帰国子女の方も少数いますが、そうした人たちもお昼休みには英文雑誌「The Economisit」を必ず目を通すということをしていました。ある方は、重要なプレゼンの前には、部屋にこもって一人で声を出して練習していました。そう誰もが努力をしているのです。プロでもそうです。 まして、これから英語学習をスタートしようとしている方なら、より多くのトレーニングは必須です。楽な方法なんでありません。もう目を覚ます時です。 さあ、トレーニングを一緒にしませんか? ビジネス英会話 Sun, 22 Oct 2017 14:13:55 +0900 ビジネス英会話教室::ヒロの実践ビジネス英会話教室 小林 広雄 遅すぎることはありません! Late, but not too late. Late, but better than never. http://cyta.jp/business/b/75506 <br>最近、体験レッスンを受講される方で、40代、50代の年齢層の方が増えてきた。 受講される方が異口同音に言われるのは、 「もっと以前からやっておけばよかった。もう仕事上で必要で避けて通れそうもない」 「いつか、仕事が一段落したら、やりたいとは思っていたが、一段落することはなかった」 「やろうと思って、英会話学校へ通ってみたが、挨拶が出来るだけでそれ以上のことが言えるようにならない。辞めてから、独学してきたが、やり方が悪いのか、少しも上達している気がしない」 ということです。 体験レッスンでは、英語ができるということはどういうことなのか、を説明しています。 読み、書き、聞き、話すことが出来てはじめて「英語ができる」といいます。 体験受講の方は、どうしても「聞く」、「話す」練習を中心に、と希望されますが、実際、「聞く」練習をしても、中には、音声を活字にしたスクリプトを読んでも内容がわからない方もいらっしゃいます。活字になったスクリプトを一読してわからない英文が聞いてわかるわけがないのです。こうなると、やはり、基本からやり直すしかありません。基本は、音(発音、リズム、イントネーション等)、語彙(単語とイディオム、連語等)、文法(単語の正しい並べ方、意味の取り方等)の3つです。 学校で習った中学英文法をもうすっかり忘れてしまった方には、中学の英語リーダー『COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE』(光村図書)全3巻を音とともに、一つひとつ丁寧に覚えていただいています。この中学校の教科書は、元NHKラジオ英語会話講師である東後勝明先生が責任編集している、生きた英語を扱った教科書です。意味取り練習、音取り練習、音読練習、シャドーイング練習をして、スラスラ感が出てきたら、次のUnitに進んでいただいています。次のUnitに進んでも、必ず前のUnitも復習します。こうして、早い方で1ヶ月、遅い方でも3ヶ月もすると第1巻が終了します。 中学英文法をある程度覚えている方には、『英会話・ぜったい・音読』シリーズの「入門編(中学1・2年の教科書からの抜粋)」で上記の練習をしていただいています。 同時に、「抜き打ちテスト」(中学、高校、センター試験レベル)や「TOEIC Part 5文法模試」を順番にやっていただき、すべて満点レベルを狙っていただいています。 さらに、進むと、TOEIC模擬テストで、リスニングとリーディングの強化、そして、それらの題材をスピーキングやライティングに活用していただいています。 こうしたやり方で一生懸命トレーニングされている生徒さんは、 「TOEICテストではじめて910点とれました!」 「英検1級に合格しました!」 「TOEICテストで自己記録を更新しました!」 「最近、英語を聞くのがだいぶ楽になってきました!」 「最近、英語のメールを書くのが速くなってきました!」 「いままでは、自分の話す英語に、これで本当に正しいのかどうか、いつも不安でしたが、今では正しい英語で話しているという自信が出てきました!」 という声をいただいております。嬉しい限りです。 ですので、40代でも50代でも大丈夫です。学生時代からやっていたわけではないので、学生時代のようなスピードでは出来ません。学生の時は、嫌でも、「英語」の授業がほぼ毎日あったのですから。そうした時期を逃してしまったことはもう悔やんでも仕方ありません。遅いのです。しかし遅すぎることはありません。 ありえない学習方法に惑わされることなく、英語の正攻法で学習していただければと思っています。 ビジネス英会話 Mon, 25 Sep 2017 11:16:07 +0900 ビジネス英会話教室::ヒロの実践ビジネス英会話教室 小林 広雄 英語と日本語の違い http://cyta.jp/business/b/75317 <br>英語圏の人達は小さな子供でもよく話し、コミュニケーション能力が高いとよく言われます。 それは何故なのか・・?と時々聞かれます。 それはとてもシンプルな答えで英語圏の人達は考えている事を言葉にしているだけです。 日本人は考えてから言葉にする習慣があります。そのため思っている事と話している事が違う場合があります。 また、日本語はとても曖昧で直接的な言い方を避ける傾向がありますので、言い方を変えて言葉にする場合が多くあります。 例えば、「明日、遊ばない?」と言われたけれども忙しくて部屋の掃除もしないと行けなくどうしても時間がないとしましたら「ごめんね、ちょっと都合が悪いんだ」と答えるのが多くの日本人だと思います。 これが英語圏の人でしたら「ごめんね、忙しくて部屋の掃除もあるからちょっと無理なんだ」と頭に浮かんだ事をそのまま言葉にします。 また、日本人は答えを探そうとする習慣があります。例えば学校で先生に何かを聞かれて分からない場合分かるまで考えるのが日本人です。 英語圏の人達は「えっと、何だったかな・・喉まで出かかってるんだけれど・・そうだ、○○です!」と考えてる事を話します。 私の英語レッスンでは心まで英語圏の人となってレッスンを行うとお伝えしてます^^ なので、テキストに書いてある質問が分からなくても、その事を英語で話す様にしましょう♪ 大事なのは答えでは無く英語をいかにたくさん発するかです♪ ビジネス英会話 Fri, 15 Sep 2017 21:53:47 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 英語のトレンド http://cyta.jp/business/b/74605 <br>当たり前の事ですが世の中は流れていて毎日に変化があり、英語学習にも当然トレンドがあります。 10年近く前はTOEICが流行り、その後は資格よりも会話力を上げたいと言うご要望が増え、ここ最近私が感じています事は・・ライティングを上達させたい方が増えていると言う事です。 日本人は話す事よりも書く方が英語が得意だと言われていて、その事もありメール等のライティングは時間をかければ何とかなるのでスピーキングだけで良いと言う生徒様が多かったです。 では何故ライティングのご要望が増えたのかと言いますと一つにメールを書く回数が増えて、以前でしたら時間をかけて書いていたのが今では中国人等のアジアの方の採用も増えて彼らの方が速く書けるからと他の社員に任せる企業が増えて来た事があるかと思います。 社内で上を目指したい方は仕事を取られるのはちょっとプライドが許さないですよね・・! また、自分では問題無い英文だと思っていても結構文法が間違っている場合が多くあります。 その他にどんどんグローバル化が進みプレゼン等も英語で行う場合が増えて、配布する資料やパワーポイントを英語で書く必要性がある事もあります。活字は残りますのであまりにも酷い文章だとちょっとみっともないですよね。。 他にも理由はたくさんありますが、共通している事は国際社会になっていると言う事ですね! 個人的に私が思う次のトレンドは、「文化・考え方の違い・マナー」を知りたい方が増えてくるのではと感じてます^^ ビジネス英会話 Tue, 08 Aug 2017 17:03:42 +0900 ビジネス英会話教室::英国英語によるビジネス英会話スクール 島端 美和 英語はメンドクサイ? http://cyta.jp/business/b/74565 <br>英語の構造を理解するための問題を差し上げます 次の各ケースにおいて動詞はいくつありますか?またどれですか? ケース1 I love you ケース2 I wanted to love you ケース3 I was loving you 解答  全て1個(ケース1の動詞はlove ケース2の動詞はwanted,ケース3の動詞はwas) ケース4 では、I want you and love you 又はI want and love you 解答 2個(wantとlove.:”and”により2つの文章と認識されるため) このように「一文一動詞」が英語の鉄則中の鉄則です。to loveやlovingは 「もはや」動詞ではなく「本当の動詞=wantedや was」を補佐する 役回りとなります。 それにしてもイチイチ「一文一動詞」。。。メンドクサイですね、英語は。。。。。 このメンドクサイ英語をいかに楽しく学んでいただけるか、 それこそが英語講師の腕の見せ所?だと思います。 ビジネス英会話 Sun, 06 Aug 2017 22:49:28 +0900 ビジネス英会話教室::TAKサバイバルビジネス英会話教室 高橋 敏夫