手品::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpの手品の講師がブログを通じて、手品情報を発信! 【マジックに学ぶプレゼンテーション力】 http://cyta.jp/magic/b/82856 <br>こんばんは◎ マジックを学ぶのはプレゼンテーション力を鍛えることにも繋がります。 マジックにはタネ(トリック)があり、大抵のものは大した事のないものなんです。 タネを知った人が「あーなんだ、そんなもんか。」と言うのもそれが理由。 でもその大したことないタネを驚きのマジックに変えるのは、やり方、見せ方、伝え方によるもの。 つまりプレゼンテーション能力です。 どうやったらそのタネを魔法に見せることができるのか、身体の動きからセリフまで徹底的に考えてプレゼンテーションとして仕上げたものがマジックと言えます。 是非マジックを学んで、同時にプレゼンテーション能力も身につけてみませんか? 追伸 さらにマジックを通して、人前で見せることでのコミュニケーション力や人前で話すことへの恐怖心が無くなったりと、いい事尽くめです<img src="/p/common/emoji/f6d2.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 手品 Mon, 13 Aug 2018 22:11:06 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 【マジックに学ぶ相手目線】 http://cyta.jp/magic/b/82710 <br>こんばんは◎ 普段本業の仕事をしていて思うのは、 相手目線(ときには顧客目線などとも言う)は大事だということ。 自分がこうしたら相手がどう思うか を考えるのは より良いコミュニケーションや信頼関係を築くのに必須だと思います。 (多分恋愛もそう) マジックをする上でも相手目線はとても大事で、 観客には老若男女、背の高い人、低い人 座ってる人、立ってる人様々いる場合があります。 そんな中で自分の演技が相手からどう見えるか また、どうやったら相手が驚いたり喜んでくれるのか と言うのを常に考える必要があります。 つまり、相手の気持ちを考えて、尊重すること。 FOR YOU の姿勢をマジックから学ぶことが出来ます◎ 学校でも仕事でも恋愛でも家族でも、必須のチカラ。 手品 Tue, 07 Aug 2018 19:36:50 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 【マルチタスク】 http://cyta.jp/magic/b/82655 <br>‪こんばんは◎ マジシャンはマルチタスクが得意で‬ ‪右手で相手に見せながら左手で秘密の動作をして、喋りながら相手の顔を見て体の角度を調整したりしている。 ‪そういえば普段から‬ ‪顔洗いながら考えごとしながらスクワットしたり、‬ ‪歯磨きしながらトイレで本読んだりしている気がする。笑 それだけではなく、スポーツや仕事でも活かせる良い能力。 手品 Sun, 05 Aug 2018 20:31:32 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 【マジックが見られるファミリーレストラン】 http://cyta.jp/magic/b/82381 <br>こんばんは、講師の今井です。 皆さんマジックバーって行ったことありますか? 私は無いんですけど(笑) 実は年明け目標で都内にファミリー向けのイタリアンレストランを計画中。 マジックバーってどうしても大人しか見に行けないですよね。 そこではファミリー、小さい子供にも気軽にマジックを見たり、 体験したり出来るイベントを考えてます◎ 楽しみ〜 手品 Fri, 27 Jul 2018 18:09:57 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 【マジックは人を騙して良い唯一の芸能】 http://cyta.jp/magic/b/82137 <br>こんばんは。 今日はつぶやき風に。 マジックは他の芸能と違って、人のことを騙してもいいと言う特殊な芸能である。 普段人を騙したら詐欺師や悪者扱いされるのですが、マジシャンはOKです。 むしろ観客は進んで騙されたがるという摩訶不思議な状態になるわけです。 テレビでよくやっているアハ体験的なものと似ていて、 見る側は騙されたときの感覚に快感を覚えたり 分かったときの閃きが快感だったり 脳にインパクトが与えられることで楽しさを覚えるのですな^ ^ 手品 Wed, 18 Jul 2018 19:13:22 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 【物体の永続性】 http://cyta.jp/magic/b/81810 <br>娘(生後10ヶ月)に手品風なものを見せてみる<img src="/p/common/emoji/f3c9.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 物体がそこにある という概念は生後5ヶ月程度の乳児にもあるらしい。(物体の永続性) 赤い球体の積み木を見せたあとに箱を被せて隠す。 その箱から変わらず赤い球体が出てきた場合に比べて、 青い四角の積み木が出てくるとびっくりしてその積み木を長く見つめる傾向があるという実験結果もあるくらい。 似たようなことを試してみる。 多分ちょっとびっくりしていた。(気がする) 手品 Sat, 07 Jul 2018 21:53:10 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 色々なお仕事の方がトライしてくれてます♬ http://cyta.jp/magic/b/81776 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/6/46213/120.jpg" alt="" /><br>マジック講座には 介護関係の方から 元校長先生 自衛隊の方 個人授業主の方など 色々な方が興味を持ってレッスンを受けてくださってます。 特に 会話にも重点をおき コミュニケーションツールとしてのマジックを提案させて いただいていますので、そこが 僕の講座をうける決定打になったと言ってもらったりしてます。 どんなに技巧的に素晴らしいマジックも 自己満足なテクニックを見せたり、ノーギミックで 華麗に演じても 普通の人たちには へー!くらいにしか感じてもらえません。 そこに相手に 寄り添った ストーリーをのせてはじめて 何倍も驚いて感動してもらえるのです。 初心者で マジックをしなさそうな人が さりげなく魔法を使うから 素直に 受け止めて貰えると思います。 先日 合コンでも 最初 あなたタイプでないと言われた子に最後は付き合いたいと 言って 貰えました笑 会話と少しのマジックで♬ ですから、マジック経験があって 色々な技巧的テクニックを求めてる方には 他のコーチのレッスンをお勧めしています。 僕の講座はテクニックでなく 経験で喜ばれたり 驚いて貰えた セレクトしたマジックと 会話術の講座ですので<img src="/p/common/emoji/f3a1.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 手品 Fri, 06 Jul 2018 06:26:52 +0900 手品教室::デートで使えるマジック講座 すぎやま 現象 マジックをできるようになるための一番の近道 http://cyta.jp/magic/b/81608 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/30/46099/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 2018年現在、マジックのタネなんてググればだいたい見つかります。本や映像で解説されているものも、誰かのオリジナル作品だろうと、商品化されているネタだろうと容赦なくタネ明かしされたものがYouTubeで見つかります。 タネを知りたいだけならそれで十分でしょう。でも、実際にやってみようと思った場合はどうでしょう?タネ明かしの映像を見ただけではできないことに気づくでしょう。 タネを知りたいだけではない、自分の手でマジックをできるようになりたい、そんな方々のためにマジックのレッスンをやっています。 『ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ』というカードマジックの本の中で引用されている言葉を再引用します。 ”基本を修得してない人は、まるで指針を失った船のようなものだ。あっちにユラユラ、こっちにユラユラと、どんどん別の方向に進んでいってしまうことだろう” サミュエル・スマイルズ マジックでもやはり基本は大事でして、マジシャンsobogaのマジックレッスンでは、基礎の基礎から始めて、テクニックや技法を一つひとつ丁寧に覚えていきます。 手先の器用さはまったく必要ありません。というよりも、何度も繰り返し練習することで手先はどんどん器用に動くようになっていくものです。 最後に、マジシャンではないですが、多くの名言を残したイギリスの作家・医者であるサミュエル・スマイルズ、彼の名言をもうひとつ。 ”どんなに簡単な技術でも、練習をせずに習得することは出来ない。 逆にどんなに難しいものでも、繰り返し練習すれば、誰でも身につけることが可能なのである。” 手品 Sat, 30 Jun 2018 01:59:46 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga トランプについて調べ始めるとわけがわからなくなる http://cyta.jp/magic/b/81543 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/27/46030/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 どうやらタロットカードはトランプの原型ではないらしい。 どこかでそのように読んで、今まで信じてきたんだけど、歴史的には何の根拠もないばかりか、最近の研究ではトランプのほうがタロットの原型になっているようだ。 ところでトランプという呼び方は日本でしかしない。 英語圏では「playing cards プレイング・カード」、フランス語だと「carte à jouer キャルト・ア・ジュエ」でどちらも遊戯用カードという意味の一般名詞で呼ぶ。 起源についても古代エジプトにその起源があるという研究もあれば、その説を否定する研究結果もあり、最新の研究では中国にルーツがあるみたい。(中国起源にも疑問の余地があるらしいが…) カードの枚数にいたってはあたりまえだと思っていた52枚(+1〜2枚)もぜんぜんあたりまえではなく、文化によっては32枚や36枚、40枚だったり、中には100枚を超えるものもあるらしい。 せめて仕事道具のことは知っていたいと思って調べ始めたけど、トランプの起源を調べれば調べるほど、何が本当かわからなくなりドツボにはまる。 ひとつだけわかったのはいろんな研究結果があって、いろんな説があって、いろんな主張があるってことだ。つまり本当のことを知ってるのは誰もいないってこと。 そんな謎だらけのトランプをマジックに使い始めたのはいつごろのことなんだろう? またひとつ知りたいことが出てきたぞ… そのうち調べます。 手品 Wed, 27 Jun 2018 21:33:40 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga 【みなさんのピンチをお助けしています】 http://cyta.jp/magic/b/81419 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/23/45943/120.jpg" alt="" /><br>駆け込み寺的な感じですが、 みんなの前でマジック披露することになった! なのでマジックを学びたいというシチュエーションが時々あります。 今日のお一人は新入社員で、会社の社員旅行で余興を、と言われているようで100人くらいの前で見せられるマジックを学んでもらってます^ ^ もうお一人は会社のお偉い方たち30人くらいの中で余興をすることになったと言う方。 やっぱりカネのマジックはウケがいいだろう! ということでお金のマジックを中心にやることになりました。 何か目標やイベントがある方が 学びやすかったりしますね◎ ピンチになったらご相談下さいませ。 手品 Sat, 23 Jun 2018 17:07:11 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 『タネ』と『仕掛け』の違いはなんだろう? http://cyta.jp/magic/b/81126 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/12/45781/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 マジックするときにたまに言ったりします。「タネも仕掛けもありますよ〜」なんて感じで。 「タネも仕掛けもございません」なんて始めるマジシャンがホントにいるのか知らないけど、タネのないマジックなんて存在しないわけで導入からウソついてることになりますよね。 でも、タネはあっても仕掛けのないマジックはたくさんあります。 あ、『タネ』と『仕掛け』の違いなんて考えたことないですか。 『仕掛け』はそのものズバリ仕掛けのある道具のこと。マジックの世界ではギミックって呼んだりします。ステージで使う大掛かりなものから目の前で見せるクロースアップ・マジック用の手のひらサイズのものまでそりゃまあいろいろ。 じゃあ『タネ』ってなんなのってことになるけど、テクニックだったり手順による仕組みだったり仕掛けを使うことだったり。つまりそのマジックの現象を実現するための手法すべてを表してます。 だから仕掛けはタネに含まれるってこと。同列に語るからややこしいんですね。 ・仕掛けで現象を起こすマジック ・テクニックだけで現象を起こすマジック ・仕掛けとテクニック両方使って現象を起こすマジック ざっくり3パターンあるけど、自分がやるマジックの9割が仕掛けのないマジック。ギミックはたまーに使うくらい。仕掛けのある道具は手に取って調べられると都合の悪いことがほとんどで、それが面倒くさいというのがホンネです。 だから自分の場合、『タネはあるけど仕掛けはございません』だったらウソついてないことになるのかな。 手品 Tue, 12 Jun 2018 01:10:00 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga No325 不思議な写真 http://cyta.jp/magic/b/81103 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/11/45768/120.jpg" alt="" /><br>たまたま手に入れた写真集 「海底美術館」 水中にいろいろな彫刻を沈めて 海の生物と一体となって行く様子を 時間の経過とともに楽しめる写真集です。 何枚もある写真の中で 1枚だけ「オヤッ!」と思う チョット不思議な写真が載っていました。 気になったので巻末の 小さな字で書かれている 作品解説を見てみましたよ。 すると なんと世界的なスーパーマジシャンの 「デビット・カッパーフィールド」さんが 関係している作品でした。 単純なオイラは 少し得した幸せな気分になりました(*^_^*) 手品講師  鶴岡でした。 おわり 手品 Mon, 11 Jun 2018 13:16:13 +0900 手品教室::初めてのツルちゃんのマジックスクール 鶴岡 一郎 マジシャンへの挑戦状 http://cyta.jp/magic/b/81025 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/8/45705/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 1. タネをなんとか見破ろうと目を皿にして挑む。タネを見破ることを楽しむ。 2. タネの部分は気にしない。現象そのものを楽しむ。 3. どうせタネがあるんだろう、騙されないぞ、と身構える。 あなたはマジックを観るときどのタイプですか? どれが良いとか悪いとかの話ではありません。ざっくり3タイプの観客がいるという事実です。 個人的に『マジシャンへの挑戦状』と呼んでいるものがあります。 1番目と3番目ですが両者は少し毛色が違いますね。 残念ながら3番目の挑戦状が読まれることはありません。 そもそも騙すつもりがないからです。 マジックはタネも仕掛けもあることを前提に、あたかも魔法であるかのような、不可能を可能にする現象を楽しむ芸能です。 本当はタネがあるのにホンモノの超能力だと言って騙そうとしているわけではありません。 1番目と2番目はタネがあることが前提です。それを気にするかしないかの違いですね。 1番目の挑戦状は一応読みますが、対決はしません。 マジシャンがなぜタネを見えないようにするかといえば、見破られないようにすることが直接の目的ではなく、それが魔法のように見えなければならないからです。 ミッキーの中の人がいないことになっているのと同じです。あるいは映画のCG編集部分をリアルな映像のように見せる技術と同じです。 ただ、映画の内容とは別にCG技術そのものに興味を持つのと同じように、マジックのタネの部分に興味を持つのもマジックの楽しみ方のひとつだと思います。 でも実をいうとマジック(技法とか仕掛けとかトリックとか)の知識がまったくないとそうそう見破れるものじゃないと思います。(たまに見えちゃっているマジシャンとかいますけど、そういうのは置いといて)一定以上のレベルのマジシャンであれば、観客がタネの部分を目にしたり意識にのぼったりはしないはず。早技・スピードで解決しているわけではなく、そもそも視界に入っていないのでどんなに目を凝らしたところで無理でしょう。 早い話、見えたか見えなかったではなく、知ってるか知らないかが大きいと思います。 これも実はですが、大きめの書店なら結構な量のマジック本、トリック本が普通に売ってます。あたりまえのように一般の方が買うことができます。 数は少なかったけど昔から普通に売ってました。びっくりでしょう? 閉鎖的に思われがちなマジックの世界ですが、そんなことはなく意外とオープンなんですね。 どの本を買ったらいいか迷ったら相談してくださいね。 手品 Fri, 08 Jun 2018 12:56:53 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga 【遠方のレッスン?】 http://cyta.jp/magic/b/80980 <br>こんばんは、お久しぶりです今井です(・ω・)ノ 本業は会社員でして、仕事柄出張がよくあります。 出張のタイミングにレッスンが出来ると、そっちにお住いの方にもレッスン受けて頂けるのになぁ と思うこの頃。 もしタイミングがあれば、各地に行った時にレッスンも可能です^ ^ もちろん会場登録している都内、神奈川でも引き続き募集しております◎ ちなみに今月はこんな感じ。 6/8 大阪 6/11.12 奈良 6/14 盛岡 6/15-18 金沢 6/21 大阪 6/22 三重 6/24-26 沖縄 6/28 大阪 多いです。笑 手品 Wed, 06 Jun 2018 21:05:42 +0900 手品教室::初心者のためのマジックレッスン 今井 司 マジックって難しい? http://cyta.jp/magic/b/80892 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/4/45614/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 簡単だともいえるし、難しいともいえます。 禅問答みたいな感じでごめんなさいね。 いい方を変えれば、めちゃくちゃ簡単なものから猛烈に難しいものまであります。 楽器の演奏と似ているところがあるかもしれませんね。 演奏テクニックには初級から上級のものまであるように、マジックのテクニック(技法・トリック)にも初級のものから上級のものまであります。 初心者向けの曲もあるし超絶テクを使って演奏する曲もあるように、マジックにもテクニックいらずの初心者向けといえるネタもあれば何年もかけて習得するような超絶テクを使うネタもあります。 でもこれ、「簡単/難しい | 初級/上級」といってるのはあくまでも"技術的"な話。 簡単だけどすごく不思議なマジックはあるし、難しいからといって簡単なものよりも優れているとも言い切れません。 しかも、セリフやシチュエーションなど演出を変えればコミカルにもシリアスにも見る人に与える印象を変えることができます。 最初から難しいことを覚える必要はありません。技術的には簡単でもめちゃくちゃ不思議なマジックはたくさんあります。そんなマジックを”誰に”、”どんなふうに”見せるのかを練りに練って見る人を楽しませていきましょう。 手品 Mon, 04 Jun 2018 09:27:16 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga アガリ症で困ってる?人前に出ても緊張しない方法 http://cyta.jp/magic/b/80719 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/5/30/45488/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 いやいや、緊張するって。何度場数を踏もうが人前で何かをするときは常に緊張からは逃れられません。そのコトが大事なことであればあるほど。 人前での演奏だとか、プレゼンで大勢の前で話すときとか、好きな女の子を口説くときなんかは必ず緊張しますね? もし緊張しないという人がいたら、それはその人がそのコトを大事にだったり重要な事と考えていないから。 人は自分にとって重要なことをするときには緊張するようにできてるらしい。 太古の時代からDNAに刻まれている防衛本能でもあるし、適度な緊張感によってパフォーマンスを発揮するためのものだったり。 適度な緊張感。これを通り越しちゃうといわゆる『アガった』状態になっちゃう。女の子の目も見れなくなっちゃうわけだ。 アガっちゃったらもう最悪。頭の中は真っ白、手足は震えるし、声はうわずるし… 初めて人前で(親兄弟、友だちではないまったくの他人の前で)マジックをしたときにこの状態に陥りました。何をやったのか、何をしゃべったのかすら覚えてません。パフォーマンスとしてはボロカスだったはず… この状態にならないためにはどうしたらいいかが本題。 逆にアガってるってどういう状態かというと、緊張を受け入れられずそのことばかりを考えている状態。 手が震えたらどうしよう、声が震えたらどうしよう、目が泳いじゃったらどうしよう・・・ 完全に意識は自分の内側に向いてます。自分のこと、自分の状態のことしか考えていないともいえる。 では、アガらない具体的な方法。 まず、緊張していることを否定しない。受け入れる。 自分は今から大事なことをやる。だから緊張している。この緊張感によってパフォーマンスは最大限にアップするはずだ。 緊張そのものより、これからやる『コト』に意識を向けるのが大事です。 続いて、内側に向いた意識を外側に向けます。 これは意外と簡単。 『コト』を始める前に対象者(マジックを見てくれる人、プレゼンを聞いてくれる人、演奏を聴いてくれる人、口説き文句を聞いてくれる女の子など)の姿形、服装なんかを詳細に観察します。 ああこれ、あそこのブランドの服だな、とか、あの人ちょっとネクタイ曲がってるな、とか、耳たぶのところにホクロがあるんだ、とか、あの人おもしろい爪の形してるな、とか、目の下のクマがすごいけど寝不足なのかな、とかとか。 あんまりジロジロ見てると相手に気付かれて失礼になっちゃうからさりげなく。でも、できるだけ詳細に観察します。 これやってると緊張しまくってるのがバカバカしくなるのか、次第にリラックスしてきます。これ本当。 意識が外に向いたところで『コト』に意識を戻してやれば大抵上手くいきますよ。 自分も人前でマジックするときは今でもやっぱり緊張します。 でもこの方法で適度な緊張感を残したまま、アガることはまずなくなりました。 頭のかたすみに置いて、何か大事な『コト』の前には試してみてくださいな。 まあでもこれ、『コト』の準備や練習がちゃんとできてることが前提になるんだけども。そればっかりはしっかり時間を取って頑張るしかないです。 手品 Wed, 30 May 2018 00:27:50 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga 手先の器用さは生まれ持ったものじゃない http://cyta.jp/magic/b/80701 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/5/29/45476/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 マジックをしていてたまに言われるのが「器用だねえ」という言葉。トランプだったりを扱うさまを見ての言葉です。 この言葉、『(訓練の結果、手先が)器用(に動くん)だねえ』と受け取れる。 それとは逆に『(そのように手が動くのは、手先が)器用(だから)だねえ』とも受け取れる。 前者は『器用さ』が結果。後者は『器用さ』が原因。もしくは『器用さ』を生まれ持った才能ととらえるかどうか。 どっちが本当でしょう。 別の言い方をする人もいます。『自分は不器用だからマジックはできない』これは完全に『器用さ』を原因や才能としてますよね。 これは本当でしょうか。 自分の考えとしては、手先の器用さは結果であって原因ではないし、生まれ持った才能でもありません。 同じ動作を何回も、それこそ何万回と繰り返すうちにその動作に関しては器用に動くようになるんだと思います。 自分は未だに針穴に糸を通すのニガテですもん。うまくできるようになりたいとも思ってないけど。 もちろんコツを掴むまでの期間や回数は人によって違うけど、練習を重ねればいつか必ずできるようになります。 このあいだ、いつもは左手に持っているトランプを右手に持ち替えてすべての動作を左右逆にしてみました。(通常右利きの人は左手でトランプを持ちます。たまに逆の人もいるけど) びっくりするくらいなんにもできません。他人の手を操っているのかと思うくらい手が動きませんでした。 マジックに限らず、たまに練習もなく左右の手がまったく同じように動く人がいたりします。そういうのを生まれ持った才能というのかも。 わかりません、もしかしたら人の見ていないところでものすごい努力を重ねているのかもしれませんけどね。 おっと、そろそろ練習しよう。 手品 Tue, 29 May 2018 14:08:34 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga 会話が大事♬ http://cyta.jp/magic/b/80687 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/5/29/45464/120.jpg" alt="" /><br>マジック講座に早い時期から参加の高身長イケメンの生徒さんと経堂のダイニングバーを 会場にしてますので、リラックスした雰囲気でレッスンをしています。 このあいだの合コンでマジックはうまくいったのですが、女の子とうまく行きませんでした!との お話^^ マジックはあくまで恋の導入ですから、そこに練り込む会話こそが ただの手品から 恋のイリュージョンに変えてくれるのですよと解説致しました。 写真の通り 僕はもう そこそこの年齢で身長も170ピッタリと今の時代低いし容姿も まあまあ(そうさせてくださいw)でも かなり モテます! 生徒さんにも こんなにモテる人はじめて見た!と言われました。 年齢も自分の半分くらいのお嬢様ばかりで みんな美人です!(自信を持って)w ですから、会話そう、コミニュケーションなのです。 マジックはそのための強力なスパイスといった感じです♬ 人生をモテ男のなって楽しみたいのでしたら、是非! 他のデザインの講座も大好評でいっぱいいっぱいになりつつあるので、講座一時 体験はストップ すかもしれないので 今のうちにどうぞ🤗<img src="/p/common/emoji/f7be.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>︎ 手品 Tue, 29 May 2018 06:35:44 +0900 手品教室::デートで使えるマジック講座 すぎやま 現象 No324 錯覚の世界 http://cyta.jp/magic/b/80681 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/5/28/45460/120.jpg" alt="" /><br>先日、本屋で見つけた 「錯覚クイズ」という本を 読みました。 この本は、ただ錯覚の絵を 見せるだけの他の物とは違い 人の脳で見た物を どのように処理し変換する事によって 錯覚を起こすのかが詳しく書かれていました。 人によっては違うと言う人もいますが 私は錯覚の世界は 十分マジックの世界に通づる物が有ると思っています。 中には実際に マジック道具として 販売されている物も載っていますしね。 そしてこの本をヒントに 一つ面白い物に気付いてしまいました。 どこかで試してみようと思います(*^_^*) マジックとして完成するかは分かりませんけどね。 手品講師   鶴岡でした。 おわり 手品 Mon, 28 May 2018 23:33:42 +0900 手品教室::初めてのツルちゃんのマジックスクール 鶴岡 一郎 マジックで心の距離を一気に縮めましょう http://cyta.jp/magic/b/80668 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/5/28/45457/120.jpg" alt="" /><br>マジシャンsobogaです。 マジックは『不思議な現象を見せる』芸能ですが、人とのコミュニケーションにおいて心の距離を一気に縮めて、相手の心をわしづかみにするツールであるとも考えています。 私の経験からお話すると、仕事でたまに海外のお客様にマジックをお見せすることもありますが、英語圏の方ならまだいいんです。つたない英語でなんとかコミュニケーションが取れますから。 これがまったく英語を話さない国の方だとさあ大変!言葉のコミュニケーションは取れないのでのっけからマジックを見てもらいます。 サイレント・アクトといって、セリフを一切口にせず無言で行うマジックというか芸能の一種ですね。身振り手振りや不思議な現象だけで観客に楽しんでいただきます。パントマイムやジャグリングなんかもサイレント・アクトに入ると思います。 そういったセリフを必要としないネタをいくつか用意して、言葉の通じないお客様にも楽しんでいただけるように心がけています。 言葉を介さずとも相手に楽しんでいただけるマジック。言葉が通じてセリフも普通に使えるとしたらいかに簡単に相手と仲良くなれるかおわかりでしょう。 相手の心をつかんで距離を一気に縮める。それこそが本当のマジックかもしれませんね。 手品 Mon, 28 May 2018 16:48:22 +0900 手品教室::初心者のための即戦力マジックレッスン マジシャンsoboga