数学の家庭教師::Cyta.jp https://cyta.jp Cyta.jpの数学の家庭教師の講師がブログを通じて、数学の家庭教師情報を発信! もうやり方を完全に覚えてしまったけど、 https://cyta.jp/hmath/b/44840 <br>先日、お教えしている中学生に 「数学の問題、もうやり方を完全に覚えてしまったけど、 こんなのをやって役に立つの?」 と言われました。 覚えていてくれるのだったらいいのですが、覚え続けられるの? と思ったわけです。 子供たちは軽く考えがちです。 そんな時には言います 「その程度、まだ脳の壁に張り付いたぐらいや 知識は脳の中にしみこませるぐらいやってやっと自分のモノになるから 繰り返しやりなさい」 繰り返しやるなんてつまらない、先へ進みたい、新しいことをやりたいと言われますが 右手と顔を左右に振ります また、同じ問題集を繰り返しやるのも抵抗がある子供が良くいます これも同じことで一回目できたからといって二回目できるとは限らず 一回目できなかったことはさらに繰り返す必要があります がんばってください 数学の家庭教師 Tue, 12 Aug 2014 00:02:10 +0900 数学の家庭教師::受験対策算数・数学教室 土岐 博 長文について https://cyta.jp/hmath/b/44678 <br>夏休みのこの時期、学校の宿題はそろそろ終えておられると思います 受験勉強が大詰めになると焦ってじっくりと長文に向かいづらくなると思います 今の時期、国語・英語の長文に取り組んでみてください 内容が分からなくてもいいので急いで読む練習をしてください ゆっくり読んでも早く読んでも一度目はさほど理解度は変わらないことに気づく時がやってくると思います 二度目に詳細を意識しながら読むと良いです 特に大学受験の長文は難しいものが多いので一度では理解できません だったら二度以上読める時間を確保する方がいいわけです がんばってください 数学の家庭教師 Fri, 08 Aug 2014 11:22:04 +0900 数学の家庭教師::受験対策算数・数学教室 土岐 博 先生は生徒を思う https://cyta.jp/hmath/b/44538 <br>以前テレビを見ていたら、 あるお寺の60代の住職が出てインタビューに答えていました その住職の趣味は、サボテンを育てることだそうです 小学2年生の頃、夜店で売っていたサボテンを買って 家に持って帰って育てていくうちに、ある日、きれいな花が咲きました それがとてもうれしかったので作文に書くと文集に載せてもらえて その当時の担任の先生に 「作文良かったよ、サボテン、大切に育ててね」 と言われて、それをきっかけに大切に育ててきたようです 時は流れて最近、そのインタビューに答えた少し前に サボテンをたくさん育てているその住職が注目され、 その様子があるテレビで放送されたそうです 放送後、すぐに反響があって手紙などが数百も届き その中に「すぐり君(住職の名前)、大切に育てていたんですね」 という手紙がありました それは例の担任の先生でご存命で見ていてくれたんだそうです 住職はすぐに先生を訪ね、二人で昔に思いを馳せました 帰る時、先生に「家を出るとき、飛び出したらあかんよ、車に気をつけて」 と言われ、住職は大泣きしたそうです 数学の家庭教師 Tue, 05 Aug 2014 00:15:03 +0900 数学の家庭教師::受験対策算数・数学教室 土岐 博 暑くて辛くても勉強しなくてはなりませんよね https://cyta.jp/hmath/b/44534 <br>暑くて辛くても勉強しなくてはなりませんよね 特に受験生は 大変そうで応援します この時期暑いからといってあまり何もやらないでいると そのブランクから戻るのにはかなり時間がかかります 山登りは長い間休憩してもその場にいることができますが 受験勉強は長い間休憩すると段々と下がって行きます 川を上って行くと考えたほうがいいかもしれませんね その場にいつづけるだけでもある程度体力を必要とするところも ただ、がんばっていれば筋力がつくように 学力もついて段々と楽に歩めるようになります 逆にがんばりすぎるとかなり休まないといけなくなり 川に流されてしまいかねないです がんばってください! 数学の家庭教師 Mon, 04 Aug 2014 23:59:44 +0900 数学の家庭教師::受験対策算数・数学教室 土岐 博 もう夏休み真っ只中ですが・・・ https://cyta.jp/hmath/b/44494 <br>最初は気合を入れて取り組まれるのでしょうが 暑い日が続き、時間が単調に過ぎるので 自己管理が大変になり、安易な方へ流されていきやすいです お盆までも持たず、結局だらけた時間を過ごして それで休みが終わってしまう なんてことにならないように 夏休み全体の計画なんて立てるのはやめて 一日にすることを決めておきましょう そして一週間に半日から一日何もない日を作っておきましょう もし一日のノルマを達成できなかったら その何もない日にすることにするんです 逆にノルマを達成していれば何か自分にご褒美として 勉強以外で楽しく過ごしてもいいと思います 自分は弱いから一週間のサイクルも出来るかどうか という人は三日ないし四日のサイクルでもいいと思います 数学の家庭教師 Mon, 04 Aug 2014 00:19:10 +0900 数学の家庭教師::受験対策算数・数学教室 土岐 博