アコースティックギター::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのアコースティックギターの講師がブログを通じて、アコースティックギター情報を発信! 弦交換で http://cyta.jp/aguitar/b/84841 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/16/48804/120.jpg" alt="" /><br>さてと...弦交換<img src="/p/common/emoji/f3ee.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>️ アコースティックギター Tue, 16 Oct 2018 14:11:47 +0900 アコースティックギター教室::ふじきの弾き語りレッスン ふじき 洗練されたアルペジオのやり方 http://cyta.jp/aguitar/b/84830 <br>こんにちは、谷口です。 今回は、私流のアルペジオの方法論を述べます。 それは、「コード·トーンを使ってメロディーを考える」というやり方です。 アルペジオは「分散和音」とも言われ、難しく考えがちですが、要するに「コード·トーン」を1音ずつ鳴らしていくということです。(私はよくアルペジオのことを「コード·トーン弾き」と呼びます。) そして、フレーズを「メロディック」にしていきます。 そうすることで、「コード感」を生む役割だけでなく、「裏メロ」や「モチーフ」としての役割も持たせることができるのです。 更に応用として、フレーズに「テンション·ノート」を交ぜていくことで、より自由なメロディーのアルペジオを作ることができるようになります。 以上、私流の洗練されたアルペジオのやり方の説明でした。 (言葉だけでは、理解しきれなかった場合は、無料体験レッスンでも実演を交えて、丁寧に説明しますので、お気軽にお申し込みください。) アコースティックギター Tue, 16 Oct 2018 08:07:45 +0900 アコースティックギター教室::ロジカルアコースティックギター講座 谷口 渚 Good Coming LIVE ... http://cyta.jp/aguitar/b/84814 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/15/48785/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/15/48786/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/15/48787/120.jpg" alt="" /><br>Good Coming 実はボーカルの桐明くんは ちょっと知り合いで... http://www.goodcoming.jp/ めっちゃ応援してます 武道館単独公演<img src="/p/common/emoji/f3ee.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>️ 頑張ってほしいです ( ◠‿◠ ) アコースティックギター Mon, 15 Oct 2018 14:46:32 +0900 アコースティックギター教室::ふじきの弾き語りレッスン ふじき 的野祥子ちゃんLIVE ... http://cyta.jp/aguitar/b/84813 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/15/48783/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/15/48784/120.jpg" alt="" /><br>那珂川付近をブラブラと... なにやら野外イベントが... あっ!的野祥子ちゃんだ さすがのステージング と歌声でした (^ω^) アコースティックギター Mon, 15 Oct 2018 14:41:50 +0900 アコースティックギター教室::ふじきの弾き語りレッスン ふじき 爪のケア http://cyta.jp/aguitar/b/84806 <br>2018/10/15(月) 11:43 ギターを弾くのに私は爪で弾くのですが、年齢のせいでしょうか。よく割れるようになりました。 若い頃より爪が薄くなったのでしょうか。 それとも、加齢で体のバランスが悪くなって、指先をよくぶつけるようになったからでしょうか。 何しろ、割れると弾きにくいのです。 爪の先にはめるピックもありますが、とてもじゃないけど慣れません。 そこで考えたのはマニキュアです。女性用のそれとは違って、ギタリスト用のコート剤というものです。 姿形はマニキュアと全く同じでして、においも同じ。 すぐ乾くので便利です。これをし始めてから割れなくなりました。 ただ、少しずつはがれてきますから、適度な間隔で塗りなおします。 さて、今回の練習曲はサザンオールスターズの「秘密のデート」。このバンドは達者なコピーバンドがいくつかあって、YOUTUBEにアップされてます。 アップテンポな曲なので、ギター1本での表現はたかが知れているのですが、私的には気に入った演奏です。 もう少し整ったら、アップいたします。 アコースティックギター Mon, 15 Oct 2018 12:48:48 +0900 アコースティックギター教室::北のウサギ ギター教室 良山 鷹 2音アルペジオというテクニック http://cyta.jp/aguitar/b/84642 <br>こんにちは、谷口です。 ギターでアルペジオを弾くとなると、初心者の方は、まず1拍目頭でベース音(ルート)を弾いてから6~1弦まで満遍なく鳴らしていって、、、などと考えがちです。 しかし、ここで紹介するのは、2つの音(2本の弦)しか使わないアルペジオです。(人によっては、それはアルペジオではないと言うかもしれません。) コードトーンのうち、2つの音を選んで、それでメロディックにフレーズを弾きます。 (8分のリズムで交互に鳴らすだけでも、効果的です。) 「コード感」を担うアルペジオであり、またメロディックにすることで、「裏メロ」や「モチーフ」としても機能します。 Coldplayやスピッツの曲などにも使われているテクニックです。 シンプルで洗練されたアレンジにも有効なテクニックです。 以上、2音アルペジオについてでした。 アコースティックギター Tue, 09 Oct 2018 11:09:25 +0900 アコースティックギター教室::ロジカルアコースティックギター講座 谷口 渚 同音連打というテクニック http://cyta.jp/aguitar/b/84641 <br>こんにちは、谷口です。 邦楽では、メロディーは変化して流れて展開していく方が良いと考えられている節があります。 それは、歌メロであっても、ギターのフレーズであってもです。 しかしながら、洋楽のバンドのギターなどのフレーズを調べると、「同音連打」を多用しています。 「同音連打」とは文字通り、同じ音を連続して鳴らす手法です。主に、コードトーンの一つを連続して鳴らします。 単純な手法ですが、非常に有益な手法です。 コード進行に沿ってコードトーンを同音連打すると、連打する音も流れていきます。一種のメロディーです。それが、「裏メロ」や「モチーフ」として機能します。 それに加え、連打する音はコードトーンなので、「コード感」を補強する役割も果たします。 邦楽は同音連打を避ける傾向がありますが、洋楽のようなクールなフレーズを考えたいなら、有効です。 以上、同音連打についてでした。 アコースティックギター Tue, 09 Oct 2018 10:52:51 +0900 アコースティックギター教室::ロジカルアコースティックギター講座 谷口 渚 良いメロディーの定義 http://cyta.jp/aguitar/b/84640 <br>こんにちは、谷口です。 よく、「この歌はメロディーが良い」などと言いますが、「良いメロディー」とは、どういうメロディーなのでしょうか。 それは、個人の感性によって様々に定義されるものだと思います。世界中の人間が全員良いと感じるメロディーなどあるはずもないでしょう。(作曲者の中にはそういうメロディーを作りたいと思って作る人もいると思いますが。) ここでは、私の持論を述べます。 ざっくり言うと、 「普遍性とオリジナリティーの両方があるメロディー」 です。 細かく言うと、 「様々な音符が使われていて、その使い方にセンスがあるメロディー」 です。 様々な音符を使うことで、誰でも音楽的な印象を抱くと思います。その音符の使い方というのは、その作曲者の個性·オリジナリティーに関わる部分だと思います。 オリジナリティーについては、何曲も作っていくと、自分がよく使う音符や符割りがわかってきます。 私の場合、それらが降りてくると、「自分らしい」メロディーだと感じます。 (ちなみに私は、符点4分音符が好きです。) これらは、オリジナル曲を作る際の参考にしてみて下さい。 以上、私の考える良いメロディーの定義でした。 アコースティックギター Tue, 09 Oct 2018 10:16:07 +0900 アコースティックギター教室::ロジカルアコースティックギター講座 谷口 渚 ジャムセッション告知 http://cyta.jp/aguitar/b/84590 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/10/7/48606/120.jpg" alt="" /><br>久しぶりにジャムセッションのホストをします。 以下、詳細です。 【The session】 10月14日(日) Open 19:00~ Start 19:30〜 Charge: 1,500yen *要2ドリンク別オーダー w.jaz 〒1670053 東京都 杉並区西荻南3-7-6 サンパレス西荻Ⅱ B101 https://wjazinfo.jimdo.com 自分も参加して音楽を楽しみたい皆様へ。 Jam session です 特にジャンルは絞っていません。 Pops、Jazz、Blues、Funk、R&B、Soul、Latin… 「コレやりたい!」という押しの曲がある方は、リードシートを5部ほどコピーしてご持参下されば、皆で楽しくやっちゃいます シンガーもプレーヤーも、カマン️ お待ちしています。 ホストメンバー::: Sax. 荒川将司 Gt. 田村雄太 Bs. 髙橋佳輝 Dr. 堀内粒良 ご都合つく方は是非、遊びに来てください。 ※体験レッスンも承っております。お気軽にご相談ください。 アコースティックギター Sun, 07 Oct 2018 14:45:55 +0900 アコースティックギター教室::ビタミンアコースティックギタースクール 三田村 和義 ジャムセッション告知 http://cyta.jp/aguitar/b/84588 <br>久しぶりにジャムセッションのホストをします。 以下、詳細です。 【The session】 10月14日(日) Open 19:00~ Start 19:30〜 Charge: 1,500yen *要2ドリンク別オーダー w.jaz 〒1670053 東京都 杉並区西荻南3-7-6 サンパレス西荻Ⅱ B101 https://wjazinfo.jimdo.com 自分も参加して音楽を楽しみたい皆様へ。 Jam session です 特にジャンルは絞っていません。 Pops、Jazz、Blues、Funk、R&B、Soul、Latin… 「コレやりたい!」という押しの曲がある方は、リードシートを5部ほどコピーしてご持参下されば、皆で楽しくやっちゃいます シンガーもプレーヤーも、カマン️ お待ちしています。 ホストメンバー::: Sax. 荒川将司 Gt. 田村雄太 Bs. 髙橋佳輝 Dr. 堀内粒良 ご都合つく方は是非、遊びに来てください。 ※体験レッスンも承っております。お気軽にご相談ください。 アコースティックギター Sun, 07 Oct 2018 14:44:01 +0900 アコースティックギター教室::ビタミンアコースティックギタースクール 三田村 和義 エミリー エルバート http://cyta.jp/aguitar/b/84465 <br>2月からブログをお休みしておりました。ひさしぶりに再開です。 先月は北海道で大きな地震があって、我が家も2日間停電となり不自由な生活となりました。 全国のかたがたも地震に限らず台風などで、多かれ少なかれ被害を受けられたのではないでしょうか。 私も60年以上生きてきて、このような体験は初めてでした。ひとごとじゃないという事を実感しました。 さて、最近はエミリー・エルバートというアメリカのシンガーが気に入ってます。 アコースティックもエレキも弾きこなす女性ですが、何より歌が上手です。 このYOUTUBEの曲はマービンゲイのカバーですが、これが私のお気に入りです。 <a href="https://youtu.be/2waqTXjflWQ">エミリー エルバート</a> 北のウサギ ギター教室では「体験レッスン」は現在行っていません。 「まずは体験して」、「やれそうだと思ったら申し込んで・・・」 のようなステップも否定するわけではないですが、コーチの立場からすれば、しっかり準備していても前日にキャンセルの連絡が来たり、一生懸命レッスンしても申し込みがなかったりが続くと、体験の申し込みがあっても「どうせ」と思ってしまいます。 最初からやる気で申し込んでいただけたらありがたいです。 アコースティックギター Wed, 03 Oct 2018 15:19:30 +0900 アコースティックギター教室::北のウサギ ギター教室 良山 鷹 コード進行の禁則について http://cyta.jp/aguitar/b/84319 <br>お久し振りです。谷口です。 音楽理論を本などで学んでいると、「このコード進行は良くない」といった内容を目にすることがあります。 例えば、key=C(ハ長調)において G→F(ドミナントからサブドミナント)は良くないとか、 Am→C(代理コードから元のコード)は良くないとか、 F→Am(Ⅳ→Ⅵ)は良くないとか、 いくつか挙げられます。 これらは主にクラシックの伝統において、禁則とされたものだと思いますが、ここで私が結論として伝えたいことは、       「コード進行に禁則などない」 と考えた方が良いということです。 G→Fは現代の曲では当たり前に使われますし、 Am→Cなどの進行も私の自作曲でよく使います。(メジャーな曲でも使われていたりします。) F→Amも洋楽ではよく使われています。 初心者の方は、私がそうでしたが、作曲をしていて、たまたま禁則とされる進行が思いついた時に、果たしてこれで正しいのか悪いのか、迷ってしまうと思います。 自分の感性を大切にして下さい。 (何年も何曲も作曲していると、珍しい進行が浮かんだ時にむしろ嬉しくなったりします。) 禁則の反対に、聞き心地の良い常套的な進行は確かにあります。 禁則うんぬんを覚えるより、その定番的な進行を使いこなす方が有益です。 定番的な進行を知りたい方や禁則が使われている曲を知りたい方は、無料体験レッスンでもお教えします。 以上、コード進行の禁則についてでした。 アコースティックギター Sat, 29 Sep 2018 09:52:04 +0900 アコースティックギター教室::ロジカルアコースティックギター講座 谷口 渚 FUKUOKA GUITAR FESTA http://cyta.jp/aguitar/b/84211 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/25/48303/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/25/48304/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/25/48305/120.jpg" alt="" /><br>FUKUOKA GUITAR FESTA 色々とギター弾いたけどやはり気になるのはGibson J-50...1966年のナチュラルに近い45があって、弾いたらめっちゃいい (^ω^) 値段も安い...これ以上弾いたら買ってしまいそうだったので弾かないで...(笑) デモ演奏の浜崎絵里歌ちゃん、江頭勇哉くん!頑張ってる人、大好きです <img src="/p/common/emoji/f649.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> アコースティックギター Tue, 25 Sep 2018 23:12:38 +0900 アコースティックギター教室::ふじきの弾き語りレッスン ふじき 【動画あり】お喋りを楽しみながらギターを弾くという時間も素敵と感じます http://cyta.jp/aguitar/b/84129 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 前回のブログでは「ぼくの好きなコード進行」のお話をさせてもらいましたね! 今回はコード進行という「音楽の流れ」の一歩手前にある、 【ギターで押さえるコードの響きの違い】 というものに注目してみようかと思います。 過去にも同じ様な内容を書いてきているかもしれませんが、 ギターを弾いていると何度も感じることなので何度でもお話していける気がしています(笑) ギターという楽器の持つ特徴の一つである「弦の押さえ方」。 不完全であり何とも不安定な楽器だからこそ楽しめる要素の一つではないでしょうか。 今回も、最近YouTubeに公開した動画からご紹介させていただきます◎ <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/nyFkZBySpk0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe> いかがでしたでしょうか? 相変わらずこんな感じの人が喋っていますよ! おまけ程度に弾き語りでカバーをしていたり、 一人で楽しくやっています。 ネットもガッツリ普及して、様々なことが誰でも手軽にできる様になりました◎ どんなことも人によって楽しみ方を変えることができますから、 ほんの少しの勇気で手を伸ばしてみると手に入るものや目に見える景色が より色濃くなっていくかもしれませんね! ぼくのYouTubeも、すなわちそういうことです◎ この動画では「C」というコードを参考にご紹介しましたが、 その他のコードでも似た様なことが言えます。 似た様なことと言うよりも、ほぼ同様のことですね◎ お時間の取れる時にでもお試しください! あまりよくわからないという方は、 特に気にせず引き続き楽しみながらギターを弾いていただければ幸いです! その中でなんだか気になってモヤモヤしちゃう、 という人は、ぼくにお気軽に連絡をいただければ嬉しいです! 改めて僕から簡単にご説明させていただきたいと思っております。 そんな風に、 ギターで曲を弾くだけではなく、あぁだこうだ言いながらギターを弾きあったりするのも音楽の楽しいところ。 そういう相手や仲間が一人でも多くいると、 より素敵な音楽ライフをおくれそうですね! 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! またちょっとずつ、ギターや弾き語りに関する動画を配信していこうかと思います! 一つでも参考にしてもらえる内容が組み込まれた動画にしていきますので、 ちょっとしたスキマ時間にでも見ていただけると良いかと思います。 それでは、また! アコースティックギター Sun, 23 Sep 2018 14:32:34 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【紹介】僕の好きなコード進行の一つを動画の中でご紹介♪ http://cyta.jp/aguitar/b/84039 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> お久しぶりの更新となってしまいました。。 お久しぶりということもあって、今までとはちょっと違う内容にしてみようかと思います◎ タイトルにある通り、 「僕の好きなコード進行の一つを動画の中でご紹介♪」 という内容です。 動画をどうやってお届けするかというと、 もうシンプルにYouTubeの力を借ります(笑) 僕は、 <u>&フォークの声ブログ。</u> という動画なのにほぼ音声でお届けしている動画を YouTubeにアップしているので、 そちらから引っ張ってきてお届けさせていただきます! 結論から言うと、 僕が好きなコード進行はこちら。 ====== F C G Am (Ⅳ Ⅰ Ⅴ  Ⅵ ) ====== このコード進行が、なんだか気持ち良いのです! ここ何年かずっとそう感じています◎ それをかなりゆるく紹介した動画がコチラです↓ <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Z3S1GTereZk" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe> 関係ないことを喋っていたりもしますが、 それも込み込みで生配信をした記録となっております。 僕がどんな声をしているのか、 ということもサラッとご紹介できて良いのかなと思います(笑) 以前「音声のブログ」でお届けしていこうかと考えたこともありましたが、 それは少々難しそうだったので音もなく断念しました。。 しかし、 むしろ動画( YouTube)なら参考になる内容をお届けできるかもしれないなぁと感じています。 今後も YouTubeを利用してお届けするかもしれませんので、 どうぞお気軽に楽しんでもらえればと思います! ギターに関わることや、音楽全般のこと、 それらに加えて何か楽しめそうなことや雑談も混じってくるかと思いますが 総合的に楽しめる内容にしていきたいと考えています! 画質や音質は、パッとしないかもしれませんがそこはご愛嬌ということで。。 文字だけでは伝わりづらい部分を動画を利用してお伝えすることで 少しでも参考になれば嬉しいです! 次の更新を楽しみにしていただけるように頑張っていこうと思いますので、 今後ともよろしくお願いいたします! 「実際に会ってみたいかも!」 と思った時は、お気軽にご連絡を! その時を楽しみにしております♪ 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! それでは、また! アコースティックギター Wed, 19 Sep 2018 18:55:37 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【初心者向け】実は色々あるアコギのサイズ http://cyta.jp/aguitar/b/83990 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/18/48090/120.jpg" alt="" /><br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回はアコースティックギターのサイズについてのお話です。ギターは大きさによって音が変わりますし、フォルム美も様々なのでかなり好みが別れるところです。今回は「ボディの大きさ」「抱えやすさ」「音の大きさ」「種類の多さ」をそれぞれ5段階評価にし、詳しくご説明致します。下に行くほど小さいボディです。 ◆<u>大きくてド派手な”<font color=red>SJ (スーパージャンボ)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★★★+★ 抱えやすさ:★★★☆☆ 音の大きさ:★★★☆☆ 種類の多さ:★★☆☆☆ 定番モデル:Gibson SJ-200、Takamine 000シリーズ、Taylor GOシリーズなど... 手工ギターの世界を除けばメーカーモノで最も大きいボディ形状がこのSJ (スーパージャンボ)です。Taylor (テイラー)ではGO (グランドオーケストラ)と呼ばれており、わずかに形は異なりますが、ほぼ同種です。大きなボディなので、大きな音がするという先入観を持たれがちですが、豈図らんや音量的には比較的落ち着いています。非常にクビレが深いので実はD (ドレッドノート)に比べると持ちやすかったりもします。派手な見た目で大きなボディはアーティストを華やかにしてくれるでしょう。 ◆<u>アコギと言ったらコレ、大迫力の”<font color=red>D (ドレッドノート)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★★☆ 抱えやすさ:★★☆☆☆ 音の大きさ:★★★★★+★ 種類の多さ:★★★★★+★ 定番モデル:Martin Dシリーズ、Gibson Hummingbird、Gibson Dove、YAMAHA Lシリーズ、YAMAHA FGシリーズなど... アコースティックギターと言ったらこの形というほど定番のボディ形状です。YAMAHAでは”トラッドウェスタン (LシリーズやFGシリーズ)”、Gibson (ギブソン)では”J (ジャンボ)”と呼ばれるサイズに相当します (厳密には少し異なります)。ボディは大振りで、厚みもしっかりとしています。構造上低音から高音まで迫力満点の音量を持つ為、主にシンガーからの支持が高いです。また多くのメーカーでこのサイズを共有しており、初めての方でも種類が多く選びやすいのもメリットです。 実は1930年代までのギターは、コンパクトな楽器でした。それではあまりに音量が小さかった為、ボディを大きくして鉄弦を張る事で音量を大きくする必要がありました。アメリカの最も古いギターメーカーMartin (マーチン)社が最初にこの大きなギターを作り、それを”ドレッドノート (=イギリスの戦艦名に由来)”と名付けたのが始まりです。 ◆<u>大きいが種類が限られた種類しかない”<font color=red>GS (グランドシンフォニー)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★★☆ 抱えやすさ:★★★☆☆ 音の大きさ:★★★★☆ 種類の多さ:★☆☆☆☆ 定番モデル:Taylor GSシリーズなど... D (ドレッドノート)くらいの迫力がありながら、クビレて抱えやすくしたボディ形状。比較的最近出た形で、ほとんどTaylor (テイラー)社からしか出てません。Dに比べて、より歌に合う印象を受けます。 ◆<u>抱えやすく、最も人気の高い”<font color=red>GA (グランドオーディトリアム / オーディトリアム)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★★☆ 抱えやすさ:★★★★☆ 音の大きさ:★★★★☆ 種類の多さ:★★★☆☆ 定番モデル:Taylor GA、Morris Sシリーズなど... こちらもTaylor GAシリーズに代表されるボディ形状。GSよりもクビレが深くなり、ボディ幅も一回り小さくなっています。MorrisのSシリーズは本来”スモール”のSですが、大きさから言ってGAに分類しても問題ないと思います。フィンガースタイル、アルペジオ、弾き語りなど何にでも相性の良い反応の速さと音の深みを持っています。 ◆<u>ほぼ存在感ゼロの”<font color=red>OOOO (クワドラオー)</font>、もしくは"<font color=red>M</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★☆☆ 抱えやすさ:★★★★☆ 音の大きさ:★★★★☆ 種類の多さ:★☆☆☆☆ 定番モデル;Martin OOOOシリーズ、Mシリーズ 現在確認しているだけでもMartin社からしか出ていないボディ形状です。表面板の横幅は非常に広くD (ドレッドノート)以上ありますが、ボディの厚みはかなり薄いというちょっと変わった形をしています。個人的には好きですが、万人に受け入れてもらえるギターではないかもしれません。 ◆<u>オーディトリアムと双璧をなす人気の高さ”<font color=red>OOO (トリプルオー)</font>、もしくは<font color=red>GC (グランドコンサート)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★☆☆ 抱えやすさ:★★★★★ 音の大きさ:★★★☆☆ 種類の多さ:★★★★★ 定番モデル;Martin OOOシリーズ、Taylor GCシリーズ、Morris Fシリーズなど... D (ドレッドノート)サイズ以上にポピュラーな、OOO (トリプルオー)やGC (グランドコンサート)、フォークサイズと呼ばれるボディ形状です。ボディの厚みは薄く、くびれは深く、弦長 (スケール)も少し短め。にも関わらず音のバランスは損なわれておらず、種類も多いため初心者向け〜高級モデルまで最も人気のある形状です。ピックはもちろん、指でも鳴らしやすいので様々なプレイスタイルに対応できます。 ◆<u>弦長以外はOOOと同じ、”<font color=red>OM (オーエム / オーケストラモデル)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★☆☆ 抱えやすさ:★★★★★ 音の大きさ:★★★★☆ 種類の多さ:★★★☆☆ 定番モデル:Martin OMシリーズなど... OOO (トリプルオー)とは姿形が全く同じです。1点だけ異なるのが弦長 (スケール)です。ボディはOOOで、スケールはドレッドノートの長さを採用したハイブリッドモデルの様な感じです。Martin社では戦前から作られて来ていて、玄人好みなところがありEric Clapton (エリック・クラプトン)やJohn Mayer (ジョン・メイヤー)が使用した事で知名度が上がりました。主にMartin系のモデルに多いボディ形状で、種類はたくさんありません。最も広く様々なジャンルに適応してくれるので、弾き語りの人からソロギターの人までプレイヤーを選ばないのが最大の特徴です。 ◆<u>あまり見かけないが女性人気No.1の”<font color=red>OO (ダブルオー)</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★★☆☆ 抱えやすさ:★★★★★ 音の大きさ:★★★☆☆ 種類の多さ:★★☆☆☆ 定番モデル:Martin OOシリーズ、Gibson LGシリーズ、Gibson Bシリーズ、Waterloo WL14シリーズなど… パッと見OOOとの違いが分かりにくいですが、抱えてみるとくびれの深さが異なるOO (ダブルオー)。クラシックギターとほぼ同じ大きさだったり、GibsonのLGと呼ばれているシリーズもOOに相当します。やや低音が削られたような音の軽さ、主張の少ない落ち着きのある音量から、ブルース、カントリー、ラグタイムなどでよく使われるボディサイズですが、ただ単に持ちやすい、可愛いと言う理由で女性からの人気が非常に高いです。選択肢はそれほどありません。 ◆<u>ギター愛好家ウケ抜群の”<font color=red>O (シングルオー)</font>もしくは<font color=red>ニューヨーカー</font>”</u>◆ ボディの大きさ:★★☆☆☆ 抱えやすさ:★★★★☆ 音の大きさ:★★☆☆☆ 種類の多さ:★★☆☆☆ 定番モデル:Martin Oシリーズ、Gibson L-00など ミニギターほど小さくはないけれども、フルスケールのギターよりはいくらか小さく、体に馴染みやすいボディ形状、O (シングルオー)。ニューヨーカーとも呼ばれ、取り回し良くビンテージ蒐集家やギター愛好家の間で特に人気が高いです。 選ぶときには是非上記を参考にし、自分にとって弾きやすい形や理想的な音の出方などを総合的に判断してみてください。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Tue, 18 Sep 2018 01:38:27 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【初心者向け】何が違う!?ギターの値段の差!! http://cyta.jp/aguitar/b/83988 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回は、アコースティックギターの値段の差についてお話しします。気になっている方も多いかと思います。 ◆<u>「どれも一緒やん。」</u>◆ 旦那さんがギターを選ぶ時、奥さんは必ず言います。「この安いのでええやん。全部一緒やし。」 さすが奥様、鋭い...!そうなんです。<font color=red>全然違うんです</font>。 奥さんだってバッグや靴をたくさん買うはず。でも旦那さんから「1個で良いやん。」と言われたら心の中で「良くない!」と叫んでいるのではないでしょうか。万が一、ホンダのカブとハーレー・ダビッドソンのアイアンが同じに見えるという目をお持ちの方であればギターも全て同じという認識でいてくれて結構です。つまり、”弾く”という目的を果たす意味ではYAMAHAの初心者用ギターも、Martinの高級ギターも確かに同じです。奥さんの言い分は全くもって正しいと言うことになります。ですが、YAMAHAの初心者用ギターでは高速道路を走れません。(?) ◆<u>値段によって変わるもの</u>◆ 値段が上がるとココが変わります。(一例です) ・塗装や接着の仕上げ:普通→キレイ ・板のグレード:低い→高い ・板の厚み:合板→単板 (例外あり) ・パーツの素材:プラスチック→貝殻や牛骨.その他の高級パーツ ・音量:普通→大きく広がりがある ・ケース:ソフトケース→ハードケース しかしながら、これらの値段の変化は厳密には僅かな差にすぎません。最も価格が変わるのは<u>装飾が派手になる事</u>と<u>機械製 (量産目的)ではなく人の手で作る事</u>です。人の手で作るということは、職人の腕の良さや1本あたりにかかる制作時間で値段が変わるという事です。人が使うものですから、人が作る方が良いでしょう?料理や時計と同じだと思います。 ◆<u>コスパの良いギターとは?</u>◆ <font color=red>日本製です</font>。日本のギター愛好家のほとんどは過小評価していますが、日本は職人のスキルが平均的に高く、国内製造&国内販売で中間搾取がないので必然的に安くなります。長らく放っておいてもコンディションの変化が少なく、またミュージシャンの過酷なツアーにも耐えられる頑丈さを持っています。もちろん楽器としても優秀でピッチも正確な個体が多く、日本人が設計した日本人向けのギターなので弾きやすさにおいてもアドバンテージがあります。そして、僕が国産をオススメする最もシンプルな理由は、<font color=red>メンテナンスや修理が必要となった時、作った工場で診てもらう事ができるという点です</font>。これはかなり強みではないでしょうか? 愛好家からの過小評価の理由は”<u>ブランド的な魅力が少ない事</u>”と”<u>鳴りが悪い</u>”という点です。どんな良材でも日本でシーズニング (自然乾燥)をしたり、丁寧に作り込みすぎてしまう事で新品時から派手に鳴る個体が少ないのが原因と思われます。この様なそのデメリットを逆手に取った様々なアイデアが各メーカーから提案され、最近は構造理論に関する技術がかなり進んでいると思います。※外国製批判ではありません。外国製が国内で十分に流通しているからこそ日本製の良さをここまで語れるというだけです。誤解なきよう。ちなみに僕の所有ギターは4本中3本は国産です。 ◆<u>良いギターと自己満足の境目</u>◆ これは完全な個人的意見にすぎませんが、アコースティックギターは50万円を超えたら本当に自己満足の世界だと思っています。つまり、どこで作られたどんなギターであっても、50万円のアコギと100万円のアコギに客観的な差はほぼありません。目隠しして音だけ聴いたとて、どっちがどっちだか分かる人はほぼ居ないと思います。ただ1つ分かることは、どちらも素晴らしいという事だけでしょう。つまりここまで来ると良い音/悪い音とか良い見た目/悪い見た目の話ではなく、好きか嫌いかという世界になっています。自分の好きな音に出会うだけなら、さほど大金を積まなくても良いでしょう。しかし、「このメーカーの最高峰が欲しい!」とか、「この希少な材料を使っているから欲しい!」とか、「この職人さんが作ったギターが欲しい!」とか、個々のこだわりポイントにこそお金がかかるのです。 ◆<u>オマケ記事:「車買えるやん...!!」</u>◆ という声を良く聞きます。僕も自己満足が過ぎて5年ローンで高いギターを買ってしまった事がありますが、王道ツッコミ頂きました。「車買えるやん...!!」 ...でも考えてみてください。車は消耗品で、しかもお金は産まない贅沢品。乗るために必要なライセンスは30万円、車検やガソリン代などのランニングコストも高く、キレイに使っていても10年後に資産価値はなくなり、処分するにもお金がかかります。電車のあまり通らない町に住む方や仕事で車を使う方にとっては別問題ですが、ギターはキレイに使っていれば、20年経ってもいざとなった時に十分売れる可能性があり、モノによっては買った値段よりも上がっている事だってあります。ライブをすればいくらかお金を産む事もできますし、ランニングコストにかかる弦代だって知れた値段です。 以上の理由から、以前よりこの「車買えるやん…!!」という王道ツッコミには少し疑問がありました。次からは「クリスチャン・ラッセンの絵買えるやん…!」にした方がより”どうしてそんなに高いの?”感が醸し出されて良いと思います。(STOP悪徳絵画商法) いかがでしたでしょうか。こんな風に弾きたい、こんな風なギターを持ちたい、あの人が持っているギターと同じのが欲しい、などなど...色々な関心から楽器に興味を持って下さる生徒さんがいてくれるのはとてもありがたい事です。そう言った時に、講師の主観的な押し付けではなく、客観的な事実に基づいたアドバイスができるギター講師でありたいと常に思っています。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Mon, 17 Sep 2018 23:18:45 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【経験者向け】チャーチモード (教会旋法、グレゴリアンモード)の覚え方 http://cyta.jp/aguitar/b/83983 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕もその昔必死に覚えました。今ではレッスンでここまでの内容を聞いてくる方は少ないので説明が不慣れなところはありますが、この死ぬほど覚えにくいスケールの僕なりの覚え方を軽くご紹介します。 ◆<u>そもそもチャーチモードッて何ですか?</u>◆ 単にモードと言ったりもします。難しい話は抜きにして要点だけお話ししますと、ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド (Cメジャースケール×2)の中から<u>任意に7つの連続した音を抜き取ったら、どんな響きになって、どんな名前が付いているか</u>という話です。以下でその響きと名前をご紹介します。 ◆<u>イドフリミエロ!</u>◆ 抜き取った音を<font color=red>赤色</font>、そのモード名を<font color=blue>青色</font>で記します。カッコの中は全音と半音がどの順番になっているかです。 <font color=red>ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド</font> レ ミ ファ ソ ラ シ ド:C<font color=blue>イオニアン</font> (全全半全全全半) メジャー ド<font color=red> レ ミ ファ ソ ラ シ ド レ</font> ミ ファ ソ ラ シ ド:D<font color=blue>ドリアン</font> (全半全全全半全) マイナー ド レ <font color=red>ミ ファ ソ ラ シ ド レ ミ</font> ファ ソ ラ シ ド:E<font color=blue>フリジアン</font> (半全全全半全全) マイナー ド レ ミ <font color=red>ファ ソ ラ シ ド レ ミ ファ</font> ソ ラ シ ド:F<font color=blue>リディアン</font> (全全全半全全半) メジャー ド レ ミ ファ <font color=red>ソ ラ シ ド レ ミ ファ ソ</font> ラ シ ド:G<font color=blue>ミクソリディアン</font> (全全半全全半全) メジャー ド レ ミ ファ ソ<font color=red> ラ シ ド レ ミ ファ ソ ラ</font> シ ド:A<font color=blue>エオリアン</font> (全半全全半全全) マイナー ド レ ミ ファ ソ ラ<font color=red> シ ド レ ミ ファ ソ ラ シ</font> ド:B<font color=blue>ロクリアン</font> (半全全半全全全) マイナー 音の響きはいいとして、モード名の響きがなんとも慣れない感じがします。これらの覚え方は色々なサイトやテキストにおいて”頭文字を取ってイドフリミエロと覚えよう!”と書いてあります。それが一番分かりやすそうですね。それで覚えてしまってOKだと思います。教える人によっては”イオニアン”を”アイオニアン”と呼ぶ人もいますので、その場合は”アドフリミエロ"となってしまいますが、 しかしながら若かりし頃の僕は、イドフリミエロは分かっていても、イオニアンとかミクソリディアンという言葉そのものが出てこなかったり、またそれがどんな響きを持っていたりするかが合致せず長らく苦労しました。当時の僕は歴史や神話が大好きで、これらが古代ギリシャの歴史にまつわる言葉であることがすぐに分かりましたので、それらと関連づけて覚えたりもしました。これが万人に通用するアイデアだとは思いませんが、あまり話し出すと長くなるのでここらでストップしときます。 ◆<u>どう活用するか?</u>◆ 作曲をする人にはとても有効です。端的に説明するのは難しいのでサワリだけ書こうと思いますが、各モードの中に、”使える音”と”避けるべき音”があります。”使える音"の中にはザックリと分けて”安心する音 (コードトーン)”と”緊張感をもたらす音 (テンションノート)”の2種類あります。その辺をうまく使うと、聴き手をアッと言わせたりドキッとさせるような事ができます。しかしながら”避けるべき音 (アボイドノート)”を鳴らすと不協和音になってしまい、非常に不快で不安な音になってしまい、成立しなくなってしまいます。そのうち詳しく書くかもです。 個人的には、他の先生方がどんな風に教えられているのか、非常に興味がありますね。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Mon, 17 Sep 2018 20:31:38 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【経験者向け】手数が増えるCAGEDシステム http://cyta.jp/aguitar/b/83802 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/9/12/47947/120.jpg" alt="" /><br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はCAGED (ケイジド)システムについてお話します。これはギターにしか存在しないコード理論の1つです。深い内容に関してはレッスンで直接、図やノートを使って解説しますが、文面だけでは限界があるのでご勘弁ください。難しそう?いえいえ、少なくともこーゆうのはむしろ<font color=red>分かりやすくする為に存在する</font>ので、知っておいて損はないでしょう? ◆<u>それを知ってたら何になるなの?</u>◆ 例えば、同じCメジャー (ドミソ)の和音でも指板の中で数通りの押さえ方があるのをご存知でしたか?ピアノでも低い位置のドミソがあれば高い位置でのドミソも存在するワケですが、ギターでもそれは同じなんです。これを知っておくことで、<font color=red>1つのコードに対して5通りの押さえ方を一度に覚える事が可能</font>になります。<u>知っただけではあまり意味はありません</u>が、これは仕組みの話なので、コード表を見て暗記する手間はかなり省けるんじゃないかなと思います。 ◆<u>CAGEDシステムとは</u>◆ 下の画像をご覧ください。その中で記されている和音は全てCメジャー (ドミソ)です。左手のフォームは場所を変えて、Aのフォーム、Gのフォーム、Eのフォーム、Dのフォームというサイクルで変化しますが、鳴っている音はどれもドミソの3つ。つまり、Cメジャーのコードは5通りの押さえ方があるのです。AでもGでもEでもDでも、<u>場所を変えれば同じフォームでも違う和音を鳴らす事ができるんです</u>。フォームは常にC→A→G→E→Dのサイクルでフォームは変化しますので、A (ラド#ミ)の場合、A→G→E→D→Cという順番で変化します。 ◆<u>CAGEDッてどーゆう意味?</u>◆ 普通は”Caged=監禁された"という意味です。このC→A→G→E→Dのサイクルを引っ掛けているだけですね。アメリカ英語のスラングで”酔っ払い”という意味があるという記事をいくつか見かけたことがありますが、仕事で英語を使ったり教えたりしていた僕でも聞いたことがありません。 いかがでしたか? 難しいな〜と思った方、なるほど!と思った方、色々だと思います。最初にも書いたように、知っているだけではあまり意味がありません。しかしこの内容をしっかりとおさえておくとバッキングのスキルが上がるとも言われています。あるいはソロギタースタイルでインプロビゼーション (アドリブ)を行う際にも非常に有効です。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Wed, 12 Sep 2018 16:10:23 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【オススメ機材】ライブで大好きなアコギの音を支えてくれる「L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.」 http://cyta.jp/aguitar/b/83633 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 久しぶりに「機材」のお話をしていこうと思います◎ 今回は、<u>特にライブ活動で役に立つ</u>であろう機材の紹介です。 それがこちら。 <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0036G2HKQ/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0036G2HKQ&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=2b066c652d85f5364a08f1796acfa8db">L.R.BAGGS Para Acoustic D.I. アコギ用ダイレクトボックス</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B0036G2HKQ" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0036G2HKQ/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0036G2HKQ&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=b1b41f8a27ecfcca038561802cc15cf9"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B0036G2HKQ&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=andfolk-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B0036G2HKQ" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> この「L.R.BAGGS Para Acoustic D.I.」(通称:パラアコ)があると、一段と【デキる人】っぽくなります(笑) そういう要素も、ミュージシャンとしては大切というか楽しんでいくのも良いと思っています◎ ライブハウスでエレアコの音をスピーカーから出したいときは「D.I.(ダイレクトボックス)」という機材にシールドを繋いでPAに信号を送るのが一般的です。 (D.I.の役目としては、ノイズの低減や音質の維持をするものと思ってもらえれば良いかと) ライブハウスの備品としてD.I.を貸してくれることも多いのですが、このパラアコを持っていると『よりこだわった音作りができる』ことができます! D.I.としての能力も高いので、パラアコを使うだけで<u>ナチュラルに太いサウンド</u>が出せます。 プリアンプでもあるので、音量レベルが小さくなってしまうエレアコでもGAINを調節して問題なく使用できます。 また、イコライザーで中低音や高音部分を調節できるので、好みの音作りにも役立ちます。 ある程度ギターが弾けるようになってきたら、音質にもこだわりたくなってくる時期がくることもあると思います。 色々な機材を試してみるのが一番良いかと思いますが、このパラアコは大定番。 王道の機材でもあるので、ライブハウスやライブバーなどでギターを弾くようになってきたら活躍すること間違いなしです! もし、 ライブ時のアコギの音質を良くしたいと考えているようであればぜひチェックしてみてください♪ 余談ですが、更に機能を追加(チューナーやブースト)した製品もありますので合わせてチェックしてみてくださいね★ <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002M1FD5W/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B002M1FD5W&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=f9dd5a20bced29d30c8158d6b0b3082a">L.R.BAGGS VENUE D.I. アコースティックギター用 プリアンプ DI</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B002M1FD5W" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002M1FD5W/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B002M1FD5W&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=a1b5c05da5afc5ed9c3611110a3bdc22"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B002M1FD5W&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=andfolk-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B002M1FD5W" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> アコースティックギター Fri, 07 Sep 2018 13:39:01 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純