アコースティックギター::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのアコースティックギターの講師がブログを通じて、アコースティックギター情報を発信! ギターを背負っている人を見かけるとついつい見ちゃう僕 http://cyta.jp/aguitar/b/82859 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180813223340p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180813/20180813223340.png" alt="f:id:andfolk:20180813223340p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 最近スクールブログの更新頻度が下がってしまっています。。 なるべく毎日やることが大切だということをブログの更新でお伝えしないといけませんので、 コツコツやっていこうと思います! すっかり夏も真っ盛りなわけですが、 街を歩くと夏休みを満喫しているような方々を目にしますね! 中でも「楽器を持っている人」を見つけた時は、 いろんなことを考えてしまいます。 ・どんな楽器なんだろう? ・どんな音楽をやっているんだろう? ・もしかしてアコギかな? ・もしかして自分の好きなメーカーの楽器かな? ・これからどこかでライブするのかな? などなど、しょうもないことも含めていろいろと考えます。 さすがに声をかけることはないのですが、 そのミュージシャンがどんな活動をしているのかは興味が出ちゃいますね! 僕が高校生の頃。 僕が家から自転車に乗って通学するときの後ろ姿を、 母が見送っていたことがあったそうです。 ギターを背負って通学するときなんかも見送ってくれていたことがあったようで、 それ以降ギターを背負っている学生を見るとちょっとその頃を思い出すこともあるのだとか。 たしかそんな様な話を聞いたことがあります。 誰かを見送るということは僕自身なかなかないものの、 自分や仲間達が楽器を持ち寄って移動しているときなんかは それだけでちょっと楽しい気持ちもあったりします。 そういう気持ちもあってか楽器(特にギター)を背負っている人を見かけると、 ついつい見てしまう僕がいます! たぶん自分と共通点があることへの勝手な期待感を感じているんだと思いますね。 その人と交流することはなくとも、 何かの時にどこかで出会うかもしれない。 音楽を続けていればね。 なーんてことを勝手に考えたりして、 次の瞬間にはまた別のことに興味が移っていたりして(笑) 子供みたいな感覚が、なかなか抜けておりません。 それもこれも、 今でもアコギを弾いているから思うことなのかなと考えると、 マイペースでも続けていくといいこと(?)あるんだなと感じます! これまで見かけたミュージシャンも、 それぞれの音楽との付き合い方、向き合い方があるのだと思います。 それでいい。 むしろ、それが良いんですよね。 好きだと思えること、 楽しいと思えることを自分の思う様にやっていく。 それだけで充分なんですよね、本当は。 その上で、 もっと上手くなりたいと思ったら、 きっとその為に必要なことを始めるのだと思います◎ ゆるい感じが好きだと思ったら、 楽しめる範囲でゆるりと楽しむんですよね。 それでいいんです。 自分の思う所に向かって進んでいくのがいいんですよね! その思う所に向かう時にお手伝いできることがあれば、 僕も全力でお手伝いしたいと考えています! あなたの目標達成が、 僕の目標達成でもあると考えておりますので、 お気軽にご連絡頂ければ嬉しいです♪ 一人じゃないことのメリットは、 きっとそういう所だと思いますよ!! 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! ギターを背負っている人を見かけると、ついつい見ちゃうのは僕だけではないのではないでしょうか? 街にはたくさんのミュージシャンがいるので、 より多くの仲間、ライバルが現れると楽しいですね!! それでは、また! アコースティックギター Mon, 13 Aug 2018 23:00:27 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【雨音とギター】お出かけがキャンセルになったら、家でアコギでも弾きましょう◎ http://cyta.jp/aguitar/b/82740 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180809013626p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180809/20180809013626.png" alt="f:id:andfolk:20180809013626p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 今年は7月8月から台風や大雨が多い気がしますね。 お出かけの予定が天候の都合でキャンセルになってしまうこともあったのではないでしょうか? 何よりもまずは自分の身の安全が大切ですから致し方ないことですよね。 そんな思わず時間ができた時に、 部屋の片隅に置いてある<strong>アコギを弾く</strong>というのはいかがでしょうか? 学校や仕事、家事のスキマ時間なんかでもちょっとずつ触ってくれているとは思います。 とは言ってもなかなかまとまった時間を作ってアコギを弾くのも難しいかもしれません。 だからこそ、想定外に時間が生まれた時こそ一つのチャンスと思ってほしいですね! 予定していたお出かけやキャンセルになってしまったことはとても残念なことですが、 急に新しく予定を組むのはなかなか難しいですよね。 数十分でも数時間でも、何か別のことが出来る時間が増えたと考えて、 ぜひともアコギを触ってみてください♪ 外は雨。 風も強くて窓やサッシに打ち付ける雨音。 外も見えづらい状況を横目にコーヒーやお茶なんかを用意して、 ちょっと腰掛けてアコギを爪弾く。 いつもよりもなんとなく音の感じが違って聞こえてくるかもしれません◎ 家の中で思い立った時にすぐ楽しめるのが「アコギ」の良い所。 何か他の機材を準備することなく、 スッと手を伸ばしてネックを握り、 ボディを抱えてコードを押さえて右手を振り下ろすだけ。 手軽な楽器はやっぱりそういうフットワークの軽さが良い! 天気がよくないのは少々寂しい部分もありますが、 せっかくですからそういう「雨」にまつわる曲を探して弾いてみるのも 雰囲気が出て良いかもしれませんね。 僕が思い付く曲だと、 ・雨と泪/ゆず ・TSUMAMI/サザンオールスターズ ・硝子の少年/KinKi Kids あたりでしょうか。 (TSUNAMIに関しては、桑田圭祐名義だと思ってました) タイトルや歌詞に雨という言葉が含まれている曲を探して、 コード譜を見つけて弾いてみるのも楽しみ方の一つです。 しかも。 雨が強ければ普段よりもちょっぴりアコギの音量を気にせず弾けるかもしれません◎ 雨音がそれなりに大きい場合は、それによって元々ちょっとうるさいわけですからね! そういう形で利用してしまうのも一つの手かもしれません♪ 疲れたら、ネットサーフィンでもいいし本を読むのも良いですね。 改めて、しっかりめに音楽を聴いて向き合ってみる、というのもかなり良いかもしれません。 歌詞を見ながら曲を聴くことって、最近少なくなってきているような気がします。 そもそも、音楽を聴く為に時間を作っていることってかなり少ないですよね? YouTubeやなにかでミュージックビデオを見ることはあっても、 コンポやiPodなどで聴く時に「音楽だけを聴いている」という状況ってあんまりないのかな? って思います。 たまの機会と思って、音楽だけを聴く時間にしてみるのも新しい発見があるかもしれませんね! 9月になってもまだ台風が多い時期だと思いますので、 天気の都合などで思わぬ時間が出来たときはいろいろと試すチャンスですね。 僕としては、ちょっとでもいいのでアコギを触る時間が増えればよいなと思います◎ 触れば触るほど体に馴染むと思いますし、 弾けば弾くほどアコギの音も進化していくのでコツコツやっていくのが良いです。 なんてことを、強風の外を見ながら思う僕でした。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 天候が悪い時は、足下や周囲の状況に充分気をつけてお過ごしください! 雨の話ばかりしてしまいましたが、 多少悪天候でもレッスンは屋内で行いますのでお気軽にご連絡くださいね♪(笑) それでは、また! アコースティックギター Thu, 09 Aug 2018 02:09:40 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【やっぱり脱力が肝!?】1日5分でもOK!これを続ければ今よりもピッキングが滑らかに!? http://cyta.jp/aguitar/b/82634 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 数日更新が途絶えてしまいました。。 コツコツやることの大切さを、 ブログ更新を通じてお伝えするのも必要だと思っていますので今後も継続していきますね! 今回お話しするのは、僕自身のお話。 最近見つけた【ピッキングのエクササイズ】です。 そして短い時間ずつではありますが僕も現在進行形でやっているエクササイズです◎ ★とってもシンプルです★ 「ギターのエクササイズ」については、 ネットで検索するとホントに色々出てきますよね! どの方法を試してみても良いと思います◎ 僕自身コーチという立場ですが、 エクササイズはちょこちょこやっています! よりよい状態でレッスンをしていきたいですし、 良いなと思った情報は1人でも多くの人と共有するのがよいと思うからです。 (その情報をみんなが知っていてみんながより成長したら、ギタリストの人口が増えて始める人も増えて楽しさが広がると考えています。) そのピッキングエクササイズの方法を、 懲りずに「文章」にてご説明していこうと思います! === 【パターン1】 ①右手(レフティは左手)でピックを持ちます。 ②1弦をダウン、アップ交互に弾きます。(ダウン、アップ、ダウン、アップ) ③もう一方の手で一拍目に膝や太ももを叩きます。 ④これを繰り返します。 ★エクササイズをする時のポイント☆ ・全身をリラックス ・もちろん右手も脱力状態が良いです(力むと腱鞘炎になってしまうのでご注意を!) 出来たらメトロノームを使って一定のテンポでやるのが良いです。 (ほとんどのエクササイズはメトロノームと一緒にやるのが吉◎) テンポについては「タップ機能」を使うと、 自分のギリギリできるかできないテンポを探すのがちょっと楽になります。 === メトロノームを使うと、 テンポが数字で視覚的にわかるので【成長率】がわかりやすく、 達成感というかエクササイズで成長している度合いがよくわかります◎ 「先週は120だったけど、今週は125の速さでもできた!」 のように、数字を取り入れると成長がわかりやすいですよね♪ このエクササイズは「YouTube」で見つけました(笑) とっても上手なギタリストで参考になるな! と思ったので僕も実践してみています! 数字で成長率がわかるので良し! というのも、受け売りですが本当にその通りだなと思います! このエクササイズですが、 他にあと2パターンほどあります。 レベルは上がりますが、 先ほどのエクササイズに慣れてきたら少しテンポを落として試していくのが楽しいと思います! === 【パターン2】 ①右手(レフティは左手)でピックを持ちます。 ②1弦をダウン、アップ交互に4回弾きます。(ダウン、アップ、ダウン、アップ) ③次に2弦をダウン、アップ交互に4回弾きます。(ダウン、アップ、ダウン、アップ) ④次は1弦に戻り繰り返し。 ⑤もう一方の手は常に一拍目に膝や太ももを叩きます。 ⑥これを繰り返します。 ★エクササイズをする時のポイント☆ リラックスして長時間できることが目標です。 あとは、 「1,2弦それぞれしっかりと4回弾く」ということを意識するとよいです。 やってみると分かるかと思いますが、 4回弾けずに、3回弾いて他の弦を弾き始めてしまう感じになりがちです。 しっかりとそれぞれの弦を4回弾ける速さでコツコツやってみましょう! === これがまた、結構難しいです。。。 動画や説明では簡単そうに見えるのですがね。。。 目安とするテンポは、 【パターン1】の90%くらいだそうです。 【パターン1】で120だった場合は、 だいたい108くらいのテンポでしっかりできるようになると良いですね◎ 【パターン3】については、 【パターン2】で4回弾くという部分を 「2回弾く」に変えるだけです。 たったこれだけでまたさらに難しくなります(笑) ここでの目安のテンポは、 【パターン1】のテンポの80%くらいだそうです。 120だったら、96くらいでしょうかね。 これもしっかりそれぞれの弦を2回ずつ弾く様にしましょう! いかがでしたでしょうか? 僕も実際にやってみているエクササイズの一つですが、 なんだか細かいピッキングがちょっとだけ調整できる様になっている感覚がある気がします。 まだ長い期間継続してできていないので成果は見えにくいような気もしますが、 こういうことを短い時間でも日々積み重ねて行くことが、 後の自分の大きな糧になるのです! 千里の道も一歩から、とはよく言ったものです! そこにたどり着くのには一歩一歩踏み出して行くだけのこと◎ そこにたどり着いている自分を想像して、 一緒に楽しんで行きましょう! このエクササイズでは、 ・ピックの持ち方、構え方 ・力の入れ方 ・リラックス状態の維持 などが養われると思います! なかなか上手くいかない場合のほとんどが、 ピッキングのバランスがよくないということらしいので、 余裕があれば動画で自分の姿を記録して見返すのもよいかもしれませんね! ダウンピッキング、アップピッキングどちらも、 安定した形でできるといいピッキング、ストロークに繋がり リズムキープもできていくはずです! こんなエクササイズもあるので、 お手元のギターでちょっと試してみてくださいね! 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 また何か良さそうなエクササイズや情報があったらお知らせさせていただきます! それでは、また! アコースティックギター Sun, 05 Aug 2018 02:28:41 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 http://cyta.jp/aguitar/b/82528 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/8/1/46713/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/8/1/46714/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは! 今年の夏は暑い! もう折り返し地点ですが、ライブにレコーディングに頑張っています。 もちろんレッスンもです! 8月は作編曲も頑張らないといけません。 全力で駆け抜けたいと思います! ※写真は横浜ロイヤルパークホテルの清水節子さんのディナーショーの演奏、 新しくできたレコーディングスタジオでのプレイバックの時のものです。 アコースティックギター Wed, 01 Aug 2018 16:48:10 +0900 アコースティックギター教室::ビタミンアコースティックギタースクール 三田村 和義 【脱力系ギタリスト!?】ひとまず体をほぐしてからギターを弾いてみるのはいかがでしょうか? http://cyta.jp/aguitar/b/82477 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180730224734p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180730/20180730224734.png" alt="f:id:andfolk:20180730224734p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> ★今回の記事は僕がコーチをしている<<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/b/82476">楽しく続けるギター弾き語り教室</a>>でもご紹介している内容です。★ 「そんなことしなくても大丈夫じゃない?」 「すぐにギターが弾きたいよ!」 とてもよくわかります。 正直な所、僕も気持ちのままにギターを急に弾くことがあります。 とは言いながら、頭のどこかではこんなことも思っています。 「指先とか手首、ちょっと温めた方が良かったかな?」 ライブの前の楽屋なんかでは、自分なりのストレッチをすることがほとんどです。 弾き語りの時は手だけではなく、 喉であったり体全身であったりのストレッチ(ウォームアップ)もやりますね。 スポーツで考えるとストレッチや準備運動はとっても大切ですよね! 怪我を防いだり、よりよく体を動かしたりする為に重要なことだと思います。 ギターを弾くという行為も、体を動かすということ。 はやる気持ちを抑えて、ちょっとだけストレッチをしておくと良いのではないでしょうか◎ --- では、どんな風にストレッチをするのが良いのか。 ・指 ・手首 まず、メインのこの二箇所は温めておきたいですよね! あとは、 ・肩 ・首周り なんかもついでに温めておくのもよさそうです。 ストレッチの方法は、シンプルで良いと思います。 参考程度に書いておきますね。 (運動前のストレッチとほぼ同じで良いと思います) 【指のストレッチ】 左手の指を一本ずつ、右手で握り込むのとは逆方向に反らせるような形。 右手は左手でそれをしときましょう。 (左右のバランスも取りがてらです) 【手首のストレッチ】 腕を真っすぐ正面に伸ばし、 手のひらを正面に向け、 全ての指(実質親指以外)をもう一方の手で自分の方に引く感じ。 【肩のストレッチ】 肩甲骨を意識して、ぐるぐる回しておきましょう。 両肩を耳に近づけるような形でグッと上げて、 ストンと力を抜いて肩を落とす、 というリラックス方法も良いかと思います。 一方の手を肩甲骨の間くらいに持って来て、 逆の手で肘を添えた手の方向に引っ張るのもいいですね。 【首周りのストレッチ】 首をゆっくりぐるぐる回しておきましょう。 前後左右それぞれ一方向ずつ伸ばす時は、 息を吐きながら手を添えて少しだけ負荷をかけてあげるのも良いでしょう。 <hr /> いかがでしたか? ちょっと面倒かもしれませんが、 怪我(特に腱鞘炎)を防ぐ為にはこういう地味ながら大切な準備も大切だと思います。 海外のギタリストの教則本では、 一番最初に全身のストレッチから始まるものもあるらしいので やはり大切なのだと思います。 全身に力が入っていると全体的に強張った印象というか、 体への負担が大きくなってしまうと思います。 出来る限り脱力した感じで、 必要なところに適度な力が加わる状態が好ましいですよね! 力を入れることよりもまず、 【<strong>力を抜くこと</strong>】 に力を入れてみませんか? 僕自身、力みがちなタイプなので日頃から意識しないといけません(汗 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! ほんの数分だけでもよいので、 思い出した時にストレッチをしてみましょう◎ 体がスムーズに動きやすくなって、 昨日よりもできることが増えるきっかけに繋がると思いますよ♪ それでは、また! アコースティックギター Mon, 30 Jul 2018 22:48:23 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【手を動かす】それだけがその先を見ることができる唯一の方法 http://cyta.jp/aguitar/b/82403 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180728145847p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180728/20180728145847.png" alt="f:id:andfolk:20180728145847p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> <u>ギター、弾けてますか?</u> お仕事や勉強、毎日の暮らしで 「時間がいくらあっても足りない!」 というパターンがほとんどかと思います。 時間を生み出す、作り出すということは簡単なことではないですよね。 1日の24時間を増やすということは、たぶんほぼほぼ不可能に近いことだと思います。 そんな中で、いかに<u>手を動かす</u>か。 僕はそこに意識を向けて少しずつ対応していくことが重要だと思います。 --- 誰かと比べる必要はなく、ただただ自分と向き合って動いていく。 ただでさえ少ない時間、あっという間に過ぎていく時間しかないのですから 自分の生活スタイルの中でできることからやっていきましょう! 【手を動かす】 いかにその時間を積み重ねていけるかが「その先」を見る為の鍵になると思っています。 手を動かさずして得られるものは、 たぶん「代えのきくもの」にとどまってしまうのかなと思っております。 だから、ほんの少しでも良いので【手を動かす】ことに意識を向けてほしい。 そんな風に考えているのは、まさに僕自身にもあてはまるからです。 様々なことを「マラソン」で例えることがあると思います。 決められたゴール(目的)があって、 そこにたどり着く為にはただただ一歩を踏み出し続けること。 それを続けた先にゴールがある。 まさにそういうものなのだと思います。 立ち止まっていては、ゴールにはたどり着かないのです。 僕としては、 立ち止まることがあってもまた次の一歩を踏み出すことを辞めなければよいのではないかとも考えています。 常に前進し続けることが望ましいと思いますが、 どうしても困難な場合もあるでしょう。 そんな時は落とせる所までペースを落としても良いと思いますし、 立ち止まってしまっても良いと思います。 そこで気持ちを絶やさぬ様にすれば、問題ないと思っております。 気持ちが、気持ちさえあればきっと顔は前を向きます。 それだけ絶やさないでいることが何よりも大切だと思います。 そういう姿を見てくれている人、支えてくれる人がきっと居ます。 そういう人の力を借りてまた歩み始めれば良いだけ。 それも、やっぱり【気持ち】の部分が大きいですよね。 僕や僕以外のコーチ、仲間や友達。 あるいはSNSの繋がりでもよいと思います。 力をもらえる何かを頼って、 また自分の目的に向けて歩みを進めていって欲しいと思います。 --- 【手を動かす】 これだけを続けていくことが、なんだかんだ言って難しいことになってますよね。 いかに手を動かし続けるか。 その為の環境を整えていくことにも意識を向けると、 長い目で見た時に自分を助けてくれるかもしれません◎ 僕自身も手を動かし続けていこうと思いながらも、 サボってしまったりできなかったりします。 それでもやっぱり好きや楽しいを失うことは嫌なので、 また手を動かすのです。 完璧でなくてもいい。 ただただ行きたいほうに向けて【手を動かす】。 そこに夢中になっていける時間を作ることに気持ちを向けるのも良いかと思います! その応援やサポートができるこのコーチというポジションは、 とても素敵だと思います! 伴奏というよりも、 【<u>伴走</u>】 ができるコーチでありミュージシャン。 僕のレッスンはそういう要素があると思いますよ! 一日15分でも、10分でもいい。 あれだったら5分でもいいです。 ギター、触っていきましょう♪ ネックを握ったり、ボディを撫でてみたり。 ピックを握ってみるだけでもいいかもしれません。 【手を動かすこと】 それは、 【<u>0を作らないこと</u>】 何だと思います。 0だけは、何も生み出せません。 0.01でもあれば0ではないので小さな一歩ですよね。 そういう小さいものを続けて、 昨日の自分より成長していきましょう! 何はともあれ、無理せずいきましょう。 人には人のペース。 あなたにはあなたのペースがあるはずです◎ 人のことより、まずは自分のこと。 自分の時間を自分でコントロールしていけるよう、 少しずつ意識していけるととても素敵なんじゃないかと思います! 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! アコギに関わることを書いていないので少々読みづらかったかとは思いますが、 コツコツ楽しんでいく一つの方法としてとらえていただくとありがたいです。 「そんなの無理だ。」 「自分には出来ない。」 口にしたら、本当にそうなってしまいます。 「こうすればデキるかも!」 「自分だってデキる!」 そう思える瞬間を大切にして、 ちょっとずつやっていきましょう! それでは、また! アコースティックギター Sat, 28 Jul 2018 17:04:57 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【指先が硬くなると弾きやすい?】ギターを弾いているとできる「指先のタコ」について http://cyta.jp/aguitar/b/82348 <br><center> <img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180726041354p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180726/20180726041354.png" alt="f:id:andfolk:20180726041354p:plain" /> </center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <strong>ギターの弦を押さえる指先、痛いですか?</strong> タイトルにも書いてありますが、 ギターを弾いているとできる「指先のタコ」について、今回は書いていこうと思います。 早速参りましょう! <h2>ギターを弾いていくと、皮膚の硬化で効果アップ!?</h2> ついにダジャレ炸裂。 これでも、だいぶ我慢してきた方だと思います(笑) さて。 ギターを始めたての頃のあるあるの一つとして、「指先が痛くなる」というのがあります。 弦を押さえる方の指先もそうですし、 アルペジオやスリーフィンガーから始める人は弦を弾く方の指先も痛くなります。 ギターを弾くまでの生活で、 指先に負荷のかかるような作業をしてこなかった人はほぼ間違いなくそうなるはず。 その痛みの先に、「ギタータコ」なんて呼ばれる【指先の皮膚の硬化】があります。 僕は右利きなので左手で弦を押さえるのですが、 左手の親指以外の4本の指先は<u>指紋がよくわからない感じで硬くなっています。</u> コツコツとギターを弾いていくと、 弦のどの辺りを指先のどの辺で押さえるのが一番弾きやすい、 というようなことに体が慣れていきます。 そうなると<u>だいたい決まった位置の指先</u>で弦を押さえることになります。 それを繰り返していくと、 ほとんど同じ位置の皮膚に負荷がかかっていくことになり、 やがて皮膚が硬くなっていくのです。 僕の場合は、水ぶくれになってしまったりすることもありました。 無駄な力が入り過ぎていたのではないかと、今では考えています。 しかし、その後もコツコツ弾いていったら水ぶくれになることはなく、 今では絶妙な硬さの皮膚になっています。 ちょっと熱いお皿も、少しだけ持ち運びやすくなりました。 <h2>指先が硬くなると弦を押さえやすくなる</h2> 指先が硬くなってくると、弦を押さえる時に有利なことがあります。 僕の体感ですが、 ・弦の押さえた感じが安定する ・音が綺麗に出やすくなる感じがある ・スライドやハンマリングがしやすくなる ・痛いと思うことがかなり減る(長時間ギターを弾いていられる) などが有利だなと感じます。 これは誰しもが得られる「続けることによるメリット」でもあると思います。 ギターを始めた最初のうちは、どうしてもしんどいこととも出くわします。 ・コードが覚えられない ・ストロークやアルペジオがよくわからない ・弦を押さえる指先が痛い ・コードを押さえる時に手首に負荷がかかる いろいろと不慣れがゆえの壁みたいなものが見えたりもしますよね。 そういった壁の向こう側に行く時に有利に働くのが、 この「硬化した指先」なのだと思います。 弦を押さえることへの負担が軽減されることで、 他の部分に力を注ぐことができるようになるからです。 たった一つでも楽になれば、全体を通してグッと楽になる感覚があったりするのです。 <h2>弦を押さえやすくなると、さらにギターが楽しくなる</h2> ギタータコによって弦を押さえやすくなると、 新しいコードを押さえる時も気持ちがだいぶ楽になります。 押さえ方を覚えるという作業はありますが、 <strong>ギターを始めた頃よりも格段に弦を押さえるのが楽になっている</strong> ということに気が付くと思います。 その感覚があれば「次はこのコードも押さえてみよう!」と、 とても前向きに考えることができるのではないかと考えています! ギタータコができるまではどんなコードが来ても、 「また指が痛いやつかな?」 なんていう考えが先に過るかもしれません。 しかし、<strong>成長の証(努力の成果)</strong>でもある「ギタータコ」がある状態なら大丈夫。 どのコードに対しても、これまでの経験が生きてきます。 そして実際に新しいコードに挑戦した時にある程度の音を出すことができると、 「なんだ、案外押さえられるじゃん!!」 みたく思えて、ハッピーな感じです! それも大切な【小さな成功体験】の一つだと思います。 ★継続することで身に付くもの ★やればできるという実績 どんなことにも、そういった【小さな成長】が大切な存在なのです。 <h2>おわりに</h2> ギターによる指先のタコは、 【<strong>コツコツ弾くこと</strong>】 によって生まれます。 昨日今日だけの短い時間で生まれるものではないのです。 でも、<strong>だからこそ強い</strong>のです。 明日にでも真似できるようなものもたしかに有効ではありますが、 それだけでは難しいこともあります。 そこに「小さくも、確かな努力」が掛け合わさることによってより確かな強さが生まれます。 その一つが今回ご紹介した【ギタータコ】です。 もしかしたらギタータコができなくてもどんどん上達していった人もいるのかもしれません。 でも、それはそれ。 「指先が痛いなぁ。」 そう感じていると言うことは<u>その分ギターを弾いている</u>ということです。 その先に指先が痛くならない世界が広がっているのです。 痛みを感じられるほど、あなたは行動していますし前進しているのです。 不安な気持ちもあるかと思いますが、 確かに前進している自分を信じて一歩ずつさらに進んでみてください! きっと素敵な世界があなたを待っています。 少しファンタジーな書き方になってしまいましたが、 伝えたいことはそういうことです! 【自分の小さな小さな成長を確かめてあげること】 それだけで、昨日よりもちょっぴり大きな自分になれていることに気が付けると思いますよ。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! あなたのギタータコ、見せてもらえたら僕も嬉しいです! 僕の指先も参考がてら確認しに来てください☆ それでは、また! アコースティックギター Thu, 26 Jul 2018 15:34:21 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【あなたはどう?】ミュージシャンの身だしなみ、整えてる? http://cyta.jp/aguitar/b/82266 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180723114604p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180723/20180723114604.png" alt="f:id:andfolk:20180723114604p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! <Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a>> ※<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/s/wakuwakuhikigatari/">ギター弾き語り教室</a>の方でもご紹介しているブログ記事となります※ <hr /> 「ミュージシャンの身だしなみ、整えてる?」 身だしなみ、という言葉を調べてみると、 「服装や容姿、言葉遣いや態度などを整える心がけ」 のことを指すようです。 人と会うときなんかはある程度「身だしなみ」というものに気を遣うことがありますよね◎ ミュージシャンの身だしなみも、まさにそれと同じこと。 僕たちミュージシャンにも、 【<u>演奏前の身だしなみ</u>】 というものがあります。 それが【チューニング】です。 ・・・前フリが長くなってしまいましたが、 今回はその身だしなみであるチューニングをする時に使うアイテム、 【チューナー】 について少しお話をしますね! ◆こちらの他にもチューニングについて触れている記事がありますので、よければ合わせてチェックしてみてください◎ <a href="https://cyta.jp/aguitar/b/81790">◆それ、間違ってるかも?◆ 音程がズレにくくなるチューニングのやり方</a> <h2>あえてオススメするチューナー</h2> チューナーと一言で言っても、かなり種類があります。 楽器屋さんに行ったりネットでチェックしていただければお分かりいただけると思いますが、 物によって値段の振り幅がけっこうあったりするものです。 とはいえ、ひとまずチューニングが出来ればOK!!という気持ちだと思いますので、 いくつかピックアップしてご紹介しておきますね◎ === ★手軽にいつでも使える★ 【KORG クリップチューナー】 <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B010SRKIRO/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B010SRKIRO&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=904924d9c139bfdf663c058b34f7c78f"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B010SRKIRO&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=andfolk-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B010SRKIRO" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> 最近僕も使っています。 しっかりと液晶が光ってくれるので暗い路上ライブなんかでも視認性は高いと思います◎ --- ★練習にはもってこい!★ 【ヤマハ チューナーメトロノーム】 <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B077B3XYTH/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B077B3XYTH&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=49a39fe8a949d817ccfb448d2df5e5a9"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B077B3XYTH&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=andfolk-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B077B3XYTH" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> このチューナーの良い所は、<strong>メトロノーム付き</strong>というところ。 練習していく中で、メトロノームに合わせて演奏することがかなり大切になってきます。 チューナーと別に買いそろえるのが面倒な方には、アルトベンリなチューナーの一つだと思います。 僕はこれの前の型(少し古いモデル)を持っていますが、 やはりアルトベンリ。メトロノーム機能は重宝します! --- ☆ライブハウスで音をミュートしてチューニングしたい方へ☆ 【KORG ペダル式チューナー】 <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N3KP76M/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B01N3KP76M&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=0f4c90300f436f92a286ec8abba85be9"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01N3KP76M&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=andfolk-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B01N3KP76M" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> ライブハウスやライブバーなど、エレアコを使ってPAを通してスピーカーからギターの音を出すような場合。 こういった足下に置いて足でスイッチを入れるタイプを持っていると安心です。 シールドという、ギターの音をスピーカーから出す時に使うケーブルを繋いで使います。 このペダル式チューナーとギターをシールドで繋いでチューナーのスイッチ(足で踏む)を入れると、 ギターの信号がミキサー(スピーカーに繋がる前)に行かないので、 お客さんにギターの音を聞かれることなくチューニングできます。 僕はエレキを弾く時にこのKORGのペダル式チューナーを使っています。 === 今回は僕にとって馴染みのある商品の紹介となりましたが、 ホントにたくさんの種類のチューナーがあります。 形が面白かったり、カラフルだったり。 実際に見てお気に入りのアイテムをセレクトするのが一番良いと思います♪ 予算と好みの狭間で悩むというのも、ミュージシャンあるあるなのです。 (めちゃめちゃ安いチューナーだと、もしかしたらチューニングがちょっと雑になる可能性もありそうなので店員さんのアドバイスも聞いてみてくださいね!) <h2>おわりに</h2> お伝えしたかったことは、 【<u>ギターの身だしなみは、チューニング</u>】 ということ。 いくら高価なギターでも、 チューニングがされていなければ元も子もないのです。 値段や技術の前に、 基本的な部分をサボることなく身だしなみを整えておきましょう♪ 好きな人に会いに行くのに、寝癖のままではちょっと寂しいですもんね。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 それでは、また! アコースティックギター Mon, 23 Jul 2018 17:31:50 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 ケースにしまっているアコギ、ちょっと出して弾いてみよう! http://cyta.jp/aguitar/b/82225 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180721115024p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180721/20180721115024.png" alt="f:id:andfolk:20180721115024p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 Twitterのアカウントは、コチラです↓↓ <a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> 最近、ギター弾けてますか? 気温もかなり上がり、湿度も高い日本の夏。 いよいよ本番という感じですよね! あなたのギター、ケースの中に入ったままにはなっていませんか? もしケースの中に入ったままになっていたら、 ちょっと取り出してギタースタンドに立てかけてあげてみてはいかがでしょうか? 今回は何をするでもなく、 「ギターをケースから取り出して、ちょっと弾いてみよう!」 というタイトルです。 日本の夏、室温が想像以上に上がることもありますから楽器もほったらかすとちょっと不安です! <h2>とりあえずケースから出してみましょう</h2> 忙しいかもしれませんが、ついつい後回しにしがちな楽器のこと。 せっかくこのブログを読んでくれているのですから、 ちょっと飲み物でも取りに行くついでにギターケースからアコギを取り出してみてください◎ 既にケースから取り出されている方は、手元に持ってきて眺めるのも良いですね! 梅雨の時期も大変だったとは思いますが、 この夏の時期もちょっとばかり楽器を気にかけてあげるのが良いと思います。 今年の夏もかなり気温が高くなる日が続いていますので、 空調の届かない場所に楽器を保管している方は少し注意が必要かもしれません。 気温が高いだけでなく、湿度も高いのが日本の夏。 カビが生えてしまったりネックの反りも気になりますね。 その辺の見た目でわかることだけでも、この機会に軽くチェックしてみてはいかがでしょうか? <h2>もしもしばらくギターを弾けない状況なら</h2> 僕のブログを読んでくれているということは、 まずそんなことはないかと思いますが様々な事情や都合があると思いますので、 しばらくギターを弾けない状況になる場合にしておくとよさそうなことをお伝えしますね! ・弦を緩めておく ・ギター全体をクロスで拭いておく ・ケースにしまっておく時は湿度調整材も一緒に入れておく この辺りをちょっとやっておくとよいかもしれません。 <h3>弦を緩めておく</h3> しばらく弾けない時期にチューニングをしたままで放置しておくと、 ネックが反ってしまうことがあります。 弦が張られている力というのはかなり強いので、 その力がずっとネックにかかっていれば反ってしまう可能性があることも納得ですよね。 なので、長い期間ギターを弾けないことが分かっている場合は、 弦を緩めておくとネックへの負担も小さくなって良いと思います。 弦を緩める時は、【ペグを1,2周程度回すくらい】で良いと思います。 あまりにも緩めすぎると、弦を張った時とのギャップでネックにストレスがかかることもあるんだとか。 (元楽器屋さんのお話です) 弦がベロンベロンになり過ぎない程度に緩めておいてあげましょう。 <h3>ギター全体をクロスで拭いておく</h3> これは日頃からやっておくことに越したことはないと思います。 ギター全体、様々な部分に触れますので手の油や汚れがついていることがほとんどです。 他の道具や衣類などと同じ様に、しまっておく前は綺麗にしておいてあげるのがよいとおもいます。 専用のクロスを用いて拭いてあげるのも良いでしょうし、 僕は着なくなったやわらかめの肌着(BVDとかね)を四角くきってクロス代わりに使ってました。 目立つ部分だけでもさっと拭いたり、 余裕があれば楽器屋さんでレモンオイルやクリーナーなどを買って磨くとより良いですね! ギターの輝きも取り戻せますし、ピカピカはやはり気持ちいい! <h3>ケースにしまっておく時は湿度調整材も一緒に入れておく</h3> これも、楽器屋さんで買えるものですので余裕があれば用意してみるのも良いと思います。 乾燥させるだけではなく、適度な湿度を保つという意味で、 乾燥材よりは湿度調整が出来る物が良いと思います。 ギターは乾燥している方が確かによいのですが、 乾燥し過ぎも負荷がかかってしまうことがあるそうなので、 適度な乾燥状態をつくってあげるのが良いでしょう。 湿度調整材をケースに入れてしまっておいても、 いくらかのペースで取り出して少し弾いてあげるのがギターにとっては幸せなのかもしれませんよね。 <h2>おわりに<h2> いかがでしたでしょうか? 僕の希望としては、長い期間ギターを弾けない状況にはなってほしくはないのですが、 日々忙しいですからそうなってしまうこともあると思います。 今回の記事を参考に、より自分にとってもやりやすいギターの保管方法を見つけてくださいね! 僕は自分のエレキをしばらく触れていなかったことで、 ペグの部分が少し(僕の中では少し)錆び付いてしまいました。。。 これはいかんと思い磨けるだけ磨きましたが、 そもそもそんな状態になるような保管方法が問題だなと後悔しております。 せっかく気に入って側に置いてあるギターです。 いつでも綺麗な状態でいさせてあげましょう◎ 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 ギターケースから取り出したギターで、何か弾きましょう! ギターを持って出掛けるのも、良い夏の思い出になりますよ♪ それでは、また! アコースティックギター Sat, 21 Jul 2018 15:03:04 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【弾けばわかる♪】コードの押さえ方を変えて、響きの違いを楽しもう! http://cyta.jp/aguitar/b/82181 <br><center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180718223537p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180718/20180718223537.png" width="560" height="320"alt="f:id:andfolk:20180718223537p:plain" /></center> こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 === ★今日はちょっと試してみたいことがあったので、挑戦してみたいと思います!  このブログを「自分の声や演奏をデータでアップしてみよう!」という試みです◎  上手くできるか分かりませんがこの文章の下の方に再生できる何かしらを貼付けますので、  興味のある方は再生してみてくださいね! <audio src="https://drive.google.com/uc?id=1LjWRE8SW0Vo0bFD8cmXaVPEUexE9Xdsh" controls> </audio> === 今回は自分で喋りつつ、 ちょっとギターを鳴らしてみながら、 というブログをやってみようと思いましたので、お付き合い下さい! --- <h2>ギターならではの響きの違い</h2> ギターという楽器は基本的に6本の弦が張られていますよね。 その6本の弦は太さが違うので、それぞれ音の響き方が違います。 その弦をいろいろなポジションで押さえることによって、 また様々な響きが生まれます。 それが例え同じコードであっても、 ポジションや押さえ方(ボイシング)を変えるだけで音の印象が変わることもあります。 (コード名は変わりませんが、なっている音は変わります) 今回はそういった「ギターならではの響きの違い」みたいな部分をお伝えしたいと思います。 <h2>弾いてみよう!</h2> 今回は、 「A B E」と 「F G C」というコード進行を用いて試してみましょう◎ 本来は一つのコードで試すのが良いと思うのですが、 せっかくなのでコード進行という流れのあるもので試してみましょう! 音声での試みですのでね!! <h3>「A B E」</h3> まずはこの「A B E」。 押さえ方はローコードです。 ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン 開放弦を含んでいるので、低音もしっかり出てドーン!と明るい感じです。 (僕の感性です) 次はセーハ(開放弦無し)で弾いてみます。 いわゆる人差し指を寝かせて1〜6弦を押さえる形の押さえ方。 ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン 開放弦がないので少し低音が抑えられていますが、 1,2弦5フレット以上の高い音の部分が押さえられているので 少しキラッとした感じが出ています。 (僕の感想です) このように。 同じコードでも押さえる箇所を変えると響きが変わることも多いのです。 なので、 その曲に対する自分の好みに合った押さえ方を選べるとより楽しくギターを弾いていけると思います! <h3>「F G C」</h3> ついでに「F G C」もやっておきましょう! 押さえ方はローコードです。 ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン F以外は開放弦を含んでいるので、低音も出て良い感じです。 (僕の感性です) 次はセーハ(開放弦無し)で弾いてみます。 いわゆる人差し指を寝かせて1〜6弦を押さえる形の押さえ方。 ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン Fは元々開放弦がありませんが、 GとCも開放弦をなくすと低音が抑えられています。 しかし、その分1,2弦がローコードの時よりも高い音の部分(フレット)で押さえられているので 少しキラッとした感じが出ています。 (僕の感想です) 原理はさっきの「A B E」と同じですね◎ こんな風に、どのコードでもだいたいこういった押さえ方を選ぶことが可能です。 「A B E」と 「F G C」については、 そのコード進行の関係性も似ている部分があるので、 アコギに慣れてきたらまた別の感覚を持って聞き取れることがあるかもしれませんね。 --- <h2>おわりに</h2> いかがでしたでしょうか? コードの押さえ方を変えて、響きの違いを楽しもう!という試み。 ちょっといろんなコードで試したくなりましたか? ピアノなんかでも押さえ方を変えて楽しめるのですが、 ギターだと弦の太さの違いも加わるのでひと味違った楽しみ方が出てきます。 (ピアノはピアノで一音がハッキリ出てくるので、かなり楽しいです) コード表が手元にある人は、 同じコードをいくつかの押さえ方で弾き比べるとけっこう面白いですよ! 曲を演奏する時も、コード進行の流れや気分によって押さえ方を変えたりするのも良いですね! 自分なりの押さえ方を見つける時にも、 もしかしたら役に立つ考え方かもしれませんので、 ちょっとずつ試していくことをオススメします! 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! 音声の方を聞いてくれた方も、ありがとうございます! 今後も音声を併用したブログにしていこうかと考えておりますので、 どちらもチェックしてみてください♪ 夏休みに入った学生さんも、 これから夏休みを楽しみにしている方も、 ちょっと時間を見つけて体験レッスンを試してみてくださいね! 連絡、待ってます!! それでは、また! アコースティックギター Fri, 20 Jul 2018 12:40:37 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【経験者/初心者向け】弦のお話 #5 「アコギ弦の材質」 http://cyta.jp/aguitar/b/82119 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 <a href=https://cyta.jp/aguitar/b/81914>弦のお話 #1</a>で弦の太さには4段階のレベルがあり、弾きやすさの一部を担っているというお話をしました。今回は、太さではなく弦の素材についてです。実は弦は音色の一端も担っています。少しマニアックな話なので噛み砕いてお伝えできればと思います。 ◆<u>弦の素材は大きく分けて2種類</u>◆ ほぼ全ての弦メーカーで<font color=red>80/20ブロンズ</font> (単に”ブロンズ"とも呼びます)と<font color=blue>フォスファーブロンズ</font> (“フォスファー”と略したりします)の2種類の弦が存在します。ないのはYAMAHAぐらい…かな?端的に言えば、<font color=red>80/20ブロンズ</font>は無骨でアコースティックな音色。<font color=blue>フォスファーブロンズ</font> はややキラキラとした明るい音色です。 ◆<u>弦の種類で音色が変わる!</u>◆ 弦は弾きやすさだけでなく、<font color=red>80/20ブロンズ</font> と<font color=blue>フォスファーブロンズ</font>のどちらを選ぶかによって音色まで変わります。また、メーカーごとに弦の音のキャラクターも異なるので意外と奥が深いです。 ◆<u>どっちが良いの?</u>◆ これはもう、好き嫌いですね。優劣はありません。両方張ってみて好きな音を選べば良いと思います。参考までに、新品のギターに工場出荷時から装備されているのは<font color=blue>フォスファーブロンズ</font>である割合が比較的多いです。また、僕の勝手な線引きではありますが、弾き語りや伴奏メインの人は<font color=red>80/20ブロンズ</font>を好み、ギターの音色を聴かせる演奏なら<font color=blue>フォスファーブロンズ</font>を好む…みたいな風潮がほんの少しだけあるような気がします。 ◆<u>具体的な違いは?</u>◆ ブロンズ (つまり<font color=brown>銅</font>)の純度の高さです。80%ブロンズ、20%錫 (すず)なのが<font color=red>80/20ブロンズ</font>。見た目はゴールド、さりげなくキンキラキンです。一方で<font color=blue>フォスファーブロンズ</font>は90%以上がブロンズなので、非常に純度が高いです。残りの数%はリン (フォスファー)が入っています。見た目はやや褐色で赤味が入っています。 ◆<u>実は他にもある弦の素材...</u>◆ 話題になっていた素材を一部をご紹介。 ①<font color=green>ニッケルブロンズ</font> by D’addario (ダダリオ) もしくは<font color=green>モネル</font> by Martin (マーチン)  ニッケルとブロンズを混ぜた弦 (モネルには鉄や硫黄も入っている)。見た目はシルバー。この弦は結構ギター選ぶと思います。個人的にはビンテージギターとの相性が良いと思っています。 ②<font color=gray>アルミナムブロンズ</font> by Ernie Ball (アーニー・ボール)  その名の通り、アルミとブロンズ。見た目はゴールド。音は低音から高音まで<font size=4>ドカン</font>と大音量で鳴るので初めて使った時は感動しました。これは演奏スタイル問わず何でも合うと思います。 ③<font color=orange>チタニウムコア</font> by Martin  お値段なんと1セット4,500円 (税抜)…!芯線 (コア)にチタンを使用し、巻線 (ワウンド)には高純度ニッケル。そして1〜2弦にはクライオ処理 (液化窒素などで-196℃まで冷却することにより金属を分子レベルで強化する処理)を施したステンレスを使用。消耗品である弦に、そこまでする必要はあるのか!?と思ってしまいますが、使った方の意見を聞くと「めっちゃ良い!!」との事でした (漠然)。僕はまだ使った事がありません。 ◆<u>オススメは?</u>◆ 僕は古くからのD’addario党なので、やっぱりD'addarioですね。でもレコーディングの際にはフランスの老舗弦ブランドSAVAREZ (サバレス)を使う事があります。クラシックギター弦では有名な会社ですが、実はアコギ弦も作っていて、とにかく唯一無二の美しい音色なのです。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Wed, 18 Jul 2018 12:26:29 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【経験者/初心者向け】弦のお話 #4 「アコギにナイロン弦を張れる?」 http://cyta.jp/aguitar/b/82118 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 とてもよく聞かれる質問なのでお答えします。 ◆<u>アコースティックギターにも使えるナイロン弦があると聞きました</u>◆ D’addario (ダダリオ)社から出ているFolk Nylon (型番EJ32やEJ33など)というナイロン弦であれば「アコースティックギターにも張りやすい」とD’addarioの公式サイトに書いてあります。<u>結論から言うと、アコースティックギターにも張れます。</u>ナイロン弦は通常クラシックギターに使われるもので、柔らかく押さえやすく音色が優しいので人気が高いのです。が、そのまま張っても音がきちんと鳴らない可能性があります。その場合、ギターの一部を加工する必要があります。 ◆<u>何を加工する?</u>◆ ナットとサドル (弦の枕になっている白いパーツ)の加工をオススメします。 ・ナイロン弦は太いので、ナット溝を広げる必要があります。加工にはおおよそ2,000〜5,000円程度かかります (あくまで相場です)。溝を加工しない場合、弦は1週間も持たないでしょう。(Amazonのレビューで「すぐ切れた!もう買わない!」と怒っている方は多分この工程をしていない可能性が高いです。) ・サドルの交換も必要です。おおよそ5,000円程度と思われます (あくまで相場です)。理由はアコースティックギターの弦高 (げんこう/げんだか:フレットと弦の間のわずかな隙間)が、ナイロン弦を使うには狭すぎる (低すぎる)からです。ナイロン弦を鳴らすには、弦高は最低でも3.5mmはないと難しいかもしれません。アコースティックギターの平均的な弦高は2.5mm〜3.0mmなので、そのまま使うには弦高が低すぎるのです。なので新しいサドルを用意して弦高を上げた方がベターです。 さらに厄介なことに、再び金属の弦に戻したくなった場合、せっかく溝を広げたナットは使えなくなります。ですから新しい"溝の細いもの"へと交換が必要になります。ナット交換はおおよそ6,000〜10,000円程度かかります (あくまで相場です)。 ◆<u>実際に張ってみると</u>◆ <font color=red>悲惨です</font>。上記の様な労力をかけて弦交換をしたのに、こんなにも音が悪いのか…とかなり落胆した経験があります。確かに弾きやすくはなりましたが、そもそもアコースティックギターはナイロン弦の様な弱い弦振動を増幅させる構造はありません。<a href=https://cyta.jp/aguitar/b/81914>弦のお話 #1</a>で書いた弾きやすい金属弦を使用する方がよっぽど経済的で低リスクだと思います…。 残念なのは上記の様な注意点や結果があるにも関わらず、D’addarioの日本公式サイトに注意書きがされていない事と、楽器店のスタッフがこの弦を購入しようとしているお客さんに対して十分な説明をしない事です。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Wed, 18 Jul 2018 12:22:04 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【経験者/初心者向け】弦のお話 #3 「どうしてアコギの3弦は切れやすい?」 http://cyta.jp/aguitar/b/82115 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回は切れやすい弦について。 ◆<u>アコースティックギターではどの弦が切れやすいか?</u>◆ 1弦と3弦です。もちろん他の弦が切れないワケではありません。しかし、もしあなたのギターが1、3弦よりも2、4、5、6弦の方がよく切れるなどの症状が出ている場合、糸巻きのポストの部分 (弦が巻きついてある部分)やナットの溝 (弦の枕になっている白いパーツ)に何かしらの問題があるかもしれません。修理屋さんもしくは楽器店で診てもらいましょう。また、切れる位置がピックの当たる付近の場合、弾き方が悪かったり、サドル (こちらも弦の枕になっている白いパーツ)に問題があるのかもしれません。 ◆<u>なぜ切れやすいのか?</u>◆ 以前にも書いております様に、ギターの弦のテンション (張力)は6弦全て正しくチューニングした状態で60〜80kgほどです。1弦は最も細いのでなんとなく切れやすいのは理解できますが、なぜ3弦?と思う方もいるでしょう。理由は2つあります。 ①触ってみればお分かり頂けると思いますが、3弦だけやたら緊張しているんです。これは数字にも現れていて、<u>3弦の張力を図ると15kg以上</u>になります。最も太い6弦でさえ10kg〜11kg程度と言われているので、3弦はとっても頑張り屋さんなのです。 ②エレキギターやクラシックギターとは異なり、アコースティックギターの3弦は巻弦になっています (表面がザラザラとしている)。 巻弦は芯線の周りに銅線をグルグルと巻いてできています。3弦は巻弦の中では最も細く、それに伴い芯線も細くなります。その芯線は1弦よりも細いはずで、しかも1弦よりも強い張力がかかっています。理屈から言って結構無理があるんですね。 残念ながら、切れない様にする対策はありません。切れたらその時です、なので、弦を購入する時に1弦と3弦を余分に1本ずつ購入しておくのが良いでしょう。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Wed, 18 Jul 2018 11:24:09 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【いつでも弾こう】ギターの音量を抑えて練習したい時は「弱音器」を使ってみてはいかが? http://cyta.jp/aguitar/b/82109 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 先日の三連休から昨日まで、なんだかんだ忙しくてブログが書けていませんでした。。。 改めて、コツコツ書いていこうと思います! さて今回は。 「家でのギター練習は音量を抑えてやりたい!」 「夜、ギターを触りたいけど音が大きくて弾けない!」 というあなたに試して欲しいアイテムのご紹介。 <u>ギターの音量を抑えて練習したい時は「弱音器」を使ってみてはいかが?</u> というタイトルで書いていきましょう! ★「<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/s/wakuwakuhikigatari/">楽しく続けるギター弾き語り教室</a>」というスクールでも、同様にご紹介させていただいております!  興味のある方はぜひ弾き語り教室もチェックしてみてくださいね! --- ギター。特にアコギ(フォークギター、クラシックギター)は生音がしっかり出る楽器ですよね。 他の装置に接続することなくしっかりと自分の音を外に発することができる、 素敵な生楽器の一つです。 だからこそ気になる場合がでてきてしまうのも、事実。 それが、 ・家での練習 ・練習する時間帯による環境(特に夜) などにおける「ギターの音量ちょっと大きい問題」です。 「一日30分でも15分でもギターに触りましょう!」 というようなことを、以前のブログ記事で書いた気がします。 それを実行するのに音量が気になって家でギターが弾けないというのは、 なかなか大変な問題です。。 「お隣さんに迷惑じゃないか。」 「練習中は家族にあまり聴かれたくない。」 などなど、いろいろ事情があると思います。 そんな「ギターの音量ちょっと大きい問題」を解決(和らげる)するのにピッタリなアイテムがあります! それが、 【<u>弱音器(ミュート)</u>】 です!! === 簡単に説明すると、 「弱音器」を弦に触れさせる(6弦全てを挟む形)ことによって、 弦の振動を抑えます。 弦の振動の振れ幅によってギターの音量の大小が決まることがほとんどなので、 その部分を抑えることにより音量を小さくすることが可能となります。 === この弱音器、今でも使うことがあります。 ちょっと音量が気になる時間帯にギターを弾く時は弦にくっつけて弾きますね。 弱音器をつけた時のギターの音は、まさに「ミュート」をしながら弾いているような音。 音そのものの「伸び」を封じてくれるので、 ♪ジャラ〜ン♪ ではなく、 ♪ポポポポポポン♪ みたいな感じになります。 ※音を文字で表すのは、相変わらずムズイ とにかく、 弦の振動を抑えることによって「音の伸び(サスティーン)」も抑えられ、 結果ギターの音がかなり小さくなるということになります。 コードを押さえて弾くと、 そのコードの音はわかるのですが伸びのない音が出るという感じです。 寝る前にちょっとコードの確認をしたい時なんかには、 特にオススメかと思います。 だいたい6~700円くらいで購入できるものだと思いますので、 タイミングがあれば1つ買って持っておくのが便利だと思います。 ちなみに、僕が使っているのはコチラです↓↓ <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0026FGJZC/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0026FGJZC&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=9452d68ec85ebf425f4d6c1182d66644">弦楽器専用ミュート 弱音器 GG-022263</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B0026FGJZC" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> 他にもいくつかの商品があるので、参考にしてみてください! 原理は、どれも一緒です◎ <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B002XB2CR8/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B002XB2CR8&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=360d697a818bfc2391fb31b2998fc724">PICK BOY MU-70G GR EASY MUTE アコースティックギター用ミュート</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B002XB2CR8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B003O7GJI8/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B003O7GJI8&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=7f6bc8d3c6afcc4948ac14c50e518b4b">GGスーパーギターミュート</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B003O7GJI8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> --- いかがでしたでしょうか? 楽器をたのしむ時についてまわる「音量大き過ぎる問題」。 音楽をやっていると自然とあるあるネタになっていると思います。 そんな時に活躍するアイテムもしっかり生み出されているので、 どんどん活用してギターに触る時間を増やしていきましょう! そして、 外やレッスンなどで思い切りギターを弾く時間も作っていきましょう♪ すべてはその時の為の時間です◎ ・・・ちなみに、 ある頃の僕は弱音器の代わりにタオルやらなんやらで弦を挟んで弾いていたこともあります(笑) 家にある物で試してみるのも、悪くはないかもしれません。 (やっていることは弱音器と同じですが、タオルは調整が難しいです) 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます! それでは、また! アコースティックギター Wed, 18 Jul 2018 08:52:17 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 はじめまして! http://cyta.jp/aguitar/b/81987 <br>こんばんは!夜分に投稿です。 この度開校することになりました「ヨシユキのアコースティックギター教室」 私、浦邊賀通と申します。 ウラベ ヨシユキ と読むんですね!(今まで一度も一発で正しい名前で呼ばれたことはありません...) さて、軽く私の自己紹介でもやっておきましょうかね! 昭和61年12月4日生誕 福岡県は直方市出身在住(お相撲さんの魁皇関の出身地ですね!) 私自身、去年まで福岡市内に住んでおりライブ活動などを行なっておりました。 カバー曲などはほぼせずにオリジナル曲を演奏してました。 そこで繋がったたくさんの仲間との縁は僕自身学生時代のものよりも深く大切なものになりました。 音楽ってただ演奏して、聞いて楽しいだけじゃないんだと感じていく中でこの楽しさを伝えることができたら、と思うようになり講師にチャレンジしてみることにしました。 みなさんもきっとはじめてのギターを習ってみる、という方が多いと思いますが私自身もある意味チャレンジなんですね。 なので緊張せず友達感覚でレッスンを受けていただければと思うのです。 もちろんギターの技術、レクチャー力に関しては小6から毎日毎日弾いていたのでご心配なく! 現在受講エリアをあえて地元、田舎に絞っています。 都会はある程度スクールがある箇所がありますが田舎ではそういう訳にもいかず。しかし同じようにレッスンすることができたら、という思いで進めております。 もちろん今後エリアは広げていきますが田舎の方もご遠慮なく!ということです! 難しい理論などはさておいて、ギターを弾くことの楽しさを是非体感しましょう! 初回はこのへんで! では! アコースティックギター Fri, 13 Jul 2018 23:00:43 +0900 アコースティックギター教室::ヨシユキのアコースティックギター教室 浦邊 賀通 Fコードよりも難しいB系コード http://cyta.jp/aguitar/b/81967 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/13/46332/120.jpg" alt="" /><br>ギターをはじめて良くFコードでつまずいたとか、Fコードが押さえられなくてギターを辞めたとかっていう話をよく聞きます<img src="/p/common/emoji/f396.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 実際には、FコードよりもB系コード…例えばBのセーハコードBm、B7のセーハコードの方が難しいです。 では、セーハコードは難しいのか?ってなると実は全然難しくありません。 ギターの場合、コードを押さえて音が出ないとやる気が失せます<img src="/p/common/emoji/f7ce.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 最初のうちは、省略コードを覚えて実際押さえ方よりも簡単なコードで練習していきましょう! ギターに慣れてきたら、ホントの押さえ方にチェンジすれば良いだけです。<img src="/p/common/emoji/f7f3.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> ギターに慣れていない時に、セーハコードは鳴りません<img src="/p/common/emoji/f396.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 手の大きさもほぼ関係ありません!手が柔軟かどうかです。 弾いてるうちに手が柔軟になって押さえれるようになってくると言うのが正直な所。 簡単に音がなる省略コードを弾いて、ギターに慣れていきましょう<img src="/p/common/emoji/f7f3.gif" alt="" border="0" class="emoji"/><img src="/p/common/emoji/f6d2.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> アコースティックギター Fri, 13 Jul 2018 09:37:32 +0900 アコースティックギター教室::アコースティックギター教室244 喜岡 剛 【アコギ好きにもオススメ】世代など関係無し!吉田拓郎のニューアルバム「From T」が8/29発売★ http://cyta.jp/aguitar/b/81964 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 今回は「吉田拓郎のニューアルバム【From T】」について書きます! ★「<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/s/wakuwakuhikigatari/">楽しく続けるギター弾き語り教室</a>」というスクールでも、同様にご紹介させていただいております!  興味のある方はぜひ弾き語り教室もチェックしてみてくださいね! 「アコギを弾こう!」と思ったきっかけが、 ・フォークソング ・ニューミュージック ・弾き語りアーティスト 等だった場合は、かなり響くかなと思ったからです! この「吉田拓郎」というアーティストの楽曲。 歌も詞も曲も、どこをとっても個性がしっかりあってとにかくカッコイイのですが、 それらを彩る「編曲」も素敵で、 ギターの雰囲気もとっても素敵なのです。 だからこそ、 アコギを始めようとしている人やすでに弾き始めているあなたにもご紹介させていただきます!! それでは、どうぞ! =============== 僕の大好きなシンガーソングライターの一人である「吉田拓郎」というアーティスト。 「知らないよ」という人にはこの機会に! 「知っているよ!」という人には改めてぜひともまたこの機会に! このニューアルバム「From T」をきっかけに、 「吉田拓郎」の曲を聴いてみるのはいかがでしょうか!! ・結婚しようよ ・夏休み ・全部だきしめて などなど。 世代を越えて愛される楽曲も多いので、 弾き語りをする、していこうと思う若い人や大人の方々にとっても 「吉田拓郎」というアーティストの曲は非常にオススメです! (シンプルに、僕の好みです。) --- 日本を代表するシンガーソングライターの一人と言ってもよいと思う「吉田拓郎」。 そんなアーティストに関連する最近のニュースに、 「吉田拓郎のニューアルバム発売決定」というものがありました。 アルバムの名前は「From T」。 拓郎の「T」なのでしょう。 まさに、 <u>Tからの贈り物</u> みたいな感じでしょうか♪ というのも、このアルバム。 ====== 拓郎が自ら厳選した、 日常、就寝前に聴いているという自らのプレイリスト27曲からなる 「思い入れのある作品」 「もう一度聴いて欲しい歌」など、 拓郎が愛した曲ばかりを収録されている。 ====== のだそう。 そうなってくると、 <u>Tからの贈り物</u>というのがピッタリですよね! そういった情報を知った後は特に自分から情報を探すということはしていなかったのですが、 昨日だったかたまたまネットの記事でそのアルバムの新しい情報をゲット! (Googleってスゴい) 発売予定日は【2018年8月29日(水)】とのことらしいのですが、 収録曲については発売日当日まで公表されないスタイルのようなのです。 これはこれでなかなかのニュースだとも思いますが、 先日のラジオか何かで本人の口からちょっと収録曲についての話が出たそうな。 それが 【春だったね】 という曲。 おぉぉぉぉぉぉ!!!! シビレる曲の一つです!!! 8ビートの軽快なテンポで爽やかなナンバーなのですが、 拓郎の声と詞の内容によって切なさと渋みがある、 <u>かなりの字余り曲</u>です。 吉田拓郎と言えば、字余り。 独特な言い回しもそうですが、この字余りによって強烈な個性を放つと言っても良いと思います。 その魅力が詰まりまくっているこの曲が収録されるということが、 なんとも嬉しいニュースでした。 (たぶんきっと本人が言っているなら収録されるはず◎) ちなみに、どれくらい字余りかと言うと、 「五 七 五」で歌われる俳句を、 【九 十 十三】なんかで歌うくらいの字余り感です。 (字足らずのこともあって、それはそれでいい味) 「春だったね」という曲では、まさにその感じが炸裂しています。 ~~~ Aメロから字余りを感じます。 そしてBメロの様な部分でシビレるほど字余りが炸裂がします。 ※2番の歌詞の時は、3割増でシビレます(笑) そしてサビできっちり字余りを感じさせられます。 ★いっちばんさいごのフレーズで、全てを持っていかれます。 ~~~ 字余りの素敵さは、実際に聴いてみてほしいです! 僕も僕なりの字余り曲を代表曲にしたいなぁ、 と思うくらいこの曲は素敵です。 なので、 ぜひとも「春だったね」に注目して、 吉田拓郎4年振りのニューアルバム【From T】をチェックしてみてくださいね!! <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07F498XQH/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B07F498XQH&linkCode=as2&tag=andfolk-22&linkId=3354479a581649c7560534341ef6a00f">From T(AL3枚組)</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=andfolk-22&l=am2&o=9&a=B07F498XQH" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /> --- という、僕にとってこの夏トップ(ちょっと気が早い)と言っても良いくらいの嬉しいニュースでした。 吉田拓郎にあまり馴染みのない人にも多くの刺激をくれるアルバムになると思いますし、 元々好きだった人には堪らないアルバムになるのではないかと思います! この「春だったね」という曲は、 当時はあまり本人が好きではない曲だった、 みたいな話をテレビで見たことがあるような気がします。 好きではない、ではなくて、 何でライブでこの曲を弾くとがめちゃめちゃ盛り上がるのかがわからない、 だったかな。。。 本人の気持ちはどうであれ、 それくらい人の心を鷲掴みにしてくる名曲であることは間違いないはず。 吉田拓郎の曲でも、かなりオススメの一曲です! 今回は、 吉田拓郎のニューアルバム「From T」について書かせていただきました。 というか、 「春だったね」について書いた形になっちゃいました。 この曲はブルースハープなんかを吹いてみてもかなり合うナンバーかと思います! 弾き語りをするにはちょっと難しいかもしれない「字余り曲」ですが、 とにかく【楽しい】です!!!! なんといっても微笑ましい(笑) 気に入ってくれた人は、ぜひ挑戦してみてください♪ 今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます! それでは、また!! アコースティックギター Fri, 13 Jul 2018 08:19:22 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【初心者/経験者向け】楽器の盗難に遭ったら... http://cyta.jp/aguitar/b/81952 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 大事なギターが盗難にあった場合の対処法について。 ◆<u>盗まれる前にできる事</u>◆ <font color=red>ご自身のギターのメーカー名、モデル名だけでなく、シリアル番号も必ずメモ</font>しておきましょう。そして<font color=red>どんなケースに入っていたか、どこにキズがあるのかも可能な限り克明に</font>記憶しておくか写真に撮っておくなどして下さい。 ◆<u>先ずは警察に</u>◆ すぐに管轄署に届出をしましょう。早ければ早いほど良いです。 ◆<u>楽器店に行く</u>◆ 楽器店 (大阪)で勤務をしていた時に転売防止の観点から、盗難品リストを作って他社の楽器店同士でも共有していました。リストは更新されると全店に最新版がメールで回ってきて、そのリストを見ながら買取り業務をします。また買取の際にはIDの提示が必須なので、間違えて買い取ってしまった場合でもIDから犯人の追跡が可能です。 ◆<u>J-Guitarの盗難情報に掲載依頼を出す</u>◆ 大手楽器通販サイトJ-Guitar (https://www.j-guitar.com/news/theft_help)への掲載依頼をするのも有効的です。これは警察に届出を出さない限り掲載はできません。 ◆<u>SNSでの拡散</u>◆ 上記と比べると個人情報保護において多少のリスクはあるでしょうが、効果的な拡散力もかなり期待できます。 ◆<u>ネットオークションにご注意</u>◆ 警察や楽器店に行っても、彼らが探してくれる事はありませんので、ネットオークションのような個人同士の取引はご自身でくまなく監視するしかないのです。自分のギターと思しき個体が出品されていたら、問い合わせフォームからシリアルナンバーを聞きましょう。 ◆<u>盗難現場はこんなとこ</u>◆ ライブハウス、スタジオなどが多いと聞きますが、注意すべきは<font color=red>車上荒らし</font>です。機材車を狙うこともあります。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Thu, 12 Jul 2018 20:20:29 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【初心者向け】Fを押さえる http://cyta.jp/aguitar/b/81947 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/12/46319/120.jpg" alt="" /><br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 多くの初心者を苦しめるFというコードの壁。今回はその攻略に迫ります。 ◆<u>コツは千差万別!</u>◆ <u>手は人間の体の中で最も個人差の多い部位の一つ</u>です。押さえ方のコツをネットで調べると何通りも出てくるのはその為です。これさえすれば絶対攻略できるというものは恐らくないでしょう。 今回の記事では手の形に関係なく、直接レッスンを受けられない方にもできる攻略法の1つをご紹介します。 ◆<u>①力任せに押さえない</u>◆ 添付画像をご覧下さい。力任せに握っている方は、<font color=red>赤い矢印</font>と<font color=blue>青い矢印</font>の両方から力が入っている事になります。<font color=blue>青い矢印</font> (親指)の力が強く入ると、<font color=red>赤い矢印</font>の力は入りにくくなります。反対方法ですから、力が逃げているんです。なので、<font color=red>赤い矢印</font>に力を注ぐには、手だけで握るのではなく、"<u>ヒジや肩ごと引く</u>”というイメージがとても大切です。もちろん、音が出ているなら力任せでも構いません。ですが、手に疲労が溜まりやすくなる恐れがある点をお忘れなく。 ◆<u>②”点”ではなく”面"で</u>◆ 弦を押さえている指の1本1本に力を加えると指先が痛くなってしまいます。これが"点"で押さえる考え方です。 一方、"面"というのは、指で押さえる力ではなく、手そのものを手前に引く事によって均等に力をかける考え方です。これも上記①と同様に、結果として<u>ヒジや肩を引く</u>事になります。そうする事で<font color=red>赤い矢印</font>を強くでき、指先の負担も減るんです。 ◆<u>③ギターを疑う</u>◆ そもそもギターのコンディションが良くなくて、弦が押さえにくくなっている場合も考えられます。いや自分のギターに限って…とお思いになる心情も察しますが、念には念をという事もあるので…。 ことわっておきますが、今回書いたのはあくまでいくつかあるコツの1つにすぎません。もちろん”力一杯握れ"と指導する先生が間違っているワケでもありません。レッスンでは生徒さんの手の形や指の長さに応じてピンポイントでのアドバイスを行なっておりますが、Fでつまづいている皆さんに、この記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Thu, 12 Jul 2018 17:35:45 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 目で見て合わせるチューニング http://cyta.jp/aguitar/b/81946 <br>チューニングと言っても、時代が進むにつれ変化してきた。(o^^o) 僕がチューニング言えば、音叉がすぐに出てくる。先輩がささっとチューニングしてる姿に憧れたもんだけど<img src="/p/common/emoji/f7ce.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 今じゃ音叉さえ知らないって人も多い<img src="/p/common/emoji/f7f5.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 音叉でチューニング、イコール耳を使ってのチューニング……耳が良くなるよ!って言われてきた。実際耳が良くなるかどうか分からないけど<img src="/p/common/emoji/f7ce.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 今は、クリップチューナーを使って目で合わせるのが一般的、耳は使わない<img src="/p/common/emoji/f7ce.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> もちろん音は鳴ってるから潜在的に聴いてるとは思うけど、大部分の情報は目からだね。 僕のように、音叉から入った人間は、どうもチューナーが信用できないところがあり、ついつい耳でのチューニングを優先してしまう^_^ クリップチューナーがダメとは言わないけど、是非耳で聞いて色々判断する癖をつけてほしいとは思います<img src="/p/common/emoji/f3a1.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> アコースティックギター Thu, 12 Jul 2018 17:29:04 +0900 アコースティックギター教室::アコースティックギター教室244 喜岡 剛