アコースティックギター::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのアコースティックギターの講師がブログを通じて、アコースティックギター情報を発信! 猫ちゃん ちゃん猫 http://cyta.jp/aguitar/b/86424 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/16/50274/120.jpg" alt="" /><br> 講師の林です(^^) 今回は息抜きもかねて?猫についてかたりましょうか笑 みなさん猫は好きですか? 猫嫌いの方はもうすでにブラウザをとじているでしょうね笑 猫すっきやわぁー笑 インディーズデビューしたときのアルバムタイトル「猫」ですからね笑 うちのねこ 名前は「ジル」です。女の子です。 超気分屋なのがいいですよねー。 時には甘えてきたり、時には全然近寄ってこなかったり。 人生の3分の2寝てるらしいですよ。めっちゃおもろいすよね笑 うちの猫も12歳なので少し力が無くなってきたなぁ。。。 みなさんの猫の写真とかまた良かったら見せてくださいね笑 では本日はこの辺で。 アコースティックギター Sun, 16 Dec 2018 19:47:08 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 垂水駅近くでギター教室をお探しの方必見! http://cyta.jp/aguitar/b/86408 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/15/50261/120.jpg" alt="" /><br>こんにちは(^^) ギター講師の林です! 「ギターまったく触ったことないんですが、本当に大丈夫でしょうか?」という質問をよくいただきます。 ずばり言いましょう。 まったく問題ナッシング!とい言いますか、大大大歓迎です! まったく触ったことのない方の方が飲み込みが早い印象がありますね。 ブロが60分教えるだけで、ある程度形になります。 60分のレッスンで弾きたい曲のサビ部分が少し弾けるようになった生徒様もいらっしゃいます。 大切なのは、マンツーマンであること。 講師のレッスン内容が生徒様によって瞬時に変えれること。 最初は緊張しますよね。バイトの初日くらい緊張しますよね笑 でも大丈夫です。正直こちらも少し緊張してますから笑 でもみなさん60分のレッスンが終わると笑顔で帰っていきます☆ お気軽にご相談くださいね(^^)!! アコースティックギター Sat, 15 Dec 2018 19:52:44 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 「作曲」について。神戸市垂水駅付近でギター教室をお探しの方、是非是非私のレッスンを受けにきてください(^^)☆ http://cyta.jp/aguitar/b/86386 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/14/50236/120.jpg" alt="" /><br> こんにちは、講師の林です。 今日は音楽に関するブログを書きましょう笑 ギターがある程度弾けてくると、「作曲ってどうやってやるんだろう?」と思うのは自然なことかもしれません。 作曲という言葉を聞くだけで、自分には無理だろう!と大半の方が思うと思います。 でも実はそんなことないんです。 ある程度の音楽理論を学べば作曲はその日から可能です。作曲はパズルのように組み合わせていく作業です。 そのパズルこそが大事で、大きいパズルもあれは小さなパズルもあります。 それが一つになり曲が生まれます。 と、このへんにしておきましょう。続きはレッスンにて。。笑 作詞作曲のレッスンや耳コピのレッスンも行っていますので、お気軽にご相談ください☆ それでは引き続きよろしくお願いいたします。 サイタ認定コーチ 林隆宏 アコースティックギター Fri, 14 Dec 2018 19:52:14 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 「趣味」みなさんありますか?講師の林です☆ http://cyta.jp/aguitar/b/86346 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/13/50205/120.jpg" alt="" /><br>タイトル長いですね笑 すいません。 教室のことも書いていいのですがたまには趣味のことについてでも書きましょう。 「趣味」みなさんありますか? 僕は以前はボクシングが趣味でした。以前は違う仕事もしながらギター教室をしていました。 で両方座りの仕事だったんです。で、見事に太っていったわけですね笑 TシャツのサイズはずーっとSだったんです。そのSサイズがきつくなってきたんです。「こりゃいかん」と思いました。 僕は身長162cmなんです。(ちっさ)でも今ではこの身長好きですよ。一番軽かった体重が48キロでした。そのときはレディーズの服とかもおしゃれで好きだったので、よくきていました。髪の毛めっちゃくちゃ長かったのでトイレに入るとめちゃくちゃ見られました笑 でもその頃の自分は自信があったんです。こんなやついねえだろって。鏡を見るのが好きでした。(痛すぎ) やせてあの頃に戻りたい!と思いました。で、すぐに職場から1分のボクシングジムに入門しました。 いやー、これがびっくりびっくり。中にはプロを目指している方もいらっしゃいましたのでジムはものすごい空気に包まれていました。 スポーツ経験がほとんどなかったので、最初はとまどいました。でもバンテージをまいてウォーミングアップをして、ミット打ち。 感動しましたねー。「パン!」「パン!」めちゃくちゃ気持ちよかったです。気づいたら60分たってました。 でものすごい量の汗。こんなに汗ってでるんだなあって思いましたね。で次の日マイグローブを購入。笑 そこから週一で通っていましたね。楽しかったです。少し怖かったけど。でもね、あんまり痩せませんでした。 理由はね、「酒」。 僕はお酒が大好きなんです。(大丈夫かな)両親が鹿児島生まれということも関係しているのでしょうか。とにかくほんまに大好き。(大丈夫かな) 汗をかくとビールがでたまらんかったんですね。で、徐々にお酒の量が増えました。(終了) とまあ、ダメ人間の完成ということで筋肉はついたけどお腹はでてました。笑 まあでも楽しかったですね、ボクシング。というかスポーツっていいですね。ストレス解消になりますね。 そこから職場が加古川にうつり、姫路にうつり。。。 気づいたらボクシングやめていました。でもなんだかそこに「あー、やめちゃった」みたいな気持ちが無かったんですね。 無趣味だった自分が趣味を持った時、なんかすごく楽しかったんですよね。これが終わったらサンドバッグ殴れる!って笑 趣味って大事ですね。今趣味はお酒です。(大丈夫かな) 僕はもともと趣味でギターを始めましたが、18歳のころには音楽は「趣味」ではなく「人生」に変わっていました。 今それを仕事にして生きています。一見華やかな世界に見えるとは思いますが、そうではないところもあります。 耳をすませばの雫のお父さんが言っていましたね。「人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ。」 この言葉が身にしみます。 まあ何が言いたいかというと。「趣味」いいでよね。 終わります。笑 読んでくれたかたありがとうございます。 アコースティックギター Thu, 13 Dec 2018 10:29:22 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 体験レッスンってなに??緊張する?? http://cyta.jp/aguitar/b/86323 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/12/50187/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/12/50188/120.jpg" alt="" /><br>講師の林です(^^) さて本日は体験レッスンについて書いてみようと思います。 体験レッスンってなんだろう?緊張するなぁ、、、ギター本当に弾けないけど大丈夫かなぁ、、、 ほとんどの方がこう思っています。 でも60分の体験レッスンが終わると、みなさん笑顔で帰っていきます(^^) 60分で何ができるの?と思いますよね。もちろん生徒様によってレッスン内容は変わりますが、魔法の体験レッスンというものを取り入れています。 ほとんどの方が「わぁ!ホントだ!すごい!」と喜んでいただけます。 体験レッスンを受けた方はほぼ100%入会していただいております。 ま、何が言いたいかと言いますと笑 とにかくリラックスしてお越しください(^^) 60分のレッスンでギターに対する考え方が変わりますよ! 体験レッスンお待ちしております(^^) お気軽にご連絡くださいね☆ ギターの弾き方等はもちろんですが、プチ音楽理論のレッスンや耳コピレッスンも行っております。 ご連絡お待ちしております(^^)! アコースティックギター Wed, 12 Dec 2018 12:55:27 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 アコースティックギター!エレキギター! http://cyta.jp/aguitar/b/86298 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/11/50171/120.jpg" alt="" /><br>教室を再開してからエレキギターを弾く機会が減ってしまいましたm(__)m 今僕はリッケンバッカーというメーカーのエレキギターを使っています。 これが使い方が難しいm(__)m。。今だに使いこなせない泣(ギター講師としてそれはどうなのかと、今思いました) 大丈夫ですよ笑 メインはレスポールなので。 アコースティックギターっていいですよねぇ。すぐ弾けるしエフェクターもいらないし。 好きだなぁアコースティックギター。(エレキも好きよ) 近々自分でアコギを弾いた動画をそろそろ上げますねm(__)m サボりまくってたので。 まぁ今日はなんのブログかわからないですがまぁいいか笑 引き続きよろしくお願いしますm(__)m! アコースティックギター Tue, 11 Dec 2018 12:55:23 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 「耳コピ」興味ありませんか!? http://cyta.jp/aguitar/b/86239 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/12/9/50119/120.jpg" alt="" /><br>「耳コピ」って絶対音感が必要ですか?という質問もよくいただきます。 答えは いりません!ぶっちゃけ僕は、絶対音感がありません! でもどこからか曲が流れてきても、「あ、これはこうなってこうだな。うん、もう弾ける」というような感じです。やく20秒くらいでサビとかはギターで弾けます。 ある部分を鍛えるのです。それは「相対音感」です。 詳しくはwikiで笑 相対音感を僕は常日頃、鍛えまくっております。 コンビニの入店音、踏切の音、ポテトが揚がった時の音などなど。 気になったらすぐにギターで弾きます。職業病というやつです。 相対音感の鍛え方はレッスンにてm(__)m笑 作曲や音楽理論のレッスンも行っておりますので、お気軽に体験レッスンにおこしくださいね! 林隆宏 アコースティックギター Sun, 09 Dec 2018 11:36:07 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 【愛好家向け】幻の高級材、ハカランダ #2 「ハカランダにまつわる誤解とデマ」 http://cyta.jp/aguitar/b/86187 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これはデマです。実際にハカランダという名前の花はありますが、キレイな花が咲くのは同名のメキシコの植物です。僕達ギター愛好家が知っている<font color=red>ハカランダ (中南米ローズウッドの総称)はそもそも特定の木の名前ではありません</font>。ちなみにブラジリアン・ローズウウッドに咲く花は確か白色だったと思うのですが、とにかく見た目は異なるものです。 ◆<u>誤解 2:絶滅が危惧されていたハカランダ、実は増えている</u>◆ ハカランダ (及びブラジリアン・ローズウッド)に規制がかかったのが1960年代後半なので、その10年くらい前から絶滅危惧種に指定されていたと仮定しても、まだ60年しか経っていません (2018年現在)。十分木が育つ年月ですが、銘木と言われる木の中には特定の地域の気候の中でしか育たなかったり、成長に必要な条件が揃わないと十分に再生しないなど、色々と制約があるのです。当然60年もの間、木にとって最適な天候が続くワケもありませんし発芽不良などもあるでしょうから、増えていたとしても世界各国に輸出するだけの十分な量ではないでしょう。増えているのは事実だとしても、我々が入手可能になるにはまだまだ時間がかかると推測します (木を安全に早く育てる技術があればすぐにでも入手可能な材料になるでしょうが)。 ◆<u>誤解 3:今は良質なハカランダがない</u>◆ これを言う人を見てると、"昔は多かった"みたいに聞こえるんですよね。確かに量が少ない今は良材も減っていると見るのは自然な流れです。しかし昔の材料と今の材料を比較することなんてとても無理ですし、昔はハカランダを一緒くたにしていたので昔の方が材料が良かった事の証明はまず困難です。恐らく懐古趣味的な事を言いたがる人と新品批判をしたがる人が流した単なる想像である可能性が非常に高いです。 木は経年変化で内部の水分が乾いてセルロースが結晶し、ギターでは振動の効率が良くなると言われています (弾き込めば)。枯れたビンテージサウンド、というのはまさにその事です。だから材料が何であっても、50年前に作ったギターの音に深みがあったり、柔らかくてキレイな音だったりするのはごく当たり前なんです。新品でも同様に大切に弾いていれば年数と共に音も良くなりますし、今は製作技術もグングン上がっているので半年や1年でも弾き込めば全然変わります。その意味で今は"良材を活かせられる時代"にもなっています。 またブラジリアン・ローズウッドとハカランダをあまり区別していなかった昔とは異なり、今はハカランダとブラジリアン・ローズウッドそれぞれのグレードがハッキリしているので、本当の意味での良材がどんなものか知る機会が増えています。 1つ言えるのは、お金さえ積めば良材は全然手に入るということです。 いかがでしたか?我々は日々なんとなくそう言われていることをうっかり鵜呑みにしてしまう事があります。一度信じたら疑うことさえも忘れてしまいます。ネット社会の中で生活して久しいのですから、一度に色々な意見 (反対意見も)を収集できるネットの良さをフルに活用して、自分で考えるというリテラシーが必要です。某知恵袋の知識はカテゴリマスターと呼ばれる人の書き込みでさえも何割かは誇張、脚色、主観的意見であって客観的事実ではありません。 僕の話も、半分くらいで見て、他にも情報を得てもらいながら読者の方に判断してもらいたいと思います。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ レッスンカレンダー: https://midville.jimdo.com/schedules/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Fri, 07 Dec 2018 14:12:13 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 【修理】アコギのバインディングが剥がれてしまったら… http://cyta.jp/aguitar/b/86186 <br>こんにちは。 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 先日、あまり弾けていないアコギをハードケースから取り出して弾いていた時のこと。 なんとなく適当に曲を弾いてサッと床に置いてパソコンをカチカチ。。。 そしてまた弾こうと思い手に取ろうとした時、 僕は見つけてしまいました。 ボディのくびれ部分のバインディング剥がれを…!!! ボディのくびれ部分というのは、サウンドホールの両サイドにある凹んでいる部分。 バインディングというのは、ボディやネック、ヘッドなどの縁取りのことを指します。(たしかそのはず) 今回剥がれてしまったのは、先ほど書いた通り「ボディのくびれ部分のバインディング」です。 バインディングが剥がれるとどうなるかというと、 その縁取り(バインディング)部分がボディから浮きます。 浮いてしまっているのでボディの木(僕の場合はバック板)との隙間が空いてしまい、 超ドキドキしました。良くない方のドキドキです。。。 これはイカン!と思い、早速楽器店に持って行って修理をお願いしました。 (リペアマンのいる楽器屋だったので即持ち込みです) 修理をお願いした時に原因を聞いてみると、 ・乾燥による木の伸縮 ・使われている接着剤の強度や量 などがあるそうです。 僕があまり弾けていなかったので気がつくのも遅くなってしまった、 ということもありますがとてもショックでした。 半分は自業自得のようなところもありますが、 やはりできるだけ弾いてあげるのが楽器にとって幸せなのではないかと思います。 ギターをはじめ楽器が弾ける人あるあるかと思いますが、 長く続けていけばいくほど手持ちの楽器はなんだかんだで増えていきますよね。 数は増えても「その楽器への愛は分散させてはいけない」のだと思いました。 時間はとことん有限ですが、それをフルに活用して全ての楽器を定期的に弾いてあげることが 何よりのメンテナンスになるのかもしれません。 僕のギターのバインディング剥がれの修理は、およそ2週間ほどで完了しました。 悲しかったのは少しリペアの跡が残ってしまったこと。 楽器を預ける前に事前に聞かされてはいたのですが、実際に目にすると痛々しいです。 (少し木を削ったりした程度の跡) 普通に弾いていればボディに傷がつくということも自然なことだとは思いますが、 なんだか手術跡を見ているようで切ないのです。 しかし、それも自分と楽器との物語ということで消化していくほかないのでしょう。 「あの頃、あんなことがあったよね」 と、いつか笑えるようになろうと思います◎ そんな風に思っている暇があったら、 もっとたくさん弾いてあげなさいということなのかもしれません。 あなたのギターのバインディングが剥がれてしまったことに気が付いたら、 できるだけ早く対処してあげてくださいね。 放っておくと剥がれている部分がどんどん広まって、 多くの部分が剥がれてしまうことがあり修理も困難になってしまう場合もあるそうです。 長く弾いていない楽器がある方は、この年末の大掃除の時にでもチェックしてみてください! ついでに弦でも張り替えて少し弾いてあげるといいかもしれませんね★ 平成最後の大掃除になるかもしれませんから、 平成の思い出の整理もまとめてやってみるのはいかがでしょう。 僕はきっと、ギリギリまで大掃除はしないんだろうなぁと思います(笑) それでは、また! アコースティックギター Fri, 07 Dec 2018 13:05:22 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 初めまして!林隆宏コーチです! http://cyta.jp/aguitar/b/86159 <br>みなさん、こんにちは(^-^) 神戸で「シリカ」というバンドのボーカルギターを担当しています、林隆宏コーチです!! 何かを始める時に感じるワクワク感やドキドキ感ってありますよね?同時に緊張感もうまれてくるはず。レッスンともなればなおさらです。 最初のその両方の気持ちがとても大切だと僕は思っています。 ギターレッスンを通してその大切な気持ちを僕と一緒に高めていきましょう(^-^)!! そしてあなたの生活がギターや、音楽の力で少しでも華やかなものになることを願っています。 「憧れのあの人みたいにギターが弾けるようになりたい」 「アニメの曲を弾いてみたい」 「作曲ってどうやるのか学んでみたい」 なとなど。。。 最初に簡単な目標があると、レッスンとあなたのギタースキルはアップします! 僕はその目標を生徒のあなたと共有し、高めて行くことを約束します。 僕が独学15年以上学んできた、他にはないギターレッスンがここにはありますよ(^-^)!! アコースティックギター Thu, 06 Dec 2018 12:57:02 +0900 アコースティックギター教室::林隆宏のアコースティックギター教室 林 隆宏 オリオン〜オリジナル曲 http://cyta.jp/aguitar/b/86026 <br>僕のオリジナル曲「オリオン」 Lyrics & Music by ふじき Arranged by Ichikicks Produced by Ichikicks Mastering Engineer Ryuo をUSEN に応募していたのですが、MUSIC TANKで4週間流してもらえるようになりました さらにパワープッシュに選ばれると注目曲として全国の街中や店内放送で流れます 頑張ります (^ω^) 「MUSIC TANK セレクション」チャンネルでも配信されることが決定しました。 配信開始日:11月30日(金)より順次配信 ※配信期間は4週間前後を予定しております ▼配信アプリ 「SMART USEN」 http://smart.usen.com/ 「USEN550ch×HMV」 http://www.hmv.co.jp/usen/ ▼配信チャンネル 「MUSIC TANK セレクション」http://smart.usen.com/ch02501/ セレクションチャンネルでは、MUSIC TANKにご応募いただいた楽曲の中から選りすぐりの楽曲をまとめてお送りします。 ----------------------- 株式会社U-NEXT MUSIC TANK運用チーム http://mt.usen.com/ https://youtu.be/w1_0uItC25Y アコースティックギター Sat, 01 Dec 2018 07:27:48 +0900 アコースティックギター教室::ふじきの弾き語りレッスン ふじき 【愛好家向け】幻の高級材、ハカランダ #1 「ハカランダwiki」 http://cyta.jp/aguitar/b/85980 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターよりも、特にアコースティックギターが好きな方は材料の話大好きですよね。その中でも幻の材料となってしまったハカランダという木についてのお話を、2回に分けて書いていこうと思います。 ◆<u>幻の高級材、ハカランダ</u>◆ 知らない方のために言いますが、ギターは使う材料によって音色が変わります。中でもアコースティックギターとクラシックギターは材料の種類が非常に多く、当然メーカーや製作家がどんな風に作っているかでもまた変わります。表面は大抵白っぽい (黄色っぽい)スプルースと呼ばれる木を使いますが、横と裏の板の種類は本当に色々あります。中でももっとも多く使われているのはローズウッドとマホガニーのどちらかです。 今日、ご紹介するのは<u>ローズウッドの中でも最高級と言われているブラジリアン・ローズウッド (別名:ハカランダ)について</u>です。この木は特定の条件下でしか育たない銘木で、虫食いやバイ菌に強いなどの理由から建物や高級家具で昔から重宝されてきたそうです。 現在ギターに使われる材料の多くは絶滅危惧種保護の観点からワシントン条約による規制で伐採は禁止、日本では経産省の許可なく輸出入もできないと言われています (許可はなかなか下りない)。なのでもともと高級だったものに希少価値が付き、人件費なども重なってとんでもない金額になっています。故に幻なのです。 ◆<u>そんなに良いなら、ハカランダのギターを買いたい!</u>◆ ハカランダで作ったギターは100万円以下のものから500万円以上するものまで、プライスレンジが異常に広いです。というのも、このハカランダという名前にはややカラクリがあります。平たく言うと、必ずしも<font color=red>ブラジリアン・ローズウッド=ハカランダではない</font>という事です。 ハカランダは、<u>狭義にはブラジリアン・ローズウッドのみを指していますが、広義には"中南米産のローズウッド"の総称でもある</u>んです。ブラジリアン・ローズウッドは最も希少価値が高く入手困難とされています。最近はハカランダとの区別化をはかって丁寧に"ブラジリアン・ローズウッド"とスペック表に書いてあり、しかも下手な職人には扱えないので大抵は大手メーカーや腕利きの個人製作家の作品で値段も200〜300万円かそれ以上するものもあります。 もちろん中南米産のローズウッドが悪いワケではありませんが、中南米産の方はグレードがまちまちで、100万円以下のギターもありますが高くても200万円くらいが相場だと思います。 なので、スペック表に"ハカランダ"と書いてあるか"ブラジリアン・ローズウッド"と書いてあるかで実は全然種類が異なるという事です。 ◆<u>どんな音がする?</u>◆ 一般的な認識としては1音1音がハッキリと輪郭を持った高解像度の<u>クリアな音</u>です。かたい音と表現されることもあります。箱の底から響く低音と、倍音成分が多く金属的な<u>キラキラした高音</u>が特徴です。これはブラジリアン・ローズウッドや中南米産に限らず、マダガスカル・ローズウッド、カンボジアン・ローズウッド、インディアン・ローズウッド等も含めてローズウッド全般の特徴でもあります。ところが、作り手によって音色は本当に大きく変わるので、あまり<font color=red>材料信者にならない方が良い</font>と思います。 いかがでしたか?余談中の余談ですが、僕のアコースティックギターはマダガスカル・ローズウッドと呼ばれる木を使用したモデルですが、決め手は材料ではなくブレーシング構造 (作り方)による音の瞬発力と音量でした。<font color=red>ギターの音色はブレーシングと塗装で決まる</font>という持論はいずれお話ししますが、ローズウッドの木目はどれもシビれるほど美しいなとため息がでます。はぁ…。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ レッスンカレンダー: https://midville.jimdo.com/schedules/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Thu, 29 Nov 2018 00:06:37 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 音楽環境! http://cyta.jp/aguitar/b/85868 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/11/24/49764/120.jpg" alt="" /><br>これで音楽環境はバッチリ<img src="/p/common/emoji/f3ee.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>️ いまヘビロテで聴いてるのが... 米津玄師...この人の作る曲は 僕みたいな年寄りでも響きます(笑) Lemon のAメロ最高です。 歌謡曲の雰囲気もあります。 dmi の使い方が効いてます<img src="/p/common/emoji/f3ee.gif" alt="" border="0" class="emoji"/>️ アコースティックギター Sat, 24 Nov 2018 21:38:38 +0900 アコースティックギター教室::ふじきの弾き語りレッスン ふじき 【経験者向け】音楽をしているなら英語を勉強しろ http://cyta.jp/aguitar/b/85696 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思っていました。CDが売れない、音楽で食えないと嘆く人も多いみたいですが、国内にしかマーケットがない事自体が問題で、こんな鎖国のような状態では行き詰まるのも当然ですよね。かと言って僕もミュージシャンとして大成功したワケではありませんが、YouTubeやSoundBlogで曲名や説明文などは必ず日本語と英語の両方の記載をし、日本の外に住んでいる人でもキャッチしやすいように心がけています。なので僕も 日 々 勉 強 中 なのです。今はギター講師以外にも他の人の歌詞や宣伝文を英語で作ったりするのをサービスの一環でやっていますので (趣旨のよく分からない依頼も時々ありますが…)、そんな風潮が少しずつ広がって賛同者が増えれば日本の音楽はもっと広がるのかな〜と甘い夢を描いています。中には英語版にする事でYouTubeの動画再生回数を向上させた方もいらっしゃいます。とまぁ、そんな具合に、どんどん音楽と語学を結びつけていけば良いんです。 ◆<u>なぜ音楽をしている人は英語を勉強すべき?</u>◆ 単純に、<font color=red>耳が良いから</font>です。耳が良いという事はすなわち、言葉を"音"として聴いた時に、音感を頼りにして発音の練習ができるのです。これは本当に強いアドバンテージです。モノマネ芸人に歌が上手い人が多いのは、声と音感のコントロールに慣れているからです。だったらボーカリストの方にも同じ事が言えるワケで、英語を習得しやすい傾向があると言えるでしょう。 別に歌のプロでなくとも、歌が好きでよくカラオケに行く人は結構たくさんいるんじゃないでしょうか?そういう人も含めて語学の習得はオススメです。 ◆<u>実は英語がペラペラな人たち</u>◆ もうずいぶん前の話ですが、元ジャニーズで元KAT-TUNの<u>赤西 仁</u>さんがアメリカに渡ってしばらくしてから彼が英語のインタビューに答えているのをYouTubeでみました。かなり自然な英語だったのを覚えています。 一番有名なのは<u>Gackt</u>さんやB'zの<u>稲葉 浩志</u>さんですかね。Hi-Standrd (ハイスタンダード)の<u>Ken Yokoyama (ケン・ヨコヤマ)</u>さんやONE OK ROCK (ワン・オク・ロック)のボーカル<u>Taka</u>さんは英語で歌っていますし、実際に英会話も得意だそうです。RADWIMPS (ラッドウィンプス)のボーカル<u>野田 洋次郎</u>さんも帰国子女なのでペラペラなんだそうですね。…と挙げていくと実は結構多いんです、イングリッシュスピーカーのミュージシャン。 ◆<u>そもそも英語は話せた方が良いのか?</u>◆ 人にもよりますが、英語が話せると単純に<u>選択肢は広がります</u>よね。日本人は1億人程度ですが (しかもこれから減ってく)、世界に英語話者 (非ネイティブ含めて)はその15倍くらいはいるはずなんです。超ザックリした計算で恐縮ですが、日本語で歌っても鑑賞者は最大1億人、<font color=red>英語で歌えばその15倍</font>には広がります。(正確な数字は自分で調べてください。) 日本に在る素晴らしい音楽の世界観を外国に発信するにはどうしても語学が必要です。そうなると手始めに英語があったら便利ですよね (まぁ、別に中国語やスペイン語でも良いんですが)。 日本は音楽も宗教も民族も、なんでも受け入れている素晴らしい国ですが、そろそろそこから吸収したものを色々アウトプットし逆輸出すべきだと思います。 ◆<u>ところでなぜ日本人は英語が話せないの?</u>◆ これについては色々な意見があり、日常会話程度の英会話しかできない僕が偉そうに言えた立場ではないのですが、やっぱり"話す練習"を極端にしなさすぎるところに原因があると思います。海外に行っても、最初の2〜3日は思うように言葉が出てこないので、やっぱり日頃から話している方が良いなぁ、と思う次第です。以上です。 いかがでしたか?…………..なんだか、説教くさい記事になってしまいましたね (そんなつもり毛頭ありませんが)。プロ講師やプロミュージシャンの皆さんがこれを読んでいたら、「<i><font size=5>んなヒマねーよ!!</font></i>」とお叱りを受けそうです、すみません、分かってます。だからこそ、僕はそのサポートに回っているのです。 実は学生時代に数年間、教育業界でアルバイトをしていた経験があります。 高校受験〜大学受験に対応した英語と歴史 (高校は世界史)の講師をしていました。職場には学校の先生や教師の卵もいっぱいいたので、彼らがいかに頑張っているかも結構目の当たりにしています。だから学校教育が悪いとはあまり思っていません。結局はやる個人の問題が大部分だと思っています。いずれにせよ日本語と英語の自動翻訳機の誕生にはまだまだ時間がかかるでしょうから、知っておいて損はありません。さて、今日もレッスン行ってきます。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ レッスンカレンダー: https://midville.jimdo.com/schedules/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Sat, 17 Nov 2018 15:52:38 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 ギターの音の違いは「弦を弾く方の手」がポイント http://cyta.jp/aguitar/b/85611 <br>こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ギターを始めるとたくさんのことに気が付きますよね。 ・コードの押さえ方 ・ギターの音が鳴る仕組み ・ギターの種類 などなど。 この中でも「ギターの音が鳴る仕組み」というのが、なかなかクセモノになることがあります。 弦を押さえる手と、弦を弾く手の両方がそれぞれ適度に動くことによってギターが良い感じに鳴っていくということです。 慣れてくればもちろん自然なことなのですが、ギターを始めてまだ経験が浅いうちはそこがちょっと大変だったりもします。 弦を押さえる手に意識が集中して、弦を弾く方の手が疎かになりがちです。 最初はそれも仕方ないことだと思いますが、コードを押さえられるようになってくると感じるのです。 「同じコードを弾いていても鳴ってる音がなんか違うかも?」 もしこんな風に思ったら、原因は「弦を弾く方の手」にあるかもしれません。 ある程度しっかりと弦を押さえることができていればそちらの手ではほぼ音に影響はありません。 (弦に手や肌が触れてしまってビビりがなくなる程度) 後はその弦を「どう弾くか」ということにかかってきます。 というよりも、 【ギターをどう鳴らすか】 ということですね。 弦を弾く、と言っても意外といろいろな要素があります。 例えば、 ・ブリッジかネックに近い方で弾くか ・低音弦を強めに鳴らすかどうか ・ストロークなら弦へのピックの当て方 などなど。 こういった直接的な要因で「ギターの音」というのは変化することが多いです。 僕の中では、その辺がギターの良さや上手さに繋がっているような気がしています。 なので、 コードが押さえられるようになってきたら弦を弾く方の手に意識を集中させてみるのも良いかと思います。 ジャラーンと鳴らすのか、 ジャンッと鳴らすのか。 低音をしっかり鳴らすのか、 高音を強めに鳴らすのか。 弦を弾く位置でも結構印象を変えることができますのでたくさん試してみると良いと思います。 例えば。 音量をしっかり出したければ、 「サウンドホールの真ん中辺り」 で弦を弾くのが良いと思います。 なぜかと言うと弦を弾いたときの【弦の振動が大きい】からです。 (なんとなく表現に語弊があるかもしれませんが…) この辺はちょっと理科っぽい話になりますね。 しかしながら、比べてもらえればわかるかと思います。 サウンドホールの真ん中辺りを弾いたときと、ブリッジの近くを弾いたときの音を。 サウンドホールの真ん中辺りを弾いたときの方が、 サスティーン(音の伸び)があると思います。 ブリッジの近くを弾いたときの方が、 少し乾いた感じの固めの音が出ると思います。 感じ方は人それぞれかと思いますが、それくらい音に差が出るものということを感じてもらえればよいかと思います。 くどくなってしまいましたが、まとめましょう。 「同じコードを弾いていても鳴ってる音がなんか違うかも?」 と感じるようになったら、 「弦を弾く方の手」 に意識を向けて、弦を弾く位置や強さなどを変えてみる。 これをゆっくりでも試していくことでギターの表現力がアップしていくと思います。 弦の鳴らし方が素敵だなぁと思う方を見かけると、 「ギターが上手い人だ!」と強く思います。 それくらい、その人の個性が現れるのも弦を鳴らす方の手だと思っています。 弦を押さえるのもたしかに大変ですが、慣れてきた人はもう一方の手への意識を改めて高めてみてはいかがでしょうか? 今よりも素敵な音が出せる参考になりますよう! それでは、また! アコースティックギター Wed, 14 Nov 2018 00:00:59 +0900 アコースティックギター教室::初心者歓迎 ハマるアコギ講座  安部 真純 【初心者/経験者向け】ライブには出た方が良い http://cyta.jp/aguitar/b/85595 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出るキッカケになれば幸いです。 ◆<u>ライブはどこで出られる?</u>◆ 探してみると案外近くのバーでも定期的なオープンマイクイベントをやっているものです。せっかくギターを習っているのですから、新しいことに挑戦するのも良いと思うんです。不定期開催予定の発表会の、良い予行練習にもなると思いますよ。 ◆<u>オーディエンスはあなたの味方</u>◆ 恥をかきたくないからライブに出たくないという方には特に伝えたい事があるのですが、基本的に<u>オーディエンス (聴衆)は皆さんの味方</u>であり、音を外そうが弦が切れようが笑い飛ばしてくれる"仲間"です。審査員でもなければ親の仇でもありません。上手くいかなかったからといって後からクヨクヨ悩む必要などないのです。共通の好きな事で盛り上がれるコミュニティを作ることは、最高に恵まれていると思いますよ。 ◆<u>大丈夫、誰も聴いてませんよ、あなたの演奏…</u>◆ 少し特殊な考え方ですが、人前に出る事を楽にする方法があります。緊張している人に対して緊張するなと言うのは無理な話ですが、”<font color=red>自分の演奏なんか誰も聴いてない</font>"と思いながらステージに立つのはどうでしょうか?極度の緊張で心に余裕のない人にはこの心構えが効果的だと感じます。 話は少し変わりますが、YouTubeやSNSで爆発的に再生回数やシェアが伸びることをバズると言うそうです。(←最近知った) 偶発的に起こった現象については①ユーモラス (ユーモアのある内容)であること、②共感性の高い内容であることのほかに③投稿者に拡散の意図が薄いという共通事項があるのだそうです。"偶発的"と言っているのでそれは当たり前と言えば当たり前なんですが、要は"どうこれ!面白いでしょう!"というひけらかし感があると例え画面越しであってもスベる傾向にあるという事です。ならば画面越しでないライブでは当然ダイレクトに伝わります。演者が緊張しているとオーディエンスも緊張しますし、演者がドヤ顔だとオーディエンスは引きます。なので、リラックスしてギターを楽しんでいる姿が一番自然なのですが、緊張した心を無理矢理にでも落ち着かせるには”ど自分の演奏なんか誰も聴いてない”と思いながら弾く事です。<font color=red>オーディエンスが見たいのは、あなたが楽しんでいる姿です</font>。演奏の良し悪しを気にしているのは演者だけです。 いかがでしたか? 皆さんの演奏活動のキッカケになれるよう、何か1つでも参考になれば幸いです。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ レッスンカレンダー: https://midville.jimdo.com/schedules/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Tue, 13 Nov 2018 10:49:42 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 私事ですが、 http://cyta.jp/aguitar/b/85468 <br>こんにちは、谷口です。 遅ればせながら、自己紹介として、私が創作した楽曲が視聴できるYoutubeチャンネルをお知らせします。 <a href="https://m.youtube.com/channel/UCFPpbrdmw_JgsJNgibxsh0w">伊勢也日向official Youtubeチャンネル</a> 「伊勢也日向」という名義で、ソロミュージシャンとして活動しています。 かつては、東京のライブハウスでライブ活動をしたり、作家としてコンペに参加していました。 創作活動を通して、音楽を理解してきた経験を、受講者の皆さんにもお伝えできればと思っています。 今後とも、ロジカルアコースティックギター講座を宜しくお願いします。 アコースティックギター Thu, 08 Nov 2018 15:42:56 +0900 アコースティックギター教室::ロジカルアコースティックギター講座 谷口 渚 ポールマッカートニーとマーチンD─28 http://cyta.jp/aguitar/b/85447 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/11/7/49446/120.jpg" alt="" /><br>ポールマッカートニーの来日公演、観に行かれた方、如何でしたか? また次の機会にと、自分はまたパスしてしまいました。  ビートルズのメンバーはもうポールとリンゴしかいません。 リンゴはドラムを叩くといっても、ライブでステージをフルに叩き続けるドラマーというよりも、シンガー兼ドラマーといってもいい感があります。 ポールは新譜を出し続け、ツアーもやり、ギタリスト(勿論ベースも)としても現役、来日公演で新譜を披露するなんて、若手のロックミュージシャンみたいで本当に格好いいです。憧れます! しかし、やはり生で観てみたいのは、新曲もさることながら、ポールマッカートニーがビートルズ時代から大切に弾き続けている、マーチンD─28(サイドバック ハカランダ単板)をギター弾き語りのツーフィンガースタイルでの「ブラックバード」や「マザーネイチャーズサン」等、ポールが20代に作った曲ですね。この人のアコギ、本当にヤバいですよ! ホワイトアルバムが発表されて今年で50年、そしてその中に収録されている曲を2018年に来日公演で披露するなんて信じられないし、マーチンD28を大切に弾き続けているポールマッカートニーがいつも素敵です。 アコースティックギター Wed, 07 Nov 2018 15:12:42 +0900 アコースティックギター教室::吉澤秀人のアコースティックギター教室 吉澤 秀人 【初心者/経験者向け】ピックのアレコレ #1「我々はただの消耗品じゃない」 http://cyta.jp/aguitar/b/85425 <br>ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕はソロギターが下地にあるのでライブでは爪でギターを弾きますが、ピックに関しては少し収集癖があり、様々なものを使ってきました。ただのプラスチックのヘラにすぎないのに、どうしてこんなに奥が深いのか?といつも考えさせられます。この1枚を作るのに色々な工夫やアイデアがあるのだと思うと、それはそれで面白いなと感じるのです。少し奥行きのあるお話なので数回に分けていこうと思います。今回のテーマは「我々はただの消耗品じゃない」です。 ◆<u>ピックを変えると何が変わる?大きさや厚みの意味は?</u>◆ ピックが変わるとまず<font color=red>音が変わります</font>。でもこの違いは大阪弁と京都弁を比べているくらいのわずかな差です。つまり北海道の人から見ればどちらも同じように聞こえるが、和歌山の人から見ればこっちが京都かな〜?くらいの差です。 また、ピックには絶対的に良いとされるものはありません。3,000円のピックをも100円のピックも、弾き手との相性が全て。なので<u>ピックの大きさや厚みに関しては色々使ってみて自分がシックリくるものを選ぶと良い</u>と思います。ギターの弦を変えたり、ナットやサドルの素材を変えたりするよりも、ピックを変えた時の音の違いの方が分かりやすいし安上がりです。 ◆<u>メーカーやシリーズで、具体的に何が違う?</u>◆ 価格やデザインも異なりますが、もっと平たく言うなら<font color=red>素材</font>です。一見するとただのプラスチックですが、中には演奏性の高いもの、音色に特化したもの、強度に優れたものなど、非常〜〜に様々です。楽器店の店員さんの中には詳しい人も結構いますが、ピックのセールスを頑張っても単価100円かそこらなので、時間を割いてアレコレ教えてくれる事はあまりないでしょう。(仲が良ければ別ですが。) 日本を誇るピックメーカーPICK BOYや、アメリカ最大手のJim Dunlop (ジム・ダンロップ)なんかはどこに行っても置いてあるでしょう。 ◆<u>中村先生の使用ピック</u>◆ レッスンやライブでピックを使わなければならない時しか使いませんが、下記は僕が今まで使った中で相性がよかったものです。参考になるかわかりませんが、念のため書いておきます。 ・<u>Fred Kelly (フレッド・ケリー) / Bumblebee (バンブルビー) JAZZ型 MEDIUM</u>:サムピック(親指用)は、親指とピックの先端の距離が長いためどれも使いにくかったんですが、これは距離を多少変えられるので、コード弾き、単音弾き、ギャロッピングからソロギターまで全部対応してくれます。 ・<u>Master 8 (マスター・エイト) / INFINIX (インフィニックス) JAZZ型 0.88mm</u>:メーカーの方がプッシュするので騙されたと思って買ってみたらすんごい良かったピック。最近ではレッスンでこればかり使っています。ガット (クラシック)ギターを弾く事が多いのですが、ナイロン弦はツルツルと滑ってピックで弾きにくいので吸い付きの良いINFINIXを気付けば愛用していました。 いかがですか?少し興味を持たれた方は楽器店に行ってピックをいろいろ選んでみるのもいいかもしれません。消耗品ですのでまとめ買いもオススメです。 Hiro Nakamura お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応) サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/ レッスンカレンダー: https://midville.jimdo.com/schedules/ サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud) TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market) 公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service) アコースティックギター Tue, 06 Nov 2018 20:38:23 +0900 アコースティックギター教室::大阪市出張ギター・ウクレレレッスン 中村 康宏 好きな曲を弾き語りで歌おう!! http://cyta.jp/aguitar/b/85347 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/11/3/49346/120.jpg" alt="" /><br>ギターの弾き語りは、 最小限で音楽を伝えられるスタイルと言えます。 ギター弾きながら歌をうたうことは、 非常に楽しいです。 コードを弾くことで、ルートとなるベースも弾きことになります。 それに左手でいろんなコードストローク、カッティング、アルペジオなど、 いろんな奏法があって、リズムを刻むことが出来ます。 バンドで言うところの、鍵盤やエレキなどのコード。 ドラムのリズム、ベースとすべての楽器をアコギ1本で網羅できます。 もちろん、ギターでそれなりに弾けるようになるには練習が必要です。 またギターを弾くこと プラス  歌を歌う、ことは 初心者の人にとっては難しいですね。 ただ、それが達成できた時の喜びはかけがえのないものです。 あなたの好きな曲を教えてください。 それをマスターできるように、根気よくレッスンさせて頂きます。 1曲マスターできると、他の曲も案外簡単にできるようになります。 家族や友人、ライブなどで、披露できればいいですね。 アコースティックギター Sat, 03 Nov 2018 17:05:33 +0900 アコースティックギター教室::アコギを弾きながら好きな曲を歌おう 田村 信二