パーカッション::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのパーカッションの講師がブログを通じて、パーカッション情報を発信! #7 (8/24)「ドラムとパーカッション♪」 http://cyta.jp/percussion/b/83173 <br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチ(講師)の金澤です♪ ドラムスクールは長年の経験や努力により生徒さんも増え良い感じですが、新しく始めたこのパーカッションはまた新人なのか、スクールとしてはなかなか難しいです…(^_^;) 最近はブログもサボってました。ぼちぼち気合いを入れないと。 パーカッション Fri, 24 Aug 2018 10:34:39 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 #6 (7/17) 「オリジナル・カホン♪」 http://cyta.jp/percussion/b/82061 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/17/46402/120.jpg" alt="" /><br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチの金澤です♪ 前回紹介しましたラテン・パーカッション、カホン。 元はワインケースを叩いてフラメンコ・リズム等、ドラムセット的なリズムというよりタップを刻んでいたのが始まり。 現在は色んな打楽器メーカーから様々な素材や種類のカホンが出ていますが、今回自分で組み立てるカホンを手に入れたので試しに作ってみようと思いました♪ (画像参照) まるでピザの宅配のような箱(^_^;)、本当に板の状態で入って届きます(^_^) 素材はバーチ(カバ)で、各国の言葉が書いてある説明書を見ながら組み立てて行きますが、写真と文章がイマイチ合ってなかったりと(さすが海外もの…)、このままでは苦労するのでネットの情報等を見ながら作ってます。 切る工程はありませんが、組み立てた後に平面をヤスリで平らにする必要があります。今は打面側を取り付けする前にスナッピーを付ける所です。 表面加工がされてないので好きなイラストやペイント等、オリジナルのデザインが作れます。私は書かずすに側面を少し彫ってみようかなと考えてます。まぁ夜中にしか出来ないので全く完成が見えないですが(^_^;) もう少し進んだら続きをレポしますが、自身のスクールでもカホン作りセミナー♪が出来たらなと思いました(^_^)/ パーカッション Tue, 17 Jul 2018 01:42:39 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 #5 (7/10) 「手作り♪」 http://cyta.jp/percussion/b/81890 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/7/10/46286/120.jpg" alt="" /><br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチの金澤です♪ 暑くなってきましたが、夏こそラテンのシーズン♪ 陽気なリズムで楽しくパーカッションを学びましょう(^_^)/ 近年、パーカッションの代表的な楽器はカホンですが、何と組み立て式のカホンを発見したので試しに購入してみました(^_^)/ (画像参照) イタリアのシンバルメーカー「マイネル」のカホンで、一から自分で組み立ててカラーもオリジナルにアレンジ出来る工作のようなカホンです。 国内にも似たような所は沢山ありますが、まずは自分で試してみようと思い選んでみました。 海外サイトには子供達が楽しそうに作っているムービーもあり、上手く行けば私のスクールでも夏の工作イベントが出来そうです♪ また出来上がったらアップしたいと思います(^_^) パーカッション Tue, 10 Jul 2018 16:13:52 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 #4 (6/26) 「パーカッションと言えば♪」 http://cyta.jp/percussion/b/81485 <br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチの金澤です♪ パーカッションと言えば~、 実は色んな意味合いがあって、よく誤解されます(^_^;) このスクールのパーカッションは、ラテン・パーカッションの事を言ってますが、他にもパーカッションという言葉を使われてます。例えば~ 吹奏楽の打楽器パートをパーカッションと言い、 マーチングでも打楽器パートはパーカッションです。 つまり、打楽器=パーカッションなので間違いではありませんが、たまにこのスクールの体験でティンパニーとか、シロフォンを習いたい…と言われる方がおられます(^_^;)。 写真や習えるパーカッションの項目にも書いてあるんですが、時々誤解される時があります。 と言う事で、暖かくなれば音楽はラテンのシーズン♪ 陽気なリズムを学んで楽しくラテン・パーカッションを学びましょう(^_^)/ パーカッション Tue, 26 Jun 2018 00:25:21 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 #3 (6/9) 「世界のパーカッション♪」 http://cyta.jp/percussion/b/81055 <br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチの金澤です♪ パーカッションはどの楽器より種類が多く、国や地域によって特徴があります。 覚えるのに時間はかかりますが、ネットで便利なサイトがあるので紹介致します。 ↓ http://www.fairysite.com/other/worldpercussion/ ここは世界中様々なパーカッションの音が聴けるので初めての方は本当に勉強になると思います♪ パーカッション Sat, 09 Jun 2018 13:01:01 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 #2 (6/1) 「コンガ♪」 http://cyta.jp/percussion/b/80795 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2018/6/1/45541/120.jpg" alt="" /><br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチ(講師)の金澤です♪ パーカッションのブログはドラムと違い、ゆっくり気長に更新して行きたいと思います。 今回はスクール写真でも使った楽器=コンガについて。 (画像参照) コンガは①のように胴部分が長いのが特徴ですが、私が使用したコンガは胴がありません。 コンパクトに設計された持ち運びに便利なPearlの「トラベル・コンガ」です。 同じようなコンガに、有名海外パーカッション・メーカーのLPからも「コンパクト・コンガ」が出ています②。これは私も持っていて、ボルト等の凹凸が無くリュック等にも入るので録音やライヴ等に便利なコンガです。 コンガは3大ラテン(ブラジル、キューバ、アフリカ)の中でキューバの楽器です。 キューバ音楽は陽気なラテン音楽。分かりやすく言えばよく「カルディ」で流れている音楽です(^_^;)♪ サルサ、ルンバ、チャチャ、マンボ、ソン、ソンゴ等々、ダンスでも有名。 なのでアフリカやブラジル音楽にコンガは出てきません。「アフリカン・シンフォニー(吹奏楽の曲)」でコンガやボンゴなんてもはや意味不明なんです…(^_^;) ちなみに、コンガは大きさによって名称が違います。皆がよく見るコンガの小さい方は"キント"と言い、大きい方が"コンガ"と言います(もう1つ大きいのもあります)。 そんなコンガ。叩き方はレッスンで~♪ パーカッション Fri, 01 Jun 2018 01:50:18 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 #1 (5/24) 「開校~♪」 http://cyta.jp/percussion/b/80525 <br>おはようございます、ドラム&パーカッション・コーチ(講師)の金澤です♪ 私はCytaドラム講師を10年近くしており、講師としての経験は25年以上になります。 この度、新たにパーカッションのスクールを開校させていただきました(^_^)/ パーカッション=打楽器ですが、ジャンルによっての言い方があり、吹奏楽の打楽器全般をパーカッションとも言い、マーチングでの打楽器全般もパーカッションと言います。 私のスクールで教えるパーカッションとは、主にラテン楽器を中心としたパーカッションです。マリンバやティンパニーではありません(^_^;) 普段バンドでドラムをしている人もアコースティック・バンドでパーカッションが演奏出来たらな~と思っている方もいるはず。パーカッションが出来ると楽しく面白いです♪ あ、ちなみにドラムのスクールページはこちら♪ http://Kanazawa.cyta.jp 会場は現在パーカッションがある十三と天満のみ登録してますが、今後幅を広げて行く予定です。 パーカッションをお持ちの方ならドラムと同会場でレッスンが可能てす(^_^)/ パーカッション Thu, 24 May 2018 03:45:42 +0900 パーカッション教室::kanazawa Percussion 金澤 佳幸 シンバル名に関する豆知識 http://cyta.jp/percussion/b/63719 <br>【シンバル豆知識 ①】 Zildjian(ジルジャン): オスマントルコ時代、 アヴェディス1世は錬金術研究の過程で独特の金属配合法を発見。 その功績を讃えられ、 オスマントルコ皇帝よりZildjian Zil=シンバルdji=職人ian=息子の称号を受けた。 それが、Zildjianシンバルの始まり。 【シンバル豆知識 ②】 SABIAN(セイビアン): SABIANはZildjianのカナダ工場が独立したブランド。 初代のロバート・ジルジャンは、 3人の子供たちの名前 (Sally、Billy、Andy)の頭2文字を取って、その新ブランドをSABIANと名づける。 パーカッション Thu, 09 Jun 2016 14:12:28 +0900 パーカッション教室::Smile Percussion School 立花 朝人 ジャンベの重さを量ってみました。 http://cyta.jp/percussion/b/56698 <br>今まで自分のジャンベの重さをちゃんと量ったことが無く、 「大体6キロ強くらい」だと思っていました。 しかし、講師になってから自分のジャンベの重さを聞かれたら正確に回答出来るようにしておきたいと思い、体重計に乗せてみました。 すると、、、重さはなんと7.8キロ(ヘッドカバー含む)もありました! ジャンベ用に買った折りたたみイス(本当は絵描き用のイスなのですが) は重さ1.2キロで、 合計9キロの荷物をいつも持ち歩いていたんですね、私、、、、 まあパーカッション用ケースに入れず、剥き身で肩に担いで歩いていたので、あまり重さを感じなかったのでしょう。 しかし、楽器ワンセットで9キロなら軽いほうでしょう。 ギターなら本体+アンプ+エフェクター+ケーブルなどで軽く10キロを超えます。 (まあ私の所持しているアンプはかなり軽いほうですが) やっぱり気軽にジャムセッションに参加するならジャンベが一番持ち運びが楽ですね。 マイクを立てなくても、ドラムセットに負けないくらいの音量は出せます。 因みに、レッスンのイメージに記載しているジュニアサイズのジャンベは 人差し指と親指だけで持ち上げられるほど軽いです。 体験レッスンでは本物のジャンベを生徒さんに使っていただき、小さいほうのジャンベは私が使うことが多いです。 夏はジャンベの季節です! 是非体験レッスンにいらしてください! それではまた! パーカッション Sun, 12 Jul 2015 18:19:13 +0900 パーカッション教室::フリースタイルジャンベ講座studioD DOCTOR 「シタール」と「タブラ」 http://cyta.jp/percussion/b/56198 <br>おはようございます。こんにちは。こんばんは。 タブラ教室講師の大澤です。 今日はインドの打楽器「タブラ」と弦楽器「シタール」について少しお話しできればと思います。 みなさん「シタール」という弦楽器はご存知でしょうか? ビートルズのジョージハリソンが楽曲に使用したことで一躍有名になり、その旋律の美しさから多くのファンがいる楽器だと思います。 インドでは非常に馴染みの深い楽器で、タブラとセットで演奏することが多く、この二つが組み合わさってこそ、インド古典音楽の醍醐味かと。 インド古典演奏では、「ラーガ」と「ターラ」という考え方があり、要約するとラーガが旋律の決まりごと。ターラがリズムの決まりごと。のようなものだと思っていただければお話ししやすいかと。 ラーガとターラ。タブラとシタール。旋律とリズムが複雑に絡み合い、美しい音楽を奏でるインド古典音楽の扉を開けてみては如何でしょうか? 最後にジョージハリソンのシタールの師、ラビ・シャンカールとタブラのアラ・ラカの演奏を。古い動画ですがお時間ある方は是非! https://www.youtube.com/watch?v=4gWCiLexilY&index=87&list=LLonsXVNdWgFeDZb01EzRRpg パーカッション Wed, 24 Jun 2015 10:12:03 +0900 パーカッション教室::タブラ教室 大澤 道 ライブのお知らせ! http://cyta.jp/percussion/b/55327 <br>だんだんと暑い日がきますね! 冷房は高めの温度で設定しましょう(^.^) 突然ですが、ライブのお知らせです! Fester's Live 蔵の音 6月6日(土) open 12時30分 start 13時00分 蔵の音 (越谷駅 徒歩7分) 1,500円 山瀬哲郎 (パーカッション) 近藤紀代子 (ピアノ) 神立智志 (ベース) お問い合わせ perc.tetsu@gmail.com ジャズ、ラテン、歌謡曲等の色んなジャンルを演奏いたします。 是非!ごらいじょうください(^.^) パーカッション Sun, 24 May 2015 12:36:00 +0900 パーカッション教室::YMSパーカッションスクール 山瀬 哲郎 タブラ言葉 http://cyta.jp/percussion/b/54796 <br>おはようございます。こんにちは。こんばんは。 タブラ教室講師の大澤です。 今回は実際のレッスンの進め方についてお話していきます。 まず、タブラ楽器本体、に関してですが、当方にて用意させていただきます。 日本でタブラという打楽器は大変珍しく、本物のタブラと接する機会は多くないと思います。 本物のタブラの音を聞いておけば楽器を手に入れる時に迷いが少し減るかもしれません。 では、音の出し方ですが基本的なリズムから進めます。本来口承で教えるべきなのでしょうが、まずはノートとペンを用意していただいて、1音ずつしっかりノートに書きながら進めていく方法を取ろうと考えています。 もちろん生徒さんと、話し合いながら生徒さんにあった進め方を一緒に探していければと思います。 また、チューニングが特殊な楽器ですので、タブラのチューニングでお悩みの方も一緒に悩みを解決しましょう。 基本的には初心者向けのレッスンになりますが、経験者の方も一度ご連絡を頂ければと思います。 よろしくお願いいたします:D 最後に実際のタブラ言語を口唱しているURLを添付しときます。 https://www.youtube.com/watch?v=5k_XtRS7NDQ&index=3&list=FLonsXVNdWgFeDZb01EzRRpg お時間ある方はぜひ:D パーカッション Fri, 08 May 2015 22:13:11 +0900 パーカッション教室::タブラ教室 大澤 道 レッスン再開 http://cyta.jp/percussion/b/54248 <br>一時停止していたレッスンを再開致しました。 お気軽にご連絡下さい。 パーカッション Wed, 22 Apr 2015 19:33:08 +0900 パーカッション教室::かの子のドラムパーカッション教室 松川 かの子 ハードな楽器演奏をする奏者注目です!! http://cyta.jp/percussion/b/53409 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2015/3/29/24786/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2015/3/29/24787/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2015/3/29/24788/120.jpg" alt="" /><br>今回紹介するのは! 我らがオウテク!(audio technica) ATH-AX5 です! (私はオウテクの回し者ではありません、ただの機材オタクです。念のため) 音はフラットかつシャープ(ローエンド以外) 洗練されたフォルム そして、いつものことですが非常にお手頃な価格 なぜこの製品をプッシュするかというと、 今まで使った数十のヘッドフォンの中で最も安定した固定感を 有していたからです。 家電店のヘッドフォン試聴コーナーで、頭を縦にブンブン振っても まったく外れませんでした! 写真のようにハウジングの形が楕円形で耳を完全に覆い、 しかも耳のサイズにぴったりなので、顔を左右に振っても、 僅かに動くだけで、脱落することがありません。 ヘッドバンドも最小の幅でクッションも必要最低限の密度です。 そして非常に軽い! 今までLIVEでは演奏時はイヤフォンでバックトラックを聞き、 シンセサイザーのパラメーターのセッティングでは ヘッドフォンを使用していたのですが、 あの耳の中に差し込む感じのイヤフォンをしょっちゅう抜き差し するのは、結構しんどかったのです。 しかしATH-AX5を使えばこれ一台で両方の用途に使えるので、 飛び跳ねながらパーカッションを叩いても問題ありません! もちろん延長3mケーブルとステレオ→モノラル変換を追加し、 演奏中に手にケーブルが絡まないようにネックストラップに固定します。 肝心の音質ですが、いつものクセも無く高域のキツくない、(悪く言えば、おとなしい、地味な) オウテクらしい音なのですが、、、、 ローエンドがやたらと出ます。 どんな感じかというと、「耳元で7インチサブウーファーが鳴っている」ような、ちょっと押し付けられるというか、頭を揺らされるような感じです。 ブワンブワンいってます。 しかし、この帯域は他と干渉することが殆ど無いので、 作曲でもしない限りは無視できるレベルです。 (逆にサブウーファーが無い人は代用として使えるかもしれません) 廉価版のATH-AX3 という機種もありますが、 残念ながらこちらは店頭で試聴できる店が無かったのでどんな音なのかは 不明です。 「ヘッドフォンでガイドトラックを聞きながら演奏するのはカッコ悪い」 という意見もありますが、 個人的には、カール・ハイドみたいでカッコイイと思っています。 気になった方は楽器店、家電店へ是非!!! パーカッション Sun, 29 Mar 2015 21:48:17 +0900 パーカッション教室::フリースタイルジャンベ講座studioD DOCTOR 松川かの子 http://cyta.jp/percussion/b/52783 <br>是非、松川かの子で検索してみて下さい。 使用楽器、演奏経歴などたくさんのっています。 パーカッション Wed, 11 Mar 2015 18:51:14 +0900 パーカッション教室::かの子のドラムパーカッション教室 松川 かの子 『タブラの楽しみ方!』 http://cyta.jp/percussion/b/52403 <br>おはようございます。こんにちは。こんばんは。 タブラ教室講師の大澤です。 今回は『タブラの楽しみ方!』ということで、興味はあるけど楽しいのかな?難しそうだな?と、なりがちな『タブラ』の扉を少しばかり開けてみましょう。 まず楽譜らしい楽譜はありません。 本来口承(口で伝える)でその技術を伝えてきたので、いきなり謎な『タブラ言葉』といわれる呪文のようなリズム言語を唱えてきます。 はじめは呪文に対する耐性が全くのゼロなので大きなダメージを受けます。 しかしながら修行を重ねるにつれ相手(だいたい先生)の呪文を理解していき、簡単な呪文から徐々に覚えていきます。 ゆくゆくは聞いていただいた方の心を打つような大呪文を覚えることでしょう。 と、だいぶおかしな話しにはなりがちなタブラの扉ですが、上記に書いたことは決して冗談でもありません。 もちろんけして簡単に叩けるもの(呪文を覚える)でもありませんが、自分のペースでゆっくりつきあえる楽器のひとつではあるかなと。 最後にお気に入り動画のURLをのせておきますので、お時間ある時にでもご覧いただければなと。 https://www.youtube.com/watch?v=EuNJQoTv-aQ&index=39&list=FLonsXVNdWgFeDZb01EzRRpg パーカッション Sat, 28 Feb 2015 09:52:59 +0900 パーカッション教室::タブラ教室 大澤 道 春が…! http://cyta.jp/percussion/b/52258 <br>こんばんわ! 今日は日中は温かく、春が近づいてきてるのかな…と思った日でした! そんなこんなで演奏もいっぱい機会をいただいています。 こちらは今週の金曜日です!! 是非、おすすめですよ!!1 伊藤すみれ×村上響子 パーカッション デュオ リサイタル 2015年 2/27(金) 18:30開場 19:00開演 みどりアートパークホール (長津田駅より徒歩1分) 一般2500円(当日3000円) 高校生以下1500円(当日2000円) 打楽器の伊藤すみれさんと、村上響子さんのデュオリサイタルです!! ちなみに… 村上さんは中学校の部活の後輩。 高校の時はピアノの先生が一緒。 大学は違うけど、北見市でよく演奏した仲間。 その仲間の初のリサイタルに出演できるのは、とてもうれしいこと!! 盛り上げていきますので、是非!ご来場ください。 そして、3月はフルートアンサンブルの演奏会に出演させていただきます。 詳細が出たら、またご報告します☆彡 そういえば、12月の下旬に僕のバンドがちょっとだけ!!TVに出ました!!! みなさんもチェックしてみてください! バンド名は「Fester's」(フェスターズ)です! このバンドは、僕のリーダーバンドです。 が 正式なメンバーは自分だけ! あとはサポートです! どちらかというと…ユニットですね! いろんな曲をアレンジして演奏しています。 Youtubeにアップしたので是非ご覧ください!!! http://youtu.be/PEtL_sUSaqU これからもどんどん前進です! パーカッション Tue, 24 Feb 2015 22:57:17 +0900 パーカッション教室::YMSパーカッションスクール 山瀬 哲郎 『タブラ』ってなんや? http://cyta.jp/percussion/b/51793 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2015/2/12/23499/120.jpg" alt="" /><br>初めまして、タブラ教室をやらさせてもらっている大澤です。 早速ですが、皆さんまず[タブラ]ってなんや?って方多いと思うんですよね。 もちろんパーカッション好きな人は知っている打楽器だとは思いますが。 なので、まず皆さんに[タブラ]についてざっくり緩く知ってもらえばと思っています。 まず[タブラ]とは北インドの古典打楽器になります。 歴史は、うーん、いろんな説があるので、13世紀だとか18世紀だとか、ペルシャだとかアラビアだとか、この辺はまた、興味出てきたらじっくり調べてみたいところですね。 見た目ですが、ちゃんと本物を間近でみた方はわかるとは思いますが、まず二つの太鼓で構成されています。利き腕で叩く太鼓を高音の“ダヤ”。利き腕でない方で叩くのが低音の“バヤ”と呼ばれ。この二つの太鼓を組み合わせて[タブラ]といいます。 いろいろな魅力がある[タブラ]ですが、その魅力の多くが音だと思います。 倍音がどこまでも続くような余韻が高音にも低音にもあります。 では実際の音はどんな音だろう?と思う方はぜひまずYoutubeの検索バーにアルファベットで[Tabla]と入力してみてください。幸せになれます。 まずは、[タブラ]の音を知ってほしいと思い興味を少しでも持って頂けたらなと思う次第です。 パーカッション Thu, 12 Feb 2015 13:27:59 +0900 パーカッション教室::タブラ教室 大澤 道 期待の新人現る!! http://cyta.jp/percussion/b/51584 <br>まずコレを聴いていただくのが一番早いと思います。 https://soundcloud.com/doctor2052/15-1-24-2a 本レッスン1回目の二人で叩いている時の録音です。 1:40あたりから私が裏拍を打ち始めたりと遊び出したのですが(最初から結構遊んでいましたが)生徒さんのリズムが全く狂いません。 また3:10辺りから私がソロを叩き始めても、生徒さんは落ち着いてベーシックパートをキープしています。 因みに、少しずつテンポが速くなっていくのはわざとです。(決してハシッテいるわけではありません)どのくらいの速さまで安定して叩けるかをこっそり試してみました。 普通、初心者は一緒にビートを刻んでいる人が突然違うことをやり始めると、リズムをキープすることが出来なくなってしまう事が多いのです。 自分のジャンベを持っていて、自己流で練習している人でも、この生徒さんのように安定して、しかもしっかりと音を出せる初心者はなかなかいません。 これからのレッスンが非常に楽しみです! パーカッション Fri, 06 Feb 2015 23:18:31 +0900 パーカッション教室::フリースタイルジャンベ講座studioD DOCTOR 2月に入りました! http://cyta.jp/percussion/b/51332 <br>気づけばもう2月ですね! 早いものです! そういえば、新年の挨拶がまだでした… 明けましておめでとうございます! 遅くなってしまい、申し訳ありません<img src="/p/common/emoji/f3f1.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 何だかんだで、一月もバタバタでしたが、これからいろいろなコンサートの準備をしていきます! まずはお知らせです! 伊藤すみれ×村上響子 パーカッション デュオ リサイタル 2015年 2/27(金) 18:30開場 19:00開演 みどりアートパークホール (長津田駅より徒歩1分) 一般2500円(当日3000円) 高校生以下1500円(当日2000円) 打楽器の伊藤さんと村上さんのデビューリサイタルです! そこで数曲お手伝いします! お時間よろしければ、是非ご来場下さい<img src="/p/common/emoji/f65a.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> さて、新年には必ず僕は目標をたてています! 今年は「表現」です! 色んなCDを聞くと必ず「あっ!これは◯◯が叩いてるな!」とか気付く時ないですか?? 音だけで誰だかわかってしまう! リズム、音、歌い方 すべてにおいて、これは山瀬が叩いてる! というのをもっと分かってもらえるように表現したいです! そのために色々と練習をしていきたいなと思ってます! 今年もどうぞ宜しくお願い致します! そして!! これから太鼓を始めようと思っている方! もっと叩けるようになりたい方! どしどしご相談下さい<img src="/p/common/emoji/f65a.gif" alt="" border="0" class="emoji"/> 今年もいい一年になりますように!!! パーカッション Sun, 01 Feb 2015 13:26:05 +0900 パーカッション教室::YMSパーカッションスクール 山瀬 哲郎