Web・デザイン::Cyta.jp https://cyta.jp Cyta.jpのWeb・デザインの講師がブログを通じて、Web・デザイン情報を発信! 例えば、Illustrator初心者の方向けには https://cyta.jp/illustrator/b/93601 <br>例えば初心者の方向けには、以下のような内容で 月に2回×5〜6ヶ月くらいを目安に レッスンをしてみたりすると良いかと思われます。 ・Illustratorの良く使うツール(アートボードの使い方、Acrobat含む) ・名刺を作ってみる(フォント=書体の使い方含む) ・イラストをトレースしてみる(写真のトレース、シルエット作成) ・ポストカードを作ってみる(パターンの作り方含む) ・ロゴを作ってみる(アイデア出しから作り込みまで) ・チラシ〜パンフレットをつくってみる(効果の使い方含む) ・写真画像を加工してみる(Photoshop操作含む) ・ポスターを作ってみる ・デザインバリエーションを考えて見る ・印刷についての知識と入稿データの作成(Photoshop操作含む) ・仕事に関する資料を作ってみる ・ノベルティやオリジナル形状の印刷物のデザインをしてみる ・その他ご要望に応じて ※これはあくまで一例です。 Illustrator Wed, 13 Nov 2019 07:54:01 +0900 Illustrator教室::楽しいIllustrator教室 戸田 貴之 如何に隠すか? https://cyta.jp/homepage/b/93455 <br>メディアの目的は如何に効率よく情報を提供出来るかが大きなポイントとなります。 しかしウェブサイトは他のメディアと大きく事なる点があります。それは情報を隠す事で限られたエリアを効率良く活用出来ると言う事です。 情報を隠すと言うと本来の目的から逸脱しているように思われますが、実はそうではありません。Webページのあちこちに仕掛けを施し、マウスが重なったり、クリックしたり、指でタッチしたら隠れている情報が出現するといった事が可能となります。 出現方法は、ふわっと出て来たり、上から落ちて来たりと様々です。この仕掛けがユーザーにとって驚きであったり、楽しさであったりします。 私はウェブサイトを制作する際、常に如何に情報を隠すかを考えます。そしてユーザーがその仕掛けを体感した時を想像しながら、さらに新しい仕掛けを模索して行きます。 ホームページ作成 Wed, 06 Nov 2019 08:57:49 +0900 ホームページ作成講座::ヤマノウェブデザイン講座 山野 としひろ 2019年11月の体験レッスン可能日時のお知らせ https://cyta.jp/photoshop/b/93231 <br>現在、業務の為にレッスン実施日が限られておりますので、 体験レッスンの実施可能日について、お知らせさせていただきます。 11月16日(土) 14時〜16時 11月19日(火) 14時〜16時 11月26日(火) 14時〜16時 11月30日(土) 10時30分〜16時 ※〜16時の日の場合は、レッスン可能な一番遅い時間が15時〜16時となります。16時〜17時のレッスンは対応できません。 2回目以降のレッスンの方は、上記日程の他にも対応可能な場合もございますので、メッセージにてお気軽にご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 おかべまゆみ Photoshop Wed, 23 Oct 2019 21:38:22 +0900 Photoshop教室::I'M・フォトショップスクール おかべ まゆみ 2019年11月の体験レッスン可能日時のお知らせ https://cyta.jp/illustrator/b/93230 <br>現在、業務の為にレッスン実施日が限られておりますので、 体験レッスンの実施可能日について、お知らせさせていただきます。 11月16日(土) 14時〜16時 11月19日(火) 14時〜16時 11月26日(火) 14時〜16時 11月30日(土) 10時30分〜16時 ※〜16時の日の場合は、レッスン可能な一番遅い時間が15時〜16時となります。16時〜17時のレッスンは対応できません。 2回目以降のレッスンの方は、上記日程の他にも対応可能な場合もございますので、メッセージにてお気軽にご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 おかべまゆみ Illustrator Wed, 23 Oct 2019 21:38:05 +0900 Illustrator教室::I'M・デザインスクール おかべ まゆみ イラストレーター独学者向けの必要最小限のレッスン https://cyta.jp/illustrator/b/93211 <br>デザインを仕事にしたい、仕事に生かしたい、 そのためにイラストレーターを使えるようになりたい… という方のために、 必要最小限のワザをレクチャーします。 Illustratorってパネルやツールが沢山あって、 なんだか大変そう、と思いませんか? でも大丈夫。 これさえできれば大体のことができます、という 方法があります。 私自身がそうしていますから。 私自身も、Illustratorのバージョン5.5の時から デザインのお仕事を始めています。 そのときのシンプルな機能を知っているからこそ 今の多機能なバージョンから必要な効果だけをピックアップして お伝えしますね。 Illustrator Tue, 22 Oct 2019 10:58:12 +0900 Illustrator教室::楽しいIllustrator教室 戸田 貴之 撮影した画像は、そのまま使用してはダメ? https://cyta.jp/illustrator/b/93069 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/15/55077/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/15/55078/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/15/55079/120.jpg" alt="" /><br>販促物などは、よくIllustratorやInDesignで仕上げるのですが、 画像もよくよく使います。 そんな画像を勿体無く使っている販促物をよく見かけます。 ジャギーがハッキリ見えてしまうほどの画質の悪い画像や、色補正しないまま印刷に回してしまったもの... それだけで、レイアウトなどの他が良くても全てが台無しになります。 今回は、簡単な色補正をご紹介します。 まずは、撮影したままの画像。 全体的に浅い印象です。 2枚目は、基本的な色補正をした画像。色温度と露出を少し変えて、コントラストや鮮やかさをハッキリさせることで、それぞれの被写体の印象を良くしました。 3枚目は、レトロ調にガッツリ変えてみました。 これらの色補正は、印刷機用には向いていませんが、ここまでできれば、印刷機用にするには簡単にできます。 ちなみに2枚目も3枚目もモノの数分で実は出来ちゃいます。 プロに依頼すれば、これだけで有料ですが、レッスンを受ければ、もう依頼しなくてもご自身で出来るようになります。 もちろん被写体や使い方によっても補正の仕方が変わってきますが、まずは、基本をつかんでおきましょう。お問い合わせはお気軽に◎ Illustrator Tue, 15 Oct 2019 01:02:13 +0900 Illustrator教室::まなぶデザインカフェ 富田 學 オブジェクトの中心にテキストを配置したい!...のにできない...なぜ? https://cyta.jp/illustrator/b/93068 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/15/55076/120.jpg" alt="" /><br>写真1のように長方形などのオブジェクトのど真ん中にテキストを入れたい!と思っても、文字間が広い場合は特に左側にズレてしまいます... これは、Illustratorのバグ...テキストをアウトライン化してオブジェクト扱いにしないと綺麗に行かない... と、諦めていたらこの記事はとても良い働きをすることでしょう! テキストをアウトライン化しなくても2つの工程を施せば解決します! ...と言っても2つも!やらなくてはならない事があるのですが... すでにオブジェクト(長方形)とテキストが存在している状態から、 1)まずは、「プレビュー境界線を使用」にチェックをします。 ※「整列」→右上プルダウンメニューから「プレビュー境界線を使用」。あるいは、「環境設定」→「一般」から。 2)次に、テキストを選択して「オブジェクトのアウトライン化」をします。 ※「効果」→「パス」→「オブジェクトのアウトライン」。あるいは「アピアランスパネル」内の下にある「fx」内から。 3)オブジェクトとテキストを選択して、オブジェクトに合わせてテキストを整列する場合は、2つを選択した時点でさらにオブジェクトをクリック。 4)この状態で「整列」を指定。今回は、中央揃えに。 ちょっとしたズレかもしれませんが、こーいったちょっとしたことの繰り返しが全体のクオリティになり、例えば広告の効果に繋がります。 私は、Illustratorの操作それ自体はもちろんですが、 目指す効果に必要なデザインスキルをお伝えできるような時間を目指しています。お問い合わせはお気軽に◎ Illustrator Tue, 15 Oct 2019 00:41:19 +0900 Illustrator教室::まなぶデザインカフェ 富田 學 トーンを覚えると何かと...ラク! https://cyta.jp/illustrator/b/93004 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/10/55032/120.jpg" alt="" /><br>トーンというのは、色を構成する三要素の中の2つを掛け合わせた配色になります。 色を構成する三要素は、  ・色相(色合い)  ・彩度(鮮やかさ)  ・明度(明るさ) この中の彩度と明度を合わせたのがトーンとなります。トーンには、いくつかの特徴に分けて名前が付いています。 例えば、ビビット(v)は、色の中で一番鮮やかなトーンになります。 また、ペール(p)は主にベビー用品に多く使われるように、幼いイメージの強いトーン。 というように、それぞれのトーンにイメージが存在していますので、これをうまく使うと配色がかなり楽になります。 また、同じようなトーン内であれば、色合いが違っても結構統一感が出ます。 色合いが喧嘩する場合は、トーンを変えるだけで落ち着いたりも。 トーンというものを頭に入れておくだけで全体のカラーバランスが整えられます。 Illustrator Thu, 10 Oct 2019 20:33:55 +0900 Illustrator教室::まなぶデザインカフェ 富田 學 "デザイン"を良くするには、感覚と論理が必要。 https://cyta.jp/illustrator/b/92942 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/7/54997/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/10/7/54998/120.jpg" alt="" /><br>よく「デザイナーはセンスがないと...」「だからセンスが良いんだ...」と聞きますし、言われることはあります。 しかし、センスってなんでしょう...と疑問に思ったことがあります。そこで調べると、センスとは、物事の些細な事を感じとる感覚のようです。 しかし、その感覚には合理的なところがあります。よくよく自分の作ったものを研究すると、意外と理屈に合った作り方をしていることが多くあります。 例えば、添付のような名刺。 初めは、先方さまの人格的なイメージ、事業のイメージをどのように表現しようか、実際に使用する際は、横型なのか縦型なのか、相手にどのような印象を与えた方がその場が良くなるか...などの考えながら、行ったり来たり、消したり加えたりと、クチャクチャやりながら探っていきます。 そのうちに言葉とイメージが合ってくるようになり、大まかは配置や配色、大きさ、書体などが決まっていきます。 終盤に至っては、細かい調整になってくるのですが、ここでは特に合理的・論理的な頭に変わります。 実際にガイドなどで見てみると、よりバランスのとれた空間づくりをするには、論理的思考が必要になっていきます。感覚だけだと右に0.1mmずらすのも左にずらすのも迷うし、次の日に見ると、また違った感覚に陥ります。 しかし、ここで論理的思考を用いると、比較的すぐに決着がつきます。なぜなら決める根拠が明確だからです。 と言う風に、感覚と論理をうまく使えると、イメージを広げるには感覚を頼りに、迷った時は論理を頼りに作業ができます。 このことが、センスの良し悪しを決めているのでしょうかね。 Illustrator Mon, 07 Oct 2019 01:22:04 +0900 Illustrator教室::まなぶデザインカフェ 富田 學 10月のレッスン https://cyta.jp/homepage/b/92887 <br>いつもご覧いただきありがとうございます。 月曜日は祝日も含み、夕方以降のみ承ります。 水曜日は終日不可能です。 10日木曜日は私事でお休みです。 レッスン日程はなるべくお早めに相談いただけますと非常に助かります。 ホームページ作成 Thu, 03 Oct 2019 18:12:26 +0900 ホームページ作成講座::ホームページを作らんね 山本 祐一 プログラマを目指すなら知っておいてほしいこと https://cyta.jp/javascript/b/92776 <br>プログラミングのコーチをしていて気付いたことを少し書いてみたいと思います。 ## プログラミングの初歩はアルファベットみたいなもの ## プログラミング言語の環境セットアップや文法を覚えるのは、英語で言えばアルファベットを覚えるのと同じです。 理屈じゃないですね、そこは。 プログラミング言語に苦手意識がある人は、インストールの仕方や基本的な文法を覚えるのにものすごく抵抗があるように見えます。 その抵抗の中身というのは「素直になれない自分」なんだと思うんです。 簡単に受け入れられない、というか。 でも、アルファベットのAやBやCを頭に入れるときって、理屈じゃないですよね。 それを覚えないと(というか、踏まえないと)なーーーんにも勉強が進まないわけだから、もう頭に記憶や経験として入れちゃうしかない。それ以外に選択肢がないんです。「より良い思考法」とか、「より良い解決方法」とか、そういう選択の余地がない。とにかく、やっちゃえばいいだけのもので、それ以上でもそれ以下でもない部分です。 だから、この初歩のところで拒絶反応をされても、実は先生やコーチはなにもできることがありません、本質的には。 励ましたり、今ここにこうして書いているような話をしてあげることはできますけど、それ以上はなにもできない。そういう意味で本質的になにもできない。 結局やるかやらないかは本人が決めるしかないし、乗り越えるのも本人だけの孤独な作業になります。 そこはある意味覚悟しちゃったほうがいいと思います。 ## 頭脳を使う勉強は関数から ## じゃあ、アルファベットを抜け出して、頭脳的な思考を駆使する勉強が始まるのはどこからかというと、関数からです。 これは割合、どのプログラミング言語もいっしょだと感じます。 関数以降は、「どうやったらまともにプログラミングできるか」「どうやったらもっとよくなるか」「どうやったら修正しやすくなるか」などのテーマがどんどん出てきます。 それらのテーマを熟考/熟慮しながら、「では、コードはどう書くべきか」を考えていきます。この段階ではもう既に基本的な文法は頭に入っていることが前提になります。 もし、部分的にそうでなくても、自分で調べて不明点を解消するサバイブ能力が必要です。 だから、教える方も、教わる方も、関数から先はモードを変えなくてはいけません。 それまでのアルファベット的な、「とにかく覚える」「身体で覚える」というやり方を、関数以降の頭脳を使う領域に入ってまで引きずってしまうと、今度はそれが弊害になります。 関数以降の学習領域では、覚えることより「考えること」が重要視されます。 これは本当に重要なことです。このターニングポイントでモードの切り替えを忘れると、とても不幸な学習体験になってしまいます。 生徒さんがプログラミング初心者の場合、やはり教える側がこの辺の切り替えは先導してあげる必要があると思います。 また、もし関数以降の領域に進もうとする段階で、生徒さんに「自分で調べて不明点を解消する」というサバイブ能力が欠けていると感じたら、しっかり補習すべきだと思います。一番困るのは生徒さんですから。 ## 実務領域でHOWを考える力が活きる ## 関数以降のどちらかと言うと高度な学習内容を一通りやり終えると、もうあとは実務的な領域に進んでいくしかないです。 プログラミング言語の学習/習得というものの限界がそこです。 あくまで道具を伝授するだけなんですね。 道具の使い方を習ったらあとは使うだけ、ということです。 手前味噌ですが、私自身の実務領域はECの分野です。 ネットショップでものを売るときに、販売する商品の情報や在庫の状況、また、広告のデータなどを管理する必要がでてきます。 これらは規模が小さければ手作業でハンドリングしてもいいのですが、ある程度の売上規模になると、システム的に自動化したほうが効率的にコストダウンを図れます。 そういう場面で必要になる人材がシステムエンジニアとかプログラマです。 私の場合、システム関係は基本単独行動で処理しますので、営業、マネージメント、コーディング、保守、経理、...と一通りのことを自分でやります。 そうやって全体像を俯瞰して思うのですが、プログラマ(仕事的には「コーディング」の部分)に求められるスキルの中で一番重要なのが、 「自分でやり方を考える」 という姿勢と能力です。 どうやればいいか、どうやれば問題が解決するか、というのをいつまでも他人に頼っていてはプログラマとして失格です。 とにかくその部分 ー HOWを考える作業 ー を自分で積極的にやらなければいけません。というか、そのスキルを発揮することによってお金をもらえるんだと思ってください。 これは本当に大事なことです。それがあなた(プログラマ)の価値なんです。 現場では、HOWを絞り出すのを他人に任せちゃ負けなんです。HOWを考える/見つけるのが仕事ですから。 一方、HOWを考える部分以外はどんどん助けてもらったほうがいいと思います。 物事が、WHY(目的)に始まって、HOW(方法)を経由し、WHAT(プロダクト)にたどり着くとしたら、WHYやWHATの部分はむしろ独りで抱え込まずにそれらの専門家にどんどん相談しましょう。 WHYなら、それは企画や営業の人が専門家でしょうし、WHATなら経営者やそもそもオーダーしてきたクライアントが専門家になります。 そういった別の領域の人たちとうまく連携するためのコミニュケーション能力は最低限必要になるかと思います。 ## 境界線を超えたらうまくモードを切り替える ## このようにプログラミングの学習から仕事へという流れをざっと見ると、通り一遍のやり方ではなかなか難しいと言えるんじゃないでしょうか。 ところどころ存在する別の領域との接点=境界線を見過ごさないように注意を払う、これが大事ですね。 ある領域での最適解が別の領域でもそうかというと違うことが多い。 だから、今自分が(自分たちが)どこにいるのかをよく確認すること。 あなたがプログラマを目指すのなら「どうやったらいいのか(HOW)」には特に責任感を持っていただきたいわけですが、それも通り一遍じゃ駄目です。実際、ウザがられますw HOWにも多様性がある=領域が違えば多様なHOWが存在する、ということを忘れないでほしいです。 JavaScript Thu, 26 Sep 2019 12:47:10 +0900 JavaScript入門講座::ES6以降のJavaScript入門講座 中村 心 自作は危険?!! わざわざデザイナーに依頼するメリットと、自作のためのプライベートレッスンの活用方法。 https://cyta.jp/illustrator/b/92630 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/9/17/54800/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/9/17/54801/120.jpg" alt="" /><br>>>>自作する理由とリスク 規模の大小に関わらず、 これから事業を始めようとする人、既に始められた人の多くは、 ショップ名刺やチラシ、ポスター、商品撮影、ホームページなどなどにいたるまで自作する傾向にあるのではないでしょうか。 その理由の多くは、 「安く済む」「好きなように作れる」「すぐ作れる」「分かればいい程度でいい」 確かに「作れる」「作れない」で言えば、今の時代、無料ソフトも出回っていますし、オフィス系ソフトでも作れちゃいます。 が、それが事業的に質が良いか否かといえば、 ほとんどの場合、作った分だけマイナスに働いてしまいます。(冷たいですが本当です...) 「せっかく作ったのに〜!!怒!!」 と思われがちですが、 それは事業者目線であって消費者や見込み客には全く関係ない事です。 >>>見えないモノの失い方 消費者や見込み客から見ると 作ったデザインアイテムの印象ひとつで、 お店や商品の印象を概ね決めてしまうからです。 もちろん、これだけで全てを決めるわけではありませんが、 多くの見込み客を失う事になります。 この時に 印象良く次の行動に促せるデザインアイテムを置くのと そうではないアイテムを置くのとでは、 結果的に売り上げやリピートなど、今後の事業自体に大きく影響を与える事になります。 事業にデザインを取り入れる狙いは、 「機会損失」を極力減らし、見つければ改善するためにあります。 機会損失とは、「何もない」事なので、 見落としがち、損失自体を気付けない事が多いです。 それを防ぐためにもデザインを取り入れる事業者が多いんです。 見た目だけではありません。 >>>デザイナーは「うまいこと使う」 とはいえ、 全てをデザイナーに頼むのは、あまりにも費用や打ち合わせなどで時間も労力もかかる… そんな時は、デザイナーを「うまいこと使う」事です。 例えば…ではありますが、 大元だけデザイナーに作ってもらって、 その後は、デザイナーが示したデザインルールを保ちながら 似せて作っていく方法です。 >>>デザイナーと素人の決定的な違い デザイナーは、事業によってデザイン的な方向性やルールを決めながら デザインアイテムを制作していきますので、 ひとつ作ってもらえれば、その中に方向性やルールが詰まっているわけです。 そこから要点である方向性やルールを読み取り、 それに則って自作すれば、乱雑な自作モノにはなりにくくなります。 その為には、イチからつくるスキルではなく(これはデザイナー志望の人向け)、 方向性やルールを読み取り、再現できるスキルが必要になります。 >>>だから「プライベートレッスン」なんです!! プライベートレッスンでは、 方向性やルールの読み取りから、それに則った制作の仕方を直接教えてくれます。 さらに、自作したデザインアイテムを、より良くするためのアドバイスもいつでも受けられます。 「ただ制作できるようになる」だけでは、勿体ないし、 それなら、他のパソコン教室や、参考本の購読、ネット上に散らばっている記事で十分です。 プロのデザイナーから直接受講できる「プライベートレッスン」だからこそ 「使えるスキル」が体験できるんです。 ぜひ、「体験レッスン」から試してみてください◎ Illustrator Tue, 17 Sep 2019 16:58:47 +0900 Illustrator教室::まなぶデザインカフェ 富田 學 【告知】間もなくレッスン枠がいっぱいになります(2019年9月現在) https://cyta.jp/javascript/b/92611 <br>みなさん、こんにちは。 コーチの中村です。 現在サイタでは、PythonとJavaScriptのスクールを持っていますが、お陰様でレッスン枠がいっぱいになりつつあります。 近々、体験レッスンの受付を一旦休止させていただく可能性が高くなって参りましたので、ご検討中の方がいらっしゃいましたらお早めにお申し込みください。 JavaScript Mon, 16 Sep 2019 11:31:06 +0900 JavaScript入門講座::ES6以降のJavaScript入門講座 中村 心 Illustrator初心者 がおさえたい3つのショートカットキー https://cyta.jp/illustrator/b/92575 <br>全くの初心者の方が制作時に最も気を付けないといけないのが 「大きな画面で制作をする!」 という点です。 ・画面を見やすい位置にスクロールさせ ・画面を拡大し細かい制作をし ・画面を縮小させ全体のバランスを見る この3点が非常に重要です! と 説明をしても、ファイルを開いた時の倍率のままで、ついつい制作を進めてしまうんですよね。 イラストを描きたい! 文字を打ちたい! 写真を配置したい! ちょっと待って。はやる気持ちをグッと堪えて! 初めてだからこそ、「大きな画面で制作をする」ことを意識していきましょう。 ここで作業効率と成長スピードに大きな差がつきます! という訳で、まず私が初心者の方に推奨するショートカットキーは ・スペースバー  →スペースバーを押している間、ポインタが「手のひらツール」になり、スクロールバーを使用せずに画面を移動させることができます。 ・Ctrl +スペースバー(※macは、⌘+スペースバー)  →この2つのキーを押すとポインタが「ズームツールの拡大」になり、クリックした箇所を中心に画面が拡大表示されます。 ・Ctrl +Alt+スペースバー(※macは、⌘+option+スペースバー)  →この3つのキーを押すとポインタが「ズームツールの縮小」になり、クリックした箇所を中心に画面が縮小表示されます。 上記3つになります。 ただ、Illustratorは一つの制作効果を与えるにも、「複数の方法・手段」があります。 今回紹介した画面の拡大・縮小も 「私は(+キー)と(ーキー)で操作してるわ!」 「いやいや、マウスのスクロールボタンの方が楽ちんだよ!」 色んな声が上がりそうですが、どれも正解で、どれも間違ってはいません。 自分が一番操作しやすい方法を選び、自身の作業スピードをあげる・・これが重要。 手段が目的化してしまっては本末転倒です。 焦る必要はないので、一歩一歩じっくり身に付けて行きましょう! 急がば回れの精神ですね! Illustrator Fri, 13 Sep 2019 17:48:45 +0900 Illustrator教室::IllustratorスクールNORI NORI 差がつく履歴書 https://cyta.jp/illustrator/b/92563 <br>相変わらずデザインテクニックとは関係ない話ばかり書いているNORIでございますw 職業柄、多くの学生たちの履歴書をcheckするのですがみんな苦手ですね~ でもよくよく考えると、履歴書って人と見せ合ったりしないので、ほとんどが自分の世界観・価値観で完結している事が多いんですよね 思い返してみると、私も新卒で就活をしていた頃の履歴書はひどかったな~・汗 人事とか採用担当者にでもならないと、人様の履歴書って見ることがないと思うんですよ。 その履歴書も年々進化してまして、よく書けているな~と思っても、10年・20年も前の基準でまとめられてては「今」は苦戦しちゃいます 長所、特技、志望動機、自己PR etc.それぞれをうまくリンクさせ関連付けてまとめれば 担当者も思わず唸ること間違いなしでしょう。 以前の職場では定期的に外部講師をお招きし「ビジネスマナー講座」を実施して頂いてましたが  ・字は綺麗に  ・修正テープは使わない  ・自分に何ができるのかをはっきりさせ、将来への抱負や熱意を伝えよう  ・・・・・・  どれも当たり前すぎて、こんなことだけでは本当に「差がつくポイント」にならないですよね?と心の中で思っていました。 担当者のハートを鷲掴みにする「履歴書」を知っているのは誰だと思いますか? 毎年、何千・何百と履歴書を見る採用担当者様ですよ。当然ですよね! 資格だったり、学歴であったり、業界経験であったり、相手が本質的に求めている重要なポイントは もちろんありますが それ以前に、もっと客観的なポイントで担当者に「期待させる」ことは可能なんです。 封筒だったり 封をあけて書類をとりだしたその瞬間など・・・・ 私のレッスンではIllustratorやPhotoshop以外にも、履歴書やポートフォリオの指導・アドバイスなどもおこなっております。 気になった方は是非、話を聞きに来てくださいw 因みにクリエイターを目指すのであれば、履歴書も自作したいものですね! 書くことが無い!あまり書きたくない!もっとアピールしたい!自分で欄を調整しちゃえばいいんですよ。 お!今朝blogであげた「段組設定」・・・今はグリッドで分割ですか、この機能が大活躍ですね! 履歴書自体が作品になってしまうなんて、本当素晴らしい! 次回もデザインとは関係ない記事をupする予定ですww Illustrator Thu, 12 Sep 2019 17:18:14 +0900 Illustrator教室::IllustratorスクールNORI NORI 段組設定トラブル https://cyta.jp/illustrator/b/92558 <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/9/12/54750/120.jpg" alt="" /><img src="https://cyta.jp/p/image/card/2019/9/12/54751/120.jpg" alt="" /><br>職場とプライベートでwinとmacやらIllustrator10(10??)~cc2019まで幅広く触っていますが、ver upするたびに「こんな意味のないところを変更しなくても・・・・・」と思う箇所があったりします。 今回も見つけました! おそらくcc2018からだと思うのですが、段組設定が「グリッドに分割」という名称に変わっていました。 ある程度使い慣れた人からすると「これかな?」と推測できそうなものですが 全くの初心者の方ですと「段組??・・・ない!ない!・・あった!・・・・って段落設定かよ!!」なんて焦ってしまう場面もあることでしょう。 しかし、この記事でもう一安心! ・・・・・・・ 段組設定(グリッドに分割) て何に使うの? という疑問が出てくると思います。 段組設定(グリッドに分割)はカレンダーのような表組や、チラシなどの記事スペースのエリア分けなどで、ものすごーーーーーーーーーく使える機能なのです。 見栄えよいポスターやチラシなどを作成したい場合 レイアウト次第でグッとクオリティーが上がります! 適当な大きさではなく、きっちり数値管理しながらオブジェクトを作りたいという方にお勧めの機能なんです。 例えば名刺など91mmとか55mmなどの奇数値の長さを半分に分割、もしくは4等分に分けたい時、ものの数秒で解決します! さらには応用テクニックで、こんなことやあんなことまで・・・・・ 気になった方は是非、体験レッスンにお越しくださいませ! Illustrator Thu, 12 Sep 2019 09:39:29 +0900 Illustrator教室::IllustratorスクールNORI NORI 黒板代わりにcodeshare.io https://cyta.jp/javascript/b/92556 <br>みなさん、こんにちは。 コーチの中村です。 今日はレッスン時に使用しているツールについて少し。 ーーーー サイタのプログラミングスクールのレッスンは基本カフェやファーストフード店で行います。 コーチがPCを操作して見本を見せ、生徒さんも実際にご自身のPCでコードを実行する… このやり取りをこまめにやってなんぼのジャンルです。 なので、座席のスタイルとしては横並びになり、お互いの画面が見える状況でレッスンを行うのが望ましいと思います。 ただ、お店の混み具合などで横並びの状態になっている席がうまく確保できないときもないとは言えません。 そういうときの強い見方が今回ご紹介するcodeshare.ioというサービスです。 <blockquote><a href="https://codeshare.io/" target="_blank">codeshare.io - Share Code in Real-time with Developers<br /> https://codeshare.io/</a></blockquote> これはサービス内で生成されたURLを共有している者同士なら双方向でコードを書き合ってリアルタイムで共有できるというものです。 アカウントを作らなくても24時間という有効期限がある共有URLならば自由に作れます(レッスンに使うには十分です)。 実際に自分がレッスンでどう使っているかと言うと、「黒板」のように使っています。 生徒さん側の画面の一部に黒板としてcodeshare.ioが表示されていて、その横にコードを打ち込んで実行する環境が別途立ち上がっている…という状態ですね。 codeshare.ioのある意味いいところは、コードを書いてもそれは書いただけであって実行はされない、というところです。ですから、codeshare.ioに書いたコードを生徒さんは「見る」だけです。本当に授業の黒板のような立ち位置で使えるわけです。 生徒さんのPCにてリアルタイムにコーチ側のコーディングが見れます(逆も然り)。 それを生徒さんのほうで実行環境に入力していただきながらレッスンを進めています。 このスタイルを採用するようになってから、生徒さんがレッスン内で手を動かす量がぐんとUPしたと感じます。 講義中心だったり、コーディングも「見てるだけ」になってしまうことが多いと、受講生さんが本当に理解しているのか分からないまま進んでしまう傾向が強くなりますが、手を動かすと違いますね。 このスタイルでやってみると、「コードを打ち込んでみないと発見できない学習ポイント」というのが結構あるんだなと改めて実感しました。 そういうわけで、横並びでレッスンできる席が確保できてもcodeshare.ioを使ってレッスンを進めるようになりましたw これから私のスクールに申し込んでみようと思う方、もしくは、他スクールのコーチのみなさんにとって参考になれば嬉しいです。 :-D JavaScript Thu, 12 Sep 2019 09:13:48 +0900 JavaScript入門講座::ES6以降のJavaScript入門講座 中村 心 9月から10月のレッスン https://cyta.jp/homepage/b/92427 <br>いつもご覧頂きありがとうございます。 9月第1週は完全に埋まりました。 他の日にずらしていただけると幸いです。 9/24火曜~9/27金曜は休講になります。 土日祝日も承りますが、カフェなど混み合っていることもありますので、混雑時間帯を避けて頂ますようお願い致します。 ★10月について 第1週は要相談となります。 私のスケジュールも確定しておりませんので、第2週も候補に入れていただきますと助かります。 ホームページ作成 Thu, 05 Sep 2019 10:43:54 +0900 ホームページ作成講座::ホームページを作らんね 山本 祐一 レッスン時間の変更について https://cyta.jp/illustrator/b/92318 <br>一ヵ月ほどレッスン時間が変わりますのでご注意ください。 月・木・金・日曜日 10:00~20:00 土曜日 10:00~16:00 火・水曜日 レッスン不可 よろしくお願いいたします。 Illustrator Wed, 28 Aug 2019 20:04:54 +0900 Illustrator教室::菜畑Illustrator入門教室 タニグチ ヒロシ レッスン時間の変更について https://cyta.jp/photoshop/b/92317 <br>一ヵ月ほどレッスン時間が変わりますのでご注意ください。 月・木・金・日曜日 10:00~20:00 土曜日 10:00~16:00 火・水曜日 レッスン不可 よろしくお願いいたします。 Photoshop Wed, 28 Aug 2019 20:01:42 +0900 Photoshop教室::菜畑Photoshop塾 タニグチ ヒロシ