エレキギター::Cyta.jp http://cyta.jp Cyta.jpのエレキギターの講師がブログを通じて、エレキギター情報を発信! 初心者に楽しい!ギター講座!25「さぁ!パワーコードに挑戦だ! その①」 http://cyta.jp/eguitar/b/76588 <br>初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座! 今回からいよいよ、ロックのギター演奏で一番よく使われるパワーコードの話に入っていきます! <b><font size="5">■パワーコードとは?■</font></b> そもそもパワーコードとは何か?って話ですよね! 下の画像を見て下さい! <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/c-powerchord.JPG"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/5root-powerchord-photo.jpg"> (※写真は正面から見たものです) 人差し指と薬指…たった二本の指で押さえられるコードの形なんです! 上の画像は「C」のパワーコードなので人差し指で5弦の3フレット、薬指で4弦の5フレットを押さえています。 たった二か所を押さえるだけでコードを奏でてしまえるんですよ! 前回までバレーコードの練習をやってきて、全ての指を使って弦を押さえていたのに、今は二本だけで良いなんて…天国ですね♪ <b><font size="4">ただ!</font></b> ひとつだけ気を付ける事がありまして! それは、<b>ピックで弾くのも5弦と4弦だけです!</b> 今までのコードはオープンコードもバレーコードも6弦から1弦まで全ての弦をジャラーンと全てストロークしてきたのですが、パワーコードでは<b><font size="3">押さえている弦だけを</font></b>ピッキングするのです! これが慣れるまでに少しだけ大変かもしれませんが、これからギターで演奏する際に「特定の弦だけをピッキングする」という場面はよく出てきますので慣れてしまいましょう!^^ もうひとつ慣れるまでに大変そうな事として、パワーコードは押さえる指が二本だけで楽なのですが、見ての通り人差し指と薬指の二本だけというアンバランスな指の使い方もしていますし、指と指の距離も少しありますので人差し指と薬指の付け根がちょっと痛くなるかも知れません…^^; そこも慣れてくればすぐに痛くなくなりますので無理しない範囲で慣れていって下さい♪ さて! 今回はパワーコードの基本的な説明になりましたが、次回からもう少し詳しくやっていきますね! お楽しみに♪ 初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a>; D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪ テキストも差し上げています♪ このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪ 体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^ エレキギター Thu, 16 Nov 2017 19:06:51 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 バイオリンに挑戦中♪ http://cyta.jp/eguitar/b/76572 <br>実は最近バイオリンにも挑戦しているんです♪ 昔からやってみたくて、今年の九月に思いきって買ってみて、少しずつですが練習をしていますよ!^^ 新しい楽器に挑戦するのって凄く新鮮で楽しいです♪ ギターを始めた頃を思い出します!^^ まだ「きらきら星」「メリーさんの羊」「アマリリス」くらいしか弾けないんですけどね…^^; 最初は弓で弦を擦っても中々音も出なかったのが、少しずつ音も出るようになって、曲も弾けるようになって、やっと「バイオリンを弾いてる♪」っていう気分になれました! ギターと バイオリン、同じ弦楽器でも、ギターは撥弦楽器(弦を弾く)、バイオリンは擦弦楽器(弦を擦る)なので、「弦を押さえる指の動き」は共通するので応用出来ますし、「弓で弦を擦る動き」は初めての事なので慣れるまで練習が必要になります。 とはいえ、バイオリンの音色は凄く綺麗だし、やっぱり楽しい♪^^ それに、新しく楽器に挑戦する事で、これからギターを始める生徒さん達の気持ちをより理解出来る気がします!^^ エレキギター Wed, 15 Nov 2017 19:00:50 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 失敗を恐れない http://cyta.jp/eguitar/b/76569 <br>生徒さんによく話すことなのですが、どんどん失敗しましょう!失敗を恐れるがあまり、演奏中に迷ったり余計なことを考えてしまって、かえって失敗します。また思い切って失敗した方が自分の課題が見えます。かのイチローですら「失敗で人間の深みが増す」と言ってました。 でも日本の教育って昔から失敗を許してくれない風潮がありますよね。 私の生徒さんも、レッスン中に失敗をしたら、私の顔を伺って来られる方がたまにいます(笑) そんな時も、どんどん失敗しましょうねって言います。 ましてやお金払ってギターを習いに来てるんだから。 ちなみに最近サッカーの本田圭佑選手がtiwitterで書いていたことも引用しておきます。 「ミスをするな」と言えば高確率でミスをするように人の脳はできてる。 ミスを意識させるのではなくて、どうやったら上手くできるかを意識させることができれば、自ずとミスは減る。 それを理解してる指導者が世界にはどれだけ少ないことか。 これもまさに真理だと思います。 さらに言うとまずやってみるってことも大事。 やらなきゃ何も始まらないですからね! エレキギター Wed, 15 Nov 2017 16:54:12 +0900 エレキギター教室::上田康弘ギター教室 上田 康弘 Robbenfordを観てきました。 http://cyta.jp/eguitar/b/76568 <br>久々の更新です。 昨日、Robben Fordをブルーノートで観て来ました。 彼のギターの音色、タッチ、リズムが好きで、特にここ数年では最もよく聴いているギタリストの一人です。 初めて彼を知ったのは、高校生の頃。 買ったアルバムは確かSuper Naturalというブルージーな歌モノ中心のアルバムでした。 その時の第一印象は、上手いけど地味だなという感じだったと思います。 音色の良さ、心地よさは当時から感じていたのですが、弾きまくったり、燃えるようなわかりやすいフレージングが少ないのが、 ロックが好きな少年からは、物足りなく感じたのでしょう。 しかし、タッチやリズムをより意識してギターに取り組むようになってから改めて聴くと、 そのクオリティーにびっくりしたのです。 具体的には ・リズムがとても正確。 クロック(リズムのポケット)が正確というべきか、0.001秒単位でアジャストできるんじゃないかっていうくらいの精度。 (例えば、ストロークやカッティングでは音のピークに当たる高音を基本的にジャストに弾いている。 そして、そのストロークが基本的にシャープ=弦を通過するスピードが早く、フォームとしても手首だけではなく、腕全体を使ってかなり大ぶりで弾くことが多い。) ・リズムをジャストに出すだけでなく、フレージングによってレイドバックさせる箇所があって、ニュアンスを豊かにできる。 ・タッチが正確 弱く弾いている時に弱く弾ける。強く弾きたいときに強く弾ける。 1~10までの数字で強弱を表すとするなら、小数点以下、5.1、5.2といった単位でコントロールができている。 ・音色、タッチのバリエーションがある。 ブリッジ側でピッキングする時、ネック側でピッキングする時、またピックアップのセレクトが適切で幅広い音色の選択がある。 ・左手で細かくピッチを調整している。 特にシングルノートを弾く時に粘りが出るよう、ピッキングした後に微妙にチョーキングしてニュアンスを出している。ブルース系のギタリストにはよく見られるニュアンスの付け方。 ・ソロを組み立てる時のフレーズの組み立て方、ドライブ感のあるリズムの譜割。 ビートが強く感じられつつ、豊かなリズムボキャブラリー、伸びやかな大きな感覚で歌心があるソロが組み立てられること。 ロベンフォードの良さと言えば、フレージングの音の選び方などや機材のセレクトなど色々と挙げられると思うのですが、僕にとっては上記のポイントが特に参考にしたいところでした。 そして、実際にライブを観に行って、上記のポイントに加え、さらに強く感じるところがありました。 それは ・演奏者、表現者として強い姿勢があること。 何よりも、自身の音楽に対する芯の強さ、自信を強く感じました。 このあたりは、経験値の違いからくるベテランの説得力といったオーラですよね。 まずはそこが印象に残っています。 ・ピッチの良さ。 ギターはギブソンのゴールドトップのレスポールのみを使用していたのですが、 ギブソンのギターから感じるピッチの甘さを感じさせない演奏でした。 チョーキングやビブラートの精度もありますが、上記のポイントで書いたような、左手による微妙なピッチニュアンスのコントロールも要因としてあるのでしょう。 ・リズムに対する感じ方 確か6/8の曲だったと思うのですが、割とテンポが早いのに、ロベンは小刻みに足を刻んでいました。 そこから察するに、やはり細かくビートをタイトに感じるよう意識しているのではないかと思います。 ですが、決してフレージングは小さく窮屈なものになりません。 音価は(音の長さ)たっぷりととって、伸びやかさを感じます。 「ビートを細かくタイトにも感じつつ、大きい拍、大きい小節でも感じる。」 自分自身がそうありたいと思っているタイム感覚が何気ない動作にも垣間見れた気がします。 ・機材について 実は機材に関してはそこまで気にしてないので、エフェクターなどの足元についてはステージをのぞいてチェックしていません。興味がないというよりは、ネットで検索すれば、簡単に情報が出てきますし、音色のファクターとしては、上記のようなリズム、タッチの方が大きいと感じているためです。 それでも自分なりに「ピンとくる」機材の特徴がありました。 それはマーシャルの4×12のキャビネットを使っていたことです。 この日はおそらくダンブルのヘッドアンプだと思うのですが、マーシャルの4×12のキャビネットを使っているところにロベンのこだわりを感じました。 普段彼のライブの動画でよく見かけるFenderのSuper Reverbも4×10のキャビネットで、低域ががかなり出るのです。 低域のレンジ感が広く、ドシッとしたしっかりとした低域、音圧が出るアンプを好んでセレクトしてるのではないか、と思いました。 (僕自身でもレコーディングする時には低域をしっかりと収録したいケースが多いので、小さいキャビネットのアンプ、出力が小さいアンプを好んで使うケースは少なく、そういった自分の経験からも何となく推測してしまいました。 ・音量が小さい時の表現が特に素晴らしい。 個人的にハイライトの瞬間はバンドの音量が小さくなった時のギタープレイでした。 素晴らしい音色、タッチのバリエーション、小さい音量でも絶妙にコントロールされたグルーブ、だんだんと熱く盛り上がるプレイはかなりグッときました。 他にも共演者のプレイヤーについてなど、書いておきたいことはあるのですが、 キリがないので、このくらいにしておきたいと思います。 今回ライブで感じた良いイメージを自身の練習に落とし込みつつ、 彼がどこかのインタビューで答えていた良い演奏をするためのヒント、 「沢山音楽を聴いて、沢山演奏をする。そして最大限集中すること。」 を心がけていきたいですね。 私的な忘備録を兼ねた内容になっているので、個人的主観が強く、参考にならないかと思いますが、 ロベンフォードを知らない方、是非一度聴いてみてください。 エレキギター Wed, 15 Nov 2017 15:49:19 +0900 エレキギター教室::ビタミン・ギタースクール 三田村 和義 PIERROT旋風 http://cyta.jp/eguitar/b/76548 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/14/42018/120.jpg" alt="" /><br>この前のLUNA SEA旋風に続いて、今度はPIERROT旋風が来ています♪ <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/11/14/42018/120.jpg"> お勧めの曲を三曲ほど… <b><font size="4">■MAD SKY -鋼鉄の救世主-■</font></b> 2nd.Singleです。 まさにこれぞPIERROTだ!というダークで独特の世界観が味わえる曲です♪ 「PIERROTってどんなバンド?」と訊かれたらまずはこの曲を勧める事にしています! <b><font size="4">■CREATURE■</font></b> 5th.Singleです。 叩きつけるような激しさと、殺人鬼の内面を描いたような歌詞の世界観が魅力的な一曲です♪ 2nd.Album『PRIVATE ENEMY』の二曲目にも収録されてますが、一曲目の『THE FIRST CRY IN HADES (GUILTY)』からSEで繋がっていて、歌詞のストーリーも続きになっている事が分ります! つまり、シングル以上にアルバムでその意味が分るという仕掛けが素晴らしい! <b><font size="4">■神経がワレル暑い夜■</font></b> 7th.Singleです! 僕がPIERROTで最も好きな曲です! 激しい疾走感! 切ないメロディ! 胸を締め付けられるような歌詞! 趣向がこれでもかと凝らされたアレンジ! 全てが素晴らしいです!^^ 今でも大好きな曲です!^^ カップリング曲には歌詞とアレンジを変えた『神経がワレタ寒い夜』も収録されていて、そちらも必聴です! こうして改めて聴いていると、僕の音楽性に深い影響を与えたバンドのひとつなのだと感じました!^^ さて、次は何旋風が来るかな?(笑) エレキギター Tue, 14 Nov 2017 17:02:00 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 【Coffee break】わずかな時間に http://cyta.jp/eguitar/b/76525 <br>前回の【Coffee break】で一日五分でも良いのでギターに触れて下さいね!と書きましたが、生活の中では意外とギターに触れられる時間もあるんですよ♪ これは僕がギターを始めた頃にやっていた事なのですが、テレビを観る時にギターを傍らに置いておくのです。 ドラマやバラエティー番組を観ていて途中でCMが入りますよね? 「続きが気になるなぁ…早くCM終わらないかなぁ…。」 そんな時に傍らに置いたギターを持って弾いてみるのです♪ これが結構良いんですよ! 1時間のテレビ番組の中で、CMって15分くらいあるんですよ。 つまり、ドラマやバラエティーを一本観ている間に合計15分もギターに触れる事が出来るのです! 1日どのくらいテレビを観ますか? 1時間から2時間くらいでしょうか? 2時間テレビを観間にCM中にギターを弾けば、なんと合計30分もギターに触れる事が出来るんですよ! 「いやいや、そんなテレビを観ながらなんて不真面目なやり方をしていたらいつまで経っても上達なんてしないだろう。」 と思う方もいるかも知れませんね! でも、これが中々どうして!結構良い練習になるんですよ!^^ 特にバラエティー番組だと、ストーリーに集中したくなるドラマや映画と違って気楽に観れますよね? (もちろん人によってはスタンスは違うでしょうが) すると、CM中にギターを弾きだすと本編が始まっても番組を観ながら弾いていたりするのです! 僕はこうやって始めの頃、「気が付けばFコードも押さえられてる!」状態になりました! 一見不真面目なようで、こうやって「生活の中にギターを弾く習慣を入れられる」ようになるんですよ!^^ お勧めです♪ エレキギター Mon, 13 Nov 2017 23:07:55 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 【Coffee break】一日五分でも http://cyta.jp/eguitar/b/76481 <br>一日どのくらいギターを練習しますか? 一時間くらいでしょうか? 人によっては毎日数時間という凄い人もいますよね! でも、実際は勉強や仕事などで忙しくて中々ギターを練習する時間が取れないという人が多いと思います…。 でも、初心者の生徒さんに必ず言っている事があります。 それは、「一日たったの五分でいいからギターに触れてください。」という事。 「毎日」「数時間」「練習」なんて始めのうちは張り切ってるから良いですけど、そのうち中々持続しなくなるんですよね…。 でも「五分」「触れるだけ」なら出来そうな気がしませんか?^^ ギターに限らず楽器は全てそうですけど、最初のうちって「手や指を慣らす」という事が大事なんです! 特にギターって利き手ではない方で弦を押さえますよね? 今まで複雑な動きをしてこなかった手で複雑な動きをし始めるんですから当然慣れが必要です! そのためには毎日ほんのわずかな時間で良いのでギターに触れる事が大切です! それにギターを弾くという事がまだ生活の一部になっていませんよね? ギターに慣れ親しんでくると、「ギターを弾く」という事が日常の生活の一部になってくるんです♪ そうなったらしめたもの!! 気が付けば特に意識せずともギターを手に何かしら弾いているようになりますよ!^^ そしたら自然とギターも上達していくのです♪ もう一度書きます。 初心者の方は、「毎日」ほんの「五分」で良いので、ギターに「触れて」ください♪ 難しい練習はしなくて大丈夫です。 適当で構いませんので、「触れて」ください。 エレキギター Sat, 11 Nov 2017 19:34:59 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 LUNA SEA旋風 http://cyta.jp/eguitar/b/76468 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/10/41925/120.jpg" alt="" /><br>最近久し振りにLUNA SEAをよく聴いています♪ 今聴いても全く古びないかっこ良さと魅力! <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/11/10/41925/120.jpg"> 3rd.single『ROSIER』が23年前の曲だなんて信じられません!! 初めて聴いたときの衝撃は今もはっきりと覚えています! 5th.single『MOTHER』の壮大で幻想的な雰囲気にも思わず聴き入ってしまいます…。 7th.single『End of Sorrow』の二番サビのCメロからギターソロへの流れはいつ聴いても心を鷲掴みにされてしまいますね!^^ SUGIZOさんはX JAPANのhideさんに次いで僕の大好きなギタリストでして♪ 音やライブパフォーマンスも多大なる影響を受けています♪ 僕の作る曲ではよくロングサスティーン(「ピーン」と長く伸ばす音です)が使われていますが、それもSUGIZOさんの影響です!^^ 良いバンド、良い曲は年月が経っても色褪せませんね!^^ たっぷり聴きいて、僕も負けじと良い曲を作っていこうと思います!^^ エレキギター Fri, 10 Nov 2017 18:13:28 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 ビギナーさんは是非 http://cyta.jp/eguitar/b/76464 <br>ギターを始めたいけど何から手を付けて良いのか分からない、機材は何を揃えたら分からない。 そして弾けるフレーズもまだ音楽になってないような・・・。 そんな感じでギターを始めた時ってひょっとしたら少々辛いかもしれません。 でもその先には間違いなく楽しいギターライフが待っています! 少しでも楽しくビギナー時代を乗り切れるようにお手伝いします。 チューニングの仕方、アンプの使い方、最低限の弾き方を覚えたら、どんどん曲を弾いてもらっています。 やっぱり曲やちゃんとしたフレーズを弾いた方が楽しいです。 あまり難しくない曲やフレーズ用意しています。 是非これからギターを始めたいって方は是非体験レッスンのお申し込みをお待ちしております!! エレキギター Fri, 10 Nov 2017 15:42:09 +0900 エレキギター教室::上田康弘ギター教室 上田 康弘 新曲「止まぬ過ち…」 http://cyta.jp/eguitar/b/76445 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/11/9/41895/120.jpg" alt="" /><br>今月の新曲『止まぬ過ち…』の紹介です! <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/11/9/41895/1024.jpg" width="512" height="314"> <a href="http://music.geocities.jp/qkxhn225/yamanuayamati.mp3">http://music.geocities.jp/qkxhn225/yamanuayamati.mp3</a>; 今年の二月に発表した<a href="http://music.geocities.jp/qkxhn225/zankokunajihi.mp3">『残酷な慈悲』</a>の続編となる物語なのです。 主人公には愛した女性がいました。 しかし、どれほど想いを告げても彼女は女神のように微笑むばかりで主人公の気持ちに応えてはくれません…。 …ここまでが前作<a href="http://music.geocities.jp/qkxhn225/zankokunajihi.mp3">『残酷な慈悲』</a>の物語です。 その後、彼女はとある事情から街を去ってゆきました。 哀しみにくれる主人公…。 その寂しさを埋めるように、彼は自分に言い寄る他の女性たちと刹那的な恋を重ねてしまいます…。 しかし、そんな事をしても寂しさは癒えない…。 愛した彼女にこんな事を知られたくない…。 そんな葛藤を抱えながらも…いや、だからこそ彼はまたも過ちを繰り返してしまいます。 歴史上のとある人物からインスピレーションを得て作った曲です。 主人公の葛藤と後悔をハイテンポのギターカッティングで表現しました! エレキギター Thu, 09 Nov 2017 19:13:22 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 初心者に楽しい!ギター講座!24「バレーコードで広がる世界!その6」 http://cyta.jp/eguitar/b/76422 <br>初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座! 前回までバレーコードが弾けるようになると凄く便利!という話をしてきました! 今回はそんなバレーコード編の総まとめです♪ <b><font size="5">■■バレーコード編総まとめ■■</font></b> <b><font size="4">■二つのバレーコード■</font></b> バレーコードには二種類あるという話をしました。 <b><font size="3">●F系(6弦ルート)●</font></b> 「F」に代表される形です。 <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/f-barre-chords.jpg"> <b><font size="3">●B系(5弦ルート)●</font></b> 「B」に代表される形です。 <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/b-barre-chords.jpg"> <b><font size="4">■バレーコードの形■</font></b> バレーコードはF系とB系どちらにもメジャー、マイナー、セブンス,マイナーセブンスなどの形があります。 <b><font size="3">●F系(6弦ルート)●</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/f-barre-chord-form.jpg"> <b><font size="3">●F系(6弦ルート)●</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/b-barre-chord-form.jpg"> これも押さえる場所を変えることで全てのコードに使えます。 <b><font size="4">■どのコードもF系B系の形がある■</font></b> 例えば「C」のコードはF系にもB系にもなります。 <b><font size="3">●「C」コードの形色々●</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/c.JPG"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/c-barre-chord.jpg"width="304"height="270"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/c-6root.jpg"width="304"height="270"> 同じように、全てのコードはF系にもB系にもなります。 <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/6root-barre-chord.jpg"width="398"height="235"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/5root-barre-chord.jpg"width="398"height="235"> B系の形の「F」も、F系の形の「B」もあるわけですね! 早足で駆け抜けてきましたが、いかがだったでしょうか? バレーコードは確かに慣れるまでに少し時間が掛かりますが、一度弾けるようになってしまえば演奏の幅もぐんと広がるとても便利なのです♪ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73715">ここのページ</a>にバレーコードの練習法も書いてありますので参考にしてみてくださいね! さて! ずっと難しいバレーコードの話ばかりしてしまいましたが、次回からはとても簡単かつ実用的な「パワーコード」の話をしていきたいと思います♪ お楽しみに♪ 初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a>; D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪ テキストも差し上げています♪ このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪ 体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^ エレキギター Wed, 08 Nov 2017 17:57:09 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 【Coffee break】ギターは難しい楽器? http://cyta.jp/eguitar/b/76405 <br>「ギターとは難しい楽器か否か?」 どの楽器も突き詰めれば奥が深いものです。 でも、始めるときの入り易さはそれぞれの楽器で違ったりもしますよね。 ギターはコードを覚えるという過程があり、そこで難しいコードに出会って挫折してしまう人も少なくないので「難しい楽器」というイメージを持たれてしまいがちですよね…。 でも! 実はギターというのは始まりもそんなに難しくはないんですよ! よく聞く「Fで挫折して…」というのも、まだ手や指がギターを演奏することに慣れていない段階でFコードに出会ってしまい、上手く押さえることが出来なくて挫折してしまった…というパターンがほとんどなのです! ギターには初心者にも押さえ易い簡単なコードも沢山あるんです♪ 僕がこのブログで連載している「初心者に楽しい!ギター講座!」にも書いていますが、簡単なコードだけでも結構色んな曲も弾けるんですよ♪ 「初心者に楽しい!ギター講座!」目次ページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a> まずは簡単なコードで好きな曲を沢山弾いて、手や指が慣れてきたら少しずつ難しいコードにも挑戦すれば良いのです♪ ギターは「簡単なコードで好きな曲を弾く」という手軽な楽しみ方から、「速弾きなどの高度な技術にも挑戦!」や「作曲して色々なアレンジを楽しむ」という奥の深い楽しみ方まで出来る間口の広い楽器なんです!^^ そこがギターという楽器の魅力だと僕は思っています!^^ だからこそ、「難しい奏法も習得しなければならない」的な敷居を高くする事はしたくないんです…。 「手軽に楽しめて、奥も深い!」これがギターの魅力です!^^ エレキギター Tue, 07 Nov 2017 19:36:53 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 初心者に楽しい!ギター講座!23「バレーコードで広がる世界!その5」 http://cyta.jp/eguitar/b/76379 <br>初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座! 前回までバレーコードには二種類の形がある事、そして全てのコードはその二種類どちらにも存在する事などをお話してきました。 <b><font size="5">■F系とB系のバレーコード■</font></b> バレーコードには二つの形があります。 <b><font size="4">●F系(6弦ルート)</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/6root-barre-chord.jpg"width="478"height="278"> 「F」から始まって「E」まで、この中で「F」「G」「A」「B」はこの形でもよく使いますが、「C」「D」「E」はこの形ではあまり使う機会はありません…^^; <b><font size="4">●B系(5弦ルート)</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/5root-barre-chord.jpg"width="478"height="282"> 「C」から始まって「B」まで、この中で「C」「D」「E」はこの形でもよく使いますが、「F」「G」「A」「B」はこの形ではあまり使う機会はありません…^^; もちろん絶対ではないので、場合によっては6弦ルートの「C」や5弦ルートの「F」を弾くということもあると思います。 あくまでも「基本的に」の話ですからね! さて! 次回はいよいよバレーコード編の総まとめです!^^ お楽しみに♪ 初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a>; D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪ テキストも差し上げています♪ このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪ 体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^ エレキギター Mon, 06 Nov 2017 16:58:36 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 初心者に楽しい!ギター講座!22「バレーコードで広がる世界!その4」 http://cyta.jp/eguitar/b/76319 <br>初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座! 前回は二種類のバレーコード「F系(6弦ルート)」と「B系(5弦ルート)」をご紹介しました! 今回は「F系」「B系」どちらでも弾けるコードの話です。 <b><font size="5">■実はどちらでも弾ける!■</font></b> 例えば、「C」というコードがありますね? 前回の話では「C」のバレーコードは、 <b><font size="4">●「C」のバレーコード</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/c-barre-chord.jpg"width="304"height="270"> というB系の形でしたね。 でも、実はF系でも弾けるんです♪ <b><font size="4">●「C」のF系(6弦ルート)バレーコード</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/c-6root.jpg"width="304"height="270"> 人差し指を8フレットに置いて「F」の形、これで「C」の音が鳴るんです♪ 他にも… <b><font size="4">●「D」と「E」のF系(6弦ルート)バレーコード</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/d-6root.jpg"width="304"height="270"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/e-6root.jpg"width="304"height="270"> 「D」や「E」もFの形で弾けます♪ …ただ、あまりこの形で弾く機会はないんですけどね…^^; 同じように「F」「G」「A」もB系の形で弾けますよ♪ <b><font size="4">●「F」「G」「A」のB系(5 弦ルート)バレーコード</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/f-5root.jpg"width="304"height="270"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/g-5root.jpg"width="304"height="270"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/a-5root.jpg"width="304"height="270"> 「F」を「B」の形で弾くって…何だか不思議な感じですね!(笑) ただ、この辺もあまり弾く機会はないと思います…^^; さて! 次回は二種類のバレーコードそれぞれの形で「CDEFGAB」を弾いてしまいましょう♪ お楽しみに♪ 初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a>; D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪ テキストも差し上げています♪ このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪ 体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^ エレキギター Fri, 03 Nov 2017 16:28:00 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 【Coffee break】伝わる演奏 http://cyta.jp/eguitar/b/76301 <br>ライブのステージでギターを演奏する時、あなたはどこを見ますか? 自分の手元? ギターの指版? それとも…客席? ステージの上で自分に集まる大勢の観客の視線と目を合わせるのって凄く勇気がいりますよね…! だからついつい自分の手元ばかり見てしまう…。 <b><font size="4">でも!</font></b> それだと「自分に聴かせる自分だけの演奏」になってしまうかも知れません…。 良い演奏って何かな?…とよく考えるんです。 もちろん人によって色々な答えがあると思います。 僕が思う事のひとつが<b>「伝わる演奏」</b>だと思うんです。 たとえ難しいテクニックを使わなくても、シンプルな演奏でも<b>「伝わる演奏」</b>であればそれは聴く人の心を感動させると思います! では、<b>「伝わる演奏」</b>にするためにはどうすれば良いのか? それは<b>「聴く者を見る」</b>事だと思います! 例えば人と話す時にも、相手の目を見て離した方が気持ちは伝わりますよね? 楽器の演奏も同じです♪ 聴く人の目…まではいかなくとも、聴く人の方を見て演奏すれば自ずと気持ちは伝わっていくものなんです♪ 僕もライブ中はなるべく観ているお客さんの方を見て演奏する事を心がけているんです!^^ 気持ちが乗っている時はお客さん一人一人の目を見ながら演奏したりもしますよ♪ そうすると伝わっていくものなんです!^^ 皆さんもライブの演奏中、「お客さんの方を見る」事を心がけてみてくださいね!^^ エレキギター Thu, 02 Nov 2017 17:09:02 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 霜月の始まり http://cyta.jp/eguitar/b/76276 <br>今日から11月ですね! ハロウィン一色だった10月も終わって、少し寂しい気持ちですが…。 クリスマス全快の12月まで一カ月頑張っていきましょう!^^ <b><font size="4">さて!</font></b> 11月といえば…文化祭ですよね! あちこちの大学や専門学校などで文化祭が催されると思います! 僕も二十歳くらいの頃、バンドメンバーや友達の大学の文化祭に遊びに行って、軽音サークルのライブを観たり出演したりしました! 楽しかったなぁ…! このブログを読んで下さっている方の中にも学生さんがいると思います! 大学生や専門学校生などで、文化祭のライブに出演予定という方もいますよね? ライブへの準備はどうですか? 順調ですか? 「…この曲、コードが難しくて…」 「…あの曲、ギターソロの部分が分らない…」 そんなお困りはありませんか? 文化祭ライブまでの短期間の集中レッスンもD-CORE・GUITAR SCHOOLでは引き受けますよ♪ 「文化祭当日まで三回くらいのレッスンでお願い!><」 とか! 「この曲難しすぎる…なんとかしてぇ!><」 なら簡単な形にアレンジもしますよ♪ 学園祭、文化祭ライブまでの駆け込みもお待ちしていますよ♪ エレキギター Wed, 01 Nov 2017 16:49:58 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 Happy Halloween♪ http://cyta.jp/eguitar/b/76249 <br>Happy halloween&Trick or Treat♪ 今宵はハロウィンですね♪ この国にもすっかりハロウィンが根付いて、子供の頃からハロウィンが好きだった僕としては嬉しい限りです♪ 皆さんは今宵はどのように過ごしていらっしゃるでしょうか? 家族や恋人や友達と集まってハロウィン仮装パーティーでしょうか? バンドを組んでいる方ならハロウィンライブに出演して仮装してステージに上がっているかも知れませんね!^^ 僕も本当ならハロウィンライブを主催して今頃はステージの上でドラキュラの仮装で口許から血糊を垂れ流していたかったのですが……メンバーの脱退により叶わなくなってしまいました…(;_;) 来年こそはド派手にハロウィンライブをぶちかましてやろうと思います!^^ さて! ハロウィンといえば、僕が最近作った曲を改めてご紹介します♪ ハロウィンの夜、仮装の行列に紛れ込んだ本物の魔物達の物語をテーマにしています。 ハロウィンの宴のお供に是非聴いて下さい♪ <b>『Evil in the Crowd』</b> <img src="https://cyta.jp/p/image/card/2017/10/17/41483/120.jpg"> <b><a href="http://music.geocities.jp/qkxhn225/evil-in-the-crowd.mp3">http://music.geocities.jp/qkxhn225/evil-in-the-crowd.mp3</a><b> エレキギター Tue, 31 Oct 2017 19:59:58 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 初心者に楽しい!ギター講座!21「バレーコードで広がる世界!その3」 http://cyta.jp/eguitar/b/76247 <br>初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座! 今回は二種類のバレーコードのお話です! <b><font size="5">■バレーコードには二種類ある!■</font></b> バレーコードには大きく分けて二種類あります! それが「F系コード」と「B系コード」です。 <b><font size="4">・F系(6弦ルート)バレーコード</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/f.JPG"width="340"height="270"> <b><font size="4">・B系(5弦ルート)バレーコード</font></b> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/b.JPG"width="340"height="270"> バレーコードというと最初に習うのがこの「F」や「B」だと思います。 実はこの二つはバレーコードを代表する形だったんですね! そしてこの二種類のバレーコードの押さえる場所を変えるだけで色んなコードが弾けてしまうんです! <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/f-barre-chords.jpg"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/b-barre-chords.jpg"> そしてそれぞれ「○」「○m」「○7」「○m7」の形にも出来ますよ♪ <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/f-barre-chord-form.jpg"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/b-barre-chord-form.jpg"> 便利ですねぇ♪ …でも <b>『「C」は「B系(5弦ルート)」でしか弾けないの?』</b> みたいな疑問も湧きますよね? そんな事はないんです! 実はそれぞれのコードは「F系」でも「B系」でも弾けるんです! それはまた次回やっていきましょう! お楽しみに♪ 初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a>; D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪ テキストも差し上げています♪ このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪ 体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^ エレキギター Tue, 31 Oct 2017 15:57:29 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 初心者に楽しい!ギター講座!⑳「バレーコードで広がる世界!その2」 http://cyta.jp/eguitar/b/76229 <br>初心者にも「分りやすく、楽しく!」学べるギター講座! 今日はバレーコードが実は凄く便利という話をしていきたいと思います! <b><font size="4">■コードには色んな形があるけれど…■</font></b> 例えば「E」というコードがありますよね? <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/e.JPG""width="243"height="216"> この「E」というコードには色んな仲間がいます。 <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/e-chord-open.jpg""width="380"height=112"> 「E」「Em」「E7」「Em7」 読み方は左から「E」「Eマイナー」「Eセブンス」「Eマイナーセブンス」です。 見ての通り色んな形がありますね。 では次に、「D」 <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/d.JPG"width="243"height="216"> <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/d-chord-open.jpg""width="380"height="112"> 「D」「Dm」「D7」「Dm7」 …皆形がバラバラですよね……。 ところが! これがバレーコードだと! <img src="http://music.geocities.jp/qkxhn225/d-core-guitar-school/e-d-chord.jpg""width="460"height="307"> 分かりますか! 「E」と「D」でマイナーやセブンスなどの形が全て同じなんです♪ 実はこれ、「G」や「A」でも同じなんです! 「E」や「D」と「G」や「A」でまた形が違いますが、このようにバレーコードを覚えてしまえば、同じフォームを違うフレットに移すだけて色んなコードが弾けてしまうんです!  便利ですよね♪ 次回はこの二種類のバレーコードの話を掘り下げていきます♪ お楽しみに♪ 初心者の人にも易しく楽しくギターを学べるオリジナルのレッスン『初心者に楽しい!ギター講座!』全ての回目次リンクページ <a href="https://cyta.jp/eguitar/b/73570">https://cyta.jp/eguitar/b/73570</a>; D-CORE・GUITAR SCHOOLではこのように「初心者の人にも分りやすく、楽しく!」をモットーにしています♪ テキストも差し上げています♪ このブログだけでは学びきれない、より深いレッスンもマンツーマンならでは♪ 体験レッスンのご応募お待ちしていますよ!^^ エレキギター Mon, 30 Oct 2017 14:34:23 +0900 エレキギター教室::D-CORE・GUITAR SCHOOL 山本 勇 ライブ動画アップ! http://cyta.jp/eguitar/b/76170 <img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/27/41668/120.jpg" alt="" /><img src="http://cyta.jp/p/image/card/2017/10/27/41669/120.jpg" alt="" /><br>昨日は私がメインでやっているバンド、 VELL'z FIREのライブでした。 一部の曲のギターソロをアップしたので是非ご覧になって下さいね! https://youtu.be/nRXA0HgGgiQ 是非体験レッスンご検討の参考に! エレキギター Fri, 27 Oct 2017 13:25:51 +0900 エレキギター教室::上田康弘ギター教室 上田 康弘