サイタパソコン教室・IT資格3DCGスクールAutodesk 3ds MAX東京 3dsMAX初級講座 スクールブログ ときめき3DC...

ときめき3DCG♡

3DCGはとっても柔軟なグラフィックソフトです。

むかしは固い表現しかできない時代がありましたが、
いまは柔らかい有機的なイメージを作ることも得意です。

またリアルなイメージから、イラスト風なイメージまで、発想次第でさまざまな方向の表現ができます。

どの分野でもそうですが、まずはイメージが大切です。

そのあこがれを実現するのに一番近道なのが3DCGだな!と直感したなら、
それはもう3DCGで行けばいいわけです。
というか、行くべきです!
なにも手描きが一番エライわけじゃありません。
手で描けないイメージを作れればいいんです。

そのイメージは誰にもマネの出来ないものになるかもしれません。


それにはやっぱりイメージが大切です。


今後、リアルを超えて、3DCGの分野は発達を続けると思います。
思いもよらない新しい認識や表現分野がひょいと出て来こないとはかぎりません。

そのときに使えるスキルは、従来の絵の具などではなく、もしかしたら3DCGなのかもしれません。
今や手で描いたのに近い表現もデジタルで可能となりました。
あるいは、手描きとの境界が曖昧な世界になるのかもしれません。
アナログの素材感もいろいろ工夫すればあるていど得られます。
そういう工夫の余地がまだまだたくさん残されています。

3DCGをやろうと思ったら、メリットとデメリットに冷静に目を向け、メリットをとことん活かすべきです。

そしてやがて、自分で作ってついついにんまりできるような、
そんな、こころがよろこぶ、こころがついついときめく!新機軸な、自分だけの発想が湧いて来るというような体験もするでしょう。

そういうひとつひとつの「よろこび」がものを表現していくエネルギーになっていると言えます。

ときめき3DCG♡

(2014年2月27日(木) 4:34)

前の記事

新着記事

3DCGはとっても柔軟なグラフィックソフトです。 むかしは固い表現しかできない時代がありましたが、 いまは柔らかい有機的なイメージを作ることも得意です。 またリアルなイメージから、イラスト風なイメージまで、発想次第でさまざまな方向の表現ができます。 どの分野でもそうですが、...

はじめまして、3dsMAX初級講座の斎藤です。 3DCGとは、 「仮想空間に形状を定義して、それを主に視覚化することで、                    必要なイメージを得る。。。」 というと小難しいイメージですが、最近は3Dプリンターが話題になっていますね。 これは非...

ブログ記事 ページ先頭へ