音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング埼玉 金沢ヴォーカルスクール スクールブログ 開発!毎朝10...

開発!毎朝10分間でピッチを安定するサンプルCD♪

歌はそこそこ上手いんだけど、ピッチが甘くて肝心なところで音程が外れたり、ここぞという高音で上がりきらない、フェイクが決まらない、もったいないなぁ~というボーカルさんをときどき見かけるたびに私は考えていました。

私も、ときどきピッチが外れることがありますが、どうやったらピッチが安定して歌えるようになるのか?

本当は、毎日発声練習ができたら最高なんだけど、月に数回のレッスン時で、発声練習をやるだけでは、次のレッスンまでに間隔があくので、その間で元に戻らないように、レッスン以外でも練習できる方法を色々本を読んで研究したり、色んなたくさんのボイトレをシンプルにできる方法を探していました。

で、先日、私なりに試して試行錯誤し、やっと開発できました!

その名も「5度間の発声」
(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ファ・ミ・レ・ド)

1、Cから半音ずつ高くなっていくもの。

2、Cから半音ずつ低くなっていくもの。

これを、「リップトゥリル」(プルプルと上下の唇を震わせること)、「マ~」でそれぞれ発声練習する。

この2回をやったあとに、普段の歌を歌うと、音程の取りにくい音も楽にだせるようになります。

これは、私も試しにセリーヌ・ディオンさんの曲や、ちょっと音の取りにくいなぁ~っていう曲で試してみたら、楽に音がとれました!

一部の生徒には、先行で配布していますが、試してみたい方は只今「歌う前のウォーミング・アップ」のおまけつきで、無料サンプル配布中。(笑)

毎朝10分間、ぜひ試してみてから歌ってみてくださいね。

※とくに高音を出すときは、無理せず、自分の音域にあったところまで声を出すようにしてください。

※おうちの環境で大きな声が出せない方は、リップトゥリルのみでも大丈夫です。

みなさんの声が今、以上に輝き、誰かの心に響く歌が届くことを願っています☆彡



かなざわ としこ

 

前の記事

次の記事

この記事の関連動画
youtube
この記事に出てきたキーワード
wikipedia
「音域」について書かれたほかのブログ記事
歌う側だけきもちよくてもね。
歌う側だけきもちよくてもね。
私と、私の夫は同じ大学の音楽サークルで一緒でした。 彼は普通のサラリーマンですが、月に1、2度ギターを背負って「おやじバンド」の練習に出かけます。コピー曲もありますが、メンバーで...
(ボーカル教室 ユキコボーカルスクール 松岡由紀子コーチ)
【簡単なようで、難しいかも。】
【簡単なようで、難しいかも。】
今日は中音域の声についてお話ししたいと思います。 この前は低音域だったので、だんだん上がってきましたね! さて、中音域ですが、分かりやすくいうと一番出しやすい声です。 ...
(ボーカル教室 ボイススクール『声色』 Shitenコーチ)
ハッピーアイテム☆
ハッピーアイテム☆
今日は、お休み。 毎週月曜日の定期練習も、先日、レコーディングのため神奈川まで行ったので、今日は練習休みにしてもらいました。 今日は、久しぶりに自分の時間を...
(ボーカル教室 金沢ヴォーカルスクール 金澤敏子コーチ)
この記事を書いたコーチ

面倒見のよさで人気No.1!誰よりも生徒目線で魅力を引き出す先生

ブログ記事 ページ先頭へ